名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北野宏明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北野宏明のプロフィール

北野宏明、きたの・ひろあき。日本の工学博士。「ソニーコンピュータサイエンス研究所」所長。国際基督教大学教養学部理学科卒業、京都大学で工学博士号を取得。日本電気(NEC)を経てソニーコンピュータサイエンス研究所に入社。副所長などを経て所長に就任。そのほか、沖縄科学技術大学院大学教授を務めた。

北野宏明の名言 一覧

重要なことはオープンネス(開放性)だ。一社が技術を囲い込むことがあれば成長は見込めない。各社の製品が相互にネットワークへ乗り入れ、製品群が有機的につながることが重要だ。


我々がロボット事業を再び手がけるのは、機が熟しつつあるという認識に基づくものだ。企画している製品には、まだ市場が存在しないような、まったく新しいジャンルの製品もある。市場がどんな方向性で発展するかわからないため、「単発」での勝負は考えていない。複数の製品を次々と展開していく予定だ。そうした製品群が、他社製品やサービスも含めてネットワークで連携することで、全体のサービスがより充実していくという「エコシステム」をつくっていきたい。「点」ではなく、「面」で展開していくイメージをもっている。


北野宏明の経歴・略歴

北野宏明、きたの・ひろあき。日本の工学博士。「ソニーコンピュータサイエンス研究所」所長。国際基督教大学教養学部理学科卒業、京都大学で工学博士号を取得。日本電気(NEC)を経てソニーコンピュータサイエンス研究所に入社。副所長などを経て所長に就任。そのほか、沖縄科学技術大学院大学教授を務めた。

他の記事も読んでみる

島井哲志

日々の日常的な楽しみを増やすことも大切です。体を動かすことがポジティブな気持ちを高めることは知られています。ほかにも、たとえばお笑い番組を見ることでも何でもいいのです。楽しさを追いかけることは、どんなことでも視野を広げてくれますし、一時的でもポジティブな感情を重ねていくことで、死の恐れを乗り越え、人生を豊かにすることができるのです。


高原豪久

まずは20数名の執行役員から始め、一年近い助走期間を経てから徐々に下の階層に下ろしていった。上が真剣に取り組んでいることにしたは抵抗しにくい。導入は03年だが、新入社員まで実施したのは、10年4月のことである。
【覚書き|行動予定表と実行・検証プロセスを融合したSAPS経営を導入したときを振り返っての発言】


宮内義彦

若い時代は、貴重な時間です。日々をムダにせず、大事に生きてほしい。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

20代、30代の頃のお金の使い方が、40代以降の人生に大きく影響してくる。若い時期にせっせと小金を貯めてばかりいたような人間が、40歳を過ぎてから活きたお金の使い方をしようと思っても、怖くてできないはずだ。


アラン(哲学者)

怒りと絶望はまず第一に克服しなければならない敵である。それには信じなければいけない。希望を持たねばならない。そして微笑まねばならない。


ニーチェ

もし悩む友人がいたら、彼らの悩みを休ませる憩いの場となってやるがいい。それも、堅い寝床、いうなれば野戦用のベッドになってやるがいい。


松本大

一部上場を機に、大勢の方からお祝いのお言葉を頂戴致しました。その中で、『初心忘るべからず』というメッセージを、何人かの特に親しい方々から 頂きました。まさにその通りだと思います。これからも初心を決して忘れないで、お客様のために、株主の方々のために、そして資本市場のために、邁進して参 る決意ですので、今後とも宜しくお願い致します。


久保利英明

上手くいくことが勝つとは限りません。ですから、勝ったり負けたりでいいんですね。双方折り合える落としどころへきちんともっていけるだけの余裕がある人が「交渉上手」なんです。


北尾吉孝

知的なタフネスを獲得しようと思ったら、精神的なタフネスと肉体的なタフネスが必要なのです。だから僕は、とても摂生していますよ。大酒も飲まないし、タバコも吸わない。だから、風邪を引くことなんてほとんどありません。


アユカワタカヲ

大事なのは、「○○歳までにいくら」という目標数字を明確にすること。私は50歳で独立したいと考えており、そこから逆算して投資を進めました。ただ、老後のお小遣い程度でよければ、月5万円もあればいい。そこを明確にしておかないと、焦って失敗したり、逆にタイミングを逃したりします。


加藤宣明

当社には特徴的な組織体系があります。それは、営業部は各事業部に属さずに一本化していることです。これは事業部制を始めたころから一貫しています。営業部の独立的な立ち位置が、社外に対するクッションあるいは調整役となり、また社内的には各部門間に生じる壁を低くするうえで大いに役立っています。


三浦善司

私は、新入社員にも手帳に書くことを勧めています。入社式の時に、「今日感じたこと」を手帳に書いておくように伝えるんです。そして来年、後輩が入ってきた時にそれを読み返してごらんなさいと。入社当時のフレッシュで純粋な決意が、ありありと蘇ってくるはずです。