名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北沢敬二郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北沢敬二郎のプロフィール

北沢敬二郎。きたざわ・けいじろう。大丸百貨店社長。東京大学卒業後、米国プリンストン大学、ユニオン大学、英国ロンドン大学に留学。帰国後、住友電線製造所支配人、住友倉庫常務、住友生命保険専務を歴任し、経営再建にあたる。住友本社解体後は大丸百貨店に入社し社長に就任

北沢敬二郎の名言 一覧

47歳にもなってまたまた転勤であるから、正直なところ「ああ、またか」といった感じがないでもなかった。しかし、「ベテランは常に最も困難な地位を受け持たせられる」という英国のことわざを思い浮かべ、そうすることが私の性分に合っていると思い、即座に引き受けた。
【覚書き|住友倉庫の再建が済んだ直後、住友生命の経営再建を頼まれたときを振り返っての発言】


とにかくいったん入社した以上、十年間は辛抱する覚悟が必要だ。十年経ってもうだつがあがらないなら、不当な扱いをされているか、無能力のどちらかだ。前者なら潔く住友を去ればよし、後者なら会社には迷惑だろうがそのまま置いてもらうほかない。
【覚書き|住友本社の新入社員時代、東京帝国大学を出たのに帳簿付けをやらされ続けていることに対して同期の仲間が「辞めてやる」と言い出したことに対する返答】


国家は最高の道徳なりという言葉があります。住友は国家あっての住友であるわけですから、国の利益に反して住友の利益があるとは思いません。しかし、そういうことが実際にあって国の利益を冒してまで住友の利益をはかれという命令があったなら、私は潔く住友を辞めます。
【覚書き|住友財閥への入社試験での発言。試験官から「国家の利益と住友の利益が反した場合あなたはどうするか」と質問されたことに対しての返答。試験は合格した】


妨害はかえって私の闘志をかきたてた。社員に対しては「社運を賭してこの事業を達成させなければならぬ」と決意を表明した。
【覚書き:大丸の東京進出時、東京で営業していた百貨店が仕入れ先に圧力をかけてきたことを知ったときを振り返り】


北沢敬二郎の経歴・略歴

北沢敬二郎。きたざわ・けいじろう。大丸百貨店社長。東京大学卒業後、米国プリンストン大学、ユニオン大学、英国ロンドン大学に留学。帰国後、住友電線製造所支配人、住友倉庫常務、住友生命保険専務を歴任し、経営再建にあたる。住友本社解体後は大丸百貨店に入社し社長に就任

他の記事も読んでみる

池田育嗣

市場ニーズは何より製品開発の起点。


池田千恵

同僚と愚痴を言いながら飲み、つい深酒になるという繰り返しでは現状は少しも変わりません。


ラ・ブリュイエール

人は老年を恐れる。果たしてそこまで到達するかどうかも確かではないのに。


佐々木常夫

もしも身に覚えのない疑惑をかけられた場合は、きちんと弁明しておかないと大変なことになります。ただし、周りの全員にわかってもらおうとしなくてもいい。たとえ「何かやらかしたらしい」と噂されても、直属ともうひとつ上の上司にだけは理解してもらえるように努めること。それ以外の人は大して影響力を持っていませんから。


樋渡啓祐

「頭がよくなる」ってどういうことかというと、多分「お肌がきれいになる」っていうことと同じだと思うんです。肌をきれいにするためには、肌そのものに目を向けるよりも、日ごろの生活習慣や食べ物に気を配って、その結果きれいになる。頭のよさも同様で、頭そのものをどうこうするより、頭がよくなるような生活をしていれば、その結果、おのずとよくなるのだと思います。


ムハマド・ユヌス

私は貧困という社会問題を説明する際、盆栽に例えて話します。大木の種子を小さな鉢に植えても、その鉢以上に大きく育つことはありません。鉢はその人が置かれた状況です。


大宮英明

毎日5分でも10分でもいいのです。顔を合わせて情報を交換する。口頭の方が短時間で的確に伝わります。ITツールが発達しても、ダイレクトなコミュニケーションに優るものはありません。


鍵山秀三郎

企業としては、すべての時間を利益の追求に費やしたいと考えがちですが、それでは会社としての魅力はないし、社員の成長も限られてしまう。会社の利益に直接結びつかないことでも、会社のためにプラスになることであれば、できるだけ引き受けていく。そうすると会社にも社員にも幅が生まれ、豊かな心で仕事を進めていくという社風が醸成されます。


佐治信忠

余裕があるうちに多角化したわけではなく、メインブランドの「オールド」の衰退が早く来て、もがきながらそうなりました。ある意味ではラッキーと言えるかもしれません。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

我々は「様々な課題はチャンスである」と考える企業です。課題はソリューション(解決法)を生み出すきっかけになる。


石井陽介

競合に勝つためにターゲットとなる顧客を明確化し、施設や料理の写真からコンテンツの企画・構成まで戦略的に分析した集客ツールを構築しています。


小山昇

最近は決算書を読むのがブームになっていますが、若手社員が無理をして財務諸表を理解する必要はありません。もちろん、読めるに越したことはありませんが、その勉強に時間を割く余裕があるのなら、自分の仕事の数字を徹底的に読み込んだ方がいい。私は経理経験があったので、若いときから財務諸表の知識がありましたが、本当の意味でバランスシートを意識して読むようになったのは、部長になってからです。