北見尚之(経営者)の名言

北見尚之(経営者)のプロフィール

北見尚之、きたみ・ひさし。日本の経営者。不動産会社「リスト」社長CEO(最高経営責任者)。神奈川県出身。大手不動産会社を経てリストを設立。

北見尚之(経営者)の名言 一覧

「101回の腕立て伏せ」という言葉を社内で発信しています。腕立て伏せの話は、1日100回の腕立て伏せを課された時、もう1回ができるかどうか。1年では365回ですが5年、10年経った時には大きな差となります。


移動が多いのでスケジュールやメールなどはタブレットで管理しています。移動中も作業環境が変わらず便利ですね。


富裕層の方々は非常にシビアですが、決めるときの決断力もすごい。高額物件でも複数購入されることが多い。


我々は常に他社にないものをとり入れてきました。街づくりや1軒の住宅でも「住んで、買って、よかった」と思っていただけるもの、振り返った時に価値が上がるような案件やサービスを目指しています。たとえば戸建住宅の「かし保証」サービスは2011年に当社が日本で初めて導入し今では業界標準になっています。


私が不動産に興味を持った時期、業界はバブルでした。周囲は「お金を持っている者が偉い」という雰囲気で仕事をしていましたが、私はあくまでもお客様からの信頼あっての不動産であると考え、そうした会社を創りたいと起業しました。今も社内には「お客様のことを考えて」、「業界の古い慣習に囚われないで」と訴えています。


北見尚之(経営者)の経歴・略歴

北見尚之、きたみ・ひさし。日本の経営者。不動産会社「リスト」社長CEO(最高経営責任者)。神奈川県出身。大手不動産会社を経てリストを設立。

他の記事も読んでみる

小池百合子

唯一、東京に足りないものは「希望」。今日よりも明日のほうがいい。みんながそう信じ合えることが、何よりも大切。


田中仁(経営者)

周りの人に聞くと、私は「よく話をする社長」ではあるようです。何を話しているかというと、多いのは「なんで?」という質問です。なぜなら、基本的にはどの社員も、担当している分野においては私よりも深く物事に精通している「プロ」だからです。社長の役割は全体を見て判断をすること。そこで間違った判断をしないためには、上がってくる情報を見ているだけでは不十分です。人のものの見方にはどうしてもバイアスがかかります。ですから、データとして整理された情報は「作られたもの」という前提で見たほうがいい。だからこそ、むしろ各分野に精通している社員たちと直接会って質問をぶつけることが大事なのです。


寺門ジモン

言わせてもらえば、人間なんて地球上の生き物の一つです。地球に間借りして住まわせてもらっているようなものですから、たとえ人類最強でも「家主」には絶対に勝てっこありません。そもそも自然界には人間が作ったルールなんて通用しません。だからこそ人間は五感をフル稼働させて危機を素早く察知し、自分の身を守っていく必要があるのです。


ハーマン・サイモン

ドイツの強い中小企業の工業製品は、市場全体より15~20%のプレミアム価格がつき、世界の市場を牽引しています。ひとつひとつは小さいかもしれませんが、高価格帯で売る努力をすると、主要セグメントより量のシェアは小さくなりますが利益は高まります。利益の面からも、市場シェアを最重視するのはやめるべきです。


永井浩二(経営者)

自分たちは一流だと思ったら、そこで終わり。逆に一流ではない方がいい。常に一流になりたいという思いを持ち続けることが大事。


佐藤安弘

いまや発泡酒は、ビールと発泡酒を合わせた総需要の4割を占めるまで市場が拡大しています。あのとき、メンツにこだわって参入を見送っていたらどうなっていたか。発泡酒への参入は正解だったと心から思っています。


匠英一

店のテーマソングは、童謡に近いリズムと音階で作ると成功します。童謡は耳になじんでいるため、それと同じようなBGMだと、気づかないうちに覚えてしまい、ふと口ずさんでしまう効果があるからです。童謡の「桃太郎」とビックカメラのCM曲は、リズムが似てるでしょう? こうしたテーマソングは店への親近感を高めるので、リピーター獲得につながるんです。


船ヶ山哲

相手の心に届く提案をするには、「本当の競合相手は誰か」をいち早く突き止めることが大切。


中原圭介

哲学書を読んでいれば、合理的な考え方ができるようになり、思考力や洞察力がぐんと高まります。初心者にはハードルが高いので、哲学の入門書や漫画からスタートしてもいいでしょう。


佐藤浩市

自分の中に嫌いなところを見つけるのは簡単だし、楽なんですよ。だったらいいところを見つけてやれよって思う。もちろん他人の中にもね。まあ僕もそう思えたのは……30過ぎぐらいからかなあ。若い時は自分ことが嫌いでしたから。気づくのが遅かったと思います。


江上治

どんなことでも、一流になるまでには最低でも10年は必要だといいます。逆に言えば10年間コツコツと続ければ、誰でも一流になれる可能性があるということです。地道な継続の末にブレイクスルーを経験できるかどうかが、稼ぐ人と稼げない人の分かれ目だといえるでしょう。


吉川洋

「こういうものがあったらいい」というセンサーは、男性よりも女性のほうが発達しているのではないかと思います。消費者に近いものは、女性のアイディアがヒットを生むことがあると思います。古典的な例では、電気洗濯機は、シカゴの主婦がアイディアを出して、GEが開発したと言われています。電気洗濯機というアイディアは、おそらく男性からは出てこなかった。


土合朋宏

組織で仕事をする以上、自分のミッションは果たさなければならない。


鈴木貴博(コンサルタント)

重要なことは、「どういうメカニズムになっているのか?」「どういう前提条件になっているのか?」と考えることです。


佐野末四郎

リーマンショックを境に船の注文がパタリと止まってしまって……。それなら、船大工の技術を多くの人に伝えるために自転車を作ってみようと思ったんです。最初は周りに不可能だって言われた。でも、船大工は1ミリ以下の世界でモノを作りあげる技術を長い間、身につけてきた。はじめから作れるっていう自信はありましたね。


ページの先頭へ