名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

北村晴男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北村晴男のプロフィール

北村晴男、きたむら・はるお。日本の弁護士、タレント。長野県出身。早稲田大学法学部卒業後、学習塾を経営しながら司法試験に挑戦。8度目で合格。35歳で北村晴男法律事務所(のちの北村・加藤・佐野法律事務所)を開設。テレビのコメンテーターとしても活躍した。

北村晴男の名言 一覧

甲子園に行けなかったのは大きかった。「負けたら終わり」というのは弁護士になったいまも共通する考え方ですからね。高校3年の準々決勝で負けたのは本当に辛かった。10年はあの時の夢を見ましたね。


弁護士という仕事について、一番活きたのは、やっぱり高校野球の体験。どんなに頑張っても勝たないと意味がないということですよ。一生懸命やればいいなんていうのは、負け犬の遠吠え、眠たい話でしかない。「勝たないと意味がない」と思えばこそ、最高の準備と努力ができるのですから。


高校時代、野球部の練習はハードで、土日は朝から晩まで練習ですからね。周りからは「奇人変人の集まり」のように扱われていましたよ。それでも、甲子園の夏の予選・県大会では1、2年と1回戦で負けて。3年のときは準々決勝まで勝ち進んだものの敗退し、今にも残る大きな教訓が痛烈に身体に刻み込まれたんです。よく「努力は大切だ」と言われるけれど、「結果の出ない努力など、なんの意味もない」と。


長男が生まれ、その年に落ちたのが7回目なんだけど、さすがに焦りましたね。そこからですよ、火がついたように、死にものぐるいで勉強を始めたのは。そう思わなきゃダメなんだな、人間っていうのは。30歳、8度目の挑戦でようやく司法試験に受かったけれど、「なんとかなるだろう」で受かるような試験じゃなかったということです。


高校時代に「甲子園に行く」とあれだけ頑張ったのにダメだった。世間の人は、どう思うかわからないけれど、自分の中では「負け犬」なんですよ。あそこで負けたという……。甲子園って、もともと高いハードルですよ。でも、「行ける」と思って、必死に頑張ったけど、ダメだった。それで司法試験も、いけると思って必死に努力して「ダメだった」となると、「自分は高い目標を立てるけど、なに一つ成し遂げられない」となる。それが自分には許せなかった。やっぱり負け犬にはなりたくないと。

【覚え書き|諦めずに司法試験に何度も挑戦したことについて】


弁護士を目指そうと思った最初のきっかけは、中学校での野球部廃部騒動。当時2年生だった僕は、野球がなによりも好きでね。毎日、野球の部活に打ち込んでいたら、校長から突然、「この夏をもって野球部を廃部にする」と発表があって。一人で校長と教頭に、ずっと抗議していたんです、「それはおかしい」「校長、教頭の資格がない」「すぐに辞めるべきだ」って。あとで、当時の担任から「運動神経のいい子が野球部に集まって、他の部が強くなれないので廃部することに決まったんだよ」と聞かされ、唖然とするんだけど。あれが「理不尽なことは許さない」という精神の始まりかも……。この頃、「弁護士なら、もしかして人に従わなくても良いのでは」と漠然と思うようになっていた。


北村晴男の経歴・略歴

北村晴男、きたむら・はるお。日本の弁護士、タレント。長野県出身。早稲田大学法学部卒業後、学習塾を経営しながら司法試験に挑戦。8度目で合格。35歳で北村晴男法律事務所(のちの北村・加藤・佐野法律事務所)を開設。テレビのコメンテーターとしても活躍した。

他の記事も読んでみる

松井忠三

夜に見回りをするなどひとつひとつの対策も重要ですが、やはり仕事を減らして社員の負担を軽くしてあげないとノー残業は難しい。


孫正義

私は、難しい課題は最善の贈り物だと思っています。より早く学べて、どうやって解決するのか、生き残るかたくさん学べますからね。


西野精治

脳の眠りのスイッチは「なるべく単調な状態をつくること」。いつも同じ時間に、同じパジャマで寝る、などのルーティンをつくることも有効。


吉田松陰

勉強しない人の気持ちには3つある。ひとつ目は、「年をとりました」と。ふたつ目は、「馬鹿ですから」と。そうでなければ、「私は才能が高く、もう学問は極めました」と。


永守重信

トップに必要な資質は3つある。1つ目は社員を動かすため、自分の考えていることを伝える「訴える力」。2つ目は白か黒か、右か左かを決める「決断力」。3つ目は「絶対逃げない」こと。どんなに優秀でも逃げるやつはあかん。これらの資質は全部経験して、失敗してみないことには身に付きません。


大坂靖彦

成功した人には夢実現のサイクルがあります。(1)夢と目標をビジュアル化する、(2)それを確信する、(3)持続させる、(4)夢を支えてくれた人たちに感謝する。特に2番目の「確信する」というステップは大事です。夢を信じ切るのは難しいのです。


古賀慶

大好きだった絵を描くことが仕事になったことで、「読者が買いたくなる作品を描かなければ」という意識が強くなりました。やはり、人に見てもらわないと意味がない仕事なので。


井上和幸(ヘッドハンター)

部下の仕事まで背負い込み、本来やるべきマネジメント業務がおろそかになっている上司の姿をよく見かける。しかし、部下ができることなら、上司は自分でやらなくていいはずだ。


若田光一

国際宇宙ステーションでの仕事は、役割や内容が異なる世界各国の乗組員と協力して行わないといけません。そこで求められる資質は4つあります。「自己管理能力」「リーダーシップ」「チームワーク」、そして「フォロワーシップ」。フォロワーシップとは、リーダーを支援し、リーダーが仕事をしやすい環境を作る力。


加藤俊徳

脳の力は、あらかじめ決まっている不変なものではなく、日々の経験で変化していく。脳は、使ったところほど成長し、使っていないところから衰えてくる。脳が変わると自分の強みや弱みも変わっていく。大人の脳でも、早ければ3~4か月で変わる。人は自分の弱点が気になるものだが、脳を伸ばすには、強みを生かすほうがうまくいく。


坂本龍一

向こうに行って本当によかったなと思ったのは、すべてをひとりでやらなければならなくなったこと。英語もろくにしゃべれなかったから、郵便局で手紙を出すのにもオドオドしていて、「もっとデカい声で言えよ!」って郵便局員に怒鳴られて、ますます焦ったり。そんなことを繰り返すことが、自分を取り戻す作業になっていた。
【覚書き|ニューヨークに移住した当時を振り返っての発言】


上田準二

偉人の格言もいいんですが、あまりにも論理的にスキのない言葉や話を聞かされると「言っていることは正しくても、それができないから困ってるんだよ!」と思うものです。