名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北村森の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北村森のプロフィール

北村森、きたむら・もり。日本の編集者、商品ジャーナリスト。「日経トレンディ」編集長。富山県出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、日経ホーム出版(のちの日経BP)に入社。日経トレンディ編集長を経て商品ジャーナリストとして独立。

北村森の名言 一覧

人は高いものではなく、どうでもいいものを買わなくなったのです。ここを見誤ってはいけない。


大事なのは、なぜその商品でなければいけないのかという必然性。


何を変えて何を変えないかを上手く見定めた企業は、正解の道を歩む。


お客のニーズに応えるだけでは、ヒット商品はつくれない。


商品作りには物語が大事だと言われていますが、私は反対です。物語は自分から作るものでなく、第三者が感じるべきもの。その材料を的確に示すのが作り手の役割です。


北村森の経歴・略歴

北村森、きたむら・もり。日本の編集者、商品ジャーナリスト。「日経トレンディ」編集長。富山県出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、日経ホーム出版(のちの日経BP)に入社。日経トレンディ編集長を経て商品ジャーナリストとして独立。

他の記事も読んでみる

藤巻幸夫(藤巻幸大)

忙しいからって仕事漬けになってちゃ駄目。遊んでこそセンスは磨かれますからね。良い意味でのサボり上手もビジネススキルのひとつです(笑)。


ジャック・ウェルチ

本当に大切なメンター(師)は30分しか時間の取れないような有名人じゃない。あなたの働く会社の偉い重役さんで、あなたのために隔週で一時間ずつとってくれる人でもない。そうであってもいいのだけど、その場合には他にも多くのメンターがいるのであればという条件がつく。仕事をしていく上で出会うすべての人、あなたの知らないことを知っているすべての人たちに何らかの形でメンターになってほしいと考えるべきだ。


桑原豊(経営者)

人間、欲がなければ頑張ろうという気が起きず、リスクのある挑戦をしようという気がなくなります。これでは絶対に成長しません。


涌井雅之(涌井史郎)

私は首都高速の大橋ジャンクションの環境プランニングに関わりましたが、ここの屋上部分に緑があふれる公園を整備しました。普通、高さ35mの巨大なジャンクションが隣にあったら、マンションは値段が下がりますよね。ところがここでは値段が上がっています。しかもあんな高さに緑の庭園があるというので、はとバスが訪れる名所にまでなりました。これまでのインフラは、基本的に縦割りで、道路は道路、河川は河川、鉄道は鉄道の役割しか考えてきませんでした。しかしその役割を複合的に捉えることで、新たなライフスタイルを感じさせる空間を生み出せるんです。


高原豪久

商品の価値を100%、あるいは120%消費者に伝えるということは、やはり現地の人にしかできないのです。商品価値を伝えるコンセプト表現とか、商品デザインといったものは日本人の感覚でやっても絶対に現地の人には伝わりません。


佐々木かをり

言葉の違いで、同じ出来事や同じ風景でも、別物に見えてきます。「疲れた」と口にすると、とたんに疲れた気になるので、私の会社では“疲れる”は禁句です。同じように、私は“悩み”という言葉も使いません。“課題”と表現するようにしています。“悩み”と言うと、暗くて、解決できないイメージです。一方、“課題”という言葉で表現すれば、解決できることに思えてきます。


堀紘一(コンサルタント)

時間を有効に使うため、細切れの時間を活用することも大切だ。僕はいつも鞄の中に文庫本を用意している。訪問先で少し待たされたりするときに、少しずつ読み進む。そうすると一週間に一冊くらいのペースで読了する。相手に待たされても、腹を立てることがなくなる効用もある。


江上治

経営者に必要なのは「人間力×スキル」。「人間力」というのは人のため、社員のため、社会のために動ける力です。


小笹芳央

自分と同僚の仕事ぶりを積極的に比べろ。同じ仕事を担当しているのに、他人にできて自分にできていないことがある。そんなとき、できる人は自分がやっていない工夫をしているはずだ。


O・ヘンリー

「私は正直者です」と自分で言う者に、決して正直者はいない。
「私は何にも知りません」と言う者はよく知っている。
「私は何でも知っている」という者はホラ吹きである。
何も言わない人間は賢明な人か、利己主義の人かどちらかである。


坂本光司

自分たちの会社は、何のために存在しているのか。一度真剣に考えてみてほしい。一言でいえば、それは社員やその家族、またそのほか関係する人たちを幸せにするためではないでしょうか。この思いがないと、どんな制度や仕組みをつくってもうまくいかないだろうと私は思います。


岡田裕介(東映)

今までは映画俳優がスターだったけど、今はキャラクターがスターだから、そこを間違えちゃいかん。キャラクターは歳を取らない、大変な財産だから。