北橋健治の名言

北橋健治のプロフィール

北橋健治、きたはし・けんじ。日本の政治家。北九州市長。兵庫県出身。東京大学法学部卒業後、民社党勤務を経て衆議院議員選挙に当選。衆議院議員を6期務めたのち、北九州市長選挙に当選。

北橋健治の名言 一覧

「課題先進地」というスローガンを掲げ、何でもいいから、まずはやってみようと動くことが大事。

北橋健治の名言|何でもいいから、まずはやってみようと動くことが大事

今こそまさにピンチをチャンスに変えていく強い意志が求められている。

北橋健治の名言|今こそまさにピンチをチャンスに変えていく強い意志が求められている

地方に活力を取り戻すために、自分たちの魅力を自分たちで掘り起こすことが必要。

北橋健治の名言|自分たちの魅力を自分たちで掘り起こす

北九州市はもともと人口が100万人いたため、人口減少の数が3年連続で日本最大となっています。現在の人口は95万人台で、高齢化率は29%に上っており、政令市でその速度が最も速い。その意味ではピンチという見方もありますが、自分としてはむしろ「課題先進地」と捉え、ひとつひとつ壁を乗り越える機会だと思っています。

北橋健治の名言|ピンチではなく、ひとつひとつ壁を乗り越える機会

北橋健治の経歴・略歴

北橋健治、きたはし・けんじ。日本の政治家。北九州市長。兵庫県出身。東京大学法学部卒業後、民社党勤務を経て衆議院議員選挙に当選。衆議院議員を6期務めたのち、北九州市長選挙に当選。

ページの先頭へ