名言DB

9413 人 / 110706 名言

北条氏康の名言

twitter Facebook はてブ

北条氏康のプロフィール

北条氏康、ほうじょう・うじやす。戦国時代の武将。小田原北条家3代目当主。武に秀で、関東管領上杉家を関東から追い出すなどの武功を挙げた。相模の獅子と称えられた。上杉謙信、武田信玄、今川義元などと戦いを繰り広げた。内政にも優れ、小田原城下町の商工業大規模開発、評定衆などの行政機関を作り上げ、のちの江戸幕府の行政に大きな影響を及ぼした。死後、江戸時代に入ってからも領民から慕われた人物

北条氏康の名言 一覧

悪人を追いかけて掟を増やしたり、牢獄を増築するだけでは悪人は絶えない。悪事が増えるのは自分たちのやっている政治に問題があり、民衆が不満を持って政治を心掛けることである。そうすれば悪事はおのずと減る。


北条氏康の経歴・略歴

北条氏康、ほうじょう・うじやす。戦国時代の武将。小田原北条家3代目当主。武に秀で、関東管領上杉家を関東から追い出すなどの武功を挙げた。相模の獅子と称えられた。上杉謙信、武田信玄、今川義元などと戦いを繰り広げた。内政にも優れ、小田原城下町の商工業大規模開発、評定衆などの行政機関を作り上げ、のちの江戸幕府の行政に大きな影響を及ぼした。死後、江戸時代に入ってからも領民から慕われた人物

他の記事も読んでみる

菅原洋平

眠くなる時間は、起きた時間によって決まります。寝る時間だけ早めても、なかなか眠れません。早く眠りたいなら、その前の日に早起きする必要があるのです。早くベッドに入っても頭は起きているので、眠れない悪循環に陥ります。


佐藤優

考えなきゃならないのが、経済的な見極め。かつての右肩上がりの時代なら、結婚したら、子供の教育と住宅の、いずれにもお金をかけられました。が、いまはその余裕はありません。子供の教育に力を入れるなら、マイホームは諦め賃貸にする。家を買うなら、子供は私立は諦め、公立で我慢してもらう。どちらかを選択すべき時代です。自分たちの家族は何を優先し、選択するか、その見極めが大事なんです。


佐藤義雄

コンサルティング業務やアフターサービスを充実するためには、定着率を高めて人材を育成しなくてはなりません。そのためには、営業職員がどんどん入れ替わってしまうような仕組みではダメなのです。通年採用から四半期採用に切り替えるということは、採用候補者に対し時間をかけて生命保険の意義などを伝え、その中で社の考え方を理解していただいてから入社してもらうということです。


高田純次

何もかも上手くいかないと気が済まない完璧主義者は、それがいいことだと思っているフシがあるけれど、それで周りが迷惑することもあるんじゃないかな。


林望

手紙に限らず、相手のことを思い浮かべ、語りかけるように書くということが文章の骨法。


河合良成

何事も最初に道を開くのは難しいが、私が保険の合併を実行した結果、その後の保険界の合併は円滑に発展し、大いに貢献したと思っている。 【覚書き|太平洋戦争前、日華生命(第百生命の前身)勤務時代に、保険会社の合併を手掛けたことを振り返っての発言。発言時期はコマツ社長時代。】


弦本將裕

「考え抜いた結果生まれた独創的なアイデアこそ価値がある」という意見もわかります。しかし、そんなアイデアを会議やプレゼンで堂々と話したところで、時間のムダ。「斬新さを求めている」と上司や取引先はえてして言うものですが、実際はそのアイデアを採用する覚悟を、誰も持っていません。


コロッケ(ものまね芸人)

今後も新しいネタ作りを続けています。改良を止めたらそこで終わりですから。


高城幸司

周囲の人を巻き込むときに相手の「属性」に言及することも効果的です。性別・出身地・得意分野などに触れながら、「君が必要だ」と強調しましょう。「あなたの女性らしい視点が新鮮だ」「君の営業出身ならではの見解が役立ちそう」などと伝えると、相手のやりがいにもつながります。


遠藤憲一

続かないと、なにを言ってもダメ。皆の劇団仲間から「やめグセがついてる」なんてすごく批判されました。自分でも考えるようになりましたね。たとえ芝居がよくても、持続力がなければ評価以前の問題になる。


盛田昭夫

人の心を打つためには、下を向いて原稿を読んではダメだ。


鎌田浩毅

スケジュールはぎっしり詰め込むのでなく、相手のためにバッファーを取る、というのが基本です。人と会う約束をしたら、例えば1時間の面会なら、その前後30分から1時間は空けておくのが理想。これならスタートが多少遅れても、話が弾んで長引いても大丈夫です。気持ちにも余裕ができるから、じっくりと良い話し合いができます。バッファーを取るのが惜しいような人とは会わなくなるから中途半端なつき合いをしなくなるという効果もあります。


日野原重明

いろんな人と会うこと自体が自己発見。1人でいると自己発見はない。みなさんと一緒になって、今日の日を迎えることに感謝。以前の私の感謝よりも、(病の)苦しみが強かっただけに、今の感謝は以前の感謝よりも何倍も何倍も大きな感謝。


鎌田浩毅

調べ物をしていて、30分ほどしてわからないことは、そのあと5時間費やしてもわからないものです。すぐにはわからないことを後回しにして、できることからどんどん進むのです。そうしているうちに頭は回りだし、「そうだ、誰それに相談してみよう」「あそこの測定機を借りればよい」などのアイデアが湧いてきます。はじめは虫食い状態だった論文や企画書でも、いつのまにか内容が充実していくのです。


村上太一

人を幸せに感じさせることで、結果として提供者も幸せになれる。