名言DB

9490 人 / 112001 名言

北村昌陽の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北村昌陽のプロフィール

北村昌陽、きたむら・まさひ。日本の健康ジャーナリスト。北海道出身。京都大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学。日経BPに入社。「日経メディカル」記者、「日経ヘルス」副編集長などを経て独立。

北村昌陽の名言 一覧

まず大事なのは、基本的な健康習慣を身につけること。「できるだけ歩く」「まっとうな食事をする」「質のいい睡眠を取る」という3つが大切だ。どれも当たり前に思えるだろうが、それを実践できないから不健康になるのだ。


「不健康はサラリーマンの勲章」と、せり出した腹を自慢できたのは、もはや背の話。今や自分の健康や体形をマネジメントすることは、ビジネスパーソンの必須スキルだ。長く元気に働ける体を維持するために、きちんとした健康知識を習得しよう。


健康づくりにおいて、最終的に目指したいのは、今の自分に必要なことを自ら悟る「体の教養」を身につけること。体というものは一人ひとり違う。しかも絶えず変化する。誰もが同じことを実践して健康になれるわけではないし、以前役に立った健康法がいつも有効とは限らない。自分の体への理解が深まれば、必要な情報と不要な情報が自然に判別できるようになる。


北村昌陽の経歴・略歴

北村昌陽、きたむら・まさひ。日本の健康ジャーナリスト。北海道出身。京都大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学。日経BPに入社。「日経メディカル」記者、「日経ヘルス」副編集長などを経て独立。

他の記事も読んでみる

大前研一

95年に都知事選に出たけれど、都民は「机をひっくり返してやる!」と言った青島幸男氏を圧勝させた。僕は政治家には向いてなかったんだな。言ったことをやらない人が当選する世界だから合わないわけだ。その後「うちの政党で出馬を」と何回も言われたけど、向いてない、と悟ったのですべてお断りしてきた。運命を人に決められるのは、イヤなんだ。そこで政治ではなくもっと根っこの部分。教育、人づくりから日本を変えようと思ったんだ。


隈研吾

新しく造るものの中にちらりと古いものが見えるようなふうに。そんな隠し味の存在だけで、人間は見方が変わるものです。


大喜多治年

より収益の安定化を図る。製品の独自性や競争力を高めて利益率を向上させるのが近道。


寺尾玄

外国を放浪して精神的にたくましくなりましたよ。意外に思われるかもしれませんが、それまでは小さなことでよく悩み、勇気がなかった。そんな私が異国で野宿しながら、過ごしたわけです。「自分の力で生きていける」という自信がつきましたね。


菅下清廣

「いつまで株を持つか」を決めてください。初心者は、売るタイミングを逃して利益を出し損ねたり、下がる株をずるずる持ち続けて塩漬けに陥るケースがかなり多いからです。たとえば「株価が10%下がったら損切りする」「株価が15%上がったら売って利益を確定する」など、最初にルールを作ります。20%も下がったのに、「ここで売ったら損をする。上がるまで待とう」と持ち続けるのは最もよくない行為。最初にきっちりルールを定め、それを守って運用すれば、リスクを最小限に抑えることができますし、大損する心配はありません。


菅原勇一郎

他部署の仕事を経験すると、仕事は周囲との協力があってこそ成り立つものだと気付く。すると、周囲とより良い関係を築こうとし、仕事のレベルアップにもつながっていく。


浅田すぐる

人が疑問を解消しようと投げかける質問のほとんどは、「why」「what」「how」に集約される。それを事前に意識しておけば、資料の読み手が何を知りたいのか、どこに疑問を持つかが見えてくる。さらに「when」「who」「where」を補足的に意識することで、より具体的な提案にできる。


松井忠三

家庭をコントロールする難しさは、仕事と真逆の価値観で動くことです。仕事で求められることは、スピードと効率。そのため報告するにも結論から先に言います。でも、家庭で奥さんに「結論から先に」などと言うと機嫌を悪くされてしまうでしょう(笑)。家庭の価値観は「共有」すること。一緒に過ごすことこそが求められます。


御木徳近

私が大物なれというのは、立身出世をせよというのではない。金儲けをせよというのではない。人生を爽快に、有意義に生き抜くには、豊かな人間力を身につける必要があるので、その意味で、すべからく人は大物になれというのである。


夏原平和

商売は立ち止まったら終わりだ。思考をやめてしまったらそれはお客様に対する裏切り行為だ。


鍵山秀三郎

どんな立場で、どんな仕事に就いている人でも、経営に携わるとなれば公の心を持っていなければいけません。ところが残念ながら、自分の会社だけ売上と利益が伸びて、業績さえ上げればいいという経営者が多いのです。しかも同じ経営者でも、サラリーマン経営者になってくると、自分の任期だけよければいいという考え方に陥る。ですから、後任の人は苦労させられ、また同じ愚をくり返していくのです。


外山滋比古

投資した会社が潰れて丸々損をしたこともあります。それも1社だけじゃない。7~8社はあるかな。悔しい思いをしたから、社名は忘れちゃったけど。金額でいうと、最大で1000万円くらいを失った。ですが、それも一喜一憂のうちです。一憂があれば、「次にはいいことがある」と思う。実際、帳消しになるんです。だから面白い。