北条氏綱の名言

北条氏綱のプロフィール

北条氏綱、ほうじょう・うじつな。北条早雲の息子。小田原北条氏(後北条氏)2代目。早雲から家督を受け継ぎ、さらに相模、武蔵、下総へ領土を広げた勇将。また、早雲から受け継いだ領国経営手法を洗練させ安定した国政を行った。

北条氏綱の名言 一覧

大将だけでなく、およそ侍たるものは、義を守るべきだ。義に背くことをしたのでは、たとえ一国や二国手に入れたとしても、後の世の恥辱はどれほどかわかったものでない。


昔から天下の政治を執るほどの者でも、一度は滅亡の時期はある。人生は短いのだから、醜い心がけが決してあってはならない。


すべてにおいて、役に立たない者はいない。その者の役に立つところを召使い、役に立たないところを使わず、それぞれ何かの役に立てている人をよい大将というものだ。この者は一向役に立たない馬鹿者、と見かぎってしまうのは、大将たる者の心として、いかにも浅く狭い心である。


手際のよい合戦をやって大勝利を得た後、おごりたかぶった心ができて、敵をあなどり、行儀が悪い行いをしてしまうことは必ずあるものだ。このように滅亡した家は昔から多い。勝って兜の緒を締めよ、ということを忘れてはならない。


わが亡き父の入道早雲(北条早雲)殿は、身分の低かったころから天性の福人であると世間が評した。それでこそ神仏の加護を受け給うたのであるが、第一には、倹約を守り贅沢を好まれないからである。すべて、侍は古風なのがよい。当世風を好むのはたいてい軽薄者である、と常々諭しておられた。


万事について倹約を守るべきである。贅沢な生活を求めるには、下の人民から搾取しなければその出所がない。倹約さえ守れば、人民を困窮させず、侍から地下人や百姓にいたるまで富貴となる。国中が富貴になれば、大将も鋒先が強くなって、合戦の勝利は疑いない。


侍たるものは、高ぶらず、自慢せず、それぞれ身の程をわきまえるのをよいとする。たとえば、500貫文の土地を領する身分で1000貫文の土地を領する人の真似をするのはよくない。


人びとをそれぞれ役にたてるのも、大将が考えるべきことだ。昔でも賢人といわれるほどの人物は滅多にいないのであるから、末世においてはなおさらあるべきはずがない。大将といわれるほどの人にも、これで十分と思われるほどの人物はいないのであるから、人への評価の見誤まりや聞き誤まりがどれほどあるかわかったものではない。


侍どもの中に、自分は大将から見かぎられたと思いこんでいる者は、進んで仕事をやる気がなくなり、本当の馬鹿者となり果てて、なんの役にも立たなくなるものだ。だから、大将たる者がどのような者に対しても目をかけているということを、人びとに広く知らせたいものである。


侍から地下人や百姓にいたるまで、それぞれ目をかけてあげるべきである。すべてにおいて、役に立たない者はいないものだ。器量・骨格・弁舌・才覚が人より優れていて、しかも道にも達し、天晴れよき侍であると思っていると、意外に武勇に劣っている者がいる。また、何事も不案内で馬鹿者で通っている者に武道において思いのほか立派な働きをする者がいる。それだから、たとえいかに半端な働きしかない者でも、その用い方によって重宝になる場合が多いものである。


無道の働きをもって名利を得た者は、天罰を避けることはできないと知るべきだ。


古い物語を聞いても、義を守って滅亡するのと、義を捨てて栄華をほしいままにするのとでは、格別の相違があるものだ。大将の心がけがこのようにしっかりと定まっていたならば、その部下の侍どもは、義理を第一と思うものだ。


天運が尽き果てて滅亡したとしても、義理を違えまいとさえ心得ているならば、末世に至ってもうしろ指をさされることがないだろう。


能を一番興行するにも、太夫(舞い手)に笛を吹かせ、鼓打ちに舞を舞わせたのでは、見物することはできない。大夫に舞わせ、笛や鼓もそれぞれの人にいいつけたならば、その人を替えることもなく、同じ役者で能一番が成就するのである。一国を領しているほどの大将は、侍を召使うのにも、これと同じようなものである。


たとえ500貫文の土地を領する身分でも、6、700貫文の分限者の真似はできるはずである。しかし、1000貫文の分限者の真似は、よほどの小細工をしなくては及びもつかない。たとえどのような手段で分限の上の者の真似ができても、つつましくその分限を守っていくのよりは劣っている、と思わねばならぬ。


人の命わずかの間なれば、むさき心底(卑しい動機)、ゆめゆめ、あるべからず。


北条氏綱の経歴・略歴

北条氏綱、ほうじょう・うじつな。北条早雲の息子。小田原北条氏(後北条氏)2代目。早雲から家督を受け継ぎ、さらに相模、武蔵、下総へ領土を広げた勇将。また、早雲から受け継いだ領国経営手法を洗練させ安定した国政を行った。

他の記事も読んでみる

熊谷正寿

今は、いいものを真摯につくり続ければ、インターネットによってその評価が広まり、お客さまが気づいてくれる時代になった。逆に言えば、いくら営業が強くても、プロダクトが弱ければ、お客さまはそれに気づく。そうなればお客さまは離れていってしまいます。ですから、技術力やデザイン力を高め、いいものをつくり続ける。これなくしては勝ち続けることはできません。


熊坂隆光

いくら良い装置があっても、最新鋭のIT機器を使っても、アナログの部分を大切にしなければ、良い新聞は出来ない。インターネットの時代だから新聞の役割は終わったといった論調になっていますが、インターネットのニュースにしても、特ダネは誰かがアナログ的手法で取ってこなくてはいけないわけです。


藤田晋

ビジネスの世界では、「この人と一緒に仕事がしたい」と思ってもらえるかどうかが大切です。ですから、「好かれる人」は、やはり有利。


村瀬治男

与えられた仕事をただこなしているだけの管理職を見ると、私はあからさまに腹を立てて叱ります。もうちょっと、会社全体の中での自分の仕事の役割を明確に意識したり、そこからどう展開していくのかを考えて欲しいのです。


安宅和人

数ある問題の中から、今、答えを出す必要性が高い問題を選び出す。その選択が適切だったかどうかで、得られる結果は大きく変わる。


菊池武茂

己の利欲のため、親しい人でも疎遠な人であっても五常(仁義礼智信)の道にそむくようなことは、この世にあってはいけないことであるが、元来私は愚かな生まれつきであるから、もし正しい道理を守らないで誤りに陥った場合には、諫(いさ)めていただきたい。その諫(いさめ)に応じて、やがては正しい道にかえることは間違いないと信ずる。


矢内廣

ぴあの企業理念でもありますが、「ひとりひとりが生き生きと」できるような世の中を作っていきたいという思いがあります。生まれも育ちも違うのだから、一人ひとり違う嗜好性で生き生きと生きる時代になると、雑誌『ぴあ』の創刊時から思っていました。


田中仁(経営者)

社長の多くは気が小さく、そうでないと成功しない。気が小さいからこそ小さいことから真剣に、慎重に考えるのです。


キェルケゴール(キルケゴール)

行動と情熱がなくなると、その世界は、妬みに支配される。


松下幸之助

我々の身辺に、今日はこれが最善と思っておったことでも、考え方によれば、これはまだ最善でないんだと、まだほかに道があるかもしれないと、こういうふうに考えれば、道は無限にやっぱりある。


田原祐子

部下を育てるには、まずは世代間のギャップを認識すべきです。営業の世界はとくに世代間の葛藤が強いようです。新人の髪形を見て「清潔感がない」と怒る人も多いですが、「清潔感のある髪型」も時代とともに変わります。怒っているマネジャーを見ると、たいがい自分が一番成績を上げていた時代のままの髪形をしています。


竹下雄真

トレーニングをやるからには、持続することが大事。歯磨きを3週間怠れば虫歯になるように、筋肉も使わなければ衰えていく。歯磨きと同じくらい当たり前のことを続ける感覚で、習慣化していかなければならない。


平野岳史

ビジネスは失敗の連続ですから、逆境に弱いというのは致命的です。逆に、自ら場数を踏んで、失敗のストレスやプレッシャーに対する耐性を高めていって、プレッシャーのかかる場面ほど燃えるようになれば、仕事は格段に面白くなるはずです。


山川博功

お客様が何か一言返してくれるように話を振ることは意識していました。たとえば「車検いつですか」と聞くと警戒されて何も情報をくれませんが、「車検、来月でしたよね?」と言うと「何言ってんだ、違うよ。次の車検は秋だ」と教えてくれます。もちろん一言もらえただけでは商談になりません。でも、ドアを開けてくれた方のところには繰り返し通っていました。お客様は「またかよ」と冷たい反応ですが、そのうちそれが快感になってくるんです。

【覚え書き|営業マン時代を振り返って】


竹下雄真

続けるには、ある程度の目標を立てることが有効。身近でわかりやすい目標を立てることをお勧めします。


ページの先頭へ