名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北村龍平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北村龍平のプロフィール

北村龍平、きたむら・りゅうへい。日本の映画監督。大阪府出身。高校を中退しオーストラリアのスクール・オブ・ビジュアル・アーツ映画科を卒業。帰国後、映像集団ナパームフィルムズを結成。『VERSUS -ヴァーサス-』でローマ国際ファンタスティック映画祭監督賞、『荒神』でブリュッセル国際ファンタスティック映画祭監督賞、『あずみ』でフィラデルフィア国際映画祭観客賞を受賞。

北村龍平の名言 一覧

議論を通じて見えてくることもあるし、監督というのは制約があって初めてクリエイティビティーが発揮される仕事でもあります。


自信を持って行動し、結果も出しているつもりですが、自分が常に正しいとは思っていません。


いまだにそうですが、僕は世の中で当たり前だとされていることに、どうしても違和感がある。


映画を作るにはセンスや才能だけではダメで、政治力も必要だし、強引な手腕も繊細な気配りも必要だし、そのためには人間力みたいなものを高めないとダメ。


映画監督になると決めた時から、ハリウッド映画の監督になると言っていましたね。ケチを付ける人もいますが、やはりハリウッドが世界のメーンストリームであることには間違いない。映画監督としてやっていくと決めた以上、野球選手がメジャーリーグを目指すように、ボクサーが世界チャンピオンを目指すように、そこに挑戦したいと自然に思いました。


映画監督は医者や警察官や学校の先生のように、絶対に必要な存在ではないですが、それでもいいものを作って、お金をもらって、褒めてもらおうなんて虫のいいことをするには、自分のすべてを賭けないと失礼だという気持ちがある。僕にとってのエンターテインメントとは、そういうものです。


高校2年生になると周りがみんな受験勉強を始めたんですが、勉強する理由は、いい大学に行くため、いい就職先に行くためであって、人生のテーマやゴールは特になかったりする。やりたいことがあって、それに対して死ぬほど努力するのは当たり前だと思いますが、何となく受験勉強を始めることがどうしても理解できなかった。じゃあ、自分がなりたいものは何かと言えば、映画監督というのが一番現実味があって、なれるんじゃないかと思えたんです。


北村龍平の経歴・略歴

北村龍平、きたむら・りゅうへい。日本の映画監督。大阪府出身。高校を中退しオーストラリアのスクール・オブ・ビジュアル・アーツ映画科を卒業。帰国後、映像集団ナパームフィルムズを結成。『VERSUS -ヴァーサス-』でローマ国際ファンタスティック映画祭監督賞、『荒神』でブリュッセル国際ファンタスティック映画祭監督賞、『あずみ』でフィラデルフィア国際映画祭観客賞を受賞。

他の記事も読んでみる

小池利和

今の商品だけに頼っていては、明るい未来はありません。会社の業態を何とか変えていきたい。八方美人かもしれませんが、少しずつ事業ポートフォリオを変えながら成長したい。


丹羽宇一郎

人を生かすことをしない経営者は失格。


高橋尚子

レース中の決断は非常に臨機応変かつ迅速に下されます。瞬時の判断が要求されるので、自分を研ぎ澄ませておかなければなりません。ただ、マラソンは42.195キロと長いので、常に研ぎ澄ませていると疲れてしまいます。リラックスしている状態と研ぎ澄ませている状態、そのオフとオンをうまく使い分けることが大切ですね。決断をする瞬間がまさにオンになる瞬間で、そこからは爆発力です。最初からずっとピリピリしていたら、その爆発力には結びつきません。


おかざき真里

私が就職したのはマンガを描くという自分と向き合いながら孤独に作業していくしかない毎日に、きっと耐えられないだろうと思ったから。その経験をもとに『サプリ』を描いたし、副業という逃げ道をもつ大切さを知っているから『& -アンド-』を、結婚して子供を産んだから『ひねもす暦』というエッセイマンガも描けた。いまは結局、専業のマンガ家として作品を描き続けているけれど、「人生で何が助けになるかわからないな」という実感はあります。それに今の時代、ひとつの事だけをやって生きていくには人生長すぎますから。


石渡美奈

私も社内では、とくに生産現場の社員たちと会話が噛み合わなくて、おかしいなと感じていました。でもやがて、その原因はコミュニケーションの取り方の違いにあるとわかってきたのです。私は直感や感覚が強いタイプで、早口だし、話をしながらどんどん話題が展開していきます。一方、生産現場の社員は技術者ですから、ひとつひとつ積み上げるようにじっくり考えてから発言するタイプが多い。そうした違いを考えずに自分のスタイルを押し付けていたから、手ごたえのあるコミュニケーションがとれていなかったんです。


川崎秀一

積み上げてきた技術の深さというのは、意外に真似しようと思っても真似しにくいもの。だから、その槍をどんどん尖らせようと。しかし、槍は油断すると途端にさびたり、曲がったりしてしまいますので、油断しないように槍をとがらせておけ、と技術部隊に発破をかけています。


伊藤長次郎(二代目)

よい家というのは、慎みある暮らしぶりの家のことをいう。調子に乗った奢った暮らしをすると、よい家とは言われない。衣食住を倹約しなさい。


横山信弘

未来のことはやってみなければわからないので「それ、やってみよう」で話が終わる。会議時間も必然的に縮まる。


畑村洋太郎

視察中にメモを取るのは時間の無駄でしょう。写真も必要以上は撮りません。それよりも、自分の目であちこち眺めて、脳に印象を植え付けるのです。写真に依存すると「あとで写真を見て確かめればいいや」と思ってしまいますから。


渡邉幸義

社員一人ひとりが利他の心を持ち続けられるためには、ただ言葉で伝えるだけでは不十分で、日ごろから利他の目線になれる仕組みをつくることが大事です。その一つがすべての部署への就労困難者の配置です。私は、社員が多様な人たちと接することで、自分とはまったく異なる視点で物事を見られるようになってほしいと願っています。他者の目線を理解して初めて、思い込みや先入観からではなく、本当の意味で利他の行動が取れるようになるからです。実際、社員たちは、社長の私が頭が下がるくらい、人にやさしく、協力し合って成果を出してくれています。


澤田秀雄

「ゴールのないレースは走れない」とよく言います。集団にとって大切なことは、同じ夢とか、同じ目標、志、ゴールを持っていることです。企業にとってそれは企業理念です。


赤尾昭彦

食べ物というのは命の次に大事なものだから、これは限りなく安くなければいけないわけです。安く作るにはどうするか。やっぱりこれが、食べ物を扱っている人が常に考えなければいけないことでしょうね。