北浦明雄の名言

北浦明雄のプロフィール

北浦明雄、きたうら・あきお。日本の経営者。ハンバーガー専門ショップ「ブラザーズ」社長。東京都出身。獨協大学卒業後、ブラザーズを開店。

北浦明雄の名言 一覧

目的があれば、ぜんぜん違う。目的というものの、力を知った。


「みんながやるからオレもやる」はもうやめだと思った。その時、浮かんだ言葉は、「好きなことをやっちゃえばいい」だった。


言葉の力は強い。今は「ネバーギブアップ!」の紙を貼り浸透させてます。


最初の数年間は給料も取れなかったですね。創業時は確かに大変でしたが、それは仕方のないことです。なぜならまだ十分に知られていないのですから。


もっと強くならなければ、というのが当時の私の思いです。将来に対する不安があるのも自身の問題だと。だから、私自身を鍛え直すためにも、海外に行こうと思った。


名言から学ぶことに加え、名言によって自分の決断や選択を確かめる機会も得た。社長業は人に相談がしづらい。不安とプレッシャーも大きい。しかし、先人たちの名言に触れると、「これでいいんだ」と確認できて、安心できる。


少し悩んだ時期もありました。良かれと思ってやったことが部下の成長を止めていた時期があって。店で怒ったりしてね。気持ちが空回りし、人の悪い点ばかりに目がいっていたんです。そんなとき、「凡事徹底」という言葉に出会いました。「これだ」と思いましたね。あらためて掃除なども「凡事徹底してやろう!」とスタッフに伝えると同時に、自分も率先して掃除したんです。結果的に意識が変わり、売上げ増に繋がりました。


北浦明雄の経歴・略歴

北浦明雄、きたうら・あきお。日本の経営者。ハンバーガー専門ショップ「ブラザーズ」社長。東京都出身。獨協大学卒業後、ブラザーズを開店。

他の記事も読んでみる

林田英治

真のリストラとは会社をより筋肉質にすること。


水野幸男

日本の若い技術者はチャレンジ精神を失っていると言う人もいますが、私はそうは思いません。技術者というのは、前例のない挑戦に立ち向かうとき、奮い立ち、寝食を忘れて没頭するものなのです。若い技術者にチャンスを与えてやってほしいと思います。


山本真司

人の何倍も努力するには、何らかのエンジンが必要です。劣等感や夢は、その代表です。しかし、努力を重ねるうちに、努力し続けるには、もっと良い方法があることに気づきました。努力する対象を「楽しみ」に変えてしまうことです。


倉岡寛

大学を卒業してグーグルへの入社を決めたことも大きな転機でした。私が大学院を修了した当時、まだ日本ではグーグルの存在があまりメジャーではありませんでしたが、1年目から大きな仕事を任せてくれました。世の中を変えようと新しい事業に取り組む企業風土も良かったですし、エンジニアが自由闊達に話をし、自由に活動できる組織も自分にとっては刺激になりました。ここで、これからの世の中がどう変わっていくのか、そして、ユーザーが何を欲しているのか、を考える習慣ができたような気がします。


デービッド・アトキンソン

幻想を抱いて間違った施策を取るのではなく、客観的事実を見据えて正しい戦略を立てよ。


和田裕美

商談のために会っていたとしても、お客さんから「この人は自分の成績を上げるためだけに聞いている」と思われてしまっては、いい雰囲気をつくれません。


佐藤優

要注意なのは、メンタル系です。頭が痛い、なんだか体が重い、寝つきが悪い、寝覚めがスッキリしない、会社に行くのが億劫。それが続くようなら、初期うつ病の可能性がある。そんなときは、心療内科ではなく、精神科を訪ねましょう。というのも心療内科に行くと、むやみやたらに精神安定剤や睡眠導入剤を処方する医師がいるからです。抗うつ剤でも眠れないとなれば、今度は睡眠導入剤が処方され……と、どんどん薬漬けになり、薬の依存症になってしまう人が多い。うつ病は軽く見たらとんでもない事になりますよ。うつ病を甘くみたらいけない。心の風邪ではなく、心のインフルエンザですから。


遊川和彦

簡単に言えば、好きこそものの上手なれです。好きでいられれば何とかなる、というふうに思うしかない。要するに人よりも好きかどうか。


森健志郎

創業当時から今に至るまで、スクーの授業が重視しているのは「コミュニケーション」です。学生時代のことを思い出してください。学校での学習は、先生の言葉を一方的に聞かされるだけではなかったはずです。先生に質問したり、横にいるクラスメイトと会話したり、といったコミュニケーションによる学びがあったはずです。つまり、コンテンツより、そこに付随するコミュニケーションこそが、学習の継続や学習効果において大事な要素だということです。


永守重信

仕事を離れても無駄なことは一切しません。経営に集中するために45歳で酒はやめました。ゴルフや囲碁など時間のかかる趣味もあえて遠ざけています。そのかわり、健康維持のために週4万5000歩以上必ず歩きます。そして、目覚めたらすぐフル稼働できるように、夜12時から12時半には床に就き、熟睡します。


伊藤友則

かつては本流とされる人事、企画出身の人材が内部昇格し社長に就任するケースが多かったが、内向きの世界に浸りすぎた人材は、変化を起こすリーダーにはなれない。


ぐっどうぃる博士

ゴマすりは短期間しか通用しません。利益を出さない部下は、一時的には可愛がられても、最終的には切られます。利益といっても「(上司の好きな)野球の試合のチケットとりました」という表面的なことではダメで、仕事に直結する利益です。「俺と同じ価値観で、しかも俺に利益を与えてくれる」。これが男のボスから見た一番優秀な部下なんですね。ここで大事なのは順番で、まずはゴマをすって次に利益を出す。この逆はダメです。最初に利益を出そうとしても、ボスに協力をしてもらえず、足を引っ張られる可能性が高いからです。


永井孝尚

メンバーにはそれぞれの強みがある。各自の強みを把握しチーム全体のパフォーマンスを上げるのが管理職の仕事です。部下に苦手なことをさせても、あまり成果は上がらず、細かい指導も必要になりますが、部下が強みを持つやりたいことなら、任せていても大きな成果が出るようになるもの。すると部下の商品力も上がり、チームの商品力も、あなたの商品力も、すべてがアップするのです。


大西洋

ずっと同じ環境にいれば、その努力が100を超えることはあまりありません。けれど環境が変われば、人間はそれに順応しようと120の努力をする。異なる環境が人を育てる。


中瀬ゆかり

雑談を楽しんでもらうためには「いかに相手に話してもらうか」が鍵で、自分の話術で盛り上げる必要はありません。人間は誰しも「表現したい、話を聞いてほしい」という欲求を持っています。相手に話題を振り、会話の6~7割を話していただくのが「楽しかった」と感じてもらえるコミュニケーションです。


ページの先頭へ