名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

北野宏明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北野宏明のプロフィール

北野宏明、きたの・ひろあき。日本の工学博士。「ソニーコンピュータサイエンス研究所」所長。国際基督教大学教養学部理学科卒業、京都大学で工学博士号を取得。日本電気(NEC)を経てソニーコンピュータサイエンス研究所に入社。副所長などを経て所長に就任。そのほか、沖縄科学技術大学院大学教授を務めた。

北野宏明の名言 一覧

重要なことはオープンネス(開放性)だ。一社が技術を囲い込むことがあれば成長は見込めない。各社の製品が相互にネットワークへ乗り入れ、製品群が有機的につながることが重要だ。


我々がロボット事業を再び手がけるのは、機が熟しつつあるという認識に基づくものだ。企画している製品には、まだ市場が存在しないような、まったく新しいジャンルの製品もある。市場がどんな方向性で発展するかわからないため、「単発」での勝負は考えていない。複数の製品を次々と展開していく予定だ。そうした製品群が、他社製品やサービスも含めてネットワークで連携することで、全体のサービスがより充実していくという「エコシステム」をつくっていきたい。「点」ではなく、「面」で展開していくイメージをもっている。


北野宏明の経歴・略歴

北野宏明、きたの・ひろあき。日本の工学博士。「ソニーコンピュータサイエンス研究所」所長。国際基督教大学教養学部理学科卒業、京都大学で工学博士号を取得。日本電気(NEC)を経てソニーコンピュータサイエンス研究所に入社。副所長などを経て所長に就任。そのほか、沖縄科学技術大学院大学教授を務めた。

他の記事も読んでみる

ポール・アレン

世界初のパソコンであるアルテアのソフトウェアを開発した際、そのソフトウェアが動くのを確認した途端、ビルは次のステップである契約をどういう形で結ぶべきか考えていた。(覚書き|ビルゲイツが他大多数のプログラマと違った点は、良いプログラムを組むだけではなく、それを使ってビジネスをどう築くかということにフォーカスを当てていたという点だったようです)


澤田秀雄

何を言っても、結果が出ないことにはやる気も元気も出てきません。とにかく黒字にして、利益を出して、ボーナスを出して、利益で環境を少しでもよくして、園内をキレイにしていく。結果が出れば社員にも、「社長の言っていることがひょっとしたら正しいんじゃないか」と思い始めてもらえます。ボーナスをもらえば、実感もわいてくるでしょう。だからまずは結果を出すしかないと思いました。


塩田武士

実は今回(の作品『騙し絵の牙』では)、大泉(洋)さんとも何度か打ち合わせをさせてもらったんです。そこではプロット上のアドバイスをいただいたんですね。大泉さんは「万人性」をテーマにされている方なので、多くの人に受け入れやすいものを意識してほしい、と。そこからプロットを立て直したおかげで、よりエンターテインメント性の高い作品を完成させることができたと思っています。


弘兼憲史

「納期は必ず守る」どいうことが僕のプライドの1つ。当たり前だ、と思うかもしれませんが、とても大事なことです。「納期を守る」ことは、編集者との「Win-Win」の関係を築くために大事です。もちろん、締め切りまでに満足度の高い作品になるよう粘りますが、それが大満足の作品に仕上がらなくても、締め切りが来れば必ず提出する。「絶対に妥協できない」などと変にプライドを持ちすぎると、編集者や印刷会社に迷惑をかけ、信頼を失います。妥協しない仕事ぶりは素晴らしいですが、他人に迷惑をかけ、信頼を失うぐらいなら、それは「捨てるべきプライド」のように思います。


ハワード・シュルツ

スターバックスの歴史は成長と成功の記録にとどまらない。一企業がどのように変わったやり方で成長したかという物語でもある。スターバックスは真心で経営し、魂をはぐくみ、しかも利益を上げられることを実証している。我々は社員の人格を尊重するという社会の基本理念を犠牲にすることなく、長期にわたって株主に利益を配当しているのだ。


田中良和(GREE)

グリーは世の中の多くの人が誤解しているかもしれませんが、ずっとうまくやってきた会社ではないのです。私から見ればこの10年の歴史でそれなりにうまくいっていた時代はほんの2~3年です。それ以外の時期は、ほかの会社と比べてプロダクトが劣っていると言われたり、会社に未来がないと言われたりすることの方が多かった。


赤井益久

計画の実現には、たえず同じ話をすることで教職員全員が理念や問題を共有し、常に全員のベクトルが一致するように努めています。


前川孝雄

周りの人を巻き込むのが上手な人は、「この仕事はあなたの成長につながるよ」と相手を主語にして話すのが上手です。相手が率先して仕事を担ってくれるので、自分の仕事がどんどん楽になっていくのです。


青野慶久

サイボウズは昨年、おかげさまで創業20周年を迎えました。企業にとってこうした節目はある意味、ものが言いやすい。社会に対して自社の考えを発信しやすいタイミング。


日覺昭廣

欧米では短期の利益を求めるのに対して、当社は常に長期的な視点に立った経営を意識しています。繊維、炭素繊維、水処理はその代表例で、いずれも短期的な収益を重視すれば、間違いなく撤退していた。事実、欧米企業は軒並み撤退しています。


相澤賢二

顧客アンケートは、意見を聞くだけのためではありません。お褒めの言葉を社員に返せば、社員はとても喜びます。ボーナスより嬉しい。私の代わりにお客様が褒めてくれる。仕事にはそういう喜びが必要なのです。


北方謙三

水滸伝を書こうとしたのは、人が志を持って生きるとはどういうことなのかに尽きる。とはいえ、そもそも志とはいったい何なのか。果たして人間の幸不幸を志で測ることができるものなのか。僕自身も書きながら、答えを探している。