名言DB

9429 人 / 110879 名言

北村森の名言

twitter Facebook はてブ

北村森のプロフィール

北村森、きたむら・もり。日本の編集者、商品ジャーナリスト。「日経トレンディ」編集長。富山県出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、日経ホーム出版(のちの日経BP)に入社。日経トレンディ編集長を経て商品ジャーナリストとして独立。

北村森の名言 一覧

人は高いものではなく、どうでもいいものを買わなくなったのです。ここを見誤ってはいけない。


大事なのは、なぜその商品でなければいけないのかという必然性。


何を変えて何を変えないかを上手く見定めた企業は、正解の道を歩む。


お客のニーズに応えるだけでは、ヒット商品はつくれない。


商品作りには物語が大事だと言われていますが、私は反対です。物語は自分から作るものでなく、第三者が感じるべきもの。その材料を的確に示すのが作り手の役割です。


北村森の経歴・略歴

北村森、きたむら・もり。日本の編集者、商品ジャーナリスト。「日経トレンディ」編集長。富山県出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、日経ホーム出版(のちの日経BP)に入社。日経トレンディ編集長を経て商品ジャーナリストとして独立。

他の記事も読んでみる

松下正幸

ひと昔前の人は、怒る時でも実に真剣に怒りました。怒るのもエネルギーがいりますから、そこまで真剣に怒る人が少なくなってきているのではないでしょうか。


松井忠三

会社があるのはひと言で言えば、社会に貢献するためです。これは間違いない。そうでないと会社は発展しない。


檀れい

私自身はまだまだ未熟。今でも新人時代のように、日々もがいているんです。だからこそ、昨日より今日、今日より明日は、1ミリでも成長できるよう、自分を磨いていきます。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

我々は「様々な課題はチャンスである」と考える企業です。課題はソリューション(解決法)を生み出すきっかけになる。


吉川廣和

前人未踏へ挑戦は、変革を続けない限りできない。


久水宏之

私たちがそのるつぼの中にありながら、まだよく認識できていない「国難」を、もっと等身大に見る必要があろう。報道も奥の深いものになることが望まれる。国難を直視することから生まれる一人ひとりの発意にこそ、未来を切り開く原動力はある、と思うからである。


武者陵司

企業の一員だと、個人の貢献した価値は分かりにくい場合があります。一方で、独立すると何が役に立っているのか明確に分かります。そうすると、やりがいも全然違う。私は独立して、全ての人を対象としたビジネスを始めて本当に良かったと思います。


松沢幸一

日々の企業活動は時間勝負ですが、工場再編などは多くの時間をかけて決断しました。構造部分は先を見据えてじっくり考え、商戦は素早く。この2本立てで変化に挑戦中です。


松本晃(経営者)

いい人と会って、いい話を聞くことで学ぶことも多くあります。そのために積極的にアプローチすることもありますし、講演会に行くこともあります。


西山昭彦

私は、人生に無駄なものは何もないと考えています。