名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北見尚之(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北見尚之(経営者)のプロフィール

北見尚之、きたみ・ひさし。日本の経営者。不動産会社「リスト」社長CEO(最高経営責任者)。神奈川県出身。大手不動産会社を経てリストを設立。

北見尚之(経営者)の名言 一覧

「101回の腕立て伏せ」という言葉を社内で発信しています。腕立て伏せの話は、1日100回の腕立て伏せを課された時、もう1回ができるかどうか。1年では365回ですが5年、10年経った時には大きな差となります。


移動が多いのでスケジュールやメールなどはタブレットで管理しています。移動中も作業環境が変わらず便利ですね。


富裕層の方々は非常にシビアですが、決めるときの決断力もすごい。高額物件でも複数購入されることが多い。


我々は常に他社にないものをとり入れてきました。街づくりや1軒の住宅でも「住んで、買って、よかった」と思っていただけるもの、振り返った時に価値が上がるような案件やサービスを目指しています。たとえば戸建住宅の「かし保証」サービスは2011年に当社が日本で初めて導入し今では業界標準になっています。


私が不動産に興味を持った時期、業界はバブルでした。周囲は「お金を持っている者が偉い」という雰囲気で仕事をしていましたが、私はあくまでもお客様からの信頼あっての不動産であると考え、そうした会社を創りたいと起業しました。今も社内には「お客様のことを考えて」、「業界の古い慣習に囚われないで」と訴えています。


北見尚之(経営者)の経歴・略歴

北見尚之、きたみ・ひさし。日本の経営者。不動産会社「リスト」社長CEO(最高経営責任者)。神奈川県出身。大手不動産会社を経てリストを設立。

他の記事も読んでみる

上島昌佐郎

ブームによってコーヒー会社同士の競争が激しくなると想像する人がいるかもしれませんが、それは違います。1990年代後半から00年代にかけて大流行した「シアトル系コーヒー」ブームでは、それまで、あまりコーヒーを飲まなかった若い世代が、ミルクリッチのラテ系からコーヒーの世界に入り、日常的にコーヒーを楽しむようになったことで市場は勢いよく拡大しました。また、そのときコーヒーを飲みはじめた方々の一部は、現在、ミルクリッチは甘いといってブラックコーヒーを好んで飲むようになっています。このように、市場が拡大するとともに、新しい様々なコーヒー文化が誕生するきっかけになるので、我々にとってコーヒーブームは大歓迎です。


鎌原正直

苦しくとも、挑戦できることは最高だ。


ケリー・マクゴニガル

自分の仕事を再定義するには、まずは、「リストを作る」ことから始めます。自分の仕事で「やらなければいけないこと」を書き出すのです。例えば、メール、リポート作成、クライアントとのミーティングなどです。同時に、「自分の長所」「自分の人生で何を一番大切に思っているのか」「自分の価値観」などをリストアップします。これらを、「自分の仕事」とひとつひとつ、つなげてみるのです。「説得力のある話し方」が得意だとします。それをメールやリポート作成とつなげて考えるのです。そうすれば、自分の長所をうまく使って仕事をするのに役立ちます。「人に教えること」が得意なら、メールを書く行為も、「誰かにアドバイスを与える、誰かの役に立つもの」と捉えることができます。これが、ストレスの有害な部分を減らす効果を生みます。


阿部観

クライアントと会ったら、やはり愛想のいい人のほうがいい。挨拶をちょっと大きな声でとか、それだけでも変わる。


ビル・マクナブ

当社が運用する投資信託はコストが低く、(相対的に)リターンは高いという特性を顧客はよく理解しています。その結果、景気や相場が大変なときでも、解約せずに投資を継続する傾向があります。既存の顧客に対するサービスに多くの時間を費やし、業界内の様々な議論でも常に投資家の立場に立って発言しているのも恐らく寄与しているでしょう。


谷原誠

「仕事を先延ばしにする人」は3日前、1週間前、ひと月前にできていたはずの仕事に追われ、仕事ぶりにも余裕がなくなります。対して、「すぐやる」人は、仕事が終わった時点で次のプラン、つまり未来に視点を向けることができます。結果、仕事の内容も生産的なものになるのです。


寺田寅彦

いわゆる頭のいい人は、いわば脚の速い旅人のようなものである。人より先のまだ行かないところへ行きつくことができるかわりに、途中の道程、あるいはちょっとした脇道にある、肝心なものを見落とす恐れがある。


阿部観

高校時代は、ただひたすら野球に打ち込む日々でした。その中でレギュラーになるためには何かを犠牲にするしかなかった。毎日朝5時から夜11時まで練習。しかし、それをしているだけでは他の人と同じで、前に出ることはできない。だから自分の時間、休む時間を削って自主練習する。そういう努力をするから抜きん出ることができる。


吉野浩行

巨大合併すると会社の個性、車の個性が失われかねません。クライスラーとベンツおのおのの個性はどうなるのでしょうか。個性がなければ車は売れない。僕らの商品の個性はもちろんのこと、企業自体の個性、そして企業で働いている人たちの個性も大事にしていきたいと考えています。大きければいいというものではないのです。


坂東眞理子

親というのは、心を鬼にして子どもの失敗を見守らなければなりません。小さな失敗体験をたくさんすることで、子どもは等身大の自分を把握していきます。


秋田稲美

最後の最後に「あなたは~」と主語を相手にしてしまうと、逆に押しつけがましく感じるものです。あくまで「私は~」と、自分の意見は参考にというスタンスで、判断はお客様に委ねる。すると、お客様自身も決断しやすくなるはずです。


牛島信

国民と企業との接点は何よりも雇用だと考えています。人は一体何で生きているのかというと、幸せになるため。そして、幸せを感じるのは、自分に対してプライドを感じるとき。自分に対してプライドを感じるのは、自分がお金を稼いで、家族を養って、社会から自立して立っているという実感があるときではないかと思うんです。自覚はなくても、会社で働いているすべての人間がそうではないでしょうか。そういう職場をどんどん増やす。企業トップの責任はそこにあり、トップがそれをできるようにするのがコーポレートガバナンスではないか、というふうに考えているんです。