名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北村正志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北村正志のプロフィール

北村正志、きたむら・まさし。日本の経営者。「カメラのキタムラ」社長。早稲田大学第一政治経済学部中退後、「浅沼商会」を経て「キタムラ」に入社。取締役、営業本部長などを経て社長に就任。「カメラのキタムラ」をチェーン展開し、同社を大きく成長させた。

北村正志の名言 一覧

カメラを売った日から、キタムラとお客様との繋がりが始まります。売って終わりではないのが、カメラのキタムラなのです。


我々が先導してビジネスモデルを作り、研究してお客様に提案していかなければならない。


事業ですから絶対ということはありませんが、成功するという信念がなければ挑戦はできません。


人がいて、事業があって、その入れ物として会社がある。この順番を逆転させてはいけません。


「人が主役」の会社にするには、一人ひとりが持っている能力や可能性を存分に発揮できるよう、「明るく、朗らか、のびのび」と仕事ができる環境を整えなければなりません。


どうせ仕事をやるんだったら、明るくのびのびやって、しかもやりがいのあるようにしよう。二度とない人生を苦痛に過ごすのはもったいない。


企業文化で大切なのは情報共有です。トップが情報を独り占めしたり、操作しないこと。ともに考えるために情報を共有することが天才に勝る成果をあげられる唯一の道。


写真・カメラの世界は今後も変わり続けます。その中で生き残るためにも、業界でトップのシェアを守っているのです。シェアがあることの利点は、費用のかかる研究開発ができるということ。そして研究開発する人間を採用できるということです。


私がよく社員に言うのは、「まだ死の砂漠は越えてないぞ。水と食料がある間にとにかくがんばろう」ということです。水と食料とは、増収増益のことです。増収増益の状態とは、改革と投資がまだできるという事なのです。投資も改革も、実行する費用がなくなれば続けられません。


2002年、「もうフィルムカメラはなくなる、だから100%デジタルカメラに切り換える」と、私は社内で宣言しました。「デジカメで日本一になる」と、大方針転換です。同時に、私はもう古いということで社長を辞め、当時46歳の、デジタルが皮膚感覚で分かる今の社長に交代しました。若い社長に切り換えるのは大変寂しいことでしたが、仕方がないことです。会社は公ですから、そちらを優先せねばなりません。


当社では役職名ではなく、名前で呼び合うことにしています。私も「会長」と呼ばれるのではなく、「北村さん」と呼ばれています。一人ひとりを尊重し、個の力を結集することが大切だと思うからです。


イントラネット(企業内ネットワーク)で情報を共有することはもちろん、会議室もガラス越しでオープンにしたり、私を含めた役員も役員室などを設けず大部屋で従業者と共に仕事をしています。机もフリーデスクにし、どこでも仕事ができるようにしています。オープンな環境で仕事をし、イントラネットで情報を共有する環境を整えているのです。


社員が「明るく、朗らか、のびのび」と仕事ができる環境を整える際に一番大切なことは「情報共有」です。社内で情報が共有されていなければ、会社の方向やノウハウが伝わらず、従業者が「明るく、朗らか、のびのび」と働けません。その結果、人が育たず、企業の成長も止まります。


写真に限らず、あらゆる分野がデジタル化とインターネットによって産業構造を変えました。ですが、写真をプリントして残す価値がなくなってしまったわけではありません。プリクラのように写真を作り込んだり、思い出の写真を本のように加工したりする需要は伸びています。


今回の落ち込みを打開するには、私の頑張りと、写真屋人生40年、50年の経験と知恵だけでは困難。もっと視点を広げなければと考えました。そこでCCCの増田宗昭さんにお願いしました。増田さんは10年くらい前に当社の社外取締役を務めていただいたことがあります。年に数回役員会に出てくれればいいと、増田さんの企画力、才覚を期待して頼みました。それ以来のお付き合いです。写真屋が写真だけで頑張っても大した変化は起こせない。代官山T-SITEなどを成功させた増田さんの天才的な感覚、プラスα、Xを期待しています。

【覚え書き|カルチュア・コンビニエンス・クラブに株式の約30%を売却したことについて】


北村正志の経歴・略歴

北村正志、きたむら・まさし。日本の経営者。「カメラのキタムラ」社長。早稲田大学第一政治経済学部中退後、「浅沼商会」を経て「キタムラ」に入社。取締役、営業本部長などを経て社長に就任。「カメラのキタムラ」をチェーン展開し、同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

能町光香

まずは、断れない人にありがちな考え方を捨てること。それは次のような考え方です。

  1. 「どうせ私なんて……」という自己否定感。
  2. 「好かれないといけない」という八方美人な態度。
  3. 「争いたくない」という平和主義。
  4. 「いい人でいたい」という自己犠牲。
  5. 「好き嫌い」にとらわれる視野の狭さ。
  6. 「みんないい人」と思いたい性善説。

これらの6つの考え方を捨てることが、キッパリと断るための第一歩です。


大谷翔平

読む本は野球以外のビジネス書などが多いです。スティーブ・ジョブズの本などの経営者の力強い言葉に勇気をもらったり、最近は栄養学に関する本で体作りに活かそうと考えていますね。


片野坂真哉

関ヶ原の戦いでは徳川家康と石田三成が争いました。結局、勝った徳川家康のほうがリーダーとして優秀であったわけです。お陰で300年もの間、平和をもたらしたわけですから。企業も、業績を悪化させてはならないわけです。「我々はどこへ向かうべきか」を社員に明示して、説得し、奮い立たせて、一緒にゴールまで行かねばなりません。それが、企業にとってのリーダーの姿であると思います。


栗山英樹

監督と選手の関係を、会社に置き換えれば、上司と部下の関係になるでしょうが、僕にだって「部下から評価されたい」という思いはあります。でも、その気持ちが強くなりすぎると、部下から評価してもらうために自分の振る舞いを変えるようになります。これでは、行動にブレが生じます。監督としての僕に求められているのは、「チームと選手を成長させ、そして優勝すること」です。そのために、自分ができることをやり尽くすのが役割です。だったら、「自分は選手からどう評価されているんだろうか」という思いは、邪魔になるのです。


大塚陸毅

若手の成長が事業創業の大きな力になったのは確かです。民営化後に入ってきた社員は「何か変わるんじゃないか」「何か面白いことが起きるんじゃないか」という意識を持っていますから、自分もそこに飛び込んでやってみようと思ってくれたんじゃないでしょうか?そんな若い人たちを次々とグループ会社などに出向さえて、成長の機会を作りました。若手社員の成長は、旧国鉄時代からの中高年社員への大きな刺激になりました。


藤井孝一

いきなり独立して収入源がなくなれば、目先のお金を稼ぐことに追われ、本当にやりたいことができなくなる。副業なら、低リスクでトライ&エラーを重ね、自分のやりたいこと、できることを形にできる。


大塚寿

プレゼンテーションの語源は「プレゼント」です。私たちがプレゼンをするときに気をつけるべきことも、プレゼントをするときとまったく同じ。自分が話したいことを一方的に話すプレゼンではなく、相手が知りたいことを伝えて喜んでもらうプレゼンでなくてはいけません。


諸富祥彦

ダメな人が自分に甘いのは、いまのままでもなんとかなると思っているからでしょう。仮に「もっと生産性を上げなければクビだ」と言われたら、どんなダメな人でも本気で何とかしようとしますよ。


堺美保

新しい市場、新しい需要をつくろうと思ったら、人真似なんかしていられない。


ベンジャミン・フランクリン

人間の幸福は、稀にしか来ないような大チャンスが生むのではなく、常日頃のわずかな利益が積み重なったものだ。


小池龍之介(小池龍照)

「今」目の前にある現実に起こっていることへの対応に専念するべきです。たとえば最近よく耳にする北朝鮮が核ミサイルを撃ってくるかもという話も、「今」起こっていることではなく、将来を脳が勝手に予測して、自分のなかで心配しているにすぎないのです。実際に起こってもいないことを心配してもしょうがありません。もし、実際にミサイルが飛んできたとしても、飛んできて身の回りに変化が起こってから考えればいいのです。


安岡正篤

本当に我々の存在というものは、究明すればするほど種々のお陰によってある。天地のお陰、国家や社会のお陰、親や師友のお陰。この計り知ることのできないお陰をしみじみと感じとり認識する、これがいわゆる恩を知るということであります。そこではじめて理性や感情を持った人間になるのであります。