北池智一郎の名言

北池智一郎のプロフィール

北池智一郎、きたいけ・ともいちろう。日本の社会起業家。「タウンキッチン」代表。大阪府出身。大阪大学工学部卒業後、朝日アーサーアンダーセン、リンク・ワンなどを経てタウンキッチンを設立。社会起業家の創業支援を行った。

北池智一郎の名言 一覧

旗を持つ人が地域社会の核となって、周りに渦をつくり、地域の関係性を再構築していく。目指しているのは、そんな自律型コミュニティーシステムの実現です。


今後の方針は「点から面へ」の展開です。例えば不動産。何かを始めようとしている人たちに対して、私たちが提供できるハコには限りがあるので、志を同じくする行政やデベロッパーとも連携して場を増やしていく。あと、ファイナンス面での支援強化にも取り組みたいですね。情報ベースのシンプルな創業支援だけじゃなく、ハードやお金など、これまでとは違うアプローチも加えて、一層深い地域づくりができればと考えています。


「僕が一番やりたかったことは何だっけ?」そんな自問を重ねた時期があって、結果、明確になったのは、地域でのいろんな困り事を解決するための関係づくりをすること。それには「地域課題を何とかしたい」「地域にあったらいいな」を形にする「旗振り役」の人を増やすことが重要なんだと。この気づきから、旗を持つ人を発掘し、支援するプラットフォームづくりに軸足を移していったのです。


北池智一郎の経歴・略歴

北池智一郎、きたいけ・ともいちろう。日本の社会起業家。「タウンキッチン」代表。大阪府出身。大阪大学工学部卒業後、朝日アーサーアンダーセン、リンク・ワンなどを経てタウンキッチンを設立。社会起業家の創業支援を行った。

ページの先頭へ