名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北浦年一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北浦年一のプロフィール

北浦年一、きたうら・としかず。日本の経営者。「北梅組」社長・会長、「大阪府建団連」「近畿建専連」会長などを務めた。旭日双光章を受章。

北浦年一の名言 一覧

地位や権力で人を押さえるな。


「何になるかではなく、なって何をするか」。かつてお世話になった竹歳誠さん(国交省元次官)が小学校しか出ていないおばあちゃんから言われた言葉である。旧建設省に入職した頃、おばあちゃんとご飯を食べながら「鳥取の出身で、次官をやって知事をやっているすごい人が建設省にいるのだよ」と言ったら「馬鹿もん、お前、そんなことを目標にしているのか」と怒られたと。おばあちゃんは「何をやったかが大事だろう、何になったかではないだろう」と盛んに言ったそうである。私もそのお話を伺い、大変感銘を受けた。これから社会に出て活躍しようとする若者から人の上に立つ者まで全ての世代に通じる言葉として肝に銘ずべきである。


大阪府建団連・近畿建専連の「一年一歩の会」では、日頃の悩みをお聞きし、解決のお役に立ちたいと思います。どのような立場の方でも結構です。意見をお聞かせください。


北浦年一の経歴・略歴

北浦年一、きたうら・としかず。日本の経営者。「北梅組」社長・会長、「大阪府建団連」「近畿建専連」会長などを務めた。旭日双光章を受章。

他の記事も読んでみる

名越康文

はっきりさせておかなければいけないのは、「イライラする感情を作り出しているのは自分の心」だということ。ストレスの要因を自分以外の何かにしている限り、イライラは抑えられません。


ロベルト佃

「きめ細かさ」は日本らしさで強みだと思うんです。僕は日本と海外を行き来しているから言うけど、本当に日本のものづくりとサービス業のきめ細かさは、世界に誇れる。


小池百合子

特に日本は縦社会ですから、上司が号令をかけなければ部下は変わりたくても変われません。都庁でも知事である私を先頭に課長職以上全員が「イクボス宣言」をしまして、管理職が率先して早く帰るようにと私が目を光らせています。


勝間和代

波乱の時代だからこそ、私たち一人ひとりが挑戦し続けることが重要。現状から目を背け、逃げたり、諦めたりしても何も始まらない。


ケリー・マクゴニガル

最新の研究成果によって明らかになったのは、「ストレスは人を賢く、強くし、成功へと導く」ということです。人はストレスの経験から学び、成長することができる。そして、勇気や思いやりを持つこともできるのです。


海老根智仁

仕事は忙しいですが、時間に追われている感覚や焦りはまったくありません。なぜなら、自分と会社の目標が明確で、それに達成するための項目がスケジュールに組み込まれているので、そのとおりにこなしていけば、必ず目標達成に近づけるとわかっているからです。


名越康文

無理をして会社にしがみつくのは、そこにしか自分の居場所がないと考えているからです。別の世界にアイデンティティを担保しておけば、いざというときに会社に見切りをつけることができるでしょう。


成毛眞

本を読まない人間とは付き合いたくないと思っているほど活字中毒の私ですが、ビジネスハウツー書、成功者云々といった本は読む意味がないと思います。成功とは、革新性のあることを形にして初めて成し得るものなので、他人のノウハウを真似しようとしているうちは、永遠にその他大勢に埋もれたままでしょう。


稲盛和夫

セラミック分野での研究成果や技術を世界で試してみたいという思いを持ち、京セラを創業したのは27歳のときです。それからは、ただひたむきに、一生懸命、仕事に打ち込んできたつもりです。京セラは幸運にも発展を続け、私は経営者として称賛されるようになりました。


津田久資

多くの人は「とりあえず情報収集」と、いきなり動きはじめます。これが大きな間違い。無限にある情報の中から、どうすれば必要な情報だけを選択できるのでしょうか。そういう人は無意識のうちに情報収集の範囲を設定してしまっている。


岡野雅行(岡野工業)

墨田区の向島という土地柄もあるけど、町にはとにかくいろんな人がいたね。おっかないお兄さんや水商売で働くキレイなお姉さん。学校を終わったらそういう人たちにくっついて、タバコやら石鹸やらを買ったりしてお使いするんだ。そうしてお駄賃をもらう。そのやり取りの中で会話の仕方やつき合い方を学ぶ。学校の勉強はしなかったけど、いろんな人とつき合うことで、たくさんのことを学んだよ。それがすべていまに生きているんだ。


藤原和博

どのような道に進むにしてもオリジナリティの高い人になることが大切。要はその道のプロになること。経理や人事だって10年真剣に仕事をすればその道のプロになる。実際、僕の後輩で経理部にいた人間がいました。彼は10年経理を極め、独立して経理のアウトソーシング会社を起業。いまでは大きな会社に成長させています。