北澤俊和の名言

北澤俊和のプロフィール

北澤俊和、きたざわ・としかず。学生情報センター社長。京都府出身。愛知工業大学経営工学部卒業。在学中からアルバイト情報誌を発行するなど学生向け事業に着目していた。その後、株式会社学生情報センターをを設立。組織を全国展開している。また、財団法人学生サポートセンター理事などを務めた。

北澤俊和の名言 一覧

人並みの努力では、人並みの仕事しかできませんし、部下にも尊敬されません。


いまの時代は、企業社会に限らず、何かひとつの分野で秀でた人材でなければ、サバイバル・レースに生き残れません。要するに、自分の超得意分野を見つけ、磨きをかけることが求められます。


汗を流してお金をもらう。そうした苦労体験を通じてこそ、自分に向いている仕事や、自分の超得意分野を見つけることができます。


部下の指導で悩む前に「自分がプロとして尊敬される人物になれ」ということです。ただ、それは一朝一夕には無理でしょうから、この部分においては自分の自分が「後輩の鑑」になるくらいの人間になること。それが小手先の指導テクニックを学ぶよりも、真っ先に目指すべきことだと思います。


たしかに、最近の新入社員の言動には、不可解なことが多いです。新入社員指導に悩み「いったいどんな指導をしたらいいのでしょうか」と聞かれることがよくあります。そんなとき私は「あなたにはどんな能力があるのですか」と聞き返します。要するに問題は、後輩を指導できるだけの能力を持っているかなのです。能力もない先輩の言葉には、何の説得力もありません。


インターンシップにしても、企業側は得てして、お客様を迎えるように学生を扱い、学生側も社会見学みたいな気分で働きます。これではまったく意味がありません。学生自身の意識改革が求められると同時に、これからは大学と企業、産学協同で学生の就職を支援していくことが求められます。


北澤俊和の経歴・略歴

北澤俊和、きたざわ・としかず。学生情報センター社長。京都府出身。愛知工業大学経営工学部卒業。在学中からアルバイト情報誌を発行するなど学生向け事業に着目していた。その後、株式会社学生情報センターをを設立。組織を全国展開している。また、財団法人学生サポートセンター理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

アラン・ジマーマン

出張で腕時計を着用するということは、プロダクトの確認をする絶好の機会でもある。例えば私が気に入っているボーム&メルシエの新作クリフトン・クラブは、ジャケットやシャツの袖に引っ掛からない薄型のデザインで、スーツと合わせたときの着用感がいい。それでいながらスポーティかつエレガントで、カジュアルな着こなしにもフィットする。高温多湿の地域に赴く場合には、レザー製のベルトではなくステンレススティール製のブレスレットを選択。着け心地や使い勝手は、様々なシチュエーションに遭遇するビジネストリップ中の着用で再確認できる。


山内隆司

利益額を大きくするには、海外にせよ国内にせよ、地元企業とスーパーゼネコンが役割分担をして、地元企業にはできない困難なプロジェクトを我々がやるべきなのです。


ジョージ・テーラー

このビーチから動かない奴は二種類だ。すでに死んだ者と、これから死ぬ奴だ。さあ、生き残るためにここから出ていくぞ!
【覚書き|ノルマンディ上陸作戦で海岸が死体で埋まり、無数の銃弾が飛び交う中、仁王立ちして部下を叱咤激励した言葉。背水の陣の作戦で、生き残るには勝つしかない状況、しかも銃弾が飛び交う中で仁王立ちした上官に励まされ部下は士気を回復した】


曾子

善因には善果あり、悪因には悪果あり。一切の行学、それ相応の報いがあることを因果応報という。つまり、汝に出るものは、汝にかえるものである。


関根勤

僕はMなんだよ。いじめられると、どんどんパワーが出てくる。


高岡本州

大金を積み、有名人を広告に起用するというアピール方法を、私は否定しません。ただ、一時的に売り上げが伸びても、後が続かないと思った。それよりも、本当に惚れ込んでもらった方が説得力は強くなるし、商品も長く売れます。


佐藤達雄

実践を伴わないスローガンを掲げることなら誰でもできます。単なるスローガンに終わらせないためには、店頭でお客様とじかに接する現場の社員が、経営理念をきちんと実践していなければなりません。現場の社員に実践させるには、まず経営者自身が実践したうえで、社員に実践させる仕組みを構築する必要があります。


南部靖之

よく人を見て処遇することも創業社長の仕事です。すべてを人事部長に任せようとするから、問題が起こるのです。


池井戸潤

(映画・ドラマ化のときに)僕はもともと、台本はあまり読まないことにしているんです。制作サイドは「こうしたら面白い」という映像をつくればいいし、僕は僕で小説を面白く書けばいいということで。


荒木美也子

35歳になって考えたんです。ほかの女性が一生涯かけて行う大仕事が、自分にはない。ならば、私がこの世の中で与えられた役割は何だろうって。子供と同じように愛し、育てられるものを探した結果、それが映画だったんです。
【覚書き|映画プロデューサーを目指したきっかけについて語った言葉】


金澤悦子

30歳まであと5年ありました。でも、そのときの仕事は、残り5年続けていきたい仕事ではありませんでした。転職先はベンチャーなので、給与の面などの不安はありましたが、迷いは不思議とありませんでしたね。
【覚書き|リクルートを辞めたときを振り返っての発言】


柳橋仁機

人材マネジメントにおける基本は「相手を知る」こと。その第一歩が「顔と名前の一致」。


中野克彦(経営者)

質問をするときイエス・ノーで答えられるような質問をするようじゃだめだ。「どうしてできたの」と聞いて、「こういう背景でこうなりました」と答えたとします。その時、背景を聞くだけの質問を投げかけてはいけない。「いやじつはこうなんです」「いや本当はこういうことなんです」と言わせなければいけないんです。


堺屋太一

企業も、労働者側の多様性に応じた仕事を提供していかなければならない時代が来たのではないでしょうか。教育についても戦後教育は全部、供給者サイドの発想で考えられたものです。これが大きな問題ですね。


守屋洋

「善(よ)く戦う者は、人を致して人に致されず」。人とは敵を指している。戦上手な者は、相手の作戦行動に乗らず、逆にこちらの作戦行動に載せて振り回すのだと孫子は言う。わかりやすく言えば、相手のペースに乗るな、こちらのペースで戦えということだ。主導権がこちらにあれば相手を振り回すことができるし、相手に渡してしまえば、相手のペースに巻き込まれて苦戦を余儀なくされる。


ページの先頭へ