北橋健治の名言

北橋健治のプロフィール

北橋健治、きたはし・けんじ。日本の政治家。北九州市長。兵庫県出身。東京大学法学部卒業後、民社党勤務を経て衆議院議員選挙に当選。衆議院議員を6期務めたのち、北九州市長選挙に当選。

北橋健治の名言 一覧

「課題先進地」というスローガンを掲げ、何でもいいから、まずはやってみようと動くことが大事。


今こそまさにピンチをチャンスに変えていく強い意志が求められている。


地方に活力を取り戻すために、自分たちの魅力を自分たちで掘り起こすことが必要。


北九州市はもともと人口が100万人いたため、人口減少の数が3年連続で日本最大となっています。現在の人口は95万人台で、高齢化率は29%に上っており、政令市でその速度が最も速い。その意味ではピンチという見方もありますが、自分としてはむしろ「課題先進地」と捉え、ひとつひとつ壁を乗り越える機会だと思っています。


北橋健治の経歴・略歴

北橋健治、きたはし・けんじ。日本の政治家。北九州市長。兵庫県出身。東京大学法学部卒業後、民社党勤務を経て衆議院議員選挙に当選。衆議院議員を6期務めたのち、北九州市長選挙に当選。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

休日に店に行って、名刺を出して、売れているかどうか店長に聞く。それで「ダメです」という言葉を5~6軒聞けば、ダメだなと思ってやめます。早いものだと1週間くらい。売れないとCMもすぐ止めます。そうしないと損が膨れ上がる。「頑張ります」「あともうちょっと」といって、うまくいったためしはありません。


吉田耕作(統計学者)

協調によって会社全体の生産性を底上げすれば、勤労時間を短縮しても仕事をこなし切れる体制が整う。


田中和彦

私は45分単位でスケジュール管理しています。会議や打ち合わせを全部1時間ずつにすると9時間働いても、1日に9つの予定しか組めません。でも、45分刻みなら12の予定をこなせます。しかもアポに遅れる人は減るし、仕事にテンポが出て、集中力も増します。


大竹伸一

チャレンジ精神とは、言葉をかえれば、世の中のあらゆる事象に興味を持つということです。ひとつの工程を手掛けていても、最近は川上や川下の工程すべてに関わるような仕事が増えています。すると、与えられたパーツだけを突き詰めていくのではなく、全体に目配りした仕事ぶりが必要になります。逆に全体を見ることができなければ、それ以上の成長は望めません。


小倉昌男

長い不況の七で、グローバルスタンダードという言葉は、日本社会の悪い流れを好転させる切り札のごとく使われてきた。もういままでのような日本のやり方ではグローバルな競争社会の中で生き残ることができない、というわけだ。しかし、本当にそうだろうか。たしかに現在のビジネス環境はグローバル化しているが、だからといって何でもかんでもアメリカのスタイルを取り入れればいいというものではないだろう。日本とアメリカとでは、前提となる社会構造が異なるからだ。


新井田傳

自社工場では餃子を1時間に8000個製造できます。人間がやると必ず間違いが起きる。コンピューターは故障しない限り間違いが発生しません。


竹達彩奈

失敗したことは全然覚えていません。失敗がないわけじゃなくて、逆なんです。失敗がありすぎて、いちいち覚えていると心がもたないです(笑)。


迫俊亮

どんなビジネスにおいても、何より大切なのはお客様を満足させること。ミスター・ミニットの各店舗はこの原則に従い、それぞれが真面目に真摯に様々なサービスや工夫を実行しています。


小池龍之介(小池龍照)

煩悩により「いい人」ぶって偽善者の仮面を被るのは、自分の心に害を及ぼすものです。自分の本心とは違う言動をすると、ふたつの矛盾した思考が無意識的に衝突し合います。これは多大なストレスの発生源となります。


川名潤

僕の場合は、作家さんと会って始まることが多いです。編集者を交えた3人で打ち合わせをして、作家さんに「どういう本にしたいですか?」と要望を聞きます。明確な要望がなければ、僕も事前に原稿を読んでいるので、その場でアイデアを出したり、作家さんからヒントをもらうようにしていますね。編集者から意見を聞く時は、最近だと「どういう本にしたいか?」というよりも、「どういう売り方をしたいか?」という話になることが多いです。


上坂冬子

職場での仕事なんて、はっきり言ってつまらないものが多い。そのつまらない仕事をどうやりこなすか、そのつまらない仕事を通じて自分をどう鍛えてゆくか、自分なりに考え、自分なりの手作りの生きがいを持つことが大事だと思う。


小阪裕司

楽しいというのは、あくまでワクワクの一部であって全体ではないんですよね。楽しい=”Fun”という意味と同じかそれ以上に、”Fulfillment”という感覚もあります。満たされたというか、しみじみと感じ入ったり、「これだよ、これこれ」というような、あの感じ。もっと深い部分で感じる、自分の肯定感というかね。


伊藤高明

そもそも「ほかにやる人もいないだろう」という視点でベクターコントロール(感染症を媒介する虫などを薬剤で制御すること)に興味を持っていましたし。研究者は世界のあちこちにいるけど、ベクターコントロールの製品を作れるのは民間企業だけだ、という醍醐味も感じていました。もちろんサラリーマンですから、そのつどの会社の方針には絶対に逆らわないってことも大切ですよ。自由に研究と言いましても、私はつねに会社の方針の範囲内で研究を探していました。


羽鳥由宇介(羽鳥裕介)

我々が狙うのは、日本の自動車流通に変革をもたらすこと。


伊藤喜之

僕はこれまで、恥ずかしさを乗り越えずに成功している大物を一人として見たことがない。


ページの先頭へ