名言DB

9490 人 / 112001 名言

北澤艶子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北澤艶子のプロフィール

北澤艶子、きたざわ・つやこ。日本の経営者。不動産会社「北澤商事」社長。東京出身。

北澤艶子の名言 一覧

細かい職務を弛まず積み上げることが、お客様の信用につながる。


信用は無限の財産なり。


信用を崩してしまうのは簡単ですが、勝ち取るのは大変なことです。長年、細かいことを疎かにせず、積み重ねることで信用を築き上げてきました。


お客様に安心感を持っていただけることが、大手にはない強みだと確信しています。何より、顧客を思う心が違うのです。


私の商道は、細かい業務をコツコツ築き上げていくこと。こうしてお客様と信頼関係を築き上げることができる不動産業を私は天職だと思っています。時代の流れを勉強し、取り入れながら商道を守り、天職を全うしていきたい。


北澤艶子の経歴・略歴

北澤艶子、きたざわ・つやこ。日本の経営者。不動産会社「北澤商事」社長。東京出身。

他の記事も読んでみる

ピョートル・フェリクス・グジバチ

今日オフィスに来たら社員のひとりが疲れた表情をしている。そういうとき、声をかけてはいけない雰囲気になりがちですが、僕はすぐに「元気がなさそうですね」と冗談っぽく声をかけるんです。そうすると、明るい表情に戻ったりする。要は「自分を見てくれている」ということが大事で、そこから少しずつ信頼関係ができてくる。


濱口道雄

前例のない商品を発売する時、不安はつきもの。ですが、そこで立ち止まっているばかりでは、それこそ時代の変化に負けてしまいます。そもそも明治の頃、日本で初めてソースをつくって米国で販売したり、その後も「有機大豆」を原料とした醤油づくりにいち早く取り組んだり、他に先駆けて新たなことを試み、市場の開拓に挑戦することが、代々続く伝統と言えるかもしれません。


久我一総

現代はPCやスマホなど、便利なものが氾濫しています。そんな中で「本当に大切なものは何だろう?」と考えて、出した答えが「人の命を守る」でした。親として、家族として大切な人の安全を確保するためのアイテムが欲しい。そうした思いから、「ヒトココ(省電力小型探知機)」のアイデアが生まれました。


阿部観

クライアントと会ったら、やはり愛想のいい人のほうがいい。挨拶をちょっと大きな声でとか、それだけでも変わる。


川村勝巳

物産では駆け出しの若僧にも結構一切任せて大きな商売をやらせていく。ところがサラリーマンにすぎぬ。このままでは自分も知れたものだ。トコトン自分を追いつめて自分の運命を試してみたい。
【覚書き:三井物産を飛び出してインキ製造開発の道に進んだ時を振り返っての言葉】


伊勢谷友介

リバースプロジェクトは、ぼくにとっての現代アートでもあります。でもそのアートは一人で完成させられるものではなく、いろんな人との協創によって大きく広がり、社会に存在感を示せるもの。リバースプロジェクトがあるから、俳優として演じること、監督として映画をつくることの意味を、より深く考えられるようになった部分もあります。


パンカジ・クマール・ガルグ

日本はビジネスの習慣が独特ですから、難しさはありました。実力だけでは動かない。周囲との関連性が大きいですし、餅は餅屋でIT屋の私が説いても怪しまれてしまいます。石橋を叩いても渡らない日本の体質ですが、好きなだけ叩いてもらいました。


高岡浩三

発売当初に欠品するほどたくさん売れても、その時は広告などに多額の投資が必要でほとんど儲かりません。大きな利益を稼げるのは、そうした投資が必要なくなって、商品が十分に認知されてからです。つまり、ロングセラーになってから。そのため、ネスレ社内では、そうなるまで「ヒット商品」とは呼びません。


桜井醜

今後の日本企業にとって、売上高や営業利益を追い求めるばかりが成長力ではありません。社員の幸せや社会の幸福を考えることも成長力に結びつく可能性があるし、もうひとつの軸としては大切なことではないでしょうか。


任正非(レン・ツェンフェイ)

日本はこの100年で生まれ変わり、「高品質」の代名詞となった。中国も何年もの努力と何度かの生みの苦しみを経て、高品質を示す新たな代名詞となれると信じている。


林文子

長時間勤務をすれば仕事の生産性が上がるわけではありません。限られた時間内にどれだけの密度の濃い仕事ができるかが大切なんです。会社一色に染まらず、週末はきちんと休んで、自然に親しむとか、芸術や文化に触れるとか、たくさんのものに興味を持って、たくさんの人に出会うことです。


木川眞

ヤマトグループは現在、国内だけでも約4000の営業拠点と約6万人のセールスドライバーを有しています。宅急便を支える流通や情報、決済などの多様な機能もあります。これらはいままで、主に宅急便事業にしか使われてきませんでした。宅急便がデファクトスタンダードになったいま、築いたものを解放して、社会のプラットフォームと挑戦しています。プラットフォームになるということは、社会のインフラ、つまり土台になることを意味します。我々のネットワークや技術を個人や地域、自治体、幅広い産業や企業に使ってもらい、なくてはならない存在になる。プラットフォームが幾重にも重なれば、我々は一層強固になるでしょう。