名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北条氏綱の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北条氏綱のプロフィール

北条氏綱、ほうじょう・うじつな。北条早雲の息子。小田原北条氏(後北条氏)2代目。早雲から家督を受け継ぎ、さらに相模、武蔵、下総へ領土を広げた勇将。また、早雲から受け継いだ領国経営手法を洗練させ安定した国政を行った。

北条氏綱の名言 一覧

大将だけでなく、およそ侍たるものは、義を守るべきだ。義に背くことをしたのでは、たとえ一国や二国手に入れたとしても、後の世の恥辱はどれほどかわかったものでない。


昔から天下の政治を執るほどの者でも、一度は滅亡の時期はある。人生は短いのだから、醜い心がけが決してあってはならない。


すべてにおいて、役に立たない者はいない。その者の役に立つところを召使い、役に立たないところを使わず、それぞれ何かの役に立てている人をよい大将というものだ。この者は一向役に立たない馬鹿者、と見かぎってしまうのは、大将たる者の心として、いかにも浅く狭い心である。


手際のよい合戦をやって大勝利を得た後、おごりたかぶった心ができて、敵をあなどり、行儀が悪い行いをしてしまうことは必ずあるものだ。このように滅亡した家は昔から多い。勝って兜の緒を締めよ、ということを忘れてはならない。


わが亡き父の入道早雲(北条早雲)殿は、身分の低かったころから天性の福人であると世間が評した。それでこそ神仏の加護を受け給うたのであるが、第一には、倹約を守り贅沢を好まれないからである。すべて、侍は古風なのがよい。当世風を好むのはたいてい軽薄者である、と常々諭しておられた。


万事について倹約を守るべきである。贅沢な生活を求めるには、下の人民から搾取しなければその出所がない。倹約さえ守れば、人民を困窮させず、侍から地下人や百姓にいたるまで富貴となる。国中が富貴になれば、大将も鋒先が強くなって、合戦の勝利は疑いない。


侍たるものは、高ぶらず、自慢せず、それぞれ身の程をわきまえるのをよいとする。たとえば、500貫文の土地を領する身分で1000貫文の土地を領する人の真似をするのはよくない。


人びとをそれぞれ役にたてるのも、大将が考えるべきことだ。昔でも賢人といわれるほどの人物は滅多にいないのであるから、末世においてはなおさらあるべきはずがない。大将といわれるほどの人にも、これで十分と思われるほどの人物はいないのであるから、人への評価の見誤まりや聞き誤まりがどれほどあるかわかったものではない。


侍どもの中に、自分は大将から見かぎられたと思いこんでいる者は、進んで仕事をやる気がなくなり、本当の馬鹿者となり果てて、なんの役にも立たなくなるものだ。だから、大将たる者がどのような者に対しても目をかけているということを、人びとに広く知らせたいものである。


侍から地下人や百姓にいたるまで、それぞれ目をかけてあげるべきである。すべてにおいて、役に立たない者はいないものだ。器量・骨格・弁舌・才覚が人より優れていて、しかも道にも達し、天晴れよき侍であると思っていると、意外に武勇に劣っている者がいる。また、何事も不案内で馬鹿者で通っている者に武道において思いのほか立派な働きをする者がいる。それだから、たとえいかに半端な働きしかない者でも、その用い方によって重宝になる場合が多いものである。


無道の働きをもって名利を得た者は、天罰を避けることはできないと知るべきだ。


古い物語を聞いても、義を守って滅亡するのと、義を捨てて栄華をほしいままにするのとでは、格別の相違があるものだ。大将の心がけがこのようにしっかりと定まっていたならば、その部下の侍どもは、義理を第一と思うものだ。


天運が尽き果てて滅亡したとしても、義理を違えまいとさえ心得ているならば、末世に至ってもうしろ指をさされることがないだろう。


能を一番興行するにも、太夫(舞い手)に笛を吹かせ、鼓打ちに舞を舞わせたのでは、見物することはできない。大夫に舞わせ、笛や鼓もそれぞれの人にいいつけたならば、その人を替えることもなく、同じ役者で能一番が成就するのである。一国を領しているほどの大将は、侍を召使うのにも、これと同じようなものである。


たとえ500貫文の土地を領する身分でも、6、700貫文の分限者の真似はできるはずである。しかし、1000貫文の分限者の真似は、よほどの小細工をしなくては及びもつかない。たとえどのような手段で分限の上の者の真似ができても、つつましくその分限を守っていくのよりは劣っている、と思わねばならぬ。


人の命わずかの間なれば、むさき心底(卑しい動機)、ゆめゆめ、あるべからず。


北条氏綱の経歴・略歴

北条氏綱、ほうじょう・うじつな。北条早雲の息子。小田原北条氏(後北条氏)2代目。早雲から家督を受け継ぎ、さらに相模、武蔵、下総へ領土を広げた勇将。また、早雲から受け継いだ領国経営手法を洗練させ安定した国政を行った。

他の記事も読んでみる

佐々木常夫

他人のことは「仕事ができない」と決めつけ、自分は「仕事ができる」と思い込む。これはダメなビジネスマンの典型的な例です。正しく自己認識ができていないのです。


嶋浩一郎

注意したいのは「アイデアを出すために書こう」と思わないこと。そうすると、「目的に合わない」という勝手な判断で、情報を選別してしまうからです。私がこのノートに書いている情報は、ほとんどが「ムダ知識」。役立つかどうかわからないものをひたすら面白がって集めるからこそ、その膨大な集積からブレイクが起こるのです。結果を求めず、まずは楽しむこと。これが一番です。


小室淑恵

組織の中に身を置く以上、仕事の予定が自分一人の頭の中にあるだけでは、実行は難しいものです。メールや口頭による報告を習慣化していくことが大事です。


箭内道彦

「アイデアは皆がうなるような完成形でないと認められない」と考えてはいけない。自分の思い込みでいいし、未完成形でいい。その方が思いつきやすい。


三宅占二

今後は、商品ブランドを育てるのが各事業会社の仕事、その商品ブランド作りにキリンとしての横串を入れるのがキリン株式会社(持ち株会社)の仕事。商品ブランドが育つことで、キリンの企業ブランドを伸ばした。


佐治信忠

中国の古い言葉に「和して同ぜず」とあるが、日本と中国が互いに異なる個性・長所を尊重しながら緊密に連携・協力していくならば、両国が一層の成長を遂げ、グローバル化時代のアジアと世界の発展に、大きな役割を果たせるものと信じている。


浜田広

従来は「コピーのスピードが速い」「壊れにくい」などというハードの性能が競争力でしたが、デジタル化以降はソフトの性能が競争力となっています。デジタル化によって、どういう性能が発揮できるか。いわばソフト力がイノベーションを生み出し、新しい利益を創出するようになったのです。


酒井穣

調子の悪い時は、同僚に仕事を任せることも重要なミス対策。日頃からメンバーが、「今日は調子が悪いので、担当を外してください」などと言いやすい環境を作っておこう。「無理して頑張ってミスした人より、調子の悪い時は勇気を出して任務から降りた人を評価する」「チーム全体のパフォーマンスが上がれば、一人ひとりの評価にも反映される」ということを、日頃からチームのメンバーに伝えよう。


Mr.マリック

マジックには言葉が通じなくとも感じ合える力がある。人は目の前で信じられないことが起きると、驚き、楽しんでくれる。言葉の壁、人種の壁を軽々と超えてしまう。


正力松太郎

最も重要なことは、自分一人で決めることだ。


イーロン・マスク

若い頃私はすごく貧しかったのですが、恐れたりはしませんでした。なぜなら私は貧しくても不幸ではなかったからです。貧しくてもハッピーであることは、リスクを取る際に非常に大きな助けになります。


佐々木隆(経営者)

分社化は単に会社をバラバラにすればいいというわけではありません。当社の分社化に際して、グループとして横串を通さないといけないと思いました。