北村茂男(経営者)の名言

北村茂男(経営者)のプロフィール

北村茂男、きたむら・しげお。日本の経営者。オリンパス光学工業(のちのオリンパス)社長。滋賀県出身。

北村茂男(経営者)の名言 一覧

私は生涯工夫ということをよく言う。社員の出来がいい悪いと言っても同じ人間。能力的には100人中98人までは五十歩百歩。天才や本当の劣等性は一人か二人にすぎないんです。仕事ぶりがいまひとつに見える人も、自分を磨いていないだけ。だから私はまず工夫しなさいと言います。そこではじめてものがよく見え、さらに頭に磨きがかかる。


北村茂男(経営者)の経歴・略歴

北村茂男、きたむら・しげお。日本の経営者。オリンパス光学工業(のちのオリンパス)社長。滋賀県出身。

他の記事も読んでみる

弘兼憲史

人間は変化をあまり好まない生き物です。変化しなければ、トラブルもストレスも少なくて済む。だから、つい職場でも変化をもたらす状況や人に対して文句を言ってしまう。でもそんな心持ちで、本当に人生が楽しくなるのでしょうか。変化そのものを楽しんだり、変化している状況に柔軟な姿勢で関わることで、新しい発見があり、新しい挑戦に出合い、新しい経験が積めるのではないかと僕は思っています。


野中広務

情報を得るのが人より少しでも早ければ、相手の一歩先を読める。


松下幸之助

私が今日の大を成したのは、それはあらかた運ですね。一日一日を努力して生きてきただけのことです。強いて言えば、積み重ねがすべてです。人間万事、世の中すべては天の摂理で決まるのが90%、人間が成し得るのはたかだか10%ぐらいだと思っています。


井上英明

仕事を通して何かを学ぼうと思ったら、徹底的に仕事にのめり込んでもいいと思いますよ。先日も、心臓外科の先生と天ぷら屋さんに行きましたが、そこのご主人は天ぷらに徹底的にのめり込んで、天ぷらを通して勉強していらっしゃる。一緒に行った外科医は心臓を、そして私は花を通して勉強している。仕事から学ぶには、ある程度のめり込む必要があるでしょうし、のめり込みながらも自分を忘れるのではなく、何かを吸収しようという意識が大切だと思います。


坂東眞理子

大学は企業などと違って改革の結果が出にくい体質があります。そこで、まず手掛けたのが文科省の競争的補助金に積極的に応募することです。補助金を獲得するだけではありません。申請を採択してもらう課程で汗をかくので、教職員にも改革を肌で感じてもらいました。


筒井康隆

終戦直後の日本なんて、もうめちゃくちゃだったわけでしょう。みんな、その日を生き抜くのに精一杯だった。世の中、平和になってくると条例や規制が増えてくるんですから。逆だろうと。平和になると、人間、保守的になるんですよね。いやだねえ。


船木和喜

スランプの種は、主に心の中にある。心は見えないからこそ、書くという見える化する作業が役立つ。それによって、隠れている本当の種が見つかるはず。


下郷伝平(初代)

質素勤勉は先君以来の家法であって、今なおその趣旨を遵奉しつつあるけれども、安易なことに流れるのは人情の弱点である。わが子弟や後世の子孫にいたっては、先君が苦労を重ねて励むことで、家を興したことを忘れたり、あるいは驕奢遊惰(きょうしゃゆうだ)に流れる恐れもある。この美徳を守り、各自が事業に励むべきことを、特にここに示すゆえんである。


岩瀬大輔

差別化というと小手先で違いを出すというイメージを持っている方もいるかもしれません。しかしそれは違います。本来、差別化が意味するのは、本質的なバリュー(価値)が異なる商品やサービスの提供です。自分たちが何にフォーカスし、何を捨てるかという絞り込みをすることが必要なのです。


厚切りジェイソン

なぜ、日本の会社は個人の責任で動かず、群れで動いて物事を決めるの? まるで軍隊や歯車のようで、個がとても弱いと感じちゃう。その理由は「周りに合わせろ」「自分で考えるな」という日本独自の教育にあるんじゃないかな。そんな教育だから、会社に入っても議論をしなくなってしまうんだよ!


三國連太郎

僕はいつも、自分が納得する作品に出演したいと心がけています。お客さんが入場料を払っても見合う作品を選んで出演しようと思ってきました。日本映画の入場料は国際水準を遥かに超えているんです。「よかった。考えさせられた。決して高くなかった」と合点の行くシナリオと役者の演技が第一条件ではないかと思っています。いつごろからかは、はっきりと覚えていませんが、そういう選択に合格する仕事をしていこうと心に決めているんです。


ダンカン(お笑い芸人)

いったいどれだけの番組で書いてきたのかな。コント番組や軍団の番組のほかにも、特番とかも書いて、もう毎日、毎日、それこそ死ぬほど書いてきましたからね。親父が死んだときも、泣きながらコントを書いていたし……。1週間の睡眠時間を全部足しても4時間とか、そんな感じのときもありましたよ。気がついたら、テレビ朝日のリハーサル室で原稿用紙を手に持って床に倒れていたとかね(笑)。まあ、46歳で映画監督にまでなれたのも、その蓄積があったからですよ。たけし(北野武)さんの背中を必死で追いかけてきたからです。


数原英一郎

新規事業の開発者には「特長のある商品を目指しなさい」と伝えています。議論するうちに、角がとれて丸くなってしまっては、面白い商品にはなりません。


太田和伸

実店舗の開業当初は赤字。でも、好きだからアイデアもどんどん出てきたし、時間もつぎ込めた。知らず知らずのうちに、模型の世界で可能性を広げることができました。


萩本欽一

コント55号が売れて、5年ほどたち、30歳になったのをきっかけに、僕は1年間、これまでの活動を反省することにしました。有名になりたいっていう夢は実現したけれども、期待していたほど面白くはなく、ここで修正しないとまずいと思い、コント55号の活動も休止しました。そして、テレビで誰もやっていないことにも挑戦したいと思っていたら、僕が何よりやりたくないと思っていた番組の司会を頼まれた。その一つが、「スター誕生!」。ここでは、男女二人組の司会というスタイルを持ち込み、以後、これが主流になっていったんだから、これも一つの運なのでしょうね。


ページの先頭へ