名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

北見尚之(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北見尚之(経営者)のプロフィール

北見尚之、きたみ・ひさし。日本の経営者。不動産会社「リスト」社長CEO(最高経営責任者)。神奈川県出身。大手不動産会社を経てリストを設立。

北見尚之(経営者)の名言 一覧

「101回の腕立て伏せ」という言葉を社内で発信しています。腕立て伏せの話は、1日100回の腕立て伏せを課された時、もう1回ができるかどうか。1年では365回ですが5年、10年経った時には大きな差となります。


移動が多いのでスケジュールやメールなどはタブレットで管理しています。移動中も作業環境が変わらず便利ですね。


富裕層の方々は非常にシビアですが、決めるときの決断力もすごい。高額物件でも複数購入されることが多い。


我々は常に他社にないものをとり入れてきました。街づくりや1軒の住宅でも「住んで、買って、よかった」と思っていただけるもの、振り返った時に価値が上がるような案件やサービスを目指しています。たとえば戸建住宅の「かし保証」サービスは2011年に当社が日本で初めて導入し今では業界標準になっています。


私が不動産に興味を持った時期、業界はバブルでした。周囲は「お金を持っている者が偉い」という雰囲気で仕事をしていましたが、私はあくまでもお客様からの信頼あっての不動産であると考え、そうした会社を創りたいと起業しました。今も社内には「お客様のことを考えて」、「業界の古い慣習に囚われないで」と訴えています。


北見尚之(経営者)の経歴・略歴

北見尚之、きたみ・ひさし。日本の経営者。不動産会社「リスト」社長CEO(最高経営責任者)。神奈川県出身。大手不動産会社を経てリストを設立。

他の記事も読んでみる

藤巻幸夫(藤巻幸大)

自分のことをシャイだと思っている人は、言葉を発しようとすると、「こんなことを言ったら周囲にどう思われるだろう」「こんなことを聞くと笑われるかもしれない」という気持ちに襲われ、発言を躊躇してしまうのではないだろうか。そんなの、つまらないプライドだ。自分のプライドを傷つけないことばかり考えていたら、いつまで経っても人と上手く話せるようにはならない。そういう人はもっと素直にならなくちゃダメだ。


井上陽介

ビジネスの未来はみずからつくるものであり、仮に時代の大きな方向性が予見できたとしても、その中で何をなすべきかを決めるのは、つまるところ、自分自身にほかならない。


新浪剛史

私利私欲の、エゴというのは良いエゴと悪いエゴがある。常にエゴという言葉はどうしても悪いエゴに見える。でも、何かをやりたいという思い、英語で言うとアスピレーション(志・大望)、これがあるんですね。ある程度、自我がないと出来ないと。でも、その自我が自らの利益のためになったときに悪いエゴになると。この悪いエゴにならないためには、常に利他を考えていくことが大事だと。でも、自我がなければ物事が進まないのも事実。


石川尚子

基本的にどんな発言も、否定されずにいったん受け止めて聴いてもらっていると、次第に自分の中で気づきが起きてきます。「こんなことを言っていてもしょうがないな」と。内側にあるものを吐き出し、受け止めてもらえるだけで、人は安心感を得ます。そうして初めて、自分事として考えられるようになるのです。


岩田松雄

「ただ計算しておいて」と言われれば、仕事を受ける側もそれ以上、仕事の質を改善する余地がなくなります。ですが目的が分かれば、そのために「間違いが許されない資料ならば、3回チェックしよう」、あるいは「急ぎの資料ならば、調べるのに時間がかかる正確な数字は概数で済ませよう」といった判断を自分でできます。細かなことですが、こういったことがやりがいにつながるのです。


金子雅臣

世代によって価値観は変わるから、どんな言い方をネガティブに感じるかという基準が、自分と違う可能性がある。


小倉広

上司に意見を伝えるとき、コンテンツ(結論・メッセージ)だけでなく、コンテキスト(背景や経緯、文脈)も必ず伝えてください。「私はこのやり方がいいと思います」という結論を示したら、「なぜそう思うか」を伝えること。とくに「お客様からこんな意見をもらった」という顧客事例を伝えるのは有効です。上司は部下より現場を直接見る機会が少ない分、顧客の声を重視するので、納得してもらいやすいのです。


小池百合子

出る杭は打たれるもの。頭抜けてしまうと、今度は新しい世界が目の前に広がるチャンスもあります。


植木理恵

残念ながら、コンプレックスを一言で打ち消してくれる魔法のような言葉はありません。人間は日々の積み重ねで形成されています。何十年も付き合ってきた自分の心を、たった一言で激変させることなんてできないのです。


筒井義信

人口減少、少子高齢化については必ずしも悲観的には考えていない。保険のニーズが多様化しており、そこにチャンスがあると考えるからだ。


豊島逸夫

経済理論の前提が現場では刻々と変わる。


野村博(経営者)

米国子会社や経営企画、開発や人事などを幅広く経験しました。今から振り返れば、社長を託すために意図的に育成してもらったのだと思います。