北沢敬二郎の名言

北沢敬二郎のプロフィール

北沢敬二郎。きたざわ・けいじろう。大丸百貨店社長。東京大学卒業後、米国プリンストン大学、ユニオン大学、英国ロンドン大学に留学。帰国後、住友電線製造所支配人、住友倉庫常務、住友生命保険専務を歴任し、経営再建にあたる。住友本社解体後は大丸百貨店に入社し社長に就任

北沢敬二郎の名言 一覧

47歳にもなってまたまた転勤であるから、正直なところ「ああ、またか」といった感じがないでもなかった。しかし、「ベテランは常に最も困難な地位を受け持たせられる」という英国のことわざを思い浮かべ、そうすることが私の性分に合っていると思い、即座に引き受けた。
【覚書き|住友倉庫の再建が済んだ直後、住友生命の経営再建を頼まれたときを振り返っての発言】


とにかくいったん入社した以上、十年間は辛抱する覚悟が必要だ。十年経ってもうだつがあがらないなら、不当な扱いをされているか、無能力のどちらかだ。前者なら潔く住友を去ればよし、後者なら会社には迷惑だろうがそのまま置いてもらうほかない。
【覚書き|住友本社の新入社員時代、東京帝国大学を出たのに帳簿付けをやらされ続けていることに対して同期の仲間が「辞めてやる」と言い出したことに対する返答】


国家は最高の道徳なりという言葉があります。住友は国家あっての住友であるわけですから、国の利益に反して住友の利益があるとは思いません。しかし、そういうことが実際にあって国の利益を冒してまで住友の利益をはかれという命令があったなら、私は潔く住友を辞めます。
【覚書き|住友財閥への入社試験での発言。試験官から「国家の利益と住友の利益が反した場合あなたはどうするか」と質問されたことに対しての返答。試験は合格した】


妨害はかえって私の闘志をかきたてた。社員に対しては「社運を賭してこの事業を達成させなければならぬ」と決意を表明した。
【覚書き:大丸の東京進出時、東京で営業していた百貨店が仕入れ先に圧力をかけてきたことを知ったときを振り返り】


北沢敬二郎の経歴・略歴

北沢敬二郎。きたざわ・けいじろう。大丸百貨店社長。東京大学卒業後、米国プリンストン大学、ユニオン大学、英国ロンドン大学に留学。帰国後、住友電線製造所支配人、住友倉庫常務、住友生命保険専務を歴任し、経営再建にあたる。住友本社解体後は大丸百貨店に入社し社長に就任

他の記事も読んでみる

山本忠人

社長就任の翌年、主力の複写機は国内市場で頭打ちが鮮明で、成長性や収益性が低下していました。そこにリーマンショックも襲ってきた。普通のやり方ではダメだ。事業構造そのものを変えないといけない。そう心から思った。


高橋政史

どんな仕事でも、アウトプットを生み出すには、「事実(得た情報)」を「解釈」して、「行動(アウトプット)」する、というプロセスを踏むことが必要です。


楠木建

ビジネスの目標は継続的に利益を生み出すこと。


大河原愛子

男性と女性は異なりますから、その違いを受け入れていかなければ、本当のダイバーシティはありません。


加来耕三

歴史には、一度は敗者となるも努力して成功をつかんだ例は少なくありません。人生には大逆転があります。歴史を知れば、たとえつまずいても敗者復活戦があると確信できます。


岩出雅之

自分がしたいこと、やりたいことを書き記すことで、自分の考えが再確認でき、迷ったときでも、自分の原点に戻ることができる。


佐藤弘志

坂本(孝・創業者)から「誰と一緒に仕事しているのですか」とよく言われていたのですが、町田中央通り店店長をしていたとき、まさにその部分がすっかり飛んでいました。新しい試みばかりに目がいって、「俺はこの企画を成功させれば、名が上がるぞ」とばかり考えていた。でもそれはリーダーではありません。リーダーは一緒に働くスタッフから信頼されないといけません。


斎藤広達

たとえば、雑誌の売上が低迷しはじめたとしましょう。その対策として、思い切って誌面を全面刷新する「プランA」と、少し前に実施した誌面のマイナーチェンジの結果が出るまで様子をみる「プランB」が考えられるとします。こういう場合、ドラスティックな決断として「プランA」を選ぶほうがよい判断のようにみえてしまいます。けれども、打った手の結果が出る前に次のアクションをしてしまうと、何もわからない場合もある。場合によっては「待つ」という判断が適切なこともあります。つまり、どんな場合でも「すぐやる」ことがいいとはかぎらないのです。「とりあえず何もしない」と決めるのも、立派な決断のひとつです。


山口周

仕事の無駄な時間を減らすためには「決断を迷わない」こと。迷った場合の判断基準を自分の中に持つ必要がある。


西成活裕

選んだ研究は難しいだけに、たまに問題が解けるとうれしいんです。でも、ほとんど解けなかったから、当時の私は暗かったですね……。一年間で365日あるうち、だいたい360日ぐらいは暗いんです。でも、一年のうちでたった数日ほどは、太陽の日が射すように思える日があった。その感激と言ったら潜水艦が深海から急に浮上していくみたいなところがあった。そういう感覚がなければ研究者って長くはやっていけないのではないでしょうか。


サンプラザ中野

30代でも40代でも50代でも、自分が面白いと思うなら迷わずそうしていいんです。「オトナにならなきゃ」なんて思わずに、自分の気持ちに素直に生きるべきです。


鈴木茂晴

全国に異動がある支店長以下についての方針は、「キープヤング」で新陳代謝を怠らない。一方で、ベテランについては地域密着型コンサルティングなどを行う「上席アドバイザー」という役職を設けている。明確に役割分担を分けることで、組織の活力を維持し続けている。


小林喜光

私は会議では思ったことを率直に遠慮なく発言するようにしています。激しい指摘も怒りの言葉もズバズバ口にします。CEO(最高経営責任者)としては会議を通して理念や指針を示し、意識の共有化を図ることも大切です。そのためにも、遠慮なく私の思いを伝えるようにしているのです。


ビル・ゲイツ

ポールが私をゴミ箱の上に持ち上げて、私がコーヒーかすで汚れたプログラマーたちのメモを拾ってくる。それを見てシステムを勉強したものだ。
【覚書き|ハイスクール時代、DEC(ディジタル・イクイップメント・コーポレーション)でデバッグ(プログラムのバグ取り)のアルバイトをしたときを振り返っての発言。ポールとはマイクロソフト共同創業者のポール・アレン】


白川敬裕

心配事があるときは、まず解決できる問題か、悩んでも仕方がない問題かを判断します。悩んでも仕方がないなら考えない。解決できるなら、いま解決すべきかどうかを判断し、すべきならすぐに対処する。いまでなくてもいいなら期限が来るまで考えない。


ページの先頭へ