名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北条晋一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北条晋一のプロフィール

北条晋一、ほうじょう・しんいち。日本の経営者。「らあめん花月嵐」などを展開する「グロービート・ジャパン」社長。東京都出身。著書に『ピンチ!即チャンス!』。

北条晋一の名言 一覧

特に店舗のオペレーションについては、店ごとに味やサービスに差が出ないようにできるだけ分かりやすくシンプルにし、常にブラッシュアップを図っています。


フランチャイズ展開の構想はもともと、弊社の副社長が考えたものです。根っからのラーメン好きで、かつて不動産会社に勤務していた彼の経験とノウハウは店舗開発に生かせると考え、私が商品開発をはじめとするブランディングを、彼が営業をはじめ経営面全体を担当するという役割分担で、事業を始めたというわけです。


外食産業は非常に競争の激しい業界です。以前は根性だけで何とかなっていましたが、これからはそうはいきません。ただラーメンを作れるというだけでなく、経営者としてのスキルを磨いていくことも必要です。そこで我々が行っているのが、「グロービート・ユニバーシティ」というビジネススクールです。1年半ほど前に社内向け研修としてスタートしたものを加盟店にも開放しました。加盟店オーナーだけでなく店舗で働くアルバイトスタッフなども自由に受講でき、最近は加盟店が店舗内の教育の参考にしたいと参加されるケースが増えています。


ラーメンはそもそも嗜好性や地域性が強い上、有名店ほどスープや麺の開発には店主のこだわりが強く反映されます。ファストフードでありながらも非常にフランチャイズを含めた店舗展開が難しいビジネスなのです。このことを事前にきちんと理解し、その上で仕組みづくりを進めたことが、その後の我々の成長に繋がりました。


北条晋一の経歴・略歴

北条晋一、ほうじょう・しんいち。日本の経営者。「らあめん花月嵐」などを展開する「グロービート・ジャパン」社長。東京都出身。著書に『ピンチ!即チャンス!』。

他の記事も読んでみる

渡邉美樹

危機感を共有し、みんなで力を合わせて頑張ることができれば、会社は浮上する。


南原清隆

古典ってすごいんですよ。いろいろミックスしてもびくともしない。「どうぞやってください」って感じなんです。
【覚え書き|狂言を現代風にアレンジした現代狂言について】


内田和俊

多くの場合、問題ある新人は一回二回の注意では改善しません。「うざい」などと反発されることもあるでしょう。諦めたら容認されたと思われてしまうし、周囲にも示しがつきません。何回でも言い続け、構い続けるべきです。私が見る限り、上が指導し続ければ、8~9割は普通の社員になっています。


伊佐山元

シリコンバレーと日本の違いについてよく質問を受けますが、最近の僕のお気に入りの答えは、「現地のスタバヘ行けば、コーヒー1杯飲み終わるまでに答えがわかります」。シリコンバレーのカフェでは、起業家やベンチャーキャピタリストが日常的に会話をしていて、その中でビジネスの話が自然に生まれていきます。そうした空間がいたるところにあることが、シリコンバレーの強みですね。


常見陽平

組織に頼らずに働ければ格好いいだろう。しかし「ノマド」として生きていける人はごくわずかだ。先日、『僕たちはガンダムのジムである』という本を上梓した。この本の主張は、「大多数の人は脇役にすぎない。そのことを自覚しよう」というものだ。ごく一部の特殊な事例を自分に当てはめようとするのは、非常に危険だ。


出口治明

取り組むべき副業は好きなものがいいでしょう。少々お金が稼げるからといって、嫌いなことを副業にしても疲れるだけ。好きなものに取り組むことは、自分への投資にもなります。元々興味があることなので身につくのも早いですし、賢くもなります。


田中稔哉

相手の言動や行動に対する自分のとらえ方を見つめ直してみましょう。その一つが、「今の状況を乗り越えると、この先にどんな良いことが待ち受けているか」と考えることです。なんのために目の前の仕事をやっているかわからない状態だと、目先の辛さばかりに目がいってしまい、心が折れてしまいますが、自分の将来のためだと思えれば、辛さにも耐えられることがあります。


阿部修平

キャッシュフローを生むに十分な価値を持っているにも関わらず、何らかの形で顕在化が阻害されているというところにギャップがあり、その差となるアービトラージ(裁定)の余地がある。投資とは、価値のギャップに参加するプロセスのことです。会社の本当の価値よりも市場価格が安ければ、ギャップは自然に埋まっていきますが、なすべき決断を経営者ができずにいると、そのギャップは埋まりません。


鵜之澤伸

大失敗をしたのに再びチャンスを与えられたのは、普段から恐れを知らずデカい口を叩くので、かわいがられたのかもしれませんね。僕、20代の頃から、社長にまで「またやるんですか? 失敗するから、やめてくださいよ」と面と向かって言ってましたから。


河村恭輔(経営者)

私は34歳で創業しましたが、その前の10年間も水の仕事をしていました。当時、まだ水の仕事がほとんどない時代に、水の仕事を学んだことが、私に「恵」を与えてくれたのだと思います。


澤上篤人

本来、投資は未来を創ること。投資することで「どういう社会を創ろうか」と夢や意欲が出てくる。これは事業家が事業を展開することとまったく同じこと。


江幡哲也

企画書や提案書を書くのに時間がかかる人は、自分なりのフレームワークをつくって、それに情報を流し込む方法をマスターするといいかもしれません。