名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

北杜夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北杜夫のプロフィール

北杜夫、きた・もりお。日本の小説家、エッセイスト、精神科医、医学博士。東北大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院に赴任。病院に勤めつつ創作活動を行い、「夜と霧の片隅で」にて芥川賞受賞。「どくとるマンボウ医局記」などで人気があるエッセイスト。父はアララギ派の大歌人である斎藤茂吉、兄は精神科医で作家の斎藤茂太、娘はエッセイストの斎藤由香

北杜夫の名言 一覧

いま、この歳になって私が若い人に言えることは、自殺するならとにかく30歳まで生きてみるということだ。そこまで生きてからの思想上の死ならまだしも許せる。青年の観念的な死への傾斜は人生のはじまりであるが、一面から見ればその大部分がまやかしであり、さもなければ病気である。病気は治さねばならない。


死というものを常々考えもしない人はまず抜きにして、死への親近感からはじまった人々が、ついに生への意志に到達するのがあくまでも人間的な生き方というものである。


北杜夫の経歴・略歴

北杜夫、きた・もりお。日本の小説家、エッセイスト、精神科医、医学博士。東北大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院に赴任。病院に勤めつつ創作活動を行い、「夜と霧の片隅で」にて芥川賞受賞。「どくとるマンボウ医局記」などで人気があるエッセイスト。父はアララギ派の大歌人である斎藤茂吉、兄は精神科医で作家の斎藤茂太、娘はエッセイストの斎藤由香

他の記事も読んでみる

朝倉千恵子

人というのは、「自分の話をよく聞いてくれる人」を好きになるものです。営業だからといって、商品の売込みばかりをするのではなく、お客様に話をしてもらう。そうすると、様々なキャッチボールの中で相手の表情がパッとほころぶ瞬間があるはずです。そのときこそが、相手が興味を示し心を開いてくれた合図なのです。


嶋浩一郎

相手に合わせたたとえ話や言葉は成否を分けるポイントとなる。神は細部に宿る。疎かにしてはならない。


西川光一(経営者)

短期間で結果を出すには中途半端なことはやっていられません。


粟田貴也

味を均一にすることが私たちの至上命令ではありません。それよりも、絶対的においしいものを作ることのほうが、私たちにとってはプライオリティが高いんです。


高宮敏郎(髙宮敏郎)

論理的な思考力や、それを記述する表現力が見直されています。この2つは社会に出てからも非常に必要とされるもの。


つんく♂

大事なのは、ゴールのテープを切ることであって、ゴールまでの交通手段はクルマだろうが、自転車だろうが、徒歩だろうが何だっていいんです。まわりの人間は「この道は狭いからクルマは使わない方がいいよ」とアドバイスしてくれているのに、クルマにこだわっていると、絶対にゴールにはたどり着けません。だから、自分の目的に向かってさえいれば、途中の目標は臨機応変に変えてもいいんです。


桑原祐

複数人のチームで動く、あるいは部門をまたいで仕事をするといった場面では、議論を全員が理解できる形にしなければ納得は得られません。スピードの面だけではなく、チームが一丸となって同じ方向に向かうためにも、ロジカルシンキングは重要です。


児玉和

新規事業の育成は現業が好調なうちに実施することが大切。


川村隆

特に日本人は、傾向として現状維持が好きです。現状で何とかできているものを変えようというのは、よほどのことがないとやらないでしょう。今までのやり方を続けて何が悪いんだ、という人ばかりです。大きなショックがあって、受注がぐんと落ち込んだ時に初めて愕然とするわけです。居心地がいいと思っていたら、知らないうちにゆだってしまい、気がついたら動けなくなっている。


野副州旦

「おまえが今度後継だ」と黒川(博昭)社長からいきなり言われて、青天の霹靂としか言いようがなかったですね。社長になってどうですかって聞かれても、私という人間は急に変わりません。コップ一杯に入る水の量が2倍になればいいけれど、一杯の水をフル活用してやっていく以外にないんでしょう。


加藤充(経営者)

フランチャイズに加盟するとき、加盟したい企業の方針が自分のやりたいビジネスに合致しているか、将来性があるビジネスか、じっくり見極めてから加盟すること。かなりの額を投資するわけですから、客観的な情報なしに、自分の判断や思い込みをベースにするのは危険です。


張本勲

私は引退してから28年間、野球教室で小中学生に教えていますが、今は昔話や根性論をぶつけても通じないし、叱れば落ち込んだり、やる気をなくしたりします。だから意外かもしれないけど、この私でも褒めることが多い。その前に塩をちょっと加えますけどね。スイカに塩を振ると甘くなるでしょう。同じ原理で、「そんなふんわりしたバットの握り方じゃだめだ。君は女の子か? 親指でしっかり握って!」と少し厳しめに言う。そしてバットを振らせて、「そうそう! かっこいいじゃないか! ようやく男らしくなったよ。それを忘れちゃダメだよ」と相手の心をくすぐるように褒める。その緩急のある物言いだけでも、野球への関心はぐっと上がります。子供だけではなく、若い選手を教える時も同じ。そういう時代だと割り切り、上の世代が柔軟に接した方が物事はスムーズに動く。