名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北浦年一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北浦年一のプロフィール

北浦年一、きたうら・としかず。日本の経営者。「北梅組」社長・会長、「大阪府建団連」「近畿建専連」会長などを務めた。旭日双光章を受章。

北浦年一の名言 一覧

地位や権力で人を押さえるな。


「何になるかではなく、なって何をするか」。かつてお世話になった竹歳誠さん(国交省元次官)が小学校しか出ていないおばあちゃんから言われた言葉である。旧建設省に入職した頃、おばあちゃんとご飯を食べながら「鳥取の出身で、次官をやって知事をやっているすごい人が建設省にいるのだよ」と言ったら「馬鹿もん、お前、そんなことを目標にしているのか」と怒られたと。おばあちゃんは「何をやったかが大事だろう、何になったかではないだろう」と盛んに言ったそうである。私もそのお話を伺い、大変感銘を受けた。これから社会に出て活躍しようとする若者から人の上に立つ者まで全ての世代に通じる言葉として肝に銘ずべきである。


大阪府建団連・近畿建専連の「一年一歩の会」では、日頃の悩みをお聞きし、解決のお役に立ちたいと思います。どのような立場の方でも結構です。意見をお聞かせください。


北浦年一の経歴・略歴

北浦年一、きたうら・としかず。日本の経営者。「北梅組」社長・会長、「大阪府建団連」「近畿建専連」会長などを務めた。旭日双光章を受章。

他の記事も読んでみる

横山進一(経営者)

私が若い人たちに言いたいのは、「ノーから入るのではなく、イエスから入れ」ということです。これはイエスマンになれという意味ではない。物事を変えなければいけない時に、若い人たちは「変えるには、これだけの問題点があります」と言ってきます。問題点を発見するのは上手なんです。でも、問題点を挙げるということは、要するに「私はやらない」ということなんですね。


正垣泰彦

生産性を向上する余地は、無限にあると思っています。だから諦めたらダメ。無駄は削れば削るほど社員の作業が楽になるから、どこまでも削った方がいいんです。


幸田真音

日本企業の魅力に気づいていないのは、案外日本人なのかもしれません。買収されそうになって初めて気付く。


久水宏之

鎌倉・東慶寺の境内で、私はある方に問われたことがある。「あなたは何が正しいかの物差しは自分の中にある、と思ってはいませんか?」と。「その通りです」と答えたところ、「本当の正しさは、万物を生かし育む宇宙の法則、指導原理の中にあるものです。発展途上の私たちの中には、そこまでの正しさはありません。しかしそこに近づこうとすることはできます。それが私たち人間にとっての正しさです」とこの方は仰られた。始めはその意味が分からず戸惑ったのだが、やがて正しさにも段階がある、ということだと理解し、実感もできるようになった。


吉川元春

外出なさる場合も、よく注意しておとりつくろいなさるがよろしい。その際の着物の着方についても、簡単に商人などが着るように着たり、また、首に巻きつけるような格好で御召しなさったならば、はたの見た目も実に笑止千万なことであります。そのようになされたところで、健気に見える点は少しもありませぬ。着物は普通に正しく御召しになるのが最もいいことなのです。


鈴木喬(経営者)

頭なんて、帽子を被るか、人前で下げるか、それくらいしか使い道がないですよ。頭の下げっぷりのいい人は、とにかく人に可愛がられる。わざとチョンボをやって頭を下げて、相手の懐に入っていく強者もいますからね。


樫尾和雄

人間は面白いもので、「やれない」と言ったらどうしようもないんだけど、「やれる」と思えばやれるんです。


サミュエル・スマイルズ

作物を刈り取るには、まず種をまかなくてはならない。その後は、収穫の時期がくるのを忍耐強く待ちつづける必要がある。そして多くの場合、いちばん待ち望まれる果実ほど実を結ぶのはいちばん遅い。


飯島英胤

人事部長たるもの、社内のどこにどんな人材がいるのか、その性格、能力、特性、実績について常につぶさに把握し、いつでも経営トップに「その事業ならこの人物に任せるしかありません」と提案できるよう、人事部を戦略的な組織に育成しておく必要があります。


氏家秀太

損益分岐点とは何か。簡単に言えば利益を出すための必要売上高ということになる。固定費や変動費によって損益ラインが変動する。文字どおり、「損」が出るか「利益」が出るかの分かれ目、「採算ライン」を指す。しかし、「自分のお店の損益分岐点は数百万円だ」とよく聞くフレーズだが、こんなことを言っているようでは黒字化は遠のくばかりだ。正確に言えば、損益分岐点は、ひとつではなくいっぱいあるということ。したがって、損益分岐が低いビジネスを謳うFCビジネスには、少し気を付けたほうがいい。


竹内一郎

相手が求めていることに対する受信力の低い人には、往々にしてある特徴があります。それは、しばしば「話しかけないでオーラ」を発しているということ。周囲との関わりを避けようとするのは、自分だけの時間が心地よいからです。自分の席から動こうとしない上司、部下を自席に呼びつける上司も同様。本人は威厳を見せているつもりでも、自分の縄張りから出ようとしない人は、「小物」の印象を与えるだけです。


立石豊

やりがいを持って働いてくれないと、人は半分の力しか出せない。そして、そのやりがいをもたらすのは何よりも「認めてもらうこと」だと気づいた。