名言DB

9419 人 / 110788 名言

北村龍平の名言

twitter Facebook はてブ

北村龍平のプロフィール

北村龍平、きたむら・りゅうへい。日本の映画監督。大阪府出身。高校を中退しオーストラリアのスクール・オブ・ビジュアル・アーツ映画科を卒業。帰国後、映像集団ナパームフィルムズを結成。『VERSUS -ヴァーサス-』でローマ国際ファンタスティック映画祭監督賞、『荒神』でブリュッセル国際ファンタスティック映画祭監督賞、『あずみ』でフィラデルフィア国際映画祭観客賞を受賞。

北村龍平の名言 一覧

議論を通じて見えてくることもあるし、監督というのは制約があって初めてクリエイティビティーが発揮される仕事でもあります。


自信を持って行動し、結果も出しているつもりですが、自分が常に正しいとは思っていません。


いまだにそうですが、僕は世の中で当たり前だとされていることに、どうしても違和感がある。


映画を作るにはセンスや才能だけではダメで、政治力も必要だし、強引な手腕も繊細な気配りも必要だし、そのためには人間力みたいなものを高めないとダメ。


映画監督になると決めた時から、ハリウッド映画の監督になると言っていましたね。ケチを付ける人もいますが、やはりハリウッドが世界のメーンストリームであることには間違いない。映画監督としてやっていくと決めた以上、野球選手がメジャーリーグを目指すように、ボクサーが世界チャンピオンを目指すように、そこに挑戦したいと自然に思いました。


映画監督は医者や警察官や学校の先生のように、絶対に必要な存在ではないですが、それでもいいものを作って、お金をもらって、褒めてもらおうなんて虫のいいことをするには、自分のすべてを賭けないと失礼だという気持ちがある。僕にとってのエンターテインメントとは、そういうものです。


高校2年生になると周りがみんな受験勉強を始めたんですが、勉強する理由は、いい大学に行くため、いい就職先に行くためであって、人生のテーマやゴールは特になかったりする。やりたいことがあって、それに対して死ぬほど努力するのは当たり前だと思いますが、何となく受験勉強を始めることがどうしても理解できなかった。じゃあ、自分がなりたいものは何かと言えば、映画監督というのが一番現実味があって、なれるんじゃないかと思えたんです。


北村龍平の経歴・略歴

北村龍平、きたむら・りゅうへい。日本の映画監督。大阪府出身。高校を中退しオーストラリアのスクール・オブ・ビジュアル・アーツ映画科を卒業。帰国後、映像集団ナパームフィルムズを結成。『VERSUS -ヴァーサス-』でローマ国際ファンタスティック映画祭監督賞、『荒神』でブリュッセル国際ファンタスティック映画祭監督賞、『あずみ』でフィラデルフィア国際映画祭観客賞を受賞。

他の記事も読んでみる

永守重信

業績が悪化する企業に共通していることは、危機感のなさです。大赤字を出していても、タクシーチケットが使い放題だったり、部長クラスでも新幹線のグリーン車に乗っていたりする。それがどれだけ問題か。


アラン(哲学者)

気分に逆らうのは、判断力の問題ではない。判断はこの場合なんの役にも立たない。そうではなく、態度を変えて適当な運動をやってみる必要があるのだ。というのは、我々自身のうちで、筋肉というモーターが我々の支配しうる唯一の部分だからである。微笑や、首をすくめることは、心労に対する天下周知の操作である。


松村厚久

とにかく一度来てもらうには、名前をキャッチーにして、顧客に興味を持ってもらわないといけない。


駒井健一郎

メーカーとして最も大切なことは、製品の性能、品質が良く、事故がないことと、新しい技術を開発して次代の要求に答えていくことである。【覚書き:技術開発を尊ぶ日立の理念を語った言葉】


近藤太香巳

普通はコーヒー豆を20円で仕入れて200円のコーヒーで売ると180円儲かるとか、そういう発想ですね。僕はそこから入らず、もしもこんな値段でこんな事ができたらものすごいぞと重たい設定をして、理想形を作ってから、じゃあどう具現化するかと。


北川正恭

まずは三重県東京事務所を変えることにしました。なぜなら、県の予算を必ず使う場所であり、幹部が必ず見ています。ですから、東京事務所が変わったら本庁舎を変えやすいだろうというのが私の作戦でした。


三枝匡

チームが大きくなったら分裂して組織の一番下のところでは、常に小さな組織が保たれる状態にし、肥大化しないように気をつけています。


安藤忠雄

私は現在、韓国で3つの建築を手掛けていますが、ダメなものはダメとはっきり言います。それで最初は扱いにくい日本人だと思われていたようですが、こちらが本気だということが相手に伝わってからは、逆にいい関係で仕事ができるようになりました。


梅原勝彦

私どもの会社には、特許もオンリーワンの技術もないし、創業者の私をはじめ社員は、どちらかといえば能力の低い人間の集まりです。しかし、利益という結果だけは出し続けてきました。創業から41年間の平均経常利益率は39パーセントです。私どもの会社は社会から必要とされてきたということでしょう。


石川康晴

むやみにインプットを増やすのは得策ではありませんが、「気になること」があれば現場にすぐ向かう。すると、アウトプットにつながることも多い。