名言DB

9429 人 / 110879 名言

北條真之の名言

twitter Facebook はてブ

北條真之のプロフィール

北條真之、ほうじょう・まさゆき。日本の経営者。「STAY GOLD」代表。大学卒業後、IT企業勤務、病気療養を経てビジネスプランコンテストに優勝。STAY GOLDを設立。

北條真之の名言 一覧

自分のやりたいことを強くイメージし、夢をどれだけ「渇望」できるか。この思いの強さの違いが、成功と失敗を分ける違いになるんだと思います。


自分の夢に対する渇望があったからこそ、いろんなアイデアが生まれてきました。頭の中に思い描けたことはすでに実現に向かって動き出しているんです。するといろんなチャンスが自然に自分の周りに現れて来るんです。


北條真之の経歴・略歴

北條真之、ほうじょう・まさゆき。日本の経営者。「STAY GOLD」代表。大学卒業後、IT企業勤務、病気療養を経てビジネスプランコンテストに優勝。STAY GOLDを設立。

他の記事も読んでみる

田中和彦

リクルートの編集長時代は、分刻みで働いていたにもかかわらず、なんとか時間を捻出して映画のシナリオ学校に通っていました。そのときの自分は、仕事する自分でも、趣味を楽しむ自分でもなく「いつか映画の仕事をしたい」と願って地道に努力を続けていたもう一人の自分でした。念願叶い、いまでは映画のプロデュースも仕事にしています。


おちまさと

20代でラジオのパーソナリティを務め、毎回大物ミュージシャンをインタビューしていたころは、緊張と失敗の連続でした。あまりにうまくいかないので、あるとき「120%の力を出そうとするからいけないんだ。どうせうまくやれないんだから、もう80%でいいや」と割り切ったのです。すると、とたんに生放送で緊張することがなくなり、「なんで突然できるようになったの?」とスタッフに驚かれるくらいになりました。


藤田晋

1度ヒットを出したからといって「またできる」と考えてはいけない。ヒットには方程式がないため、再現性もありません。つまり、多くの場合、再び狙ってヒットを出すことは難しい。


イビチャ・オシム

限界には、限界はない。限界を超えれば、次の限界が生まれる。


澤上篤人

どんな上昇相場でも、幾度となく調整局面を経ながら、より大きな相場に育っていくもの。一本調子の上げ潮なんてのは長続きしない。ちょうど、竹が節をつくって強くなっていくように。


松本晃(経営者)

本社移転を機に、個人のデスクをなくしました。毎朝、出勤すると、その都度、コンピュータがランダムに座る席を指定します。その席に座っていられるのも最長で5時間。それを過ぎると移動しなくてはならないシステムです。すると、どうしたって書類を置く場所がない。必然的に書類が減るわけです。書類のみならず、余計なモノはいっさい置けない環境ですから、オフィスは常にキレイな状態。整理された空間では思考も活発になる。これも、仕事を速くするのに役立っています。


中島聡(ソフトウェアエンジニア)

小さくスピードを上げてやる開発は、今のところはうまくいっています。何でそうやって新しいものを手がけるのかと言うと、本当に面白いソフトウェアを開発できるのは、それぞれの分野における黎明期の、ごくごく限られた時間の中だけである、と実感してきたからです。


今井登茂子

会話の糸口を見つけ、互いの距離を縮めるのに最も効果的なことは、相手の会社に関する時事ネタです。それもホットな、プラスの話に触れることが肝心です。相手の会社の創業記念日や社長の叙勲、担当者の栄転など、先方のお祝いごとは事前に調べて必ずチェックしておくこと。相手は、「うちにこれほど関心を持ってくれている」と嬉しい気持ちになるでしょう。それが好感度アップの第一歩です。仕事ができる人というのは、こうしたプラスアルファのひと言がさらりと言えるのです。


香山リカ(精神科医)

割り切るのはすごく大事。


山本憲明

午前中の早い時間に気乗りのしない仕事を持ってきた場合、後ろの時間がたっぷりあるという意識から、エンジンがかかるまでに時間を費やしがちになるから。テンションが下がった状態が続くことで、後々にまで悪影響を及ぼす可能性があります。