名言DB

9419 人 / 110788 名言

北澤俊和の名言

twitter Facebook はてブ

北澤俊和のプロフィール

北澤俊和、きたざわ・としかず。学生情報センター社長。京都府出身。愛知工業大学経営工学部卒業。在学中からアルバイト情報誌を発行するなど学生向け事業に着目していた。その後、株式会社学生情報センターをを設立。組織を全国展開している。また、財団法人学生サポートセンター理事などを務めた。

北澤俊和の名言 一覧

人並みの努力では、人並みの仕事しかできませんし、部下にも尊敬されません。


いまの時代は、企業社会に限らず、何かひとつの分野で秀でた人材でなければ、サバイバル・レースに生き残れません。要するに、自分の超得意分野を見つけ、磨きをかけることが求められます。


汗を流してお金をもらう。そうした苦労体験を通じてこそ、自分に向いている仕事や、自分の超得意分野を見つけることができます。


部下の指導で悩む前に「自分がプロとして尊敬される人物になれ」ということです。ただ、それは一朝一夕には無理でしょうから、この部分においては自分の自分が「後輩の鑑」になるくらいの人間になること。それが小手先の指導テクニックを学ぶよりも、真っ先に目指すべきことだと思います。


たしかに、最近の新入社員の言動には、不可解なことが多いです。新入社員指導に悩み「いったいどんな指導をしたらいいのでしょうか」と聞かれることがよくあります。そんなとき私は「あなたにはどんな能力があるのですか」と聞き返します。要するに問題は、後輩を指導できるだけの能力を持っているかなのです。能力もない先輩の言葉には、何の説得力もありません。


インターンシップにしても、企業側は得てして、お客様を迎えるように学生を扱い、学生側も社会見学みたいな気分で働きます。これではまったく意味がありません。学生自身の意識改革が求められると同時に、これからは大学と企業、産学協同で学生の就職を支援していくことが求められます。


北澤俊和の経歴・略歴

北澤俊和、きたざわ・としかず。学生情報センター社長。京都府出身。愛知工業大学経営工学部卒業。在学中からアルバイト情報誌を発行するなど学生向け事業に着目していた。その後、株式会社学生情報センターをを設立。組織を全国展開している。また、財団法人学生サポートセンター理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

入山章栄

多くの歴史ある企業では、創業者や中興の祖の掲げたビジョンが、歴史とともに風化してしまっていることが多い。しかし、それは「そもそもこの会社は何のためにあるのか」という会社のDNAそのものであり、それを咀嚼して現代風に蘇らせれば、周囲に「腹落ち感」を与え、組織やステーク・ホルダーからの求心力が高まる。


朝倉千恵子

お客様との会話のなかで、「私はこう思います」と言い切ってしまったら、そこで会話も途切れてしまいます。逆に、「私はこう思うのですが、○○さんはどう思いますか」と質問すれば、お客様も自分の考えを話してくださるものです。


樫山純三

決して順風満帆ではなかったはずだが、回顧するとそのように見えるから不思議だ。いやな思い出を忘れることができるからこそ、人間は希望をもって生きられるものかもしれない。


立花陽三

黒字化という目標も、ファンの声をどれだけ聞けるかということにかかっています。そもそも宮城県や仙台市の人口は少ないから黒字化は無理だという人もいます。たしかに宮城県の人口は200万人、仙台市は100万人で、マーケットという意味では大きくありません。でも、うちは「東北」楽天ゴールデンイーグルス。東北には800万~900万人の人が住んでいるし、関東などに出た人も合わせれば、東北人は1000万人以上になります。そう考えると、市場の大きさは言い訳にならない。やはりアプローチの仕方が十分でないのです。


江上治

人生も仕事も投資も、10年単位の視座を持つ必要がある。


アンドリュー・カーネギー

現状に不満をもつことはいいことだ。


鷲田小彌太

一人になりたいと思うのは悪いことじゃない。一人になれなかったら、自立もできませんよ。


深田晶恵

お金に苦手意識を抱く人は、「保険は何に入ればいいですか?」「お薦めの金融商品はありますか?」といった質問を投げかけてくるが、個別の疑問に対する答えだけを知ろうとしても、マネーセンスは身につかない。効果的な貯蓄の方法、保険や住宅ローンを利用する際の注意点、投資で堅実にお金を殖やしていく方法などを知るには、本を読んで基礎知識を得ておくことが必要だろう。


松本大

かつてない速度で技術が進化する今は、もっと「テック(技術)」が強くならなければなりません。テクノロジーを知っている人なら、「こんな面白いことができるよ」という金融の常識から飛躍した発想ができるかもしれない。そこから生まれた商品、サービスに金融のノウハウや法務の知識を掛け合わせていけば、ブロックチェーンなどの新しい技術を基盤とする市場創出に対して、いっそうのスピード感を持って挑戦していけるはずです。私たちは2017年までに証券基幹システムの内製化を完了しています。その過程で育ったエンジニアと共に、技術者をさらに増強していきます。


包行均

最高級のお客さんのボヤキは、実は、インタビュー時のビデオカメラを止めた後、カメラをしまってさあ帰ろうかというときに、ぽろっと本音が出ることがある。それを拾える営業マンこそ、最高の営業マンです。