名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

北条氏綱の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北条氏綱のプロフィール

北条氏綱、ほうじょう・うじつな。北条早雲の息子。小田原北条氏(後北条氏)2代目。早雲から家督を受け継ぎ、さらに相模、武蔵、下総へ領土を広げた勇将。また、早雲から受け継いだ領国経営手法を洗練させ安定した国政を行った。

北条氏綱の名言 一覧

大将だけでなく、およそ侍たるものは、義を守るべきだ。義に背くことをしたのでは、たとえ一国や二国手に入れたとしても、後の世の恥辱はどれほどかわかったものでない。


昔から天下の政治を執るほどの者でも、一度は滅亡の時期はある。人生は短いのだから、醜い心がけが決してあってはならない。


すべてにおいて、役に立たない者はいない。その者の役に立つところを召使い、役に立たないところを使わず、それぞれ何かの役に立てている人をよい大将というものだ。この者は一向役に立たない馬鹿者、と見かぎってしまうのは、大将たる者の心として、いかにも浅く狭い心である。


手際のよい合戦をやって大勝利を得た後、おごりたかぶった心ができて、敵をあなどり、行儀が悪い行いをしてしまうことは必ずあるものだ。このように滅亡した家は昔から多い。勝って兜の緒を締めよ、ということを忘れてはならない。


わが亡き父の入道早雲(北条早雲)殿は、身分の低かったころから天性の福人であると世間が評した。それでこそ神仏の加護を受け給うたのであるが、第一には、倹約を守り贅沢を好まれないからである。すべて、侍は古風なのがよい。当世風を好むのはたいてい軽薄者である、と常々諭しておられた。


万事について倹約を守るべきである。贅沢な生活を求めるには、下の人民から搾取しなければその出所がない。倹約さえ守れば、人民を困窮させず、侍から地下人や百姓にいたるまで富貴となる。国中が富貴になれば、大将も鋒先が強くなって、合戦の勝利は疑いない。


侍たるものは、高ぶらず、自慢せず、それぞれ身の程をわきまえるのをよいとする。たとえば、500貫文の土地を領する身分で1000貫文の土地を領する人の真似をするのはよくない。


人びとをそれぞれ役にたてるのも、大将が考えるべきことだ。昔でも賢人といわれるほどの人物は滅多にいないのであるから、末世においてはなおさらあるべきはずがない。大将といわれるほどの人にも、これで十分と思われるほどの人物はいないのであるから、人への評価の見誤まりや聞き誤まりがどれほどあるかわかったものではない。


侍どもの中に、自分は大将から見かぎられたと思いこんでいる者は、進んで仕事をやる気がなくなり、本当の馬鹿者となり果てて、なんの役にも立たなくなるものだ。だから、大将たる者がどのような者に対しても目をかけているということを、人びとに広く知らせたいものである。


侍から地下人や百姓にいたるまで、それぞれ目をかけてあげるべきである。すべてにおいて、役に立たない者はいないものだ。器量・骨格・弁舌・才覚が人より優れていて、しかも道にも達し、天晴れよき侍であると思っていると、意外に武勇に劣っている者がいる。また、何事も不案内で馬鹿者で通っている者に武道において思いのほか立派な働きをする者がいる。それだから、たとえいかに半端な働きしかない者でも、その用い方によって重宝になる場合が多いものである。


無道の働きをもって名利を得た者は、天罰を避けることはできないと知るべきだ。


古い物語を聞いても、義を守って滅亡するのと、義を捨てて栄華をほしいままにするのとでは、格別の相違があるものだ。大将の心がけがこのようにしっかりと定まっていたならば、その部下の侍どもは、義理を第一と思うものだ。


天運が尽き果てて滅亡したとしても、義理を違えまいとさえ心得ているならば、末世に至ってもうしろ指をさされることがないだろう。


能を一番興行するにも、太夫(舞い手)に笛を吹かせ、鼓打ちに舞を舞わせたのでは、見物することはできない。大夫に舞わせ、笛や鼓もそれぞれの人にいいつけたならば、その人を替えることもなく、同じ役者で能一番が成就するのである。一国を領しているほどの大将は、侍を召使うのにも、これと同じようなものである。


たとえ500貫文の土地を領する身分でも、6、700貫文の分限者の真似はできるはずである。しかし、1000貫文の分限者の真似は、よほどの小細工をしなくては及びもつかない。たとえどのような手段で分限の上の者の真似ができても、つつましくその分限を守っていくのよりは劣っている、と思わねばならぬ。


人の命わずかの間なれば、むさき心底(卑しい動機)、ゆめゆめ、あるべからず。


北条氏綱の経歴・略歴

北条氏綱、ほうじょう・うじつな。北条早雲の息子。小田原北条氏(後北条氏)2代目。早雲から家督を受け継ぎ、さらに相模、武蔵、下総へ領土を広げた勇将。また、早雲から受け継いだ領国経営手法を洗練させ安定した国政を行った。

他の記事も読んでみる

木股昌俊

特に開発の現地化は重要です。これまでも、技術者を3~4年、米国などに送り込んで現地の人たちと一緒にニーズを拾い、開発に取り組んでもらってきました。その結果、市場ニーズに合った製品も生まれています。この活動を今後も広げていきます。


チャールズ・リンドバーグ

ヨーロッパ全行程にわたる完全無欠な好天候の確報など待っていられるものか。いまこそチャンスだ。よし、明け方に飛び出そう!
【覚え書き|この後、世界初の大西洋無着陸単独横断飛行に成功】


甲田英毅

良い言葉ではないのですが、我々はいわば「武器商人」なんです。企業の競争の中で、お客さまに最適の武器を提供していくことが使命なんです。武器商人が最新の武器を知らないということがあってはいけません。


松本晃(経営者)

私には5年後の世界、日本、産業、会社を予測・予知する能力はない。したがって、今年度および次年度の計画とその達成には大いにこだわっている。


柵山正樹

私は地味でいいと思っています。地味でも着実にやっていく会社でありたい。
【覚え書き|「三菱電機は地味な会社」と言われていることについてのコメント】


笹氣健治

不安過敏症の人は、「最悪な状況を想像して書く」という荒治療がお勧め。「ここまではならない」と気持ちを切り替えられて、ポジティブ思考になるきっかけになります。


鈴木陽介(写真家)

お金を使うときは、思いっきり使います。とくに目的がなくても常に貯金はしておき、いざチャンスという時に使うイメージです。貯めてはゼロになり、貯めてはゼロになりの繰り返しです。ゼロになってもマイナスにならなければOK。


石田智子

100mという競技は究極のかけっこなんです。こんなシンプルなスポーツ、ほかにはないですよ。ヨーイ、ドンで、とにかく全力で走って、1cmでも先にゴールすれば勝つ。この単純明快さが魅力なんです。


峯島忠昭

21歳の頃、リアルタイムで『金持ち父さん 貧乏父さん』を読んで、「株はバーゲンのときに買いなさい」と書いてあったので、9.11テロが起きて株安になったとき大量に株を買いました。元手にしたのは高校卒業後2年間ほど、食事付きの寮がある営業所で新聞配達員をして貯めた600万円です。そのとき買った株価がすべて上がったことが不動産投資に繋がっていきました。


水尾順一

企業がコンプライアンスを実践していく上で、「これはダメ」とか「あれをやってはいけない」という法律論も大切ですが、根本的には企業文化が問われている。リスクの洗い出しがきちんとできることはもちろんですが、何よりも、部下が上司に何でも話せて相談できる「風通しのいい企業風土」をつくり、「三ザル文化」を打破することです。それが、企業がセルフ・ガバナンス(自己統治)で自浄作用を発揮できる組織になるための基盤です。そのためにもリーダーはみずからが率先して「見る・聞く・話す」を実践しなければなりません。


宮崎龍己

当社は、経験の有無に関わらず、教育によってIT人材を創出する、言い換えれば、IT業界という成長分野に新たな人材移動を実現できる企業であるということが大きな特徴。


小久保裕紀

ある試合で、私の守備のエラーが原因で負けたことがありました。それで試合後に記者から取材を受けた時に、「俺の守備はしょせんこんなもん。どうにでも書いてください」と投げやりな発言をしてしまったのです。実は、数日前にもエラーをしてスポーツ新聞に大きく取り上げられたことから、記者の皆さんに敵愾心(てきがいしん)を抱いていたことも、投げやり発言をした一因でした。その翌日です。私は王(貞治)さんから監督室に呼ばれました。入るなり目に飛び込んできたのは、机の上に広げられたスポーツ新聞。王さんは、各紙に載った私のコメントをひとつひとつ指差しながら、「お前は本当にこういう発言をしたのか!?」と問い質(ただ)されたのです。私が真実を伝えると、王さんの大きな叱声が飛んできました。「バカ野郎! こんな発言をしたら、ファンはお前から夢を買えないだろう!」と。このひと言で、私はプロとしての己の未熟さを心から反省しました。外れた道を歩ませないように真剣に叱ってくれる王さんの想いを、本当にありがたく感じたからです。以来、インタビューで後ろ向きの発言は一切やめようと心に決め、その通りにしてきました。