名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北条晋一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北条晋一のプロフィール

北条晋一、ほうじょう・しんいち。日本の経営者。「らあめん花月嵐」などを展開する「グロービート・ジャパン」社長。東京都出身。著書に『ピンチ!即チャンス!』。

北条晋一の名言 一覧

特に店舗のオペレーションについては、店ごとに味やサービスに差が出ないようにできるだけ分かりやすくシンプルにし、常にブラッシュアップを図っています。


フランチャイズ展開の構想はもともと、弊社の副社長が考えたものです。根っからのラーメン好きで、かつて不動産会社に勤務していた彼の経験とノウハウは店舗開発に生かせると考え、私が商品開発をはじめとするブランディングを、彼が営業をはじめ経営面全体を担当するという役割分担で、事業を始めたというわけです。


外食産業は非常に競争の激しい業界です。以前は根性だけで何とかなっていましたが、これからはそうはいきません。ただラーメンを作れるというだけでなく、経営者としてのスキルを磨いていくことも必要です。そこで我々が行っているのが、「グロービート・ユニバーシティ」というビジネススクールです。1年半ほど前に社内向け研修としてスタートしたものを加盟店にも開放しました。加盟店オーナーだけでなく店舗で働くアルバイトスタッフなども自由に受講でき、最近は加盟店が店舗内の教育の参考にしたいと参加されるケースが増えています。


ラーメンはそもそも嗜好性や地域性が強い上、有名店ほどスープや麺の開発には店主のこだわりが強く反映されます。ファストフードでありながらも非常にフランチャイズを含めた店舗展開が難しいビジネスなのです。このことを事前にきちんと理解し、その上で仕組みづくりを進めたことが、その後の我々の成長に繋がりました。


北条晋一の経歴・略歴

北条晋一、ほうじょう・しんいち。日本の経営者。「らあめん花月嵐」などを展開する「グロービート・ジャパン」社長。東京都出身。著書に『ピンチ!即チャンス!』。

他の記事も読んでみる

福岡伸一

人間の体内でたんぱく質が合成される方法はただ一通りなのに、逆に分解される方法は10通り以上あります。生命にとって、なぜ分解=壊すことがそれほど大切なのでしょうか。この世界がエントロピー増大の法則に支配されているからです。秩序あるものはすべて摩耗し、酸化し、ミスが蓄積して障害が起こり、無秩序の状態になっていきます。この不可避の流れに抗するために、生命がとったのが自らを常に壊し、再構築するという自転車操業的な在り方でした。


ジェームズ・ダイソン

なぜ、ダイソンは他社と違う製品を開発できるのか。それは我々が「デザイン」という概念を一般よりも、より包含的に捉えているからです。デザインとは、単に製品の見た目を指すだけではありません。製品がどう機能するかであり、使われ方を徹底的に考え抜く行為も含みます。突き詰めれば、製品によって消費者が抱える課題や不満をどう解消するかを考えることなのです。


ケビン・ロリンズ

ほかの製品への拡大については、今後2-3年において継続的に行っていくことになる。先頃、富士ゼロックスとの戦略的なパートナーシップを結び、イメージングの分野で製品を投入したが、こうした戦略的なパートナーシップによって、日本の優れたテクノロジーを日本市場に投入したり、ひいては全世界へ投入するということも考えている。


糸井重里

自分たちが欲しいと思うものが実現可能か、本当にそれがいいのか、ひとつひとつ調べて試していく。当時、社員が他社の手帳を調べようとしたので、「それはやめよう。横を見てはいけない」と言いました。普通の発想だとマーケティング調査をしたくなる。でも、横を見ると、それだけで仕事をした気になっちゃうんですよね。そこから生まれるものはほとんどなくて、まず自分の頭で考えることが大切なんです。


森川亮

日本の企業は「強みを生かそう、差別化しよう」として、かえってユーザーが欲しがっていないものを提供しているところがある。僕たちはデザインにこだわり、使い勝手を重視し、ユーザーが求めるものを提供することに全力を注いでいる。


小林一三

適材を適所に置くということは、口では簡単に言うが、そんなに適材がゴロゴロ転がっているものではない。責任を持たせて、どしどし仕事をさせるのが一番だ。ときどき、「馬鹿者!」と頭から小言を言ったり、尻をひっぱたいたりしているうちに、若い人はなんでもできるように育っていく。私はその主義を実行している。


孫正義

相手に得をさせれば、私を味方だと思ってくれる。そうすれば、その後の話がまとまりやすくなり、私も得をする。
【覚書き|上記はソフトバンクがある合併事業を解消した時に、赤字を全て自社負担にしてきたことについてのコメント】


三上博史

スターであることを選ぶのか役者として生きることを選ぶのか、どちらかしか選べない。スターであるということは、役は二の次で、役よりはその人がどれだけ輝いているかということですよね。他方、役者というのはやっぱり役が輝く人。両方は無理なんです、本当は。


谷田千里

新たなチャレンジが成長の近道。既存事業で売上を伸ばすだけでなく、新事業で成果を出すことで、成功体験につながる。


ジョン・グランバー

当社が現在、経営幹部候補者を評価するうえで重要視しているのは、心の知能指数です。つまり他人と関わっていく能力、コミュニケーション能力、自分の置かれた環境を理解する能力です。


長堀慶太

父(創業者)は仕事に対して人一倍厳しい人ですから、親子の言い争いもありつつ、勉強させられることも多いです。


庄司哲也

当社が力を入れている先端分野は変化のスピードが速い。これに付いていくことは大変ですが、やりがいも大きい。