名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北村晴男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北村晴男のプロフィール

北村晴男、きたむら・はるお。日本の弁護士、タレント。長野県出身。早稲田大学法学部卒業後、学習塾を経営しながら司法試験に挑戦。8度目で合格。35歳で北村晴男法律事務所(のちの北村・加藤・佐野法律事務所)を開設。テレビのコメンテーターとしても活躍した。

北村晴男の名言 一覧

甲子園に行けなかったのは大きかった。「負けたら終わり」というのは弁護士になったいまも共通する考え方ですからね。高校3年の準々決勝で負けたのは本当に辛かった。10年はあの時の夢を見ましたね。


弁護士という仕事について、一番活きたのは、やっぱり高校野球の体験。どんなに頑張っても勝たないと意味がないということですよ。一生懸命やればいいなんていうのは、負け犬の遠吠え、眠たい話でしかない。「勝たないと意味がない」と思えばこそ、最高の準備と努力ができるのですから。


高校時代、野球部の練習はハードで、土日は朝から晩まで練習ですからね。周りからは「奇人変人の集まり」のように扱われていましたよ。それでも、甲子園の夏の予選・県大会では1、2年と1回戦で負けて。3年のときは準々決勝まで勝ち進んだものの敗退し、今にも残る大きな教訓が痛烈に身体に刻み込まれたんです。よく「努力は大切だ」と言われるけれど、「結果の出ない努力など、なんの意味もない」と。


長男が生まれ、その年に落ちたのが7回目なんだけど、さすがに焦りましたね。そこからですよ、火がついたように、死にものぐるいで勉強を始めたのは。そう思わなきゃダメなんだな、人間っていうのは。30歳、8度目の挑戦でようやく司法試験に受かったけれど、「なんとかなるだろう」で受かるような試験じゃなかったということです。


高校時代に「甲子園に行く」とあれだけ頑張ったのにダメだった。世間の人は、どう思うかわからないけれど、自分の中では「負け犬」なんですよ。あそこで負けたという……。甲子園って、もともと高いハードルですよ。でも、「行ける」と思って、必死に頑張ったけど、ダメだった。それで司法試験も、いけると思って必死に努力して「ダメだった」となると、「自分は高い目標を立てるけど、なに一つ成し遂げられない」となる。それが自分には許せなかった。やっぱり負け犬にはなりたくないと。

【覚え書き|諦めずに司法試験に何度も挑戦したことについて】


弁護士を目指そうと思った最初のきっかけは、中学校での野球部廃部騒動。当時2年生だった僕は、野球がなによりも好きでね。毎日、野球の部活に打ち込んでいたら、校長から突然、「この夏をもって野球部を廃部にする」と発表があって。一人で校長と教頭に、ずっと抗議していたんです、「それはおかしい」「校長、教頭の資格がない」「すぐに辞めるべきだ」って。あとで、当時の担任から「運動神経のいい子が野球部に集まって、他の部が強くなれないので廃部することに決まったんだよ」と聞かされ、唖然とするんだけど。あれが「理不尽なことは許さない」という精神の始まりかも……。この頃、「弁護士なら、もしかして人に従わなくても良いのでは」と漠然と思うようになっていた。


北村晴男の経歴・略歴

北村晴男、きたむら・はるお。日本の弁護士、タレント。長野県出身。早稲田大学法学部卒業後、学習塾を経営しながら司法試験に挑戦。8度目で合格。35歳で北村晴男法律事務所(のちの北村・加藤・佐野法律事務所)を開設。テレビのコメンテーターとしても活躍した。

他の記事も読んでみる

植草徹也

豪カンタス航空の子会社でジェットスターというLCC(格安航空会社)があります。LCCが勃興した10~15年前、世界中の航空会社がLCCを立ち上げましたが、いまも残っている規模の大きなLCCはジェットスターだけです。ジェットスターが他社と違ったのは、カンタスの別会社としてスタートしたこと。旅行客中心のLCCはビジネス客中心の航空会社とはまったく違うコスト構造が必要と考えて別組織で対応したのが成功の要因とされています。


斎藤康博

お互いがお互いの価値を認めて、それぞれの強さを引き出す――。これが私たちの考えるパートナーシップ。その取り組みに終わりはありません。


小山昇

一時期、巨人軍は強打者をたくさん集めたのに結果を残せませんでした。会社も同じで、優秀な人ばかりを集めても業績が良くなるわけではない。


ボブ・パーソンズ

社員が会社に対して情熱を持ち、会社の商品に対して情熱を持ち、その気持ちを商品に乗せることによって、それがお客様にも伝わる。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

もっとやさしく、誰にでも分かる言葉にしたほうがいいね。
【覚え書き|部下への言葉】


佐々木常夫

上司に嫌われないに越したことはありませんが、仮に一度嫌われてしまっても、ぶつかっていけば挽回も十分可能です。まずは「私のどんなところが悪いのでしょうか」と、嫌われている原因を探りましょう。「一緒に仕事をさせていただくのに、嫌われていたらやりにくいのです。教えてください」とバカ正直すぎるくらいで構わない。思い切って懐に飛び込み、真摯に向き合えば、何かしら突破口が開けてくるものです。


横山光昭

度を越した節約も問題です。貯蓄をし慣れていないのに度を越した倹約を始めると、精神的にイライラし、「もう貯蓄なんてイヤだ!」とどこかで爆発してしまうからです。


小野田寛郎(小野田少尉)

遊んでいるように見える小鳥だって、天敵から逃げたり戦ったり、食べるために必死で餌を探して営々と努力しながら生きてきているのです。人間も同じことだと思います。のほほんとしてはいれられないと思うのです。


岩本敏男(経営者)

貸借対照表や損益計算書などを理解しないと経営を語れないのと同様に、ITの重要性を理解できなければ、もう経営が無理な時代です。


ピーター・ドラッカー

自社のもっている、また引き継いできたコア・コンピタンス(中核的競争能力)、独自の専門性を尊重し、それを十二分に活かしていくように人の知恵を結集すべきだ。


成毛眞

フェイスブックに関していうと、友達の数が多ければ多いほどいいと考え、なかには5000人を超える人と友達になっていることを自慢げに話す人もいる。しかし、データが重くなるだけで、メリットよりもデメリットのほうが大きくなるだけではないか。最も大切なのは、どれだけ価値ある情報のやり取りができる友達がいるかである。


津田純嗣

39歳のときに米国法人に赴任しました。会話も書類も英語だらけ。辞書を引く余裕もなく、とにかく英語漬けの日々を過ごしました。努力もしましたが学習というより、感覚で学んでいった部分が多かったですね。