名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北村晴男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北村晴男のプロフィール

北村晴男、きたむら・はるお。日本の弁護士、タレント。長野県出身。早稲田大学法学部卒業後、学習塾を経営しながら司法試験に挑戦。8度目で合格。35歳で北村晴男法律事務所(のちの北村・加藤・佐野法律事務所)を開設。テレビのコメンテーターとしても活躍した。

北村晴男の名言 一覧

甲子園に行けなかったのは大きかった。「負けたら終わり」というのは弁護士になったいまも共通する考え方ですからね。高校3年の準々決勝で負けたのは本当に辛かった。10年はあの時の夢を見ましたね。


弁護士という仕事について、一番活きたのは、やっぱり高校野球の体験。どんなに頑張っても勝たないと意味がないということですよ。一生懸命やればいいなんていうのは、負け犬の遠吠え、眠たい話でしかない。「勝たないと意味がない」と思えばこそ、最高の準備と努力ができるのですから。


高校時代、野球部の練習はハードで、土日は朝から晩まで練習ですからね。周りからは「奇人変人の集まり」のように扱われていましたよ。それでも、甲子園の夏の予選・県大会では1、2年と1回戦で負けて。3年のときは準々決勝まで勝ち進んだものの敗退し、今にも残る大きな教訓が痛烈に身体に刻み込まれたんです。よく「努力は大切だ」と言われるけれど、「結果の出ない努力など、なんの意味もない」と。


長男が生まれ、その年に落ちたのが7回目なんだけど、さすがに焦りましたね。そこからですよ、火がついたように、死にものぐるいで勉強を始めたのは。そう思わなきゃダメなんだな、人間っていうのは。30歳、8度目の挑戦でようやく司法試験に受かったけれど、「なんとかなるだろう」で受かるような試験じゃなかったということです。


高校時代に「甲子園に行く」とあれだけ頑張ったのにダメだった。世間の人は、どう思うかわからないけれど、自分の中では「負け犬」なんですよ。あそこで負けたという……。甲子園って、もともと高いハードルですよ。でも、「行ける」と思って、必死に頑張ったけど、ダメだった。それで司法試験も、いけると思って必死に努力して「ダメだった」となると、「自分は高い目標を立てるけど、なに一つ成し遂げられない」となる。それが自分には許せなかった。やっぱり負け犬にはなりたくないと。

【覚え書き|諦めずに司法試験に何度も挑戦したことについて】


弁護士を目指そうと思った最初のきっかけは、中学校での野球部廃部騒動。当時2年生だった僕は、野球がなによりも好きでね。毎日、野球の部活に打ち込んでいたら、校長から突然、「この夏をもって野球部を廃部にする」と発表があって。一人で校長と教頭に、ずっと抗議していたんです、「それはおかしい」「校長、教頭の資格がない」「すぐに辞めるべきだ」って。あとで、当時の担任から「運動神経のいい子が野球部に集まって、他の部が強くなれないので廃部することに決まったんだよ」と聞かされ、唖然とするんだけど。あれが「理不尽なことは許さない」という精神の始まりかも……。この頃、「弁護士なら、もしかして人に従わなくても良いのでは」と漠然と思うようになっていた。


北村晴男の経歴・略歴

北村晴男、きたむら・はるお。日本の弁護士、タレント。長野県出身。早稲田大学法学部卒業後、学習塾を経営しながら司法試験に挑戦。8度目で合格。35歳で北村晴男法律事務所(のちの北村・加藤・佐野法律事務所)を開設。テレビのコメンテーターとしても活躍した。

他の記事も読んでみる

藤田紘一郎

高齢になってからの健康管理や生きがい作りのためには、他者との交流や社会との接点を持ち続けることが必要です。人は歳を取ればとるほど頑固で偏屈になりがちですが、「自己」と「私」を主張する人生を降り、「他者」や「あなた」を大切にして共に生きることで、100年人生でも孤立せず、生きがいのある楽しいものにすることができるでしょう。


斉藤徹

営業ができる人は、まず自分自身をやる気にさせることができる人。お客様との契約を達成に導くということは、お客様もやる気にさせること。つまり自分も含めて、人のモチベーションを高めることができるということではないでしょうか。


堤清二

断られても挫けずに何度も頼めば、どんな人でも五回目くらいには断ることが難儀になるものです。愚直さが相手の心を打つのです。


木暮太一

自分が知っている分野の商品だと玄人になり、素人の気持ちがわからなくなりますが、新商品のアイデアは素人の意見がヒントになって生まれてくる。


古森重隆

優先順位の設定は決断に不可欠と言える。どのくらいのスピード感や規模感で断行するか、それは優先順位を決めなければ判断できない。


ジョン・D・ロックフェラー

私はいかなる失敗も、チャンスに変えるよう常に努力してきた。


村田昭治

私が奨めているのは、尊敬している人との会話、研修会や勉強会に自ら進んで出て行って討論に参加し、雑談の輪に入っていくことだ。その「知」のミキサーのもつ力は大きい。


ジム・ロジャーズ

景気の悪い業界だろうと、自分がお金をたくさん稼ぐ方法はある。そして、業界が置かれた状況は変えることができる。


池上彰

若い頃に読んで皮相的になんとなくわかった気になっているけれども、ある程度経ってから読み返すと、また新しい発見がいくらでもある。


山田進太郎

メルカリより前にもCtoCのサービスはありました。ただ、パソコンなどのガジェットや本、女性のファッションなどの取引が中心で、僕はそれをオールジャンルでやれば、すごく大きなビジネスになると考えました。実際、次第にトイレットペーパーの芯を集めて出品する人や、子供が拾ったドングリを売る人なども出てきて、とんでもなく面白いことが起こりつつあると実感しました。その良さをできるだけ殺さないように、自由なプラットフォームとして運営してきたのが、すごく良かったところだと思っています。


行本明説

仕事は、「他人と共同でやる仕事」と、「自分一人でやる仕事」に分けることができます。ほとんどの場合、「今日一番大事な仕事」は「自分一人でやる仕事」です。会議のプレゼンテーションは重要な仕事ですが、それを成功させるには、自分一人でやる仕事である事前準備がカギを握ります。仕込みが不十分では、どれほど人前でしゃべるのが上手な人でも、満足なプレゼンはできません。


奥井規晶

週末は家族との時間を確保しつつリラックスタイムに充てるのが一番。リラックスできる時間があるからこそ、仕事を前にした時の集中力が生まれます。土日もダラダラ仕事をするのが習慣化すると、集中力が続かなくなり、仕事全体の生産性はむしろ落ちてしまうものです。