名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

北村龍平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北村龍平のプロフィール

北村龍平、きたむら・りゅうへい。日本の映画監督。大阪府出身。高校を中退しオーストラリアのスクール・オブ・ビジュアル・アーツ映画科を卒業。帰国後、映像集団ナパームフィルムズを結成。『VERSUS -ヴァーサス-』でローマ国際ファンタスティック映画祭監督賞、『荒神』でブリュッセル国際ファンタスティック映画祭監督賞、『あずみ』でフィラデルフィア国際映画祭観客賞を受賞。

北村龍平の名言 一覧

議論を通じて見えてくることもあるし、監督というのは制約があって初めてクリエイティビティーが発揮される仕事でもあります。


自信を持って行動し、結果も出しているつもりですが、自分が常に正しいとは思っていません。


いまだにそうですが、僕は世の中で当たり前だとされていることに、どうしても違和感がある。


映画を作るにはセンスや才能だけではダメで、政治力も必要だし、強引な手腕も繊細な気配りも必要だし、そのためには人間力みたいなものを高めないとダメ。


映画監督になると決めた時から、ハリウッド映画の監督になると言っていましたね。ケチを付ける人もいますが、やはりハリウッドが世界のメーンストリームであることには間違いない。映画監督としてやっていくと決めた以上、野球選手がメジャーリーグを目指すように、ボクサーが世界チャンピオンを目指すように、そこに挑戦したいと自然に思いました。


映画監督は医者や警察官や学校の先生のように、絶対に必要な存在ではないですが、それでもいいものを作って、お金をもらって、褒めてもらおうなんて虫のいいことをするには、自分のすべてを賭けないと失礼だという気持ちがある。僕にとってのエンターテインメントとは、そういうものです。


高校2年生になると周りがみんな受験勉強を始めたんですが、勉強する理由は、いい大学に行くため、いい就職先に行くためであって、人生のテーマやゴールは特になかったりする。やりたいことがあって、それに対して死ぬほど努力するのは当たり前だと思いますが、何となく受験勉強を始めることがどうしても理解できなかった。じゃあ、自分がなりたいものは何かと言えば、映画監督というのが一番現実味があって、なれるんじゃないかと思えたんです。


北村龍平の経歴・略歴

北村龍平、きたむら・りゅうへい。日本の映画監督。大阪府出身。高校を中退しオーストラリアのスクール・オブ・ビジュアル・アーツ映画科を卒業。帰国後、映像集団ナパームフィルムズを結成。『VERSUS -ヴァーサス-』でローマ国際ファンタスティック映画祭監督賞、『荒神』でブリュッセル国際ファンタスティック映画祭監督賞、『あずみ』でフィラデルフィア国際映画祭観客賞を受賞。

他の記事も読んでみる

井上達彦

イノベーションを起こすビジネスの多くが、模倣から生まれています。クロネコヤマトの宅急便を立ち上げた小倉昌男氏は、牛丼の吉野家から、「取り扱う荷物を絞り込む」というアイデアを思いつきました。優れたビジネスの多くは模倣から生まれているといっても過言ではありません。


樋口武男

私はオーナーではないため、オーナー、つまり創業者のDNAをそのまま継承することを常に考えて経営をしてきました。


古市憲寿

プロジェクトごとに外部から人を調達するというように自由に変形できる組織のほうが、今の時代はやりやすいでしょうね。


アルベール・カミュ

真に重大な哲学の問題は一つしかない。それは自殺だ。人生を苦しんで生きるに値するか否かという判断をすること、これが哲学の基本的な質問に答えることだ。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

自分の弱さを克服した強さは、他の人たちを救うための強さでもある。


白石康次郎

ゴルファーの丸山茂樹さん以外にも、海外ツアーに挑戦した日本人ゴルファーは何人もいますが、彼ほどの成績を残している人はいません。丸山さんと他の人たちの違いは、早い段階から世界を意識してプレーしてきたかどうかだと思うのです。その意識こそが、彼の華々しい活躍を支えているのではないかと僕は考えます。


伊藤洋一(エコノミスト)

人間は他者を必要としながら社会を形成しています。自分がどこに必要かを考えれば就職できないということはないのではないでしょうか。


越智直正

経営学では、過去の経営手法や経営者について学びます。そういう意味では、経営学は歴史学だともいえるでしょう。歴史学を勉強したら、人間には一定の法則があるということが分かる。われわれは東洋人だから、東洋の古典を勉強したほうが覚えはいい。古典を勉強したら、経営上、とても助かると思いますよ。


青木紘二

仕事とは別に、「広告用に売れるゴルフ写真とはどんなものだろう」と考えて、自分なりに写真を撮っていたのですが、その中の一枚が当たりました。緑色の芝の背景の中に、白いティに載せたボールがあるという、今では100円で借りられる写真ですが、当時はそういう写真がなかった。その1カットで1千万円以上は稼ぎました。でも、面白いもので、そういう写真は、すぐに忘れられます。すぐ忘れる写真は何回も使ってくれる。一方、芸術的な「作品」は一度使ったらおしまいです。一度見たら忘れないからです。だから、儲かる写真は作品じゃないんです。


植木義晴

もちろん、憧れの気持ちから入ってもいいでしょう。パイロットになりたいとか、社長になりたいとか。しかし、ある程度のレベルに達するまでには、必ず苦難の道があります。努力して苦難を乗り越えた者だけが、折れない心を持つ、本当のプロフェッショナルになれるのではないでしょうか。


北野宏明

我々がロボット事業を再び手がけるのは、機が熟しつつあるという認識に基づくものだ。企画している製品には、まだ市場が存在しないような、まったく新しいジャンルの製品もある。市場がどんな方向性で発展するかわからないため、「単発」での勝負は考えていない。複数の製品を次々と展開していく予定だ。そうした製品群が、他社製品やサービスも含めてネットワークで連携することで、全体のサービスがより充実していくという「エコシステム」をつくっていきたい。「点」ではなく、「面」で展開していくイメージをもっている。


神田昌典

いま、営業マンやマーケッターの存在理由が問われていると思います。私はこれらの業種が、不要になるとは考えていません。しかし求められる役割や能力は、今後確実に変化するはずです。