名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北杜夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北杜夫のプロフィール

北杜夫、きた・もりお。日本の小説家、エッセイスト、精神科医、医学博士。東北大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院に赴任。病院に勤めつつ創作活動を行い、「夜と霧の片隅で」にて芥川賞受賞。「どくとるマンボウ医局記」などで人気があるエッセイスト。父はアララギ派の大歌人である斎藤茂吉、兄は精神科医で作家の斎藤茂太、娘はエッセイストの斎藤由香

北杜夫の名言 一覧

いま、この歳になって私が若い人に言えることは、自殺するならとにかく30歳まで生きてみるということだ。そこまで生きてからの思想上の死ならまだしも許せる。青年の観念的な死への傾斜は人生のはじまりであるが、一面から見ればその大部分がまやかしであり、さもなければ病気である。病気は治さねばならない。


死というものを常々考えもしない人はまず抜きにして、死への親近感からはじまった人々が、ついに生への意志に到達するのがあくまでも人間的な生き方というものである。


北杜夫の経歴・略歴

北杜夫、きた・もりお。日本の小説家、エッセイスト、精神科医、医学博士。東北大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院に赴任。病院に勤めつつ創作活動を行い、「夜と霧の片隅で」にて芥川賞受賞。「どくとるマンボウ医局記」などで人気があるエッセイスト。父はアララギ派の大歌人である斎藤茂吉、兄は精神科医で作家の斎藤茂太、娘はエッセイストの斎藤由香

他の記事も読んでみる

和田明広

「市場の声なんか聞くな」という立場なんです私はいつも。車の場合で言うと、市場の声を聞けば聞くほど、重くて大きくて、使いにくくて高いモノになる。あげくに市場を失ってしまうことになります。


渡邉幸義

自分がどうすれば前後の工程の人たちが助かるか。それを考えるようになったんですよ。人の見積もりを請け負ううちに、周りから「助かる」「やるな」と認められるポイントがそこにあることを確信したんです。営業に限らず、どんな仕事も前後の工程がある。周りに気を回せるようになれば、ミスも減るし、やり直しも減って、自分の仕事のスピードも上がりますよ。そうすれば、自然に仕事が面白くなるもの。


塩原研治

セイコーの研修センターは土日になると休みなのですが、休みは「カリキュラム通りではなく時計の勉強を自由にできる日」と思っていたぐらい、時計の世界に入りびたっていました。


中島茂

服装や会場といった「外見」と同時に、会見の中身が重要であることは言うまでもないが、メディアの反感を買う内容にはある共通項がある。それは、合法性の主張を優先させている点だ。以前、スーパーが全焼して15名の方が亡くなったとき、スプリンクラーが付いていなかったことについて社長が「消防法は守っていた」と発言してメディアの反感を買ったことがある。社長は虚偽の主張をしたわけではないのだが、被害者の遺族や関係者の心情を逆なでして有り余る会見だったことは疑いない。


森下一喜

仕事は、人生で最も多くの時間を費やすこと。どうせやるなら、楽しんだほうが得。


安藤正弘

好景気のときにいい部門と、不況時に強い部門を両方持っていることが重要。


張富士夫

私は自分の経験からいって、スポーツをしていたことが自分の人生にいい影響を与えてくれたことを強く感じています。知識だけの人間にならず、必ずやってみる、ためらわずにスッと体が動くというのは運動をしていた賜物です。


平本あきお

まず自分がグズグズしがちな行動を書き出し、書き出したうえで、行動に伴う目先の「苦」と将来の「快」を比較し、快に目を向けるようにします。これで嫌々ながらも手を付けようとはするでしょう。次に苦手意識の強い作業と快を結びつけます。好きな喫茶店に行ったり、好きなコーヒーを入れるなど自分に快を与える環境をつくって作業に取りかかるのです。そのうちに、その作業自体が心地いいものになってきます。


安達明彦

独立後、会社員時代のように派手に売って稼げると思ったんです。でも思うように行かず落ち込みました。その時、格闘技経験が活きた。格闘技では当然試合で負けることもあります。でもそこで立ちどまるわけにはいかない。どうすれば次の試合に勝てるか、気持ちを切り替えて、練習方法や作戦を考え直します。それを仕事に応用し、敗因を分析。経営方針を販売型から地域密着型に切り替えました。地元の地主さんたちに顔を覚えてもらうところからリスタートしたんです。


佐藤一斎

少年のときはまさに老成の工夫を著すべし、老成のときはまさに少年の志気を存すべし。


尾﨑正直(尾崎正直)

地産外商と言いましても、最初はそんなの無理だという反応がたくさんありました。そもそも地産そのものが、最も衰えていました。高知で優位性があるのは1次産業ですが、農林水産業の現場ほど担い手がおらず衰退が著しい。地産外商という理屈はそうかもしれないが、できない構造的な課題があったのです。ですから私たちの取り組みを一言で言えば、地産外商を阻む制約要因を取り払い、地力をつけたということです。


山村友幸

ミスをした時に大切なのは、迷惑をかけた方々に素直にお詫びすることと、今後どう改善していくかです。自分1人で悩むのではなく、何とかそこから行動に踏み出しましょう。