北村正志の名言

北村正志のプロフィール

北村正志、きたむら・まさし。日本の経営者。「カメラのキタムラ」社長。早稲田大学第一政治経済学部中退後、「浅沼商会」を経て「キタムラ」に入社。取締役、営業本部長などを経て社長に就任。「カメラのキタムラ」をチェーン展開し、同社を大きく成長させた。

北村正志の名言 一覧

カメラを売った日から、キタムラとお客様との繋がりが始まります。売って終わりではないのが、カメラのキタムラなのです。


我々が先導してビジネスモデルを作り、研究してお客様に提案していかなければならない。


事業ですから絶対ということはありませんが、成功するという信念がなければ挑戦はできません。


人がいて、事業があって、その入れ物として会社がある。この順番を逆転させてはいけません。


「人が主役」の会社にするには、一人ひとりが持っている能力や可能性を存分に発揮できるよう、「明るく、朗らか、のびのび」と仕事ができる環境を整えなければなりません。


どうせ仕事をやるんだったら、明るくのびのびやって、しかもやりがいのあるようにしよう。二度とない人生を苦痛に過ごすのはもったいない。


企業文化で大切なのは情報共有です。トップが情報を独り占めしたり、操作しないこと。ともに考えるために情報を共有することが天才に勝る成果をあげられる唯一の道。


私がよく社員に言うのは、「まだ死の砂漠は越えてないぞ。水と食料がある間にとにかくがんばろう」ということです。水と食料とは、増収増益のことです。増収増益の状態とは、改革と投資がまだできるという事なのです。投資も改革も、実行する費用がなくなれば続けられません。


写真・カメラの世界は今後も変わり続けます。その中で生き残るためにも、業界でトップのシェアを守っているのです。シェアがあることの利点は、費用のかかる研究開発ができるということ。そして研究開発する人間を採用できるということです。


2002年、「もうフィルムカメラはなくなる、だから100%デジタルカメラに切り換える」と、私は社内で宣言しました。「デジカメで日本一になる」と、大方針転換です。同時に、私はもう古いということで社長を辞め、当時46歳の、デジタルが皮膚感覚で分かる今の社長に交代しました。若い社長に切り換えるのは大変寂しいことでしたが、仕方がないことです。会社は公ですから、そちらを優先せねばなりません。


当社では役職名ではなく、名前で呼び合うことにしています。私も「会長」と呼ばれるのではなく、「北村さん」と呼ばれています。一人ひとりを尊重し、個の力を結集することが大切だと思うからです。


イントラネット(企業内ネットワーク)で情報を共有することはもちろん、会議室もガラス越しでオープンにしたり、私を含めた役員も役員室などを設けず大部屋で従業者と共に仕事をしています。机もフリーデスクにし、どこでも仕事ができるようにしています。オープンな環境で仕事をし、イントラネットで情報を共有する環境を整えているのです。


社員が「明るく、朗らか、のびのび」と仕事ができる環境を整える際に一番大切なことは「情報共有」です。社内で情報が共有されていなければ、会社の方向やノウハウが伝わらず、従業者が「明るく、朗らか、のびのび」と働けません。その結果、人が育たず、企業の成長も止まります。


写真に限らず、あらゆる分野がデジタル化とインターネットによって産業構造を変えました。ですが、写真をプリントして残す価値がなくなってしまったわけではありません。プリクラのように写真を作り込んだり、思い出の写真を本のように加工したりする需要は伸びています。


今回の落ち込みを打開するには、私の頑張りと、写真屋人生40年、50年の経験と知恵だけでは困難。もっと視点を広げなければと考えました。そこでCCCの増田宗昭さんにお願いしました。増田さんは10年くらい前に当社の社外取締役を務めていただいたことがあります。年に数回役員会に出てくれればいいと、増田さんの企画力、才覚を期待して頼みました。それ以来のお付き合いです。写真屋が写真だけで頑張っても大した変化は起こせない。代官山T-SITEなどを成功させた増田さんの天才的な感覚、プラスα、Xを期待しています。

【覚え書き|カルチュア・コンビニエンス・クラブに株式の約30%を売却したことについて】


北村正志の経歴・略歴

北村正志、きたむら・まさし。日本の経営者。「カメラのキタムラ」社長。早稲田大学第一政治経済学部中退後、「浅沼商会」を経て「キタムラ」に入社。取締役、営業本部長などを経て社長に就任。「カメラのキタムラ」をチェーン展開し、同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

竹田陽一

継続取引型の業種では社長が売りを抜きにして得意先を定期的にまわると、お客自身の情報と競争相手の情報の二つが同時に入ってくるのです。それには何度も通う必要があるとは思います。かつてレーニンは「自ら足を使わないで情報を集めようとする者を官僚と呼ぶ」と言いました。あなたは決して役人にならないように。


フィリップ・コトラー

企業には、有能な社員の才能を引き出す責任がある。


寺尾玄

私はこれまで、何度も可能性を使って不可能と思われていることに挑戦してきました。そのたびに「よくそんな無茶ができますね?」と言われますが、私にとっては無茶でも何でもありません。それはいつも「できるかもしれない」と考えているから。そのことを相手に説明するとさらに、「でも、○○と考えるのが普通ですよね」と聞かれます。実はこの質問が、可能性を使う時に立ちはだかる最大の障壁なんです。この質問の正体は何だと思いますか? それは「常識」です。


平井伯昌

よくあるのが、ネガティブに考える人が「前向きに考えよう!」「強くならなきゃ!」と思い込もうとすること。一時的に頑張れても長続きせず、そう思うこと自体に疲弊したり、他人と比較して自分のふがいなさに落胆したりする人もいます。しかし、無理に強くなろうと思い込まなくても、自然な対応力を身につければ、誰でもプラスに捉えられると思うのです。


枝川義邦

「筋トレ」を習慣にすることも、記憶力の手助けとなります。筋肉を鍛えると負荷がかかり、筋繊維が一度破壊され、その後、強く太い筋繊維が再生されます。このとき筋繊維に含まれていた物質が血中に放出されるのですが、その中に「イリシン」というホルモンがあります。イリシンは、脳で「BDNF(脳由来神経栄養因子)」と呼ばれる、神経細胞が新しく生まれる神経新生をサポートする物質を増やすと言われています。身体を鍛えることも、記憶力アップにつながるのです。


藤田晋

中長期的な視点に立てば、逆境はあって当たり前で、辛いのも当然だと考えられると思います。短期的な判断が必要な場面もありますが、慌てて間違った判断を下さないよう、逆境を長期的な視点で捉えることを忘れないでほしい。


米村でんじろう(米村傳治郎)

「科学=遊び」という感性を根付かせたい。


長谷川裕一(北海紙管社長)

変えられないのは、経営者の責任ですよね。社員たちを巻き込んだ側の責任。ですから、社員の自主性に任せますし、社員から出てきた提案を、なるべく素直に実行するようにしています。


町田勝彦

半導体で重要なのは研究開発と設計だ。生産は優秀な製造企業に委託すればいい。君たちには、世界一流のファブレス(生産部門を持たない半導体メーカー)になって最先端の半導体を開発してほしい。
【覚書き:半導体事業を縮小し、液晶テレビに経営資源を集中させた際の発言。半導体事業は廃止するのではなく、生産部門は廃止しつつも開発のみに特化させることによって経営合理化と同時に技術の蓄積を可能にさせた】


堀場厚

欧米人の発想は、いわゆる「チャンピオンデータ」といって、ある測定装置が記録した最も正確な値を、その装置の「実力」であると主張します。しかし、オリンピック選手が自己ベストの記録を毎試合出せるわけではないのと同じように、測定装置が出す値も、正確度に多少のばらつきが生じるものです。ですから当社では、「100%保証できる正確度」をその装置の「実力」としてカタログに掲載してきました。そのため、チャンピオンデータを掲載している他の海外メーカーよりも、カタログ上の性能は低くなることがあり、当初は不利な戦いを強いられました。当社のこの方針が海外市場で理解され、定着するまでに5年から10年くらいかかりました。実際に使っていただくと、当社の測定装置は常に安定してカタログ以上の正確なデータを収集できるわけですから、海外市場でも徐々に真の実力が認められるようになりました。


森川亮

インターネット業界では、業界自体が速い成長をしているので、前年度比で30%くらい成長しないと成長しているとは言えない。すると、既存事業だけでは達成できないので、新しいことをしなければならない。


猪子寿之

感動するもの、その感動の理由が言葉で説明にしにくいもの、もしくは説明してもあまり意味がないようなものが競争力の源泉になる。デジタル社会では、そこのみが競争の差異になっていくんです。


北尾吉孝

論語には自分が何か問題に直面したときに答えとなる言葉が必ず潜んでいます。論語は孔子と高弟の言行を記録したものですが、二千数百年以上も前の言葉が、いまも生きた言葉として我々の心に響き、あるいは突き刺さってくるのです。人間が生きていくうえで必要なもの、大切なこと。その真髄は、大昔から何も変わっていないということなのでしょう。


安川第五郎

現在の事業でも、障害は山ほど横たわっている。しかし、これを闘争的に強行することは自分の性格上まずない。必ず迂回作戦をとることになるだろう。目標を失わないようにしていると、急速にはそこに行かないが、結果はそこへ行ってしまう。


井上礼之

社員がやりがいを持って働き、持てる力を最大限発揮できる「場」を提供することが経営者の使命である。


ページの先頭へ