名言DB

9412 人 / 110637 名言

北条晋一の名言

twitter Facebook はてブ

北条晋一のプロフィール

北条晋一、ほうじょう・しんいち。日本の経営者。「らあめん花月嵐」などを展開する「グロービート・ジャパン」社長。東京都出身。著書に『ピンチ!即チャンス!』。

北条晋一の名言 一覧

特に店舗のオペレーションについては、店ごとに味やサービスに差が出ないようにできるだけ分かりやすくシンプルにし、常にブラッシュアップを図っています。


フランチャイズ展開の構想はもともと、弊社の副社長が考えたものです。根っからのラーメン好きで、かつて不動産会社に勤務していた彼の経験とノウハウは店舗開発に生かせると考え、私が商品開発をはじめとするブランディングを、彼が営業をはじめ経営面全体を担当するという役割分担で、事業を始めたというわけです。


外食産業は非常に競争の激しい業界です。以前は根性だけで何とかなっていましたが、これからはそうはいきません。ただラーメンを作れるというだけでなく、経営者としてのスキルを磨いていくことも必要です。そこで我々が行っているのが、「グロービート・ユニバーシティ」というビジネススクールです。1年半ほど前に社内向け研修としてスタートしたものを加盟店にも開放しました。加盟店オーナーだけでなく店舗で働くアルバイトスタッフなども自由に受講でき、最近は加盟店が店舗内の教育の参考にしたいと参加されるケースが増えています。


ラーメンはそもそも嗜好性や地域性が強い上、有名店ほどスープや麺の開発には店主のこだわりが強く反映されます。ファストフードでありながらも非常にフランチャイズを含めた店舗展開が難しいビジネスなのです。このことを事前にきちんと理解し、その上で仕組みづくりを進めたことが、その後の我々の成長に繋がりました。


北条晋一の経歴・略歴

北条晋一、ほうじょう・しんいち。日本の経営者。「らあめん花月嵐」などを展開する「グロービート・ジャパン」社長。東京都出身。著書に『ピンチ!即チャンス!』。

他の記事も読んでみる

大野裕

うつは何をしても楽しいと感じられなくなった状態ですから、まずはストレス原因である仕事や職場から離れて、日常生活を楽しめるようになることが回復には欠かせません。


ニクラス・ゼンストローム

いま、私はスカイプのCEO(最高経営責任者)、会長職を退任し、英ロンドンに本拠地を構えるVC(ベンチャーキャピタル)「アトミコ」を創業しました。優れた技術と野心を持ち合わせた若い起業家たちが羽ばたける環境を作りたい。この思いは、紛れもなくスカイプ創業時の苦労があったからです。


鳥原隆志

判断軸を明確にしておかないと、判断のプロセスが不明瞭になってしまう。


野口敏(話し方)

自分と相手の気持ちに注意を向けることで、より自然に感情のこもった相づちが打てるようになります。たかが相づちと思うかもしれませんが、自分の感情を確認して、相手にそれを伝えるという点で、とても大事な要素です。


アルフレッド・アドラー

自ら変わりたいと思い努力をすれば、性格は死ぬ1、2日前まで変えられる。


小松易

資料探しに時間を取られている人がいますが、時間の無駄であると同時に、集中力がそこで途切れるため、トータルで仕事のパフォーマンスがかなり落ちているはず。ある営業マンで、机を整理整頓したことで、頭の中も整理され、顧客情報も整理された。それによって営業成績がトップクラスになった人もいます。


木口衛

ワールドの社員が200から300人のころだったでしょうか。同業者を訪ねたときのことです。夕方の5時か6時、まだ明るい時分でした。玄関先に中華丼やラーメンの鉢が10枚くらい重ねて置いてあるんです。中で何をしているのかと思ったら、皆でマージャンをやっていました。これで儲かるのかな、社員の給料が払えるのかなと思ってね。ワールドの社員はそんな時間もないんですよ。夜遅くまで働いてね。


碓井稔

大企業は、もっと社会が何を求めているのか、その原点に立ち返る必要があります。私たちは2010年に、新興国で大容量タンクを積んだインクジェットプリンターを発売しました。交換頻度が従来のカートリッジ方式と比べると大幅に少なくて済むため、大ヒットしました。これはエプソンにとって、カートリッジという消耗品で稼ぐビジネスモデルからの劇的な転換でした。そもそも、カートリッジのビジネスは、競合もやっているからという理由で続けていた側面もありました。でも世の中の人は、本当はコストを気にせずにきれいに印刷したいですよね。私たちは、その原点に立ち返ったわけです。


出原洋三

日本人に限定してトップを選ぶのは愚の骨頂ですが、日本人にも優秀な人材はいます。40台前後の優れた人材を抜擢する作業から始め、数年かけて世界で通用するように鍛えたい。


金川千尋

結局は商品を売るのが営業の仕事なんです。商品が売れなければ、何を言っても言い訳にしかなりません。


外山滋比古

最も重要なのは経営者。その会社が将来伸びるかどうかは、企業の第一の運転手である経営者の手腕にかかっています。たとえば、東芝は代々、旧財閥の三井系の人が社長をしていて日本で最もいい会社の一つだったが、いつの間にかあんな会社になっていた。その間に経営者が代わり、会社が変わったことをマスコミがきちんと報じていたかというと、そうではないでしょう。表面的な数字ではなく、経営者の手腕やその会社の内部事情などをもっと報道してほしい。


上釜健宏

何の派手さもないけれど、こつこつと地味な取り組みを積み上げていく。TDKの生きていく道は、唯一そこしかない。


鈴木喬(経営者)

「消臭力」のCMは、社内でも反対する人が多かったんです。なにしろ外国人の少年や、歌手の西川貴教さんなどが、「ショーシューリキー」と歌うだけ。CMといえば機能や効能を伝えるのが普通ですからね。でも、私はGOサインを出しました。結果的に大正解です。CM好感度ランキングでは上位となり、商品も大ヒット。もし効能を訴えるだけのCMだったら、消費者の印象には残らなかったでしょう。


松下幸之助

「この仕事は自分一人ではできない。知識も要る。技術も要る。そういうものはみな部下がもっている。その人たちが動いてくれて、初めて仕事ができるのだ」というような心持ち、そしてまた部下の人たちが仕事をしてくれることへの深い感謝と慰労の気持ち、そういうものが根底になくてはならないと思うのです。


楠本修二郎

経営する上では、組織をパズル型ではなく筋子型にしていこうと思っています。筋子は形がバラバラですが、同じDNAを持ったイクラはいます。そしてイクラは一粒一粒がとても美味しい。そういう筋子のよっな組織を目指しています。