名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北澤俊和の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北澤俊和のプロフィール

北澤俊和、きたざわ・としかず。学生情報センター社長。京都府出身。愛知工業大学経営工学部卒業。在学中からアルバイト情報誌を発行するなど学生向け事業に着目していた。その後、株式会社学生情報センターをを設立。組織を全国展開している。また、財団法人学生サポートセンター理事などを務めた。

北澤俊和の名言 一覧

人並みの努力では、人並みの仕事しかできませんし、部下にも尊敬されません。


いまの時代は、企業社会に限らず、何かひとつの分野で秀でた人材でなければ、サバイバル・レースに生き残れません。要するに、自分の超得意分野を見つけ、磨きをかけることが求められます。


汗を流してお金をもらう。そうした苦労体験を通じてこそ、自分に向いている仕事や、自分の超得意分野を見つけることができます。


部下の指導で悩む前に「自分がプロとして尊敬される人物になれ」ということです。ただ、それは一朝一夕には無理でしょうから、この部分においては自分の自分が「後輩の鑑」になるくらいの人間になること。それが小手先の指導テクニックを学ぶよりも、真っ先に目指すべきことだと思います。


たしかに、最近の新入社員の言動には、不可解なことが多いです。新入社員指導に悩み「いったいどんな指導をしたらいいのでしょうか」と聞かれることがよくあります。そんなとき私は「あなたにはどんな能力があるのですか」と聞き返します。要するに問題は、後輩を指導できるだけの能力を持っているかなのです。能力もない先輩の言葉には、何の説得力もありません。


インターンシップにしても、企業側は得てして、お客様を迎えるように学生を扱い、学生側も社会見学みたいな気分で働きます。これではまったく意味がありません。学生自身の意識改革が求められると同時に、これからは大学と企業、産学協同で学生の就職を支援していくことが求められます。


北澤俊和の経歴・略歴

北澤俊和、きたざわ・としかず。学生情報センター社長。京都府出身。愛知工業大学経営工学部卒業。在学中からアルバイト情報誌を発行するなど学生向け事業に着目していた。その後、株式会社学生情報センターをを設立。組織を全国展開している。また、財団法人学生サポートセンター理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

成毛眞

40代以降の現役ビジネスマンの世代に、私は「副業」を勧める。ただし、その内容が本業の延長線上にあってはならない。新しい刺激を受けられず、クリエーティブな感性が高まらないからだ。それよりもほかに、ネットやSNSを活用した副業のチャンスがいくらだってある。


内田和成

働いている人の意識を変えるべき。いい企業に入ると、その時点で「自分の目的を達した」という勘違いをやめた方がいい。


泉谷しげる

どこに魅力を感じるかなんてのは、相手が決めることで、自分じゃコントロールできない。


田中健二(経営者)

日本の価値観で考えないようにしてほしい。あくまでも異文化コミュニケーションだという認識が必要。


須田勝也(経営者)

厳しい要求に長年、真摯に応えてきたという実績とノウハウが、当社の強みになっています。


チェ・ゲバラ

バカらしいと思うかもしれないが、真の革命家は偉大なる愛によって導かれる。人間への愛、正義への愛、真実への愛。愛の無い真の革命家を想像することは不可能だ。


小林栄三

若い人には速く成長することを求めてきました。速く成長することは部下本人にとっても良いことだし、会社への貢献にもつながる。果ては、人間社会の発展にもプラスになります。


藤原和博

アクティブラーニングを一言で言うと、児童生徒が「寝ない授業」だと言っているの。つまり生徒が主体的にそのテーマについて考えて関わっているということ。


横山光昭

個別相談の時も、小さな成功体験を幾つも積み重ねてもらうようにすごく意識しています。マイボトルにお茶を入れて持ち歩きましょうとか、投資だったら取りあえず口座を開設してもらって少額から積み立ててもらうとかですね。ちょっとした1歩が「自分、できるかも」という自信につながりますよ。


小室淑恵

日ごろのクライアント対応など近場の移動では、なるべく行先を一か所に固めて移動時間のロスを抑えます。先方が我が社への提案をお持ちの場合でも、私自身が先方のオフィスに出向いた方が移動がスムーズならばそうします。どちらがどちらに出向くべきだとかいうことにこだわらずに場所の設定は常にフレキシブル(柔軟)に考えます。


陰山英男

英語学習はきっちり継続することができれば一番いいんですが、とりあえず緩く長く続けるというのも効果があると思います。これは多忙なビジネスパーソンの方にもいえますが、緩く続けられえる状態というのは、逆にいえば、「英語ができなければ仕事にならない」というような切羽詰まった状況ではないということですよね。そういう状況で根を詰めたら、挫折のもとです。ダラダラと続けるのも努力のうち。いざ本当に必要になったときには、それにふさわしい短期間での学習方法というものもあるでしょう。


茂木友三郎

常に技術的な優位性を保つこと。特定の分野でいいので、ここは絶対に負けないという強さを持つことが大切です。