北浦明雄の名言

北浦明雄のプロフィール

北浦明雄、きたうら・あきお。日本の経営者。ハンバーガー専門ショップ「ブラザーズ」社長。東京都出身。獨協大学卒業後、ブラザーズを開店。

北浦明雄の名言 一覧

目的があれば、ぜんぜん違う。目的というものの、力を知った。

「みんながやるからオレもやる」はもうやめだと思った。その時、浮かんだ言葉は、「好きなことをやっちゃえばいい」だった。

言葉の力は強い。今は「ネバーギブアップ!」の紙を貼り浸透させてます。

最初の数年間は給料も取れなかったですね。創業時は確かに大変でしたが、それは仕方のないことです。なぜならまだ十分に知られていないのですから。

もっと強くならなければ、というのが当時の私の思いです。将来に対する不安があるのも自身の問題だと。だから、私自身を鍛え直すためにも、海外に行こうと思った。

名言から学ぶことに加え、名言によって自分の決断や選択を確かめる機会も得た。社長業は人に相談がしづらい。不安とプレッシャーも大きい。しかし、先人たちの名言に触れると、「これでいいんだ」と確認できて、安心できる。

少し悩んだ時期もありました。良かれと思ってやったことが部下の成長を止めていた時期があって。店で怒ったりしてね。気持ちが空回りし、人の悪い点ばかりに目がいっていたんです。そんなとき、「凡事徹底」という言葉に出会いました。「これだ」と思いましたね。あらためて掃除なども「凡事徹底してやろう!」とスタッフに伝えると同時に、自分も率先して掃除したんです。結果的に意識が変わり、売上げ増に繋がりました。

北浦明雄の経歴・略歴

北浦明雄、きたうら・あきお。日本の経営者。ハンバーガー専門ショップ「ブラザーズ」社長。東京都出身。獨協大学卒業後、ブラザーズを開店。

ページの先頭へ