名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北澤俊和の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北澤俊和のプロフィール

北澤俊和、きたざわ・としかず。学生情報センター社長。京都府出身。愛知工業大学経営工学部卒業。在学中からアルバイト情報誌を発行するなど学生向け事業に着目していた。その後、株式会社学生情報センターをを設立。組織を全国展開している。また、財団法人学生サポートセンター理事などを務めた。

北澤俊和の名言 一覧

人並みの努力では、人並みの仕事しかできませんし、部下にも尊敬されません。


いまの時代は、企業社会に限らず、何かひとつの分野で秀でた人材でなければ、サバイバル・レースに生き残れません。要するに、自分の超得意分野を見つけ、磨きをかけることが求められます。


汗を流してお金をもらう。そうした苦労体験を通じてこそ、自分に向いている仕事や、自分の超得意分野を見つけることができます。


部下の指導で悩む前に「自分がプロとして尊敬される人物になれ」ということです。ただ、それは一朝一夕には無理でしょうから、この部分においては自分の自分が「後輩の鑑」になるくらいの人間になること。それが小手先の指導テクニックを学ぶよりも、真っ先に目指すべきことだと思います。


たしかに、最近の新入社員の言動には、不可解なことが多いです。新入社員指導に悩み「いったいどんな指導をしたらいいのでしょうか」と聞かれることがよくあります。そんなとき私は「あなたにはどんな能力があるのですか」と聞き返します。要するに問題は、後輩を指導できるだけの能力を持っているかなのです。能力もない先輩の言葉には、何の説得力もありません。


インターンシップにしても、企業側は得てして、お客様を迎えるように学生を扱い、学生側も社会見学みたいな気分で働きます。これではまったく意味がありません。学生自身の意識改革が求められると同時に、これからは大学と企業、産学協同で学生の就職を支援していくことが求められます。


北澤俊和の経歴・略歴

北澤俊和、きたざわ・としかず。学生情報センター社長。京都府出身。愛知工業大学経営工学部卒業。在学中からアルバイト情報誌を発行するなど学生向け事業に着目していた。その後、株式会社学生情報センターをを設立。組織を全国展開している。また、財団法人学生サポートセンター理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

大西紀男

過去の苦い経験がありますので、わたしは二度と会社を潰したくない。だから、無理して事業を拡大しようとは思っていません。今後は身の丈にあった小型オフィスビルの開発と運営に特化した事業に徹していく。


森田勉(経営者)

センチュリーハイアットの営業時代、企業の宿泊付きで行われている会議の宴会をほかの大手のホテルから横取りすることにしました。ホテルを切り替えるなんて決断は、担当者にはできないから営業先はもちろん社長です。アポをとったら、その社長の趣味を徹底的に調べていって、最初の数分でスッと懐に入るのです。それから、うちのホテルに切り替えるメリットを細かく説明するんです。結局、このやり方で私は、普通の営業マンの何倍もの売上を常に達成し、センチュリーハイアットの宴会場を埋め尽くし続けました。


松浦弥太郎

仕事に臨むには社会性、好奇心、美への感受性、マナーのすべてが必要です。それらへのヒントを与えてくれるという点でも、流行に準じたものではない、普遍的な本の価値にぜひ目を向けたいですね。


高城幸司

叱る内容は、「怒る」のではなく、相手の立場に立った「アドバイス」をするのがベスト。「キミのために言っている」というスタンスを最初から最後まで通すことができれば、相手は指摘された内容を素直に受け止め、同じミスをしないように努力をするはずです。


須田将啓

仕事で大事なことは、人と人との組み合わせです。誰と誰が組むかで仕事の質が変わってきます。たとえば、2カ月で結果を出すというような短期決戦型のプロジェクトでは、細かいことにこだわらず、ぐいぐいと話を進めていくタイプの人をメインにします。反対に、息の長い仕事になりそうなときは、万事に慎重なタイプの人を配します。


新井田傳

タイに進出するにあたりバンコクに工場を作りました。日本の食材を向こうに運ぶと関税が約220%もかかってしまうんですよ。そのためメンマなど一部の具材を除き、麺も餃子もスープもタレもすべて現地工場で生産しています。現在は1店舗だけですが、今後直営で5店舗まで拡大する予定です。タイでは国内とは異なり、スピードを重視してフランチャイズで展開します。5~6年で100店舗展開していければと考えています。ほかの国については現時点では考えていません。ドミナント戦略でタイできっちりと展開した後に考えます。コスト削減効果がない展開計画は一切立てません。


本庄大介

伊藤園は経営理念「お客様第一主義」を掲げ、現会長(本庄八郎)は常に「日本一」や「世界一」を目指して、物真似をしない商品を目指してきました。その意味では、ものすごく負けず嫌いです(笑)。しかし、そういう側面があったからこそ今の伊藤園があります。


千田琢哉

「この人に評価してもらえると嬉しい」という上司や同僚。そういう人が、職場に一人はいるのではないでしょうか。「あの人を振り向かせるような、いい仕事をしよう!」と考えることで、その人が何を求めているのかを、より真剣に考える姿勢も生まれてきます。すると、スキルも上がり、仕事の成果も変わってきます。そうして、やる気の好循環をつくりましょう。


古川武士

お金に一生苦労しない人は、自分に投資ができる人。たとえば毎月1万円を積み立てるよりも、その1万円で勉強会や語学学校に通って勉強する。専門のスキルを身につける。最初はすぐに利益にならなくても5年後10年後に大きく収入アップも可能になる。


大崎洋(大﨑洋)

吉本の一員という意識は持っていてほしいけど、仕事をする時は、「アンチ吉本」の発想を持つことも大事よ。そうじゃないと、これだけ人が多いと埋もれてしまうし、会社も同じような考え方の人ばかりでは続かない。「いつでも辞めてやる」という気持ちで仕事をする社員が増えていけば会社も強くなっていくと思うよ。


朝井リョウ

誰しも表現欲は持っているし、実は自分は普通だって自覚している人こそ「表現欲」が強いんじゃないかと思う。僕らの世代は、ブログやSNSといった表現の場を最低1つは持っているもの。皆、プロフィール文やアイコンの写真で自分を表現するために工夫しているんです。それが僕の場合、たまたま「小説」という形だっただけだと思います。


小坂達朗

世のため人のための企業でありたい。武士道で言う「利他の心」は、まさに「すべての革新は患者さんのために」をうたう我が社の経営理念とも相通ずる。