名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北村龍平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北村龍平のプロフィール

北村龍平、きたむら・りゅうへい。日本の映画監督。大阪府出身。高校を中退しオーストラリアのスクール・オブ・ビジュアル・アーツ映画科を卒業。帰国後、映像集団ナパームフィルムズを結成。『VERSUS -ヴァーサス-』でローマ国際ファンタスティック映画祭監督賞、『荒神』でブリュッセル国際ファンタスティック映画祭監督賞、『あずみ』でフィラデルフィア国際映画祭観客賞を受賞。

北村龍平の名言 一覧

議論を通じて見えてくることもあるし、監督というのは制約があって初めてクリエイティビティーが発揮される仕事でもあります。


自信を持って行動し、結果も出しているつもりですが、自分が常に正しいとは思っていません。


いまだにそうですが、僕は世の中で当たり前だとされていることに、どうしても違和感がある。


映画を作るにはセンスや才能だけではダメで、政治力も必要だし、強引な手腕も繊細な気配りも必要だし、そのためには人間力みたいなものを高めないとダメ。


映画監督になると決めた時から、ハリウッド映画の監督になると言っていましたね。ケチを付ける人もいますが、やはりハリウッドが世界のメーンストリームであることには間違いない。映画監督としてやっていくと決めた以上、野球選手がメジャーリーグを目指すように、ボクサーが世界チャンピオンを目指すように、そこに挑戦したいと自然に思いました。


映画監督は医者や警察官や学校の先生のように、絶対に必要な存在ではないですが、それでもいいものを作って、お金をもらって、褒めてもらおうなんて虫のいいことをするには、自分のすべてを賭けないと失礼だという気持ちがある。僕にとってのエンターテインメントとは、そういうものです。


高校2年生になると周りがみんな受験勉強を始めたんですが、勉強する理由は、いい大学に行くため、いい就職先に行くためであって、人生のテーマやゴールは特になかったりする。やりたいことがあって、それに対して死ぬほど努力するのは当たり前だと思いますが、何となく受験勉強を始めることがどうしても理解できなかった。じゃあ、自分がなりたいものは何かと言えば、映画監督というのが一番現実味があって、なれるんじゃないかと思えたんです。


北村龍平の経歴・略歴

北村龍平、きたむら・りゅうへい。日本の映画監督。大阪府出身。高校を中退しオーストラリアのスクール・オブ・ビジュアル・アーツ映画科を卒業。帰国後、映像集団ナパームフィルムズを結成。『VERSUS -ヴァーサス-』でローマ国際ファンタスティック映画祭監督賞、『荒神』でブリュッセル国際ファンタスティック映画祭監督賞、『あずみ』でフィラデルフィア国際映画祭観客賞を受賞。

他の記事も読んでみる

小林陽太郎

私は2年間の留学経験を経て、かなりアメリカにかぶれ、頭でっかちのMBAホールダーになって帰国した。何の経験もなくMBAで組織論や経営学などを学んだ影響が大きいのでしょうが、あらためて日本を見たときに、「会社とはこれでいいのか」という思いを強くしました。アメリカに行く前には何とも思わなかったことが、日本に帰ってくると、まったく違って見えてきたのです。


鈴木みゆき(経営者)

経営とは決断の連続です。重圧が増えるなか、走ってストレスを発散すればメンタルヘルスの維持にも役立ちます。走ることは身体の健康維持以上に、私には重要な日課です。


飯田亮

企業はそれぞれの領域で一生懸命やるしかない。政策に左右されようとされなかろうと、企業は知恵を絞って道を切り拓かなくてはいけない。


立川談四楼

コピーは本物にはかないません。強いのはオリジナルです。オリジナルはいきなり生まれません。しかも入門早々の者には。ですから、とりあえず血を混ぜようということです。で他流派に稽古をつけてもらえとなるわけです。


ジョセフ・キャンベル

生きる喜びに従え。そうすれば壁しかなかったところに世界は扉を開いてくれる。


サイモン・クーパー(経営者)

会社が厳しい環境に置かれたときに最も重要なのは、社内でのコミュニケーションにほかなりません。伝えるメッセージが明るいものではなくても、ビジネス環境には良いときもあれば悪いときもあると、従業員は必ず理解してくれます。そのためには現状の問題点を伝え、状況を全員に理解してもらうことが欠かせません。


永野重雄

事業を成り立たせる秘訣は、結局、人間の信頼と企業力。


ファビオ・カペッロ

ひらめきや創造性とは、言葉を変えれば単なる「意外性」に過ぎない。


井上英明

答えを見つけるために考える時間はとても大切にしています。ベンチャー企業の経営者は忙しいから「考える時間」を後回しにしがちです。しかし誰の真似でもない事業で身を立てていくためには、自分で考えるしかないと思います。とくに新しいことを始めるときは、頭でわかるだけでなく、腑に落ちるところまでいかないと、確信を持って動き出せません。


市原敏雄

起業当時は景気が悪く、会社がどんどんなくなっている時期だったこともあり周囲は不思議がりましたが、私は常々「こういう時期だからこそ会社をつくるんだ」と言ってきました。


大宮久

今までなかったビジネスや市場を創造していくことが大事。既にある分野に参入していけば取り合いになるだけですから。


伊藤一郎(経営者)

官民連携で打開を図っていかなければ、日本の将来はもたなくなってしまう。民間は民間として、個別企業で、できることから始めていくことが大切だ。