名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北池智一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北池智一郎のプロフィール

北池智一郎、きたいけ・ともいちろう。日本の社会起業家。「タウンキッチン」代表。大阪府出身。大阪大学工学部卒業後、朝日アーサーアンダーセン、リンク・ワンなどを経てタウンキッチンを設立。社会起業家の創業支援を行った。

北池智一郎の名言 一覧

旗を持つ人が地域社会の核となって、周りに渦をつくり、地域の関係性を再構築していく。目指しているのは、そんな自律型コミュニティーシステムの実現です。


今後の方針は「点から面へ」の展開です。例えば不動産。何かを始めようとしている人たちに対して、私たちが提供できるハコには限りがあるので、志を同じくする行政やデベロッパーとも連携して場を増やしていく。あと、ファイナンス面での支援強化にも取り組みたいですね。情報ベースのシンプルな創業支援だけじゃなく、ハードやお金など、これまでとは違うアプローチも加えて、一層深い地域づくりができればと考えています。


「僕が一番やりたかったことは何だっけ?」そんな自問を重ねた時期があって、結果、明確になったのは、地域でのいろんな困り事を解決するための関係づくりをすること。それには「地域課題を何とかしたい」「地域にあったらいいな」を形にする「旗振り役」の人を増やすことが重要なんだと。この気づきから、旗を持つ人を発掘し、支援するプラットフォームづくりに軸足を移していったのです。


北池智一郎の経歴・略歴

北池智一郎、きたいけ・ともいちろう。日本の社会起業家。「タウンキッチン」代表。大阪府出身。大阪大学工学部卒業後、朝日アーサーアンダーセン、リンク・ワンなどを経てタウンキッチンを設立。社会起業家の創業支援を行った。

他の記事も読んでみる

田久保善彦

自分はどう生きたいかという志そのものはパーソナルなものですが、自分が志を持って何かをしようと思えば、一人でできることには限界があり、周りの人たちを巻き込まなければなりません。そのとき、自分の志をコミュニケーション可能な言葉にする必要もあるでしょう。それがまさに経営理念の「卵」のようなものではないかと私は考えています。


本間宗久

米の高下は天性自然の理にて高下するものなれば、極めて上がる下がると定め難きものなり。この道不案内の人は迂闊にこの商いすべからず。


寺田千代乃

私が経営者として飛び回っていたことで、子供にしわ寄せが行っていたのは間違いないと思います。でもある時、家事も100点、子育ても100点、仕事も100点なんて取れるわけがないと思い、気持ちを切り替えてからは割と楽になりました。なんとか仕事に穴を空けずに、親としての責任も果たすことができたと思います。


岡村勝正

私どもは第一に発毛という結果を求めて、日々発毛システムのご提供はもちろん、さらなる研究も行っているところです。髪が生えるという結果がすべてなのです。


徳谷智史

夢の実現には、まず機会を創ること。自分より前に進んでいる人との接点を増やしたり、小さくても自ら新しい予定を入れることをおすすめします。


中山哲也

今年のキーワードは「発展途上」。先細り業界の成熟企業ではなく、先太り業界の発展途上企業であることを自覚し、「一日一革」改善改良を積み重ねていく。


村上太一

データテクノロジーへ投資していて、リブセンスアナリティクスというデータ収集の基盤を強化しています。今後はどのようなデータを取り、それをいかにユーザー体験に繋げるかが肝要です。以前から採用したか否かのログは取ってきましたが、その他にたとえば「サイトを何秒見ているか」「どのくらいスクロールしているか」「求人情報が表示されてから何%クリックされたか」といったデータまで取ることで、ユーザー体験を高めていきたい。今のところ、データテクノロジーは自社サービスの質向上に役立てていますが、今後はこのノウハウを他社サイトに導入するようなビジネス展開をして、よりスケールさせていきたいと考えています。


高野登

教養を深めるのにも、目的意識が必要だと思います。自発的に何かに興味を持ち、そこにエネルギーを傾けていく力。それこそが教養の源ではないでしょうか。


角和夫

いまはネットの時代ですから、宣伝するよりも、来ていただいた方に情報を発信してもらう方が効果は大きくなっています。ですから、どのエリアも一度来てもらえば、成長することができる可能性があります。


藤井美保代

各人の業務のムラをなくすには「持ち回り制」が有効。たとえば、電話を取る役目を1時間ごとの交代制にすれば、1人は電話に、他のメンバーは仕事に集中できて合理的です。逆に、「集中タイム」を交替制にするのも良い方法です。電話も取り次がず、相談ごとも持ち掛けない時間を1人1時間ずつ持たせることで、各人の「細切れ」を予防できます。


垣添直也

時代が変わるタイミングだったからこそ、しがらみがない私が出番をもらった。


斎藤英明(経営者)

社長には「サラリーマンのトップ」「創業者・オーナー」「プロフェッショナル」という3つのタイプがあります。自分で言うのもおこがましいかもしれませんが、私はプロフェッショナルとして社長に就任したと思っています。コンサルティング会社などで3つのタイプの様々な社長を間近に見て、疑似体験してきました。今、その経験をベースに社長を務めています。