名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北条氏康の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北条氏康のプロフィール

北条氏康、ほうじょう・うじやす。戦国時代の武将。小田原北条家3代目当主。武に秀で、関東管領上杉家を関東から追い出すなどの武功を挙げた。相模の獅子と称えられた。上杉謙信、武田信玄、今川義元などと戦いを繰り広げた。内政にも優れ、小田原城下町の商工業大規模開発、評定衆などの行政機関を作り上げ、のちの江戸幕府の行政に大きな影響を及ぼした。死後、江戸時代に入ってからも領民から慕われた人物

北条氏康の名言 一覧

悪人を追いかけて掟を増やしたり、牢獄を増築するだけでは悪人は絶えない。悪事が増えるのは自分たちのやっている政治に問題があり、民衆が不満を持って政治を心掛けることである。そうすれば悪事はおのずと減る。


北条氏康の経歴・略歴

北条氏康、ほうじょう・うじやす。戦国時代の武将。小田原北条家3代目当主。武に秀で、関東管領上杉家を関東から追い出すなどの武功を挙げた。相模の獅子と称えられた。上杉謙信、武田信玄、今川義元などと戦いを繰り広げた。内政にも優れ、小田原城下町の商工業大規模開発、評定衆などの行政機関を作り上げ、のちの江戸幕府の行政に大きな影響を及ぼした。死後、江戸時代に入ってからも領民から慕われた人物

他の記事も読んでみる

小池百合子

唯一、東京に足りないものは「希望」。今日よりも明日のほうがいい。みんながそう信じ合えることが、何よりも大切。


佐藤富雄

「心配事とは、ほとんど起こらないものなのだ」という正しい認識を持ち、心配事を想像するのではなく、ものごとを成し遂げたあとの満たされた瞬間を想像しましょう。ドライブ先での楽しい光景や、楽しい時間を過ごして家に帰って祝杯をあげているところなどを考えるのです。


江戸英雄

戦後の道義が地に堕ちた時代、会社に大きな事件があった。その中にあって私は敢然として私の正しいと信ずる考えを主張した。その際、好ましからざる第三者が介入してきて、私の主張を曲げなければこの世から消してしまうと言ってきた。戦後の混乱の時代でなければ考えられぬことです。私は敢然と戦い抜きました。


森山透(経営者)

人材育成では、もちろん研修などを充実させてはいますが、それ以上にシンプルに、「明るく、楽しく、元気にやろう」と常に言う、これしかないと思っています。というのも、あれこれと細かく、あれしろこれしろと言ったところで、結局は任せるしかありませんし、任せるにはしっかりコミュニケーションをとれる関係でなければなりません。権限委譲についてもルールを決めて、それ以外は自分で考えさせるようにする。そうしないと成長しませんからね。


伊藤直彦

災害大国日本。この言葉通り、災害にいつ遭遇するかわかりません。その時、沈着冷静に自己管理ができるかどうかが大変重要。


藤田晋

「そこそこ上にいる」という居心地の良さは、成長意欲を妨げる。


杉本哲太

どの役をやるにしても、やるのは自分自身。全く別人格にはなれません。そういう意味では、どんな役にも、素の自分が潜り込んでいる。時には素の杉本哲太が出過ぎて、監督から「もう少し押さえて」と指摘される失敗もあります。それでも、以前の現場で感じた「演者の中で完全に傍観者になっている感覚」はなくなりましたから。役に対するアプローチの仕方はだいぶ良くなったはず。若い時のように外見だけで作るとか、必要以上に力を入れて空回りするとか、そういうボタンの掛け違いは減りました。


盛田昭夫

会社がいつも前進するためには、他人の踏んでいない道を進まなければならない。他人の踏んでいない道を進むためには、他人の教えをそのままやっていたのでは間に合わない。他人の教えを受けても、その上に自分の知恵を加えて、自分の道を切り拓かねばならない。自分の特徴を活かし、その特徴を毎日磨き、向上させる努力を続けなければならない。


岡本太郎

僕は「幸福反対論者」だ。幸福というのは、自分につらいことや心配なことが何もなくて、ぬくぬくと、安全な状態をいうんだ。ニブイ人間だけが「しあわせ」なんだ。僕は幸福という言葉は大嫌いだ。僕はその代わりに、「歓喜」という言葉を使う。危険なこと、つらいこと、つまり死と対決するとき、人間は燃え上がる。それは生きがいであり、そのとき湧き起こるのが幸せではなくて「歓喜」なんだ。


岡田斗司夫

僕の場合は、最初からダイエット目的だったわけではなく、グルメ記録用に食事を記録しはじめたところ、自分でそれまで意識していなかった「太る原因」が顕在化したことが始まりでした。自分ではグルメのつもりでいたのに、それほど欲しくないものをなんとなく食べている。そしてたくさん食べている。それらの傾向が、記録によって図らずも見える化されたのです。


和田眞治(和田真治)

エネルギー業界は典型だが、日本はリスクを嫌う傾向が強くなっている。志や能力の高い人が活躍しづらい状況になっているのではないか。生意気かもしれないが、私は自由化で誕生する今回のプラットフォームを、有能な人が活躍できる聖地にしたいと考えている。


奥村有敬

経営に唯我独尊なし。市場という名の目覚まし時計が鳴っています。若い人には、ぜひそれを聞き取る聴力を養ってほしいものです。