北澤俊美(北沢俊美)の名言

北澤俊美(北沢俊美)のプロフィール

北澤俊美、きたざわ・としみ。日本の政治家。長野県出身。早稲田大学法学部卒業後、衆議院議員秘書を経て長野県議会議員選挙に当選。県議を17年務めたのち、参議院議員選挙に当選。参議院国土交通委員長、参議院外交防衛委員長、参議院懲罰委員長、参議院国家基本政策委員長、防衛大臣、民進党常任顧問などを務めた。

北澤俊美(北沢俊美)の名言 一覧

政治は感情で判断してはいけない。県議会議員を振り出しに41年間、議員を務めてきた私の信条。


北澤俊美(北沢俊美)の経歴・略歴

北澤俊美、きたざわ・としみ。日本の政治家。長野県出身。早稲田大学法学部卒業後、衆議院議員秘書を経て長野県議会議員選挙に当選。県議を17年務めたのち、参議院議員選挙に当選。参議院国土交通委員長、参議院外交防衛委員長、参議院懲罰委員長、参議院国家基本政策委員長、防衛大臣、民進党常任顧問などを務めた。

他の記事も読んでみる

杉村太郎

悪循環から脱却するには、仕事でも趣味でもいいので、とにかく小さな勝利を経験し、自分を信じる力を高めていくしかありません。できるなら、社会的には必ずしも正しいと評価されない場面で勝利を手に入れた方がより効果的です。僕の小さな勝利は、すっかり腐っていたサラリーマン時代に、会社を無断欠勤して海に遊びに行ったことでした。社会人としては許されないことだけれど、「俺は世間の尺度で測れるような男じゃないぜ!」と自信を取り戻すことができて、それまでまったく乗り気でなかった会社の仕事にも、熱中できるようになりました。


犬伏泰夫

やむを得ず、納得してもらう前に行動に移す場合には、後追いでもいいから納得感を醸成すべきです。時間や手間がかかったとしても、最初に納得につなげた方が、結果的にはその後の展開がスピーディーに進むものです。


小島忠雄

再建のために全力を尽くそう。それでも幕引きをしなければならないのなら、他の人に迷惑はかけられない。自分でやるしかない。
【覚書き|ダイワゴルフ社長時代、米国の同社販売会社が設立後3年連続赤字を出したことに対しての発言。その後、アメリカへ直接乗り込み経営再建を成し遂げた】


山田敏夫

自身がプレーヤーとして、目の前の「木」ばかり見ているようでは、いつまで経っても売り上げは増えない。経営者として「森」を見るようにならなければ。覚悟を決めた僕は、まず、週末バイトを辞めました。創業時からずっと、生活費を稼ぐために、土日にインナーウェア会社の倉庫で肉体労働のアルバイトをしていたのですが、「ほかに稼ぎがあっては、いつまで経っても本気になれない」と、収入源を断ちました。


地井武男

テレビでも、犯人役はもちろん、どんなつまんない役でもやりましたよ。そのうち、『太陽にほえろ!』の刑事役とかもやるようになってね。


鷲北修一郎

研修受講者からよく「売るためのテクニック」について聞かれます。しかし、表面的な技術論は重要ではありません。大切なのは「なぜ売れないのか」、その根本的な原因を自分の頭で考えること。


冨安徳久

業績だけにこだわる人間をトップに置くのは危険。まずは理念や想いありきで、数字はその上に作られるもの。


山野正幸

基礎はともかく、細かな技術は実践を通じて習得しました。突き返されて嫌な思いをすることもありましたが、難題を克服していくことが楽しかった。


田坂広志

カリスマ的なリーダーになるほど、言葉を超えたメッセージを発する力が重要。


佐藤可士和

僕の職業はアートディレクターです。仕事は、モノやコトや場所などあらゆる対象を「デザインする」こと。しかし最初は図面も書かず、マウスを動かすこともない。地道なクライアントへのヒアリングから始めます。いわば、デザインを導くための「問診」ですね。社長や責任者はもちろん、現場で多くの社員の方々に話を聞く。「会社の特徴は?」「どんな製品ですか?」「何が優れているのですか?」。アーティスティックでも感覚的でもない。デザインって、実に地道で地味な地点からスタートする論理的なものなのです。


川内正直

上司が部下に影響力を発揮するには、いくつかの要素が必要です。まず、部下に「あの人はすごい」と思わせるだけの“専門性”。また、「あの人は素敵だ」と思わせる“魅了性”も必要です。そして、部下が「あの人がいるとありがたい」と思える“返報性”も重要。


熊谷正寿

一般的なビジネスマンが投じられる資金コスト、時間コストの中で得られる情報が飛躍的に増大したのがこの10年だったと思います。その結果、昔よりもピンポイントで正しい情報に到達することが極めて重要になりました。そうしなければ、貴重な時間を浪費するからです。


谷繁元信

コミュニケーション力は年中必要。監督の些細なひと言で、選手は楽になったり、吹っ切れたりする。25年やっている自分でも、孤独を感じるときがありますから。


清水陽平

ネットの炎上を防ぐには、「常に公開されているという認識をしっかりともつこと」「価値観を押しつける発言は避けること」の2つが特に大事。


池田千恵

実は私自身が早起きを始めたのは、上司に対する「クソー、今に見てるよ」っていう思いだったんです(笑)。「あなたは会議に出ても意味ないから掃除してて」と会議に出してもらえなかったのが悔しくて、仕事ができる人になりたくて朝に勉強しようと……。すると、夜思い悩んでいたときは、上司の言い方が頭にくるとか、口の曲がり具合がいやだとか、感情が渦巻いて出口が見つけられなかったんですが、翌朝、上司に言われたことを一字一句紙に書き出してみたら、冷静に受け止められたんですね。「上司が言うのももっともだ」と。


ページの先頭へ