名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

北村森の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北村森のプロフィール

北村森、きたむら・もり。日本の編集者、商品ジャーナリスト。「日経トレンディ」編集長。富山県出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、日経ホーム出版(のちの日経BP)に入社。日経トレンディ編集長を経て商品ジャーナリストとして独立。

北村森の名言 一覧

人は高いものではなく、どうでもいいものを買わなくなったのです。ここを見誤ってはいけない。


大事なのは、なぜその商品でなければいけないのかという必然性。


何を変えて何を変えないかを上手く見定めた企業は、正解の道を歩む。


お客のニーズに応えるだけでは、ヒット商品はつくれない。


商品作りには物語が大事だと言われていますが、私は反対です。物語は自分から作るものでなく、第三者が感じるべきもの。その材料を的確に示すのが作り手の役割です。


北村森の経歴・略歴

北村森、きたむら・もり。日本の編集者、商品ジャーナリスト。「日経トレンディ」編集長。富山県出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、日経ホーム出版(のちの日経BP)に入社。日経トレンディ編集長を経て商品ジャーナリストとして独立。

他の記事も読んでみる

萩本欽一

コント55号時代、「坂上二郎は芸があるので残るだろうが、萩本欽一は芸がないので残らないだろう」って活字に書かれたことがショックでね。そうか、僕には芸がないのか、それなら一人でなにかやるときは「芸」とは関係ないもので勝負すればいいやと思ったの。


大竹文雄

経済学では本来、「幸福」という抽象的な用語は、議論の対象としてはいなかった。なぜなら、人によって価値観は異なり、同じような体験をしたとしても、人によって幸福感は違うはずだ。だから幸福の比較はできないという立場だった。ところが幸福度に関する調査結果の統計調査から、国際比較してみると意外に共通している。そこから幸福の経済学は、新しい時代に対応した経済学として産声を上げた。


福地茂雄

誇りを持って仕事してほしい。番組をつくることができるのは、熱い血の通った人間だけです。だから誇りを持って仕事をしてほしい。ただし、誇りを持つことと威張ることは違う。誇りは高く、姿勢は低く、謙虚に。


桔梗原富夫

テクノロジーをうまく利用してプラットフォーマーになれた企業は、市場で強大な主導権を持つ。


二宮清純

私は自分の仕事を養蜂業だと思っています。試合が行われている場所、選手がいるところに自分が飛んでいかなければ、何もみえないし始まりません。たとえ、今日の試合はエースと二線級の先発だから観なくても結果はわかると思っても、足を運ぶのです。そうすれば必ず何かしら、「えっ」と思うことに出くわします。


猪瀬直樹

「負け」を死の宣告のように大げさに捉えて、人生を投げ出す人が多い気がします。負けを重く受け止める人は、人生を甲子園のようなトーナメント戦だと考えているのではないでしょうか。甲子園では一度でも負けたら上に進むことは不可能。それと同じように、一回でも失敗したら、人生という舞台で勝ち昇れないと思い込むのです。しかし、人生は本当にトーナメント戦なのでしょうか。僕はむしろ「リーグ戦」だと思います。たとえるなら大相撲。相撲はたとえ初日で負けても、次の日にまた取り組みがあります。そうやって勝ち負けを繰り返しながら15日間を戦い抜いていきます。人生にも似たところがあります。


小宮一慶

営業職なら、先輩社員のやり方をマネするだけでなく、書店に山ほど売っているマーケティングの基本理論やプレゼン法、話の聞き方、人間(顧客)の心理学に関する著作を読んでいるか。その知識が20代で役に立たなくても30代以降、マネジャーのような立場になったときに生きてくるはずです。昇進すればするほど、本物を相手に真剣勝負することが増えます。しかるべきベースがあり、それを応用することで、実践力は高まるのです。


五十嵐茂樹

最後に重要になるのはヒトの問題です。我々はピープルビジネスですから最後は、人間力でいかに他店に差をつけていくのかが課題になります。


神田昌典

「知識の創造」には、大きく分けると2つの段階があります。第1段階は、「情報の編集」。世の中にあふれかえる玉石混交の情報から、正しい情報と間違った情報を見分け、編集した上で、発信することです。いわば、「キュレーション(目利き)」ですね。そして、第2段階が、「知識の創造」。正しい情報を元に、思索を重ね、イノベーティブなアイデアや知識を創造することです。


石原壮一郎

男性に謝罪するときは、できれば「寛大に許してやる俺って、なんてできた人間だろう」「そろそろ許したほうが株は上がるんじゃないだろうか」という気持ちに誘導しましょう。「○○さんが担当で本当によかった。ほかの人ならこうはいかない。ご恩は決して忘れません」と相手が特別だと持ち上げることも忘れずに。


日色保

グローバルで活動する際、仕事の話しかしない人は面白みに欠けると思われがちです。個人的にはアートや演劇などが好きですが、それ以外の分野にも常にアンテナを張り、関心を持つようにしています。実用書や文芸書など幅広いジャンルの本を年間80~90冊は読むようにしています。


児玉光雄

仕事の成果はあくまで付録のようなもので、報酬とは、本当に泥臭い努力や作業の中にある。そう考えれば、私たちはどんどん成長していける。