北沢利文の名言

北沢利文のプロフィール

北沢利文、きたざわ・としふみ。日本の経営者。「東京海上日動火災保険」社長。長野県出身。東京大学経済学部卒業後、東京海上火災保険(のちの東京海上日動火災保険)に入社。個人商品業務部部長、東京海上日動あんしん生命保険常務・専務・社長、東京海上日動火災保険副社長などを経て社長に就任。

北沢利文の名言 一覧

座右の銘は「至誠天に通ず」です。私も、これまで仕事を通じて、いろいろ難しい局面もありましたが、真実が一番強いと感じています。

北沢利文の名言|真実が一番強い

従来のやり方を続けるだけで大きく成長するのは困難。

北沢利文の名言|従来のやり方を続けるだけで大きく成長するのは困難

正しいことを、軸をぶれさせず誠実に伝えれば、あらゆることが実現する。

北沢利文の名言|正しいことを、軸をぶれさせず誠実に伝えれば、あらゆることが実現する

公論を尽くして相手に伝えれば、必ず相手に伝わる。

北沢利文の名言|公論を尽くして相手に伝えれば、必ず相手に伝わる

私たちのグループ全体にコアバリュー、絶対譲れない価値は何かというと、お客様の「いざ」をしっかりお守りすること。

北沢利文の名言|絶対譲れない価値を明確にする

お互いに学び合って、教え合って、励まし合って、誉め合って、そして成長しよう。会社は競争し合うのではなく、成長し合う場所だ。

北沢利文の名言|会社は競争し合うのではなく、成長し合う場所

変にその場しのぎの判断や行動をとってしまうと、後で考えると回り道になっている。

北沢利文の名言|変にその場しのぎの判断や行動をとってしまうと、後で考えると回り道になる

大事な事は逃げないこと。たとえば、あんしん生命時代は社長でしたから、様々なことが起こります。お客様がお怒りになることがあるかもしれません。私どもの不手際があるかもしれません。会社としてお詫びしなければならないことがあります。そうした時に、私が最前線に出てお詫びをした結果、いろいろなことが解決しましたし、結果的に相手との信頼関係が強まることもありました。

北沢利文の名言|大事な事は逃げないこと

生損保一体のサービスを追求することで、多様化しているお客様の保険ニーズに柔軟に対応できます。保険会社の売りたい商品だけを売り込む時代は終わりました。

北沢利文の名言|売りたい商品だけを売り込む時代は終わった

国内の人口減少に伴い、保険市場も縮小すると言われて久しいですが、私はそうは思いません。新しい技術やビジネスが普及すれば、新しいリスクも見つかり、それをカバーする新しい保険の需要が生まれるからです。

北沢利文の名言|新しい技術やビジネスが普及すれば、新しい需要が生まれる

北沢利文の経歴・略歴

北沢利文、きたざわ・としふみ。日本の経営者。「東京海上日動火災保険」社長。長野県出身。東京大学経済学部卒業後、東京海上火災保険(のちの東京海上日動火災保険)に入社。個人商品業務部部長、東京海上日動あんしん生命保険常務・専務・社長、東京海上日動火災保険副社長などを経て社長に就任。

ページの先頭へ