名言DB

9412 人 / 110637 名言

北杜夫の名言

twitter Facebook はてブ

北杜夫のプロフィール

北杜夫、きた・もりお。日本の小説家、エッセイスト、精神科医、医学博士。東北大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院に赴任。病院に勤めつつ創作活動を行い、「夜と霧の片隅で」にて芥川賞受賞。「どくとるマンボウ医局記」などで人気があるエッセイスト。父はアララギ派の大歌人である斎藤茂吉、兄は精神科医で作家の斎藤茂太、娘はエッセイストの斎藤由香

北杜夫の名言 一覧

いま、この歳になって私が若い人に言えることは、自殺するならとにかく30歳まで生きてみるということだ。そこまで生きてからの思想上の死ならまだしも許せる。青年の観念的な死への傾斜は人生のはじまりであるが、一面から見ればその大部分がまやかしであり、さもなければ病気である。病気は治さねばならない。


死というものを常々考えもしない人はまず抜きにして、死への親近感からはじまった人々が、ついに生への意志に到達するのがあくまでも人間的な生き方というものである。


北杜夫の経歴・略歴

北杜夫、きた・もりお。日本の小説家、エッセイスト、精神科医、医学博士。東北大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院に赴任。病院に勤めつつ創作活動を行い、「夜と霧の片隅で」にて芥川賞受賞。「どくとるマンボウ医局記」などで人気があるエッセイスト。父はアララギ派の大歌人である斎藤茂吉、兄は精神科医で作家の斎藤茂太、娘はエッセイストの斎藤由香

他の記事も読んでみる

山海嘉之

自分達の理念をしっかり伝えていく。その理念に賛同していただいて、多くの投資家から資金を投じてもらう。次の時代の企業のあり方を1つ、僕は示していると思っていて、これまでの沢山モノを売れば、経済サイクルが回るという消費型経済から、新しい提案をしていきたい。


トム・ピーターズ

社員が100人であっても、10人であっても、市場で大きな存在感を示せる会社は存在する。彼らを支えるのは自前のイノベーションで市場にインパクトを与えようという精神だ。


浅野敏雄

バックグラウンドの異なる多様な部門の担当役員や、これまで付き合いのなかった業界の人たちから話を聞くのが楽しみだ。これらをヒントに経営の変革に挑みたい。


松岡修造

現役時代、悩んだときや迷ったときには、とにかく日記を読み返していました。とくに大きなけがをしたときは、いくら一所懸命やっても勝てず、先が見えない状態で、「もうテニスをやめるしかないのか」と考えたこともありましたが、「以前はこういうことをして何日くらいで乗り切った。だからきっと今回も大丈夫だ」と自分を励まし、救われたことが何度もありました。日記を書いて読み返すことは、メンタルのメンテナンスとして大変役立つのです。


竹中平蔵

マーケットを広げるには消費者の教育も必要。


小泉直樹(バリスタ)

僕が気づいたのは、自分のこだわりより、「どんなお客さんに役立てる店なのか」が大事だということ。それを軸に、必要なことをやり、不要なものはどんどん捨てたほうがいい。その結果、もともと目指していた「多くの人にコーヒーのおいしさを発信すること」ができていると感じます。


大平浩二

不祥事は人災であり、人間は精神的な弱さを内包しています。このことを前提に再発防止策を考える必要があります。経営者はもちろん、社員一人ひとりの人間性が問われる決断の際に、覚悟や勇気、誠実性、気概、愚直といった意識を持てるように日頃の不断の教育や啓もう活動が大切です。人間の意識はすぐに薄れます。こうしたことが、人間の問題を内面からサポートすることになります。


円山法昭

私は常に「人とは違うことをやる」という思想で生きてきました。人と同じ努力をしても勝てない。


岡村隆史

どんだけ天才的に面白くても日の目を見ない人もいるわけですし、タイミングと運はあったと思う。


柵山正樹

私は2001年がわが社の一つの原点だったと思っています。2000年はITバブルの年で、その翌年にITバブルが崩壊して、非常に厳しい経営状況に陥った。営業利益ベースで赤字に落ちたわけです。それが生まれ変わるきっかけになりました。


米山久

目の前のことに忙殺されないよう、仕事はできるだけ人に振るようにしています。振る相手がいなければ、振れる人を探す。そうやって、自分の手元にはなるべく仕事を溜め込まないようにしています。


川路耕一

創業の時から、社員の教育、研修には惜しまずに労力、資金を使ってきました。言葉づかいや礼節、そして体力を養うための研修を徹底的に行ってきたのです。こうした研修は日数をかけて行いますから、社員同士の結束、チームワークも生まれます。「今の若者は……」という言葉がよく聞かれますが、教育さえすれば変わることができるんです。そうした姿を見ていると、やはり人は、心の中に本当に素晴らしいものを持っていると感じます。


山田昌弘

モノを買うことで得られる幸福のシステムは国全体の経済成長を前提としたものです。現在は「モノ」ではなく、人間関係、すなわち「つながり」を作るための消費をすべき時代です。


吉野真由美

以下の5つのネガティブな発想を取り除かない限り、お客様が購入を決断することはありません。それができないうちは、いくら契約書を取り出しても、相手がサインすることはないでしょう。

  1. 「時期」=なぜいま、それを買わなくてはいけないのか?
  2. 「金額」=これほどのお金を出して買う価値があるのだろうか?
  3. 「効果」=本当にそんな効果があるのだろうか?
  4. 「優位性」=他にもっと良いものがあるのでは?
  5. 「継続性」=5年後、20年後は大丈夫だろうか?

相手が「検討させてください」と言ったら、まずは「もちろんです。大切なことですから、しっかり検討してください」と答えます。そして「では、検討しやすいように、私の方からもう少し情報提供させていただきます」と言って、5大ネガを取り除くための説明を続けてください。決して切り上げてしまわないことが重要です。


山本忠人

サービス事業を拡大するには、現場力の向上が欠かせません。社員には「顧客のところにできるだけ足を運び、多くの会話をし、信用してもらう」ことが大切です。社員の意識改革を後押しするため、新入社員研修や運用担当技術者の技能大会といった人材教育の場も、顧客のオフィス環境などを想定して課題を見抜く提案力、解決力に主眼を置いた内容に変更しています。