名言DB

9490 人 / 112001 名言

北見久美子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北見久美子のプロフィール

北見久美子、きたみ・くみこ。日本のファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザー。新潟県出身。立教大学英米文学科卒業後、女性誌の編集部に入社。編集者として幅広い記事の執筆に携わる。その後フリーライターとなる。消費生活コンサルタント、消費生活アドバイザー、ファイナンシャルプランナーの資格を取得。テレビ、ラジオ、新聞雑誌、そのほか幅広い媒体でライフプランの作成、財産形成などのコンサルティングを行った。そのほか、神奈川県消費生活センター消費生活相談員、NPO法人日本FP協会 評議委員、第一生命保険会社支払い審査委員、スタディグループ「SGみなとみらい」代表などを務めた。

北見久美子の名言 一覧

若いときはいまの自分から将来に向けて計画を立ててきましたが、老後の生活を考えるときはその逆。後ろから現在に向けて考えてください。


定年前と後では、いろいろなことが変わってきます。この大きな山を乗り越えるには、家にお金がどれだけあるかを把握することがとても重要です。


親が自分たちの老後をしっかり考えていないと、つい子供の教育費に使ってしまいます。ここはぜひ「大学までしか面倒を見ないよ」「留年は許さないよ」などと強めの言葉で釘を刺しておいてください。ちゃんとした子供なら理解してくれて、それなりの進路を選ぶはず。そのためにも親はきちんと老後のお金について考えておきましょう。なんといっても、子供に伝わる気迫が違いますから。


家のリフォームは、持ち家である限り覚悟しておいたほうがいいですね。それから体の丈夫な人の盲点が入れ歯。インプラントは1本30万円程度と高額です。実は家のリフォームと歯の治療には共通点があって、どちらも本当にひどくなるまで、つい放置してしまう。すると余計に出費がかさみますから、早めの手当てが結局はお得です。


北見久美子の経歴・略歴

北見久美子、きたみ・くみこ。日本のファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザー。新潟県出身。立教大学英米文学科卒業後、女性誌の編集部に入社。編集者として幅広い記事の執筆に携わる。その後フリーライターとなる。消費生活コンサルタント、消費生活アドバイザー、ファイナンシャルプランナーの資格を取得。テレビ、ラジオ、新聞雑誌、そのほか幅広い媒体でライフプランの作成、財産形成などのコンサルティングを行った。そのほか、神奈川県消費生活センター消費生活相談員、NPO法人日本FP協会 評議委員、第一生命保険会社支払い審査委員、スタディグループ「SGみなとみらい」代表などを務めた。

他の記事も読んでみる

木村皓一

創業当時は学校を出て縫製工場に勤めていた若い女性がたくさんいたのですが、結婚すると仕事を辞めてしまうんですね。要は、すごい技術を持つ人が家庭に入って何もしていないわけです。そこにヒントを得まして、家庭まで仕事を持っていき、縫ってくれる内職の人たちを育てようと思いました。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

チームに新しいメンバーを迎えたいときは、自分だけでは判断しない。必ずその人を客観的に見れる他のメンバーの判断を仰ぐこと。新メンバー候補が見つかったら、現チームの中心的な存在であるメンバーたちにもまず意見を求める。そこで多くのメンバーの反応が薄いようなら、ひとまずチームに招くのは見送ろう。目指すのは一人一人が互いを認め合って力を発揮していくチーム


宮田孝一

「この件については、A、B、Cの3つの問題があります。まずAは……」などと問題点を挙げていくような議論は何となく高尚に見えるかもしれません。一方、「細かいことはよくわからないけれど、こういうふうにやってみたら」とか、「とにかくやろうよ」といった働きかけは低級に思われているようです。しかし、ビジネスはむしろ後者のほうが大事で、とにかく決断して行動に移すという前向きな姿勢が大事です。


野村恭彦

大切なのは、出てきたアイデアや解決策に合わせて企業が組織変容すること。解決策が分かっても、それを実現できなければ、イノベーションは起こせない。


冨山和彦

得てして日本人は、何とか家や何々会社のようなムラ組織に入ってしまうと、ムラの空気を読んでそこに合わせるという行動原理になりがちです。


中山雅史

「課題は?」と聞かれた時の答えはずっと変わらない。「すべて」ですよ。ひとつひとつのプレーをちょっとずつでもレベルアップできたらと思い続けている。動きの質をはじめ、技術的な部分もね。


浅野純次

カタカナで言葉の意味を曖昧にしようとする作為には厳重な注意が必要。


大前研一

悲しいのは、釣りにしてもバイクにしてもスノーモービルにしても、同じ年ぐらいの友人がやらなくなったこと。60歳を迎えた友人たちはたいてい、奥さんから「あなた、年を考えなさい」と言われると、年を考えてやめちゃうんだよね。でも私は年を考えるからやる。この辺がすごく大きな違い。


元木昌彦

編集長時代、私は自分にふたつのことを課していました。「1日3人は社外の人に会うこと」と、「1日30分は一人だけの時間を持つこと」です。このふたつをこなすことで編集者としての人脈も広がり、かつ多くの企画を考えつけたと思っています。


平岡昭良

当社はクラウド型タクシー配車システムを開発しました。これは乗客が配車を希望してから、タクシー会社がタクシー車両の手配までを自動で行うものです。タクシー業界最大手のkmグループが採用して以来、全国のタクシー会社に相次ぎ採用されています。1社なら利便性は限られるんですが、複数社が同システムを利用することで乗客の利便性は向上しますよね。こうした事業者とユーザーをICT(情報通信技術)でつなぐことで新たなエコシステムが生まれるんです。


堀木エリ子

よく「堀木さんは、天職が見つかってよかったですね」と言われるんですが、それは違うと思います。天職とは、「私はこれを天職にするんだ」と決心するから天職になるんです。若い人が「一生懸命になれるものが見つからない」と嘆いていますが、それは見つからないんじゃなくて、決心しないだけだと思います。


伊藤真(弁護士)

計画を立てるということは、自分の目標を明確にし、自分の現状を把握し、目標達成までに何をすべきか洗い出し、優先順位をつけてやるべきことを可視化する作業です。自分を客観視することが、計画を立てることの目的です。計画どおりにいかなければ、優先順位をつけ直し、より優先順位の高いことに絞り込んでいけばいいのです。