名言DB

9412 人 / 110637 名言

北野宏明の名言

twitter Facebook はてブ

北野宏明のプロフィール

北野宏明、きたの・ひろあき。日本の工学博士。「ソニーコンピュータサイエンス研究所」所長。国際基督教大学教養学部理学科卒業、京都大学で工学博士号を取得。日本電気(NEC)を経てソニーコンピュータサイエンス研究所に入社。副所長などを経て所長に就任。そのほか、沖縄科学技術大学院大学教授を務めた。

北野宏明の名言 一覧

重要なことはオープンネス(開放性)だ。一社が技術を囲い込むことがあれば成長は見込めない。各社の製品が相互にネットワークへ乗り入れ、製品群が有機的につながることが重要だ。


我々がロボット事業を再び手がけるのは、機が熟しつつあるという認識に基づくものだ。企画している製品には、まだ市場が存在しないような、まったく新しいジャンルの製品もある。市場がどんな方向性で発展するかわからないため、「単発」での勝負は考えていない。複数の製品を次々と展開していく予定だ。そうした製品群が、他社製品やサービスも含めてネットワークで連携することで、全体のサービスがより充実していくという「エコシステム」をつくっていきたい。「点」ではなく、「面」で展開していくイメージをもっている。


北野宏明の経歴・略歴

北野宏明、きたの・ひろあき。日本の工学博士。「ソニーコンピュータサイエンス研究所」所長。国際基督教大学教養学部理学科卒業、京都大学で工学博士号を取得。日本電気(NEC)を経てソニーコンピュータサイエンス研究所に入社。副所長などを経て所長に就任。そのほか、沖縄科学技術大学院大学教授を務めた。

他の記事も読んでみる

寺澤芳男

国よりも前に個があるというのはアメリカ流の考え方です。極端な例を言えば、自分がアメリカを嫌いになったら、日本人になればいいと考える。自分が国を選べる。一番大事なのは自分であり、自分の愛している人であり、自分のファミリーであるという個に基づく考え方をしないと、これからは社会に出てもうまくいかないのではないか。日本も景気はよくならないかもしれないけど、そういう社会になることだけはほぼ確実です。


清水喜彦

新人研修ではいつも言っています。これからは「教わっていません」と口に出してもらっては困ると。学生時代は授業料を払っていて、教えてもらう権利があった。君らは給料をもらうようになったら、自ら学ぶ義務があるんだと。自ら道を切り開いていく気概が大事だと。


清春

長い間、エレキギターの音を聴いて歌っていると新鮮味はなくなるし、ライブをしても、繰り返せばどこか飽きてしまう。そうならないためにも、いつもとは違う所にアンテナを伸ばし、マンネリを阻止することは大事なこと。今まで僕の音楽を聴いてこなかった人にこそ、聴いてもらいたいんです。その反応として、「いい」と思うか、「なんだこれ」と思うかは自由。ただ、聴けばみなさんの日々のマンネリを阻止するアイテムには、なっていると思います。


新井直之(執事)

「人はみんな夢を見たいのだ」と言った大富豪もいました。「自分が夢を追っていないのに、人に夢を見させることができるわけがない」と。彼らは新しい事業への出資に際も、確実性よりも夢、手堅い利益よりも大ぼらを求め、積極的に投資をしています。


山田隆持

ドコモはいまでも野武士集団でありたいと思っているのです。ただし、野武士集団は野武士集団なりに、内部でのベクトルが揃っていないと単なる野盗になってしまいます。これではいけません。


中村維夫

広告宣伝だけを変えようということではありません。いろんな形で、いままでの流れを打ち破っていこう、という考えからでした。しかし、あまりに反響が大きくて……。我々は、あまりに反響が大きくて……。我々は、変わります、一歩先へという意識を内外に強く表明したかったんです。だから、反撃というよりも一歩先へというべきだったのかもしれません。もう「反撃」だなんてことは口にしません(笑)。
【覚書き|「そろそろ反撃してもいいですか?」というテレビコマーシャルが不評だったことについて聞かれたときのコメント】


和仁達也

いろいろな角度からものごとを見られると、顧客の悩みを言語化する際に役立ちます。そこでお勧めしたいのが、1つの課題に3つのゴールを設定すること。すると、多面的に考える習慣が身につきます。


花田賢人

動画にせよ音楽にせよ、同じような好みを持つ人からお勧めされれば、AIから推薦を受けるよりも当事者意識が生まれる。


天谷雅俊

現在は、世界景気拡大に伴い鉄の市況が堅調なこともあって、業績は最高益を更新中です。しかし、たとえ外部環境が悪化しても会社の基盤が揺るがないように、経営環境の良いいまこそ、手を打っておく必要があります。


森川亮

できる人をみんなが必死に追いかけて、全員仕事ができるようになるのが、理想のチームです。落ちこぼれの人にレベルを合わせてしまうと、仕事ができる人までレベルが下がってしまいます。


筒井淳也

日本人の働き方の特徴として、「100%を、完璧を」と仕事の完成度を高めすぎる傾向があります。こうした働き方をしている限り労働時間は減らない。社会全体で、「9割でいいんじゃない?」という感じにしていく。強い抵抗を覚える人も多そうですが、「最後の1割を詰め切ることの費用対効果」を一度考えてみてはどうでしょう。


高橋重幸(経営者)

リーマンショックは弊社も例外なく打撃を受け、一時的に売上も落としました。そこで開発体制を見直し、損益分岐点を下げる構造改革から始めました。


根本裕幸

上司への愚痴を言う相手、弱音を漏らす相手としてありうるのが、たとえば「上司の上司」。また、以前働いていたチームであったり、異動によって他部署になったり、過去に面倒を見てくれたけれど、もう引退・退社した「かつての上司」もいい話し相手になります。もし目上の人と話をする機会をつくれたなら、メモに箇条書きにするのがオススメです。自分の気持ちも整理できますし、メモを見ながら話せば、本気度も伝わります。


青野慶久

メディアが報じるのは大企業のトラブルばかりなので、多くの中小企業の方々は「うちは問題ない」と思っておられるかもしれません。しかし、サイバー犯罪者は、防御が弱い相手を狙って犯罪を仕掛ける傾向があります。情報セキュリティ対策が甘い中小企業は、格好の餌食となる可能性が高いのです。


御立尚資

仕事というのは「知識」と「使う力」の掛け算なんです。いくら勉強してMBAを取ろうが、最新の戦略論を学ぼうが、それを使いこなす力がゼロなら、掛け算の解もゼロ。仕事ができるようにはなりません。水泳をやるのに、部屋にこもって技術論の勉強ばかりしていても、ちっとも楽しくないはずです。実際、自分で泳いでみて初めて、「このフォームを試したら少し速くなった」「昨日より長く泳げるようになった」という実感が沸き、そうした自己フィードバックがあるからこそ、長続きするし、上達できるのです。