名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北浦明雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北浦明雄のプロフィール

北浦明雄、きたうら・あきお。日本の経営者。ハンバーガー専門ショップ「ブラザーズ」社長。東京都出身。獨協大学卒業後、ブラザーズを開店。

北浦明雄の名言 一覧

目的があれば、ぜんぜん違う。目的というものの、力を知った。


「みんながやるからオレもやる」はもうやめだと思った。その時、浮かんだ言葉は、「好きなことをやっちゃえばいい」だった。


言葉の力は強い。今は「ネバーギブアップ!」の紙を貼り浸透させてます。


最初の数年間は給料も取れなかったですね。創業時は確かに大変でしたが、それは仕方のないことです。なぜならまだ十分に知られていないのですから。


もっと強くならなければ、というのが当時の私の思いです。将来に対する不安があるのも自身の問題だと。だから、私自身を鍛え直すためにも、海外に行こうと思った。


名言から学ぶことに加え、名言によって自分の決断や選択を確かめる機会も得た。社長業は人に相談がしづらい。不安とプレッシャーも大きい。しかし、先人たちの名言に触れると、「これでいいんだ」と確認できて、安心できる。


少し悩んだ時期もありました。良かれと思ってやったことが部下の成長を止めていた時期があって。店で怒ったりしてね。気持ちが空回りし、人の悪い点ばかりに目がいっていたんです。そんなとき、「凡事徹底」という言葉に出会いました。「これだ」と思いましたね。あらためて掃除なども「凡事徹底してやろう!」とスタッフに伝えると同時に、自分も率先して掃除したんです。結果的に意識が変わり、売上げ増に繋がりました。


北浦明雄の経歴・略歴

北浦明雄、きたうら・あきお。日本の経営者。ハンバーガー専門ショップ「ブラザーズ」社長。東京都出身。獨協大学卒業後、ブラザーズを開店。

他の記事も読んでみる

池田全徳

私は社長として「物事は損得ではなく、善悪で判断し、行動するべき」を座右の銘にしてきました。儲かることであっても、善悪の判断に照らして、悪になるならすべきではない。


小宮一慶

例えば、工場の単純労働をしている人が、工場のラインを設計し管理する側に回るくらいの猛勉強。それをこれからの、ビジネスマンはしないといけないのだと思います。


鈴木おさむ

芸人の品川祐君が興味深いことを言っていました。彼は本屋に行って気になった本があったら、読めなくてもいいからとにかく買うようにしているのだと。そうすれば万が一、その著者に街でばったり会ったとき、あなたの本を読みましたと声をかけることがベストだけれど、仮に読んでいなくても、「読もうと思ったんです」ではなく、「もう買ってあって、これから読もうと思っているんです」と声をかけることができる。対話するきっかけも内容も大きく変わってくるわけです。


ピーター・ベインズ

戦略的価値を生み出すためには、有能な人材と有望なチームによるチームワークが非常に重要。私の役割は、彼らと一緒にその実現をサポートすること。


谷田千里

社員からも年賀状をもらいます。社長だから出すという部分もあるかもしれませんが、わざわざそういうところに気を配ることに、私は意味があると思います。事実、年賀状を出してくれる社員の顔ぶれを見ると、仕事をきちんとこなしている人が多い。


横山光昭

数多くの家計簿を拝見して感じるのは、所得の高い家庭ほど、貯蓄が充分にない傾向かあること。年収が1000万円を超えているのに貯蓄が100万円以下ということもよくあります。その理由は、家計にメリハリを付けられないから。健康のために食事に気を使い、子供には最高の教育を受けさせ、家族が幸せに暮らすマイホームも欲しい。どれも大切ですが、すべてを満たすのは困難です。


ルパート・マードック

時代遅れになるのは新聞自体ではなく、新聞にとって最も貴重な財産である読者とのつながりを忘れている編集者や取材記者、経営者だ。


町田勝彦

亀山工場では、生産技術のブラックボックス化を行った。かねてより生産技術が海外流出していることに懸念を抱いていた私は、亀山工場を建設するにあたり、生産技術の要となる部分を、外からでは見えないようにした。


ニック・バーリー

多くの日本の方々と仕事をしてきた経験から感じたのは「日本は説得力のある商品を持っているにもかかわらず、その売り方があまり上手ではない」ということ。


設楽洋

努力は夢中に勝てない。


中野健二郎

10大総合商社のひとつ安宅(あたか)産業が倒産し、住友銀行は約2000億円の債権放棄を行いました。そのため、事態を打開できる強烈な個性を持つ経営者が待望され、磯田一郎氏という頭取が登場しました。彼は6年間、頭取として誰もが認める最高の経営をして、アメリカの雑誌で「バンカー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたりしました。しかし、頭取・会長として長期間トップの座にいるうちに、あれほどの経営者でさえ、周りが見えなくなり人事も偏りがちになってしまいました。そこで発生したのがあの有名なイトマン事件です。詳細は省略しますが、大小はともかくこの種の事件はどこの会社でも起こりうるものです。トップが一時の成功に酔いしれ、周囲を取り巻きで固めてしまい、自分を客観的に見られなくなり暴走する。磯田氏は、一時は最高の経営ができた人だっただけに、非常に残念な末路でした。


石破茂

政治家はどんなに逆風が吹こうが、信念を通すというか、嘘をついてまでやる仕事じゃない。詐欺師になるなんてイヤじゃないですか。