名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北端康良の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北端康良のプロフィール

北端康良、きたばた・やすよし。日本の才能開発コンサルタント。「才能心理学協会」理事長。大阪市立大学法学部卒業、米コロンビア大学ビジネススクールLeadership Essentials 修了。著書に『才能が9割 3つの質問であなたは目覚める』『自分の秘密 才能を自分で見つける方法』。

北端康良の名言 一覧

「才能」=「感情」×「行動」×「能力」


才能とは、あなたの心を最も突き動かす感情を行動に移した結果、生み出される能力のこと。


北端康良の経歴・略歴

北端康良、きたばた・やすよし。日本の才能開発コンサルタント。「才能心理学協会」理事長。大阪市立大学法学部卒業、米コロンビア大学ビジネススクールLeadership Essentials 修了。著書に『才能が9割 3つの質問であなたは目覚める』『自分の秘密 才能を自分で見つける方法』。

他の記事も読んでみる

前澤友作

少しシビアな見方かもしれないけど、僕が本当にやりたいことは僕らを取り巻く社会システム、世の中のしくみが変わらないと、考え方として通用しない。だから、どっかで何か働きかけをしないと、僕が本当にやりたいことは出来ないなって思ってます。


篠原菊紀

脳の基礎力は心肺機能に関連しています。有酸素運動と筋トレの習慣づけは、脳の健康のために欠かせません。ただし、体を本格的に動かす運動は、体温が上がる午後の時間帯にするほうがいいでしょう。


武藤潤(経営者)

しっかりと意見を戦わせて議論を重ねたうえで物事を決めるプロセスを踏む。このプロセスが仕事の推進力を生んでいきます。


藤原智美

つまらない事例やエピソードなら、無理をして引用しない方がいいと思います。せっかくオリジナリティのある本論であっても、陳腐な事例やエピソードが入ると、それにつられて陳腐化します。


塚田公太

東洋綿花の発足とともに、これまで三井物産のボンベイ支店次長だった私が、支店長に昇格した。ほとんど例外なく次長は支店長へ、支店長が重役へと、一階級ないし二階級特進したものである。もともと綿花部には、仕事の性質上、血の気の多い若い人たちがひしめいていた。それらの人たちがこの異例の人事に刺激され、これまでの月給取り商売でなく、我々の仕事のためにやろうじゃないかと大いに張り切った。
【覚書き|三井物産綿花部が独立し東洋綿花(のちのトーメン)になった当時を振り返っての発言】


ジミー・ウェールズ

マーケットのニーズなどについて考えることは悪いことではない。ただ、それが最優先事項になるべきではないと言っているだけだ。もしマーケットのニーズが最優先事項ならそのビジネスは、どうしようもない、退屈で、パッとしないビジネスで終わることになる。


山本忠人

私が社員に徹底したのは「Go to Customers」の方針です。営業も研究開発も業界別に組織を編成し直し、社員をお客様の元に行かせました。そして、お客様を交えて議論しながら新しいソリューションを生み出す体制を整えました。こうした中で、社員はお客様が求めているのは複写機だけではないことに気付き、お客様のお困り事を我々の技術で解決するにはどうすべきかと考えるようになります。


後藤忠治

競技スポーツは記録、あるいは結果が全てです。自分なりに頑張りました、努力しましたと言っても通用しません。これは仕事にも当てはまります。仕事も結果が全てという厳しい世界です。


坂本孝

自分と違う特性や能力をもつビジネスパートナーを見つけるには、まずは自分のことをわかっていなければならないのは言うまでもありません。自分は何が得意なのか、また何が苦手なのか。それらを理解したうえで、自分に足りない部分を補ってくれる相手とチームを組むのが理想です。自分の得意分野や苦手分野については、これまでの成功や失敗の経験を振り返ればおのずとわかってきます。


佐藤康博

1日の中で非常に大事にしているのは、通勤のクルマの中での時間です。行き帰りの約3時間は思索の時間です。行きはシミュレーション、帰りはレビューの時間と位置付けています。行きはマクロ、ミクロを含めてケースを想定し、大きなテーマについては頭の中にデシジョン・ツリーを描き、「このケースはこう、あのケースならこう」と思索を深めます。帰りは1日の仕事を振り返り、新たに入手した情報やそこから浮かび上がってきた課題を整理します。


柳井正

どこの店舗も成功した要因とは「本当に良い店を創ろう」という思いに尽きます。「世界最高の店を創ろう」という志があるから集客できるし、売れているのだと思うのです。


鈴木純(経営者)

相手の弱いところを攻めるのがビジネスの常道。サプライチェーン全体を見れば、空いたスペースが見つかるものだ。