名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北橋健治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北橋健治のプロフィール

北橋健治、きたはし・けんじ。日本の政治家。北九州市長。兵庫県出身。東京大学法学部卒業後、民社党勤務を経て衆議院議員選挙に当選。衆議院議員を6期務めたのち、北九州市長選挙に当選。

北橋健治の名言 一覧

「課題先進地」というスローガンを掲げ、何でもいいから、まずはやってみようと動くことが大事。


今こそまさにピンチをチャンスに変えていく強い意志が求められている。


地方に活力を取り戻すために、自分たちの魅力を自分たちで掘り起こすことが必要。


北九州市はもともと人口が100万人いたため、人口減少の数が3年連続で日本最大となっています。現在の人口は95万人台で、高齢化率は29%に上っており、政令市でその速度が最も速い。その意味ではピンチという見方もありますが、自分としてはむしろ「課題先進地」と捉え、ひとつひとつ壁を乗り越える機会だと思っています。


北橋健治の経歴・略歴

北橋健治、きたはし・けんじ。日本の政治家。北九州市長。兵庫県出身。東京大学法学部卒業後、民社党勤務を経て衆議院議員選挙に当選。衆議院議員を6期務めたのち、北九州市長選挙に当選。

他の記事も読んでみる

天池源受

本当にもう駄目だと思う度に発注が入り、お客様に何度助けられたことか。お客様は、厳しいことをおっしゃる方も多いのですが、会社を経営していく中で、温かい心で助けて下さる方も多いことが分かりました。また、お客様から「これは素晴らしい! さすが日本人だ!」と言われ、その評価を信じ、ものづくりに力を注いできました。今の天池合繊があるのはお客様のおかげです。その気持ちを常に持ち続けるために、我が社は「お客様に感謝し感動を伝えるものづくりをする」を経営理念に掲げています。


松本晃(経営者)

「早く起きて、早く仕事をしに来て、早く帰る」それが一番。昔から「早起きは三文の徳」と言いますよね。早く帰って空いた時間は勉強したり、働き方を考えたりするための「自分の時間」に充てればいい。定時が過ぎてもダラダラと仕事をして、終わったら居酒屋で一杯飲んで帰るの繰り返しでは、成長できるわけがありません。


鈴木敏文

常にお客様の視点に立てば、いろいろなニーズがある。だから、チャンスはある。それに気付くかどうか。


瀧本哲史

パラダイム論を提唱したトーマス・クーンの研究によれば、「天動説と地動説」のように支配的な学説が一気に変わる要因は、論争による勝利より、学者の世代交代です。


午堂登紀雄

私の個人的な意見ですが、株や為替の値動きに一喜一憂して、仕事が手につかなくなるようでは本末転倒です。普段の生活や気持ちが相場の変動で左右されるような投資は極力避けた方がいいでしょう。


深野康彦

莫大な額の損失を被らない限り、定期収入のあるビジネスマンは、長期的な視点に立つことで短期的な損失を取り戻すことができます。そのためにも、30代や40代の早いうちから投資を始める必要があるのです。


名越康文

イノベーティブな発想でビジネスを成功に導く人は、ひとつの世界にとどまらず、異分野への越境を好みます。社会と世界、つまり仕事と趣味の世界で振り子運動をしてブレイクスルーのヒントをつかみ、自分の仕事に還元させているのです。


松井道夫

私は風呂が好きで、よく湯船の中で何時間も考えごとをします。風呂は、ただ入っていればいい。みずから行動しなくていいから、非常にリラックスするんです。そうやって身体も何もかもきわめて受身なシチュエーションに置くと、逆に脳は能動的になる。こじつけですが(笑)。会社の椅子に座って考えこんでも、いい発想が浮かぶとは限りません。考える場所や時間は自分で選択できます。人にはそれぞれ一番考えやすい場所があるでしょう。便所で考えるといいアイデアが浮かぶとか。社長の仕事は考えることですから、その環境は自分でつくればいいんです。


黒鉄ヒロシ

世の中には「絶対」というものはありませんから、怒る時も叱る時も絶大なる自信など持ってはいけません。とくにわがままな怒りを爆発させるのは、人間ができていないと宣言するようなもの。


枝川義邦

「昼休みに脳を休ませる」というと、スマホでネットを見たり、ゲームをしたりすることを思い浮かべる人もいるかもしれません。しかし、それでは別の情報が入ってきてしまうので、気分転換になっても、脳の休息にはなりません。あくまで情報をシャットアウトする時間を持つことが重要なのです。


大西洋

新しい事業は、担当者が納得して本気にならなければ成功しません。


東山紀之

何でもいいので他人から与えられたものではない、自分自身の努力目標なり、仕事のルールなりをつくって、それを守り続けていくことで自信が生まれてくると思います。