名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

北澤俊和の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北澤俊和のプロフィール

北澤俊和、きたざわ・としかず。学生情報センター社長。京都府出身。愛知工業大学経営工学部卒業。在学中からアルバイト情報誌を発行するなど学生向け事業に着目していた。その後、株式会社学生情報センターをを設立。組織を全国展開している。また、財団法人学生サポートセンター理事などを務めた。

北澤俊和の名言 一覧

人並みの努力では、人並みの仕事しかできませんし、部下にも尊敬されません。


いまの時代は、企業社会に限らず、何かひとつの分野で秀でた人材でなければ、サバイバル・レースに生き残れません。要するに、自分の超得意分野を見つけ、磨きをかけることが求められます。


汗を流してお金をもらう。そうした苦労体験を通じてこそ、自分に向いている仕事や、自分の超得意分野を見つけることができます。


部下の指導で悩む前に「自分がプロとして尊敬される人物になれ」ということです。ただ、それは一朝一夕には無理でしょうから、この部分においては自分の自分が「後輩の鑑」になるくらいの人間になること。それが小手先の指導テクニックを学ぶよりも、真っ先に目指すべきことだと思います。


たしかに、最近の新入社員の言動には、不可解なことが多いです。新入社員指導に悩み「いったいどんな指導をしたらいいのでしょうか」と聞かれることがよくあります。そんなとき私は「あなたにはどんな能力があるのですか」と聞き返します。要するに問題は、後輩を指導できるだけの能力を持っているかなのです。能力もない先輩の言葉には、何の説得力もありません。


インターンシップにしても、企業側は得てして、お客様を迎えるように学生を扱い、学生側も社会見学みたいな気分で働きます。これではまったく意味がありません。学生自身の意識改革が求められると同時に、これからは大学と企業、産学協同で学生の就職を支援していくことが求められます。


北澤俊和の経歴・略歴

北澤俊和、きたざわ・としかず。学生情報センター社長。京都府出身。愛知工業大学経営工学部卒業。在学中からアルバイト情報誌を発行するなど学生向け事業に着目していた。その後、株式会社学生情報センターをを設立。組織を全国展開している。また、財団法人学生サポートセンター理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

下村朱美

最近、若い人が会社を辞めるときによく使う言葉が「先が見えない」ということです。入社してまだ1年でも「先が見えない」と言うのです。勤続年数ごとに資格取得モデルを明確に提示し、5年目ぐらいまでは非常に細かくきっちり将来像を見せていきます。そうすると、社員は「このレールに乗っていけばこうなるんだ」と安心して、目標に向かって努力していけます。


安藤広大

人の本質的な変化は、経験とともにしか起きません。どれだけ頭で理解したと思ったとしても、人から良い話を聞いたとしても、経験しなければ本質的な理解、変化はできないのです。よって管理職は、部下に多くを語る必要はありません。部下に納得を求めて多くを語るのではなく、明確な目標を設定し、まずは経験をさせることが重要です。


小寺圭

仕事上で何かの摩擦が起きた際、それにいかに対応できるかが重要です。とえば、上司とぶつかる、得意先ともめる、予定どおりに仕事が進まない、トラブルが発生する……そうしたときに、冷静かつ適切に対応できるか。この対応力をもっている人は、即戦力になりうるし、企業にとってほしい人材でもあります。


吉田尚記

科学的な視点から幸せに生きるための知恵や技術を捉え直したら、誰でも取り扱える幸せのコツがきっと見つかるはず。


柳井正

欲望は、ある意味で非常に悪い面もありますが、人間が生きるため必要なものでもある。生存欲に火がついてないんです。


早川徳次

昭和24、5年の苦しさは私の骨身に徹した。こんなことは2度と繰り返したくない。普段からあらゆる場合に対処できるよう、石橋を叩いて渡る経営に踏み切ろうと固く誓った。【覚書き|戦後まもなくの頃、営業不振で銀行取引停止寸前まで経験した時を振り返った時の言葉。なんとか乗り切るも経営危機はつらい経験だったため、以後シャープは健全経営ひとすじで会社を切り盛りする体制が形作られた】


ケインズ

今日の独裁主義的な国家組織は、効率と自由を犠牲にして失業問題を解決しようとしているようにみえる。しかし、効率と自由を保持しながら病弊を治療することは、問題の正しい分析によって可能となるであろう。


清宮俊之

単純に売り上げだけを考えるのであれば、路面で「一風堂」を出すのが最も手っ取り早いと思いますが、それでは面白みがありません。非効率であっても色々なチャレンジをすることが力の源グループの特色なのです。


中山哲也

私が考えたのは、この会社は何のためにあるのかということです。工具を売るということは、エンドユーザーであるモノづくり現場のお役に立つということが大事だろう。そのために「頑張れ!! 日本のモノづくり」というキャッチフレーズをつくりまして、これが当社の存在意義であると定義づけました。そこから全国各地に営業拠点を置くとか、物流施設を構えるとか、今後やらなければいけないことを書き出しまして、それをひとつひとつ実現してきたということです。お金儲けや効率のことだけを考えて経営していたら、ここまで会社が成長することはなかったと思います。


張富士夫

私もそうでしたが、若い人にはまず簡単な仕事をやらせます。大切なのは結果だけを教え、手段は自分で考えさせることです。自分で工夫し、うまくいったら本人は嬉しいものです。そして、順序を踏んで難しい仕事をやらせます。こうすれば必ず人は育ちます。それには現場という訓練の場が必要です。


篠原欣子

いい仕事をするには健康第一。横浜の田舎で育ったせいか、歩くのが大好き。気分転換にもなりますから、週末は、必ず歩いています。


ジョン・A・ソルハイム

クラブメーカーとして、PINGのゴルフクラブを使用しているゴルファーの方々に最高の結果をもたらすことが、その使命だと思っていますし、そのためにも、開発の拠点である本国の米国の開発陣は、常にアンテナを張り巡らせ、新しいことへの挑戦を続けている。