名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

北村茂男(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北村茂男(経営者)のプロフィール

北村茂男、きたむら・しげお。日本の経営者。オリンパス光学工業(のちのオリンパス)社長。滋賀県出身。

北村茂男(経営者)の名言 一覧

私は生涯工夫ということをよく言う。社員の出来がいい悪いと言っても同じ人間。能力的には100人中98人までは五十歩百歩。天才や本当の劣等性は一人か二人にすぎないんです。仕事ぶりがいまひとつに見える人も、自分を磨いていないだけ。だから私はまず工夫しなさいと言います。そこではじめてものがよく見え、さらに頭に磨きがかかる。


北村茂男(経営者)の経歴・略歴

北村茂男、きたむら・しげお。日本の経営者。オリンパス光学工業(のちのオリンパス)社長。滋賀県出身。

他の記事も読んでみる

坂東玉三郎(5代目)

進歩するには背伸びも必要でしょうね。ちょっとずつ背伸びして、その時の自分よりも装って発言したり行動する。そして次にその背延びが嘘でないように努力するわけです。たとえば階段を上がる時にかかとが上がるでしょ?あのくらいずつ背伸びして階段を上がっていく。あのくらいなもんですよ。あれを三段四段跳びあがると背伸びではなくなってしまう。ちょっとずつでいいと思うんです。かかとが上がるように背伸びしていかないと進歩しないんです。


ソクラテス

賢者は複雑なことをシンプルに考える。


俣野成敏

組織の最大の利点は、人の弱点をカバーし合えるところにあります。ですから、全員が「一生懸命やればうまくできる」もしくは「普通にやって人並み以上にできる」仕事だけしていれば全体が回るように分担するのが理想です。


相良暁(経営者)

一時期、過去の成功にあぐらをかいて、オープンイノベーションをサボっていました。この原点に立ち返らなければ、生き残れない。そう考え、欧米にリサーチ部隊を置きました。


後藤勇人(コンサルタント)

気分が乗らないのに、絶対にやらなきゃダメと義務にすると負担になってしまう。筋トレだって、休める日を挟みながら続けるもの。三日坊主で終わったら、1日休んで翌日からまた始めればいいんですよ。


生瀬勝久

自分に必要なものを判断できないまま、漠然と目標を立てて、届かない、実現できないと混乱する人がいます。そもそも実力がなかったら目標を立てたらダメ。まず自分がどれだけの実力なのかを知る。そこから目標に対して、どんな努力が必要かを考える。


伊藤正裕(起業家)

いまの自分の実力が100だとすれば、つねに120に挑戦し続けることが大切です。するとそのうち、120だったことが、自分にとっての120になります。そうしたらさらに、120に挑戦する。それを続ければいいわけです。


吉田美紀子

ハードルを限界まで低くして、とりあえず一歩踏み出す。そうすれば視界が開けていろんな風景が見えてくるし、情報も入ってきます。介護職に限らずセカンドキャリアを考えている人は、まずは一歩踏み出して損はしません。


村上龍

成功とは、生活していけるだけの収入と充実感を持てる仕事を持ち、かつ信頼できる最小の共同体(たとえば家族)に帰属していること。


佐藤琢磨

環境を変えて成功するか否かは、結局は自分次第。F1での実績があるとはいえ、インディカーに移ってすぐ成功するようなそんな甘い世界ではないと自覚していたからこそ、中途半端なモチベーションなら挑戦しない方がいいと思いました。しっかりと準備して、態勢を組んで挑戦することが結果につながる。自分がワクワクしないと、車も人の心も思い通りに動かせませんから。


星野佳路

社長や総支配人の言うことを聞いておけば問題ない、というトップダウンのルールが崩れれば、現場のスタッフは自分たちで考えなければならなくなります。また、フラットな議論ではへ自分の発言に対して反論や批判が出ます。それに答えるためには、顧客にとって、会社にとってどうするのが良いのか、自分なりの意見を持っておく必要があります。自分の意見や主張にコミットしなければならないという点で、スタッフにとっても厳しい環境だと言えます。


伊藤真(弁護士)

すべてのことを詳しく覚えるのは不可能で、特にビジネスパーソンは覚える時間が限られている。「細かく覚える必要があること」を最優先にすべき。そこに時間と労力を多く注いで確実に覚えるのが、賢いやり方でしょう。