名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

北条氏康の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北条氏康のプロフィール

北条氏康、ほうじょう・うじやす。戦国時代の武将。小田原北条家3代目当主。武に秀で、関東管領上杉家を関東から追い出すなどの武功を挙げた。相模の獅子と称えられた。上杉謙信、武田信玄、今川義元などと戦いを繰り広げた。内政にも優れ、小田原城下町の商工業大規模開発、評定衆などの行政機関を作り上げ、のちの江戸幕府の行政に大きな影響を及ぼした。死後、江戸時代に入ってからも領民から慕われた人物

北条氏康の名言 一覧

悪人を追いかけて掟を増やしたり、牢獄を増築するだけでは悪人は絶えない。悪事が増えるのは自分たちのやっている政治に問題があり、民衆が不満を持って政治を心掛けることである。そうすれば悪事はおのずと減る。


北条氏康の経歴・略歴

北条氏康、ほうじょう・うじやす。戦国時代の武将。小田原北条家3代目当主。武に秀で、関東管領上杉家を関東から追い出すなどの武功を挙げた。相模の獅子と称えられた。上杉謙信、武田信玄、今川義元などと戦いを繰り広げた。内政にも優れ、小田原城下町の商工業大規模開発、評定衆などの行政機関を作り上げ、のちの江戸幕府の行政に大きな影響を及ぼした。死後、江戸時代に入ってからも領民から慕われた人物

他の記事も読んでみる

ジェイ・エイブラハム

あなたの会社や製品やサービスと恋に落ちるべきではない。お客様と恋に落ちるべき。お客様をあなたの恋人のように考えるべき。そうすれば他の競合からは信じられないような突出した成果が得られるでしょう。


坂根正弘

私の座右の銘のひとつに、「知行合一」という言葉があります。これは「知識は、行動や経験を通じて初めて身につく」という意味の中国・明代の王陽明の言葉です。自分の頭で考えたことを実行に移し、試行錯誤するなかで本質がみえてくるし、そうやって得られるものこそが本物の知識だと私は思っています。


羽鳥由宇介(羽鳥裕介)

どんなに有能なビジネススキルを持っていても、会社の業績に貢献していても、「挑まない社員」はいらない。困難は必ず解決できる。社員は「挑む」プロセスを楽しんでほしいし、そこで成長してほしい。会社も結果ではなくプロセスを見ている。


金田一秀穂

ややこしいことに、罵倒語は、使われ続けるうちに意味がどんどん薄まっていくことがあるんです。たとえば、日本語だと「クソ」。「畜生」「このやろう」といった意味で使われますが、単に舌打ちのような軽い意味で使われることも多い。「クソうまい!」とか「クソ面白い」とかいい意味になることすらある。同じように英語の「Fuck」も時に「Cool」といういい意味で使われることがありますね。つまり慣用句になっているわけです。使い続けるうちに、言葉に慣れてしまって、本来の意味が失われているんですね。


ピーター・ドラッカー

一人の力で成功することは絶対にない。一人の力が他人の協力を得たとき、初めて事業は成功する。


倉田百三

優しいのは性格が弱いからだ。私はそれに打ち勝たなければならない。酷いことにも耐える強い心にならねばならない。


ニック・バーリー

大切なのは「英語が上手かどうか」ではなく、「相手に思いが伝わるか」どうか。英語を母国語としないあなたが英語で話そうとしてくれただけで、相手はその努力を認めてくれるし、感謝もしてくれるはずです。


南壮一郎

アメリカには驚くほど様々な価値観の人がいるんです。肌の色も違えば宗教も違う。そんな人たちが一緒に生活しているんです。この多種多様な環境の中で、何も発言しなければ誰からも理解してもらえません。おかげで勉強も運動も地域活動も全力でやった結果、価値観が違う相手に対しても自分自身の意見をしっかり伝えることができるようになりました。


小杉俊哉

学びとともに最近重要になっているのが、その人の存在そのもの、「being」です。「being」とは、この人といると元気が出る、癒やされる、周りが影響を受けるなど人物が絶対的な評価で判断される要素。この評価は評価項目としては表現できません。でも重要なプロジェクトには「being」で評価された人が入っているケースが多い。


米村でんじろう(米村傳治郎)

現在の仕事の満足度は100点満点中、好きな仕事とをしている点では80~90点です。少しマンネリ感が出てきたという点では、新たなアイデアの開発も含めて50点です。


川野澄人

私たちの使命は、お客さんの健康に貢献すること。そのためには、まず社員が健康でないと、いくら「この食品は体にいいですよ」とお客さんにすすめても説得力がありません。みんなが明るく健康的で笑顔に溢れている、そんなお店にしたい。


假屋崎省吾

少しずつ仕事が舞い込むようになりましたが、それでもすぐに楽にはなりませんでした。お仕事の予算が10万円だとすると、10万円どころか自腹を切ってもっと使っちゃうので、それじゃ、儲かるわけがありません。中途半端は嫌いな性格なので、自分が納得いくまでとことんやっていて、気がついたらそうなってしまうんです。でも不思議なことに、そうして自分がいいと思うものを追究していくと、つぎ込んだ以上のものが次のお仕事として返ってくるんです。「出さなきゃ入ってこないんだな」と実感した時期でもありました。