名言DB

9413 人 / 110706 名言

北橋健治の名言

twitter Facebook はてブ

北橋健治のプロフィール

北橋健治、きたはし・けんじ。日本の政治家。北九州市長。兵庫県出身。東京大学法学部卒業後、民社党勤務を経て衆議院議員選挙に当選。衆議院議員を6期務めたのち、北九州市長選挙に当選。

北橋健治の名言 一覧

「課題先進地」というスローガンを掲げ、何でもいいから、まずはやってみようと動くことが大事。


今こそまさにピンチをチャンスに変えていく強い意志が求められている。


地方に活力を取り戻すために、自分たちの魅力を自分たちで掘り起こすことが必要。


北九州市はもともと人口が100万人いたため、人口減少の数が3年連続で日本最大となっています。現在の人口は95万人台で、高齢化率は29%に上っており、政令市でその速度が最も速い。その意味ではピンチという見方もありますが、自分としてはむしろ「課題先進地」と捉え、ひとつひとつ壁を乗り越える機会だと思っています。


北橋健治の経歴・略歴

北橋健治、きたはし・けんじ。日本の政治家。北九州市長。兵庫県出身。東京大学法学部卒業後、民社党勤務を経て衆議院議員選挙に当選。衆議院議員を6期務めたのち、北九州市長選挙に当選。

他の記事も読んでみる

出川哲朗

まだまだ全然ですよ。僕よりずっと年上のデヴィ夫人が、体を張って空中ブランコを成功させちゃうんですから。僕も負けないよう、これから年を重ねても体を張る芸人を目指しますよ。


浜田広

我々製造業にとって、グローバリゼーションへの対応は競争力を左右する重要なポイントですから、グローバリゼーションを三段階に分けて考えてみたいと思います。

  1. メイド・イン・ジャパンの商品を海外に輸出して販売するという段階
  2. 海外で製造するという現地生産の段階
  3. 世界中で最も安くて品質のいいものを作るのに適した土地で生産を進める最適地生産の段階

高田明(ジャパネットたかた)

改善によってみんなが成長していきます。論理的な思考が身についてくると、人は非常に力を発揮できるようになります。若手の中からも優秀な人材が育ってきています。


菊地唯夫

私が社長に就任した当時は金融危機の余韻が残り、外食、機内食、ホテルなど各事業がバラバラに売上げを追求するなど、長期的なビジョンが見えない状況だった。事業の特性に応じて組織を整理し直す。それこそが外から来た自分の役割だと考えた。


山崎敦彦

原価管理は製造業の宿命ですからずっとやっています。長年、生産のスタッフが苦労しながら、ああしたらいいのでは、こうしたらいいのではとやっている。


荒川詔四

現場の従業員が上司や会社を動かそうとするなら、会社の経営戦略を熟知したうえで、アクションと結果を具体的に描き、それが戦略にどう絡んでいるかを語ればよいのです。会社の戦略に沿った提案なら、なかば通ったも同然です。却下するには相当な理由がいります。


小宮一慶

コンサルティング業を続けるうちに、成功する人が共通して持つ資質や要素に気づきました。「能力」「熱意」「考え方」。この3つの掛け算で成功できるかどうかが決まります。


石田衣良

若い社員が毎日終電間際まで働いて疲れ切っていますよね。上司が残っているから部下が帰りにくいといった、職場の和を重んずる雰囲気もいまだに残っている。でも、もう会社が一生を保障してくれる時代でもないし、必ず給料が上がる時代でもない。そろそろ会社のためにとか、自分の出世のためではなく、自分の時間を充実させるための仕事の効率化というものを、真剣に考える時期に来ていると思います。


中原淳

枠にとらわれず経験や人脈をつくり、成長機会を求める。そうした前向きな姿勢が閉塞感を突破する武器になるのです。


荒木義朗

大過なくという発想は駄目です。もっと悪いのは為さざる罪。躊躇して何もしないこと。仕事にはアグレッシブな心を持ってとりくななければ。


堤幸彦

一個でいいから譲れないものをみつけろ。らっきょうみたいに、その人の皮を全部剥いでいって、最後に何もない人にはなるな。


湯浅和夫

部門最適の結果として、全体として無駄が積みあがっていきます。


畠中雅子

老後が不安なのは、何にいくら掛かるかが分からないからです。定年後、どこでどうやって暮らして、最期はどこで迎えて、どこの墓に入るかを頭に描き、必要な費用を見積もってみる。特に数字の裏付けが重要です。何にいくら掛けていいのか、いくら準備しておけばいいのかが分かれば、老後不安はかなり解消します。


エレン・クルマン

世界規模で進むメガトレンドを前提に経営方針を設定することは、従業員が目的意識を持って働く原動力にもなります。


奥島孝康

僕にも、学生時代の生活のためのアルバイトに明け暮れる4年間の苦闘、教師時代の革マル派との12年間におよぶ死闘という試練があった。しかし、いずれも「絶望」とはほど遠く、「夜は必ず朝を迎える」との確信が揺らぐことはなかった。