名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北村晴男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北村晴男のプロフィール

北村晴男、きたむら・はるお。日本の弁護士、タレント。長野県出身。早稲田大学法学部卒業後、学習塾を経営しながら司法試験に挑戦。8度目で合格。35歳で北村晴男法律事務所(のちの北村・加藤・佐野法律事務所)を開設。テレビのコメンテーターとしても活躍した。

北村晴男の名言 一覧

甲子園に行けなかったのは大きかった。「負けたら終わり」というのは弁護士になったいまも共通する考え方ですからね。高校3年の準々決勝で負けたのは本当に辛かった。10年はあの時の夢を見ましたね。


弁護士という仕事について、一番活きたのは、やっぱり高校野球の体験。どんなに頑張っても勝たないと意味がないということですよ。一生懸命やればいいなんていうのは、負け犬の遠吠え、眠たい話でしかない。「勝たないと意味がない」と思えばこそ、最高の準備と努力ができるのですから。


高校時代、野球部の練習はハードで、土日は朝から晩まで練習ですからね。周りからは「奇人変人の集まり」のように扱われていましたよ。それでも、甲子園の夏の予選・県大会では1、2年と1回戦で負けて。3年のときは準々決勝まで勝ち進んだものの敗退し、今にも残る大きな教訓が痛烈に身体に刻み込まれたんです。よく「努力は大切だ」と言われるけれど、「結果の出ない努力など、なんの意味もない」と。


長男が生まれ、その年に落ちたのが7回目なんだけど、さすがに焦りましたね。そこからですよ、火がついたように、死にものぐるいで勉強を始めたのは。そう思わなきゃダメなんだな、人間っていうのは。30歳、8度目の挑戦でようやく司法試験に受かったけれど、「なんとかなるだろう」で受かるような試験じゃなかったということです。


高校時代に「甲子園に行く」とあれだけ頑張ったのにダメだった。世間の人は、どう思うかわからないけれど、自分の中では「負け犬」なんですよ。あそこで負けたという……。甲子園って、もともと高いハードルですよ。でも、「行ける」と思って、必死に頑張ったけど、ダメだった。それで司法試験も、いけると思って必死に努力して「ダメだった」となると、「自分は高い目標を立てるけど、なに一つ成し遂げられない」となる。それが自分には許せなかった。やっぱり負け犬にはなりたくないと。

【覚え書き|諦めずに司法試験に何度も挑戦したことについて】


弁護士を目指そうと思った最初のきっかけは、中学校での野球部廃部騒動。当時2年生だった僕は、野球がなによりも好きでね。毎日、野球の部活に打ち込んでいたら、校長から突然、「この夏をもって野球部を廃部にする」と発表があって。一人で校長と教頭に、ずっと抗議していたんです、「それはおかしい」「校長、教頭の資格がない」「すぐに辞めるべきだ」って。あとで、当時の担任から「運動神経のいい子が野球部に集まって、他の部が強くなれないので廃部することに決まったんだよ」と聞かされ、唖然とするんだけど。あれが「理不尽なことは許さない」という精神の始まりかも……。この頃、「弁護士なら、もしかして人に従わなくても良いのでは」と漠然と思うようになっていた。


北村晴男の経歴・略歴

北村晴男、きたむら・はるお。日本の弁護士、タレント。長野県出身。早稲田大学法学部卒業後、学習塾を経営しながら司法試験に挑戦。8度目で合格。35歳で北村晴男法律事務所(のちの北村・加藤・佐野法律事務所)を開設。テレビのコメンテーターとしても活躍した。

他の記事も読んでみる

鬼頭政人

資格試験勉強では、テキストを読んでインプットすることが欠かせません。しかし、より重点を置くべきは、アウトプット。すなわち、過去問を解くことです。読めば理解できる英文でも、自分で書こうとすると書けない、という経験をしたことのある人は多いでしょう。それと同様に、テキストを読んで理解できたからといって、問題に答えられるわけではありません。ですから、テキストを読むインプットよりも、アウトプットの練習を重ねることのほうが重要です。


寺尾玄

私が様々なことに果敢にチャレンジできるのは、自分に自信があるからではありません。うまくいかなくても「それでも生きていける」と思っているからです。そんなことを学んだ海外放浪の旅は、高校を辞めるという「17歳の決断」から生まれました。今にして思えば、あの時の決断は間違っていなかったように思えます。


大野直竹

思えば大変だったかもしれませんが、そのときは、とにかくがむしゃらにやっていました。不安を感じたり落ち込んだりする暇はなかった。

【覚え書き|新人時代を振り返って】


中田敦彦

自分にできないことは人に頼ってきました。それを重ねた結果、「人の能力を引き出す能力」が磨かれました。そう考えると、何かが「できない」ことは進化の原動力とも言えますね。一人ではできないことがあったからこそ、僕は能力を発揮できたのです。


小杉友巳

私は仲間こそが生涯現役の一番のキーポイントだと考えています。人は一人では生きていけませんし、一人でできることも限られています。仲間とはあなたのできないことを助けてくれる人たちであり、またあなたにしかできないことで助けてあげられる人たちのことでもあります。


佐野章二

創刊からの累計販売部数は約500万部です。随時、160名ほどのホームレスが路上で『ビッグイシュー日本版』を販売しており、過去、149名のホームレスが就職を果たしました。


豊﨑賢一(豊崎賢一)

当然のことをやり続けていくことを大切にしていきたい。


井上弘

情報の伝達経路が増え、視聴者がテレビだけに頼る時代は終わる。もう「我々が王座だ」とは言い張れない。だからこそテレビがネットに使われるのではなく、我々が積極的にネットを使う必要がある。


須田健太郎(経営者)

学生時代、8万円のギターが欲しくなってマクドナルドでバイトを始めたところ、おもしろさにすっかりはまってしまって。マネージャーまでやらせてもらいました。売り上げの計上から資材の発注まで店舗運営の部分まで任せてもらえて、30分ごとに出てくる売り上げで、自分のやっていることが正しいかどうかがすぐにわかる。バイトをやっていた5年間で、お金をもらいながら商売の勉強をさせてもらったような感じです。


山本亮(コンサルタント)

相手からいい話を引き出すコツは、いい質問をぶつけること。というと、つい格好をつけて気取った質問をしてしまいがちなのですが「困っていること」「疑問に思っていること」を素直に感じたままにぶつけてみましょう。「成功したいけれど、何から始めたらいいのかわからなくて困っている」「この問題を解決しないといけないけれど、その方法がわからない」とストレートに質問をしてみる。もちろん相手によっては「そんなこと自分で考えろ」と突き放される可能性もありますが、自分のことのように真剣に考えてくれる可能性のほうが高いのです。要は聞いたもん勝ち。少しの勇気と困っていることさえあれば、短時間でも濃い内容の話を聞くことができるというわけです。「困っている」ことを明確にしておくことが、人からお得な情報を引き出す秘訣なんです。


平松守彦

「豊の国づくり塾」でやるのは自分の地域を活性化させるためにはどうすればいいか、という勉強だから、先生も教科書もない。功した村長さんとかを呼んできて話を聞く。実践哲学です。今まで700人が育ち、地域の核となっています。


浜田宏

課題が複数あれば、「最も重要で、なおかつ不得手なもの」からあえて取り組んでいます。やりやすいものから始めて勢いをつける方法もありますが、苦手なものを克服するにはどうしても時間がかかり、目標達成に間に合わなくなる可能性もあります。それを避けるために、いま欠けているものをすべて洗い出し、プライオリティー(優先順位)の高いものからとりかかるべきでしょう。得意なものは、放っておいても要領よく率先してこなすのが人間ですから。