名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

北池智一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北池智一郎のプロフィール

北池智一郎、きたいけ・ともいちろう。日本の社会起業家。「タウンキッチン」代表。大阪府出身。大阪大学工学部卒業後、朝日アーサーアンダーセン、リンク・ワンなどを経てタウンキッチンを設立。社会起業家の創業支援を行った。

北池智一郎の名言 一覧

旗を持つ人が地域社会の核となって、周りに渦をつくり、地域の関係性を再構築していく。目指しているのは、そんな自律型コミュニティーシステムの実現です。


今後の方針は「点から面へ」の展開です。例えば不動産。何かを始めようとしている人たちに対して、私たちが提供できるハコには限りがあるので、志を同じくする行政やデベロッパーとも連携して場を増やしていく。あと、ファイナンス面での支援強化にも取り組みたいですね。情報ベースのシンプルな創業支援だけじゃなく、ハードやお金など、これまでとは違うアプローチも加えて、一層深い地域づくりができればと考えています。


「僕が一番やりたかったことは何だっけ?」そんな自問を重ねた時期があって、結果、明確になったのは、地域でのいろんな困り事を解決するための関係づくりをすること。それには「地域課題を何とかしたい」「地域にあったらいいな」を形にする「旗振り役」の人を増やすことが重要なんだと。この気づきから、旗を持つ人を発掘し、支援するプラットフォームづくりに軸足を移していったのです。


北池智一郎の経歴・略歴

北池智一郎、きたいけ・ともいちろう。日本の社会起業家。「タウンキッチン」代表。大阪府出身。大阪大学工学部卒業後、朝日アーサーアンダーセン、リンク・ワンなどを経てタウンキッチンを設立。社会起業家の創業支援を行った。

他の記事も読んでみる

寺畠正道

失敗をしてもすぐにやり直せばいい。変化を起こそう。待ちの姿勢では、遅きに失してしまう。


佐藤可士和

重要なのは日本人や東京の人が普段当たり前に思っていることの中に、実は、世界でも突き抜けて強い価値が眠っているということです。すべての商品・サービスに、まるでパソコンのOS(基本ソフト)のように「Tokyo Quality」がインストールされている。しかも欧米の都市と違って、東京では誰でもリーズナブルに、それが手に入る。繰り返しますが、こんな都市は、世界のどこにもありませんよ。


臼井由妃

断るための前提は、断らないこと。私はこう逆説的に表現しています。最初からできませんと突き放すのではなく、まずは相手の話をしっかりと聞き、条件を詰めていく中で妥協点を探っていくのです。それでも無理とわかったとき「今回はできません」となるのです。


匠英一

実際にお客さんに商品作りに参加してもらうのも、販売につながる手法。お菓子作りや、工芸品作りの体験は観光地に多く、たとえは箱根では自分が作ったガラス細工を買って持ち帰れる店があります。じつは、最初から職人が作ったものを店頭に並べておくよりも、自分が実際に作ったモノのほうに付加価値を高く感じるものなんです。それを心理学的には「自己関与性」と呼びます。商品作りの体験は、人は自分が関与したことには興味を示すという特性をうまく利用していると言えます。


星野佳路

完璧な英語で対応しても、お客様に十分なサービスを提供できるとは限らない。不完全な英語でも満足頂けるサービスが提供できれば、仕事の成果につながるうえに、自らの英語力も磨かれる。


進藤孝生

粘り強く話を聞いて、みんなに51%ずつ納得してもらう。「和をもって貴しとなす」。色々な主義主張を持った人たちに納得してもらいながら、チームワークを作り上げる。それが私の組織運営スタイルです。


前田新造

数字だけを見ていたら見落としてしまうようなことも、お客様の声に真摯に耳を傾けることで気づくようになり、その結果として売上がついてくるのです。これが本当の学習効果ではないでしょうか。


泉谷直木

ある日、会社の廊下でばったり会った樋口(廣太郎)会長に「悩みはあるか」と聞かれました。「ありません」と元気に答えると「仕事をしてない証拠だ」と怒鳴られました。次に会ったときもまた「悩みはあるか」と聞かれたので、思いつくままにいくつかの悩みを打ち明けました。すると今度は「重要な順に答えろ」。樋口さんはいつもそんな調子で社員を鍛えていました。


松井弘之(経営者)

売上高や利益はもちろん大切ですが、お客様本位の姿勢で、本当にお客様のためになっているのかを常に問い掛けながら、当たり前のことを当たり前に続けていくのが結局は重要。


葛西紀明

自分の夢は努力で叶える。


辻野晃一郎

自分のやりたいことをやりながら、小さな成功体験を積み重ねていくことで、自信につながります。それが心を強くしてくれるはずです。


カスヤナガト

僕は、アーティストになりたくないんです。彼らがものを作るのは、いつでも自分のため。でも、健全なものづくりはコミュニケーションだと思うんです。作り手がいて、受け手がいる。受け手を見据えて仕事をするのが、職人でしょう。ですから僕は、心情としてアーティストではなく職人でありたいんです。