名言DB

9429 人 / 110879 名言

北澤艶子の名言

twitter Facebook はてブ

北澤艶子のプロフィール

北澤艶子、きたざわ・つやこ。日本の経営者。不動産会社「北澤商事」社長。東京出身。

北澤艶子の名言 一覧

細かい職務を弛まず積み上げることが、お客様の信用につながる。


信用は無限の財産なり。


信用を崩してしまうのは簡単ですが、勝ち取るのは大変なことです。長年、細かいことを疎かにせず、積み重ねることで信用を築き上げてきました。


お客様に安心感を持っていただけることが、大手にはない強みだと確信しています。何より、顧客を思う心が違うのです。


私の商道は、細かい業務をコツコツ築き上げていくこと。こうしてお客様と信頼関係を築き上げることができる不動産業を私は天職だと思っています。時代の流れを勉強し、取り入れながら商道を守り、天職を全うしていきたい。


北澤艶子の経歴・略歴

北澤艶子、きたざわ・つやこ。日本の経営者。不動産会社「北澤商事」社長。東京出身。

他の記事も読んでみる

牛窪恵

これはある企業で聞いた実話ですが、上司がさとり世代の部下に「明日の会議に必要だから、資料作成を頼む。頑張れるな?」と言ったら、翌朝出社しても資料はできていなかった。上司が理由を聞くと、「一時間ほど頑張ったんですが、終わらなかったので帰りました」と答えたそうです。上司は当然、「頑張る=徹夜してでもやる」という意味で言ったのですが、もはやさとり世代は使っている言語が違うので、そんな指示では意図が伝わらないのです。よって、さとり世代には期日や期間、任せる範囲などの目標を明確に示すこと。


五味一男

悪い情報が僕の耳に届かずに苦労したという経験はないですね。何かありそうなときは、「ぶっちゃけ、どうなの?」といった感じで話をします。失敗したからといって、その人の人格を全否定するわけでもありません。その仕事に向いているかどうかの話ですから、気にしないで話してみれば?一緒に話し合おうよということです。


土川健之

JRAに入った以上、競馬に惚れるのは当然ですが、仕事にも惚れてくれる人材がいいですね。できない理由を先に探すのではなくて、新しいことを何とか工夫してできるようにしていく。そういう働き方ができる人がいい。


澤上篤人

投資の勉強はむしろ、絶対にやってはいけない。投資なんて、安く買って高く売るだけのこと。暴落相場などで、多くの投資家が真っ青になって売っている時なら、安いに決まっている。そこで買っておけば、安く買えるじゃない。逆に、この2~3か月のように多くの投資家が買おう買おうと強気になっている時は、もう相当に高いと考えよう。だったら少しずつ売っていけばいい。考えてみようよ。真っ青になって売り逃げに走るのも、最近のようにガンガン強気で買おうとしているのも、皆投資の勉強をしてきた人たちだよ。機関投資家も同じこと。難しい理論を振りかざして運用のプロとか言っているが、彼らは暴落相場では買えない。それでいて、株価が上昇してくるにつれて、「持たざるリスクを感じて」高値を横並びで買ってくるのだ。何とも下手な投資家集団だが、中途半端に勉強すると、ああなるのよ。


三原邦彦

昭和20年代の発売当初、日本人はコカ・コーラを「醤油みたいな色で薬臭い」と嫌いました。その時、営業担当者は「味はうまい」ということをわかってもらうために、とにかく人が飲んでいるシーンを見せてPRしたそうです。「隣の人が飲んでいるなら、うまいのだろう」と心理のハードルを下げさせたのですね。うちもそれを利用しました。まずA社で実績を挙げたら、それを取材して事例を作り、それを持ってB社、C社へ営業する。そうして何十社も続け、広げていったんです。


鈴木優輔

病気を防いで健康を維持したいと思っても、病院では予防のためのケアを教えてはくれません。日本にはそうしたことを教えてくれる施設がないのです。この現状を憂慮し、予防医療を広める拠点として「予防ケアステーション」を展開し始めました。ここにはヘルスアドバイザーが常駐し、たとえば自己治癒力をどう高めるかといったアドバイスをするなど健康支援を行っています。各店舗は地域の子供からシルバー世代まで様々な方でにぎわい、健康について気軽に学べる、健康観が変わったと喜ばれています。


広岡達朗

人間は本来保守的である。ある状況に慣れると、とくに強い動機がない限りそこから抜け出そうとしない。それが安楽であればあるほどその状況に固執しようとする傾向がある。


柳澤大輔

1日10個のアイデアを出してみましょう。アイデアを出すコツは、つまらなくていいと意識すること。とにかくアイデアはいくつも出すと、発想グセがついてきます。


星野佳路

たとえ厳しい状況でも、自分の正しいと思うことを、覚悟を決めてやり抜くことです。強固な壁を突破する力も、必ずそこから生まれてくるのですから。


榎本博明

達成感や充実感などの内的報酬を得る唯一の方法とは、目の前の仕事に全力で取り組むことです。