北村龍平の名言

北村龍平のプロフィール

北村龍平、きたむら・りゅうへい。日本の映画監督。大阪府出身。高校を中退しオーストラリアのスクール・オブ・ビジュアル・アーツ映画科を卒業。帰国後、映像集団ナパームフィルムズを結成。『VERSUS -ヴァーサス-』でローマ国際ファンタスティック映画祭監督賞、『荒神』でブリュッセル国際ファンタスティック映画祭監督賞、『あずみ』でフィラデルフィア国際映画祭観客賞を受賞。

北村龍平の名言 一覧

議論を通じて見えてくることもあるし、監督というのは制約があって初めてクリエイティビティーが発揮される仕事でもあります。


自信を持って行動し、結果も出しているつもりですが、自分が常に正しいとは思っていません。


いまだにそうですが、僕は世の中で当たり前だとされていることに、どうしても違和感がある。


映画を作るにはセンスや才能だけではダメで、政治力も必要だし、強引な手腕も繊細な気配りも必要だし、そのためには人間力みたいなものを高めないとダメ。


映画監督になると決めた時から、ハリウッド映画の監督になると言っていましたね。ケチを付ける人もいますが、やはりハリウッドが世界のメーンストリームであることには間違いない。映画監督としてやっていくと決めた以上、野球選手がメジャーリーグを目指すように、ボクサーが世界チャンピオンを目指すように、そこに挑戦したいと自然に思いました。


高校2年生になると周りがみんな受験勉強を始めたんですが、勉強する理由は、いい大学に行くため、いい就職先に行くためであって、人生のテーマやゴールは特になかったりする。やりたいことがあって、それに対して死ぬほど努力するのは当たり前だと思いますが、何となく受験勉強を始めることがどうしても理解できなかった。じゃあ、自分がなりたいものは何かと言えば、映画監督というのが一番現実味があって、なれるんじゃないかと思えたんです。


映画監督は医者や警察官や学校の先生のように、絶対に必要な存在ではないですが、それでもいいものを作って、お金をもらって、褒めてもらおうなんて虫のいいことをするには、自分のすべてを賭けないと失礼だという気持ちがある。僕にとってのエンターテインメントとは、そういうものです。


北村龍平の経歴・略歴

北村龍平、きたむら・りゅうへい。日本の映画監督。大阪府出身。高校を中退しオーストラリアのスクール・オブ・ビジュアル・アーツ映画科を卒業。帰国後、映像集団ナパームフィルムズを結成。『VERSUS -ヴァーサス-』でローマ国際ファンタスティック映画祭監督賞、『荒神』でブリュッセル国際ファンタスティック映画祭監督賞、『あずみ』でフィラデルフィア国際映画祭観客賞を受賞。

他の記事も読んでみる

秋山進

仕事の権限を委譲した結果、困った事態が生じるのを上司が恐れている場合、たとえば、あなたは優秀だから権限を分け与えると自分の居場所がなくなるのではないかとか、リスクの高い仕事に手を付け、失敗した場合、自分が尻拭い役になるだけで面倒だと考えているのもしれません。


和地孝

「社長は『全社を回る』と言っていたが、まさかここには来ないだろう」とだれもが思っている場所に行くと、そこでがんばっている人たちが、日ごろ思っていることを話してくれる。


永瀬昭幸

リーダーは組織に対して、なぜそれをやるのかを徹底的に納得させなければダメなわけですよね。納得できなければ、人間は本気になれませんから。学生にとって一番の問題は「なぜ勉強をしなくちゃならないのか」がなかなか理解できないことです。どんな将来をイメージし、ゴールに到達するためにどうやっていくのか。この課題に真正面から向き合い、考える教育をしないとエネルギーは出ません。


ゴーギャン

苦しいときには、自分よりもっと不幸な男がいたことを考えろ。


御立尚資

これは親に感謝しなければいけないんですけど、本だけはツケで買っていいと言われていたんです。全部月末に払うから、何でも買っていいって。おもちゃは買ってくれないんですが。


ベンジャミン・フランクリン

釘が一本なくなり、蹄鉄が駄目になった。蹄鉄がなくなり、馬はどうしようもなくなった。馬がなくなり、騎士はどうしようもなくなった。騎士がいなくなり、戦いはどうしようもなくなった


村田昭治

トヨタの大きな成長の力は、全社一丸となったことにあると思う。大企業はバラバラで分散しがちだ、大企業は多くの派閥があってまとまりがわるいということを聞くなかで、トヨタが心一致、行動一致、そして仕事の一致をみたことは本当にすばらしい。


ケヴィン・ダットン

知性が高ければ高いほど、満足したり、喜んだりすることを遅らせることができますが、知性が高くない人はより衝動的な行動をとる傾向にある。


石川康晴

岡山では、僕たちがセレクトショップを運営していた時に買い物をしてくれた顧客がいたけれど、東京ではそうした顧客はいない。売り上げを上げるには、プロモーションに力を入れてブランドの価値を伝えていく必要があると考えました。僕たちの店は競合店と比べて品揃えはいいし、接客サービスの質も高い。プロモーションさえしっかりすれば、必ず売れるという確信がありました。だからオープンから1か月後、東京・千駄ヶ谷に事務所を借りて、そこを雑誌に載せる商品を扱うプレスルームにしました。プレスルームを設けてから、僕は「社長兼宣伝販促部長」として、営業活動を始めました。


五郎丸歩

自分のチームを好きにならないと、力は湧いてきません。企業もスポーツと同じで、所属する企業や組織を好きになれば、モチベーションは高まります。


似鳥昭雄

いつも注意しているのは「ビジネスである限り、必ず数字を入れて会話をしなさい」ということです。私たちの仕事は論理と科学で成り立っているからです。


いとう伸

「つかみ」の重要性は、一般的な営業でも同じです。最初にお客様に嫌われてしまったら、その後どんなに時間をかけても挽回するのは困難です。ただ逆にいえば、つかみでお客様の心を開くことができれば、成約できたも同然。第一印象次第で、売れない営業マンもどんどん売れるようになります。


三木谷浩史

「本当にその方法論が効率的なのか、それが必要なのか」いつもそのことを考え続ける姿勢が必要なのだ。


水戸岡鋭治

私は心の中で、ブルー、イエロー、レッドの三色のカードを持っています。日本中、世界中、どこの街にいても、景観やデザインを見ながら、「これはOK! ブルー」「これはダメ! レッド」とやるわけです。


賀来龍三郎

日本は国家理念を変えなければなりませんね。江戸時代はまず一族の繁栄。次は国家の繁栄だった。今度は発展途上国の援助など世界の繁栄のためにお手伝いをするのだという方向に理念変更しないと、それこそ魔女狩りでやられてしまいますよ。


ページの先頭へ