名言DB

9490 人 / 112001 名言

北浦明雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北浦明雄のプロフィール

北浦明雄、きたうら・あきお。日本の経営者。ハンバーガー専門ショップ「ブラザーズ」社長。東京都出身。獨協大学卒業後、ブラザーズを開店。

北浦明雄の名言 一覧

目的があれば、ぜんぜん違う。目的というものの、力を知った。


「みんながやるからオレもやる」はもうやめだと思った。その時、浮かんだ言葉は、「好きなことをやっちゃえばいい」だった。


言葉の力は強い。今は「ネバーギブアップ!」の紙を貼り浸透させてます。


最初の数年間は給料も取れなかったですね。創業時は確かに大変でしたが、それは仕方のないことです。なぜならまだ十分に知られていないのですから。


もっと強くならなければ、というのが当時の私の思いです。将来に対する不安があるのも自身の問題だと。だから、私自身を鍛え直すためにも、海外に行こうと思った。


名言から学ぶことに加え、名言によって自分の決断や選択を確かめる機会も得た。社長業は人に相談がしづらい。不安とプレッシャーも大きい。しかし、先人たちの名言に触れると、「これでいいんだ」と確認できて、安心できる。


少し悩んだ時期もありました。良かれと思ってやったことが部下の成長を止めていた時期があって。店で怒ったりしてね。気持ちが空回りし、人の悪い点ばかりに目がいっていたんです。そんなとき、「凡事徹底」という言葉に出会いました。「これだ」と思いましたね。あらためて掃除なども「凡事徹底してやろう!」とスタッフに伝えると同時に、自分も率先して掃除したんです。結果的に意識が変わり、売上げ増に繋がりました。


北浦明雄の経歴・略歴

北浦明雄、きたうら・あきお。日本の経営者。ハンバーガー専門ショップ「ブラザーズ」社長。東京都出身。獨協大学卒業後、ブラザーズを開店。

他の記事も読んでみる

森口博子

歌手デビュー後、鳴かず飛ばずでスケジュール帳は真っ白。高校卒業時には、早くも事務所からリストラ宣告です。私は「何でもしますから、福岡に帰さないでください!」と懇願……。「何でもします」と言った私はホントに何でもやりました(笑)。バラエティ番組で宙吊りにされたり、滝に打たれたり。雄のロバを口説いたこともありますよ。結果的に「バラドル」と呼ばれ、仕事がどんどん増えました。


高本眞一(髙本眞一)

ミッションのもともとの意味は伝道や宣教です。宣教師は命がけで布教に当たっていた。ミッションは本来、命をかけるものなんですね。たとえ自分が損になってもやり遂げねばならない。


澤上篤人

自分がバリバリと働きたい、成長したいという気概があるなら、一度、めちゃくちゃに勉強して、めちゃくちゃに働いてみろといいたい。世界には信じられないほど勉強して、働いてトップに登りつめていこうとしている連中がいっぱいいます。そこで競争するとものすごい成長ができます。


青木豊彦

現場のリーダーとして大切なのは、嘘をつかないこと。現場に入ること。それから若いころは俺がやっているんやと言いたくなったけれど、それは人が言うてくれることであって、人から見てああよくやっているなと思われればいい。


谷井昭雄

松下幸之助さんを支え、のちに松下電器の会長になられた高橋荒太郎さんが、まだ副社長の時代、自分が若かったころの苦労話をよく部下にしていました。あまりにも同じ話を何回もするので、ある勇敢な社員が、「副社長、その話、きょうで8回目です」と言ってしまったことがあります。すると高橋さんは、「分かっとる。しかし、きみらが本当に分かるまで、わしは何回でも言うんや」とおっしゃったのです。求めたる心というのは、言葉や頭で分かっても、なかなか本心からは理解できない。だから、何度でも繰り返し話さねばならない、ということでしょう。


榎本博明

上司が部下にアドバイスする際、いきなり問題点を指摘すると、劣等コンプレックスを持つ人は自分を守ろうとして反撃してきます。それでは、せっかくの助言も相手の心に届きません。「私も昔は同じような失敗をしたんだ」「慣れないうちは、みんなよくやってしまうんだけど」などと前置きをしてから、「こうすると、上手くいくんじゃないかな」と話してみてください。


伊丹敬之

もともと人事に「正しい評価」なんてありませんよ。神様じゃないんだから、全員の仕事を正しく評価するなんて不可能です。大切なのは、「正しい評価」ではなくて「納得性」。人事部が汗をかくんです。


川村隆

大事な案件については個人的には相談を受けています。私は取締役会議長としてガバナンスがメインの役目なのできちんとチェックをする。もちろん、最終的な意思決定は全部社長である中西(宏明)に任せています。会社というのは二人三脚ではダメ。部下から見て、親玉が二人いたら絶対にスピードが出ない。いくら仲がよくたって、微妙なところは違う。


鄧小平

食糧問題解決のためには増産さえできればよい。黒い猫でも白い猫でもネズミを取るのがよい猫だ。


岸見一郎

優れた人間になりたいと思うこと自体は、間違ったことではありません。アドラーはそれを「優越性の追求」という言葉で表現しています。ただ、優越性には、「健全な優越性」と「不健全な優越性」があり、「不健全な優越性」に惑わされると、他者との競争が気になるあまり、「不正をしてもバレなければ良い」「結果さえ出せば良い」といった考え方に囚われてしまいます。他方、「健全な優越性」の追求には、他者との競争は無縁です。昨日の自分よりも優れた自分になる。あるいは前回の仕事よりも今回は良い仕事にしようといった具合に、他者との比較ではなく、自分自身と競うことで、実力を高めることができるのです。


ウォーレ・ショインカ

何とかなるだろうと思うのではなく、あらがい続けることで変革の可能性を見いだそうとするのが楽観主義。


干場弓子

経験とともに手帳は時間を管理するのではなく、限られた時間内での生産性を管理するツールだと考えるようになりました。一定の時間内で発揮する自分のエネルギーを管理すると言った方が分かりやすいかもしれません。