名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

北浦明雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北浦明雄のプロフィール

北浦明雄、きたうら・あきお。日本の経営者。ハンバーガー専門ショップ「ブラザーズ」社長。東京都出身。獨協大学卒業後、ブラザーズを開店。

北浦明雄の名言 一覧

目的があれば、ぜんぜん違う。目的というものの、力を知った。


「みんながやるからオレもやる」はもうやめだと思った。その時、浮かんだ言葉は、「好きなことをやっちゃえばいい」だった。


言葉の力は強い。今は「ネバーギブアップ!」の紙を貼り浸透させてます。


最初の数年間は給料も取れなかったですね。創業時は確かに大変でしたが、それは仕方のないことです。なぜならまだ十分に知られていないのですから。


もっと強くならなければ、というのが当時の私の思いです。将来に対する不安があるのも自身の問題だと。だから、私自身を鍛え直すためにも、海外に行こうと思った。


名言から学ぶことに加え、名言によって自分の決断や選択を確かめる機会も得た。社長業は人に相談がしづらい。不安とプレッシャーも大きい。しかし、先人たちの名言に触れると、「これでいいんだ」と確認できて、安心できる。


少し悩んだ時期もありました。良かれと思ってやったことが部下の成長を止めていた時期があって。店で怒ったりしてね。気持ちが空回りし、人の悪い点ばかりに目がいっていたんです。そんなとき、「凡事徹底」という言葉に出会いました。「これだ」と思いましたね。あらためて掃除なども「凡事徹底してやろう!」とスタッフに伝えると同時に、自分も率先して掃除したんです。結果的に意識が変わり、売上げ増に繋がりました。


北浦明雄の経歴・略歴

北浦明雄、きたうら・あきお。日本の経営者。ハンバーガー専門ショップ「ブラザーズ」社長。東京都出身。獨協大学卒業後、ブラザーズを開店。

他の記事も読んでみる

松下幸之助

我々の身辺に、今日はこれが最善と思っておったことでも、考え方によれば、これはまだ最善でないんだと、まだほかに道があるかもしれないと、こういうふうに考えれば、道は無限にやっぱりある。


土井英司

兵隊と将軍では読む本が違います。仕組みをつくる側に回らないと将軍にはなれません。年収1500万円と800万円以下は仕組みをつくれるかつくれないかの違いです。この違いは大きい。年収800万円と500万円の差は、頑張る度合いでしょう。


おおたわ史絵

専門用語を使うことがカッコいいこと、いかにも仕事ができるかのように勘違いして、特殊な言葉ばかり並べるのは、自己満足でしかないと思います。


富田秀夫

プロフェッショナル向けのツールだからこそ、直観的なインタフェースを備えるべきだと考えています。煩雑な操作方法に惑わされず、専門家は本来の仕事に注力できますので。


須田将啓

バイマの流行情報を「STYLE HAUS(スタイルハウス)」というファッションメディアで発信していますが、このサイト経由での会員獲得数が右肩上がりで伸びています。


久夛良木健

ソニーはエンジニアリングで世の中のライフスタイルを変える会社だと私は思っています。従来のやり方を踏襲していたり、社内だ社外だと区別したりしていては、世界を変えることなんてできなかったでしょう。


石山恒貴

「好きなこと」で、かつ「誰かの役に立ちそうなもの」であれば、もう2枚目の名刺(パラレルキャリア)はそれで決まりではないでしょうか。自分が本当に好きなことを見つけるには、幼稚園や保育園に通っていたころ、人から言われる前に自らやっていたことを思い出すのも近道です。


中村健一郎(経営者)

私は起業を決意するまで、夢を持つことができませんでした。夢や目標を持っている方のエネルギーはときに他を圧倒します。私自身、自分の夢を持った時から、自信のようなものを持てるようになりました。


草刈貴弘

その企業が将来何をやろうとしていて、そのためにどんな投資をしているかを、実際に経営者に話を聞いたり、企業を訪問して工場やオフィスを視察したりして見極める。その結果、現在は利益が出ておらず、株式市場の評価が低い企業であっても、経営者に将来絶対に世界を変えてやるという気概が感じられ、なおかつそれを実現できるだけの技術力が社内にあるとわかれば、十分に投資対象になり得ます。


石川和幸

抜け落ちた作業があって進捗管理が混乱するようなトラブルを防ぐうえでおすすめしたいのが、やるべきタスクを並べて、具体的な作業にまで分解して見える化する手法。


張本邦雄

海外の現地代理店や現地採用社員に頑張ってもらうには、極端にいえば、日本式を持ち込まないことです。逆の言い方をすれば、現地式でいいじゃないかと。


虚淵玄

『鬼哭街』は低予算の小作品のつもりだったので、最小限の要素でテキストアドベンチャーゲームとしての体裁を成立させようとした実験作でした。『Phantom』や『吸血殲鬼ヴェドゴニア』は美少女ゲームだったので、根底にはユーザーが疑似恋愛できるようにしないといけないというサービス精神があったんです。でも、そういうことを抜きにしてもいけそうだなという感覚を抱きはじめた作品でしたね。「無理に頑張って美少女ゲームのセオリーに則らなくてもいいんじゃないの?」って。