北村昌陽の名言

北村昌陽のプロフィール

北村昌陽、きたむら・まさひ。日本の健康ジャーナリスト。北海道出身。京都大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学。日経BPに入社。「日経メディカル」記者、「日経ヘルス」副編集長などを経て独立。

北村昌陽の名言 一覧

まず大事なのは、基本的な健康習慣を身につけること。「できるだけ歩く」「まっとうな食事をする」「質のいい睡眠を取る」という3つが大切だ。どれも当たり前に思えるだろうが、それを実践できないから不健康になるのだ。


「不健康はサラリーマンの勲章」と、せり出した腹を自慢できたのは、もはや背の話。今や自分の健康や体形をマネジメントすることは、ビジネスパーソンの必須スキルだ。長く元気に働ける体を維持するために、きちんとした健康知識を習得しよう。


健康づくりにおいて、最終的に目指したいのは、今の自分に必要なことを自ら悟る「体の教養」を身につけること。体というものは一人ひとり違う。しかも絶えず変化する。誰もが同じことを実践して健康になれるわけではないし、以前役に立った健康法がいつも有効とは限らない。自分の体への理解が深まれば、必要な情報と不要な情報が自然に判別できるようになる。


北村昌陽の経歴・略歴

北村昌陽、きたむら・まさひ。日本の健康ジャーナリスト。北海道出身。京都大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学。日経BPに入社。「日経メディカル」記者、「日経ヘルス」副編集長などを経て独立。

他の記事も読んでみる

高橋克徳

パワハラ上司に対しては、職場の仲間と話し合って、対策を練るのが一番です。「今朝、社長に叱られていたから機嫌悪いぞ。近寄るな」と警告し合ったり、一人が怒鳴られているときに「彼、そろそろ外出の時間なのですが」と引っ張り出してあげたりと、さまざまなフォローが可能です。あまりにも耐えきれないときは、ほかの部署の上司や人事に相談しましょう。疲弊してしまう前に、外部に苦境を知らせておくことを心がけましょう。


永井浩二(経営者)

昔から一緒に働いた人達に言っているのは「天網恢々(てんもうかいかい)疎(そ)にして漏らさず」という言葉です。本当の意味は「悪事はばれるぞ」ということでしょうけれども、私は「ちゃんとやっていれば、お天道様は見ていてくれるぞ」という意味で敢えて言っています。人間は運、不運、良い時も悪い時もいろいろあるでしょうから。


藤田晋

2000年のITバブル崩壊を経て、我々と同じタイミングで創業し投資ファンドから出資を受けた多くのベンチャー企業が、株式市場の暴落とともに消えていった。割高な企業価値で評価され過剰な出資を受けてしまうと、どんなに将来性のある技術やビジネスモデルを持っていたとしても、企業の実力とは関係なく、株式相場に翻弄されて経営がおかしくなってしまう。


中村天風

何事に対しても、現在感謝。ああ、ありがたい。何に対しても現在感謝。それより事態が悪くなっても、喧嘩にならないじゃないか。病になっても、ああ、ありがとうござんす。病になってもありがたいというのはおかしいじゃないかと思うかもしれない。しかし、死んじまわなかったんだろ。それで済んでいると思ったら、感謝したらいい。そういう気持ちを持っていると、どんなことがあっても、憂いとか辛いとかいうことがなくなるんだ。朝からしょっちゅうニコニコ、何事に対してもニコニコ。


松田丈志

「この選手のためなら力になりたい」。そう思わせる選手ほど結果を出していると気づいた時、五輪でメダルを獲るには仲間の力が必須で、応援されるような選手にならなければと思った。


イチロー(鈴木一朗)

小さいことを積み重ねることが、とんでもないところへ行くただひとつの道。


若松孝彦

子供=少子化のイメージが先行し、マーケットを敬遠する企業も多いと思います。しかし、子供は「未来の顧客」であり、本来はどの企業にもビジネスチャンスがあるはず。


横須賀てるひさ(横須賀輝尚)

資格をビジネスにするなら、例えば、営業するにも講師になるにも、「話す力」「聞く力」は必須なので、コミュニケーションに関する資格は取っておくといい。


三原脩

選手を掌握するといっても、虎を飼い慣らして羊にしてしまったのではどうにもならない。虎は虎として十分に働いてもらわんといかんというのが、勝負の世界を勝ち抜く管理者の要諦ですな。


森正文(経営者)

最初からうまく行くはずありませんよ。とにかく行ってみるしかない。担当者も自分も人間です。それぞれ個性がありますから、相性が合ないこともあります。全部の会社から契約は取れないのが当たり前と覚悟することです。そのうえで、やはり営業の分母を広げる努力は不可欠です。


吉田耕次

理解は、相手の背景がわかるとさらに深まります。一緒に食事をするなど、直接会って話すことで初めて理解できることも多い。


岡野雅行(サッカー選手)

最近、ガイナーレが負けた日に鳥取の居酒屋で飲んでいると、チームの悪口を言っている人が結構いるんですね。負けて怒る人がいるというのは、期待されてきている証拠。いい方向に向かっていると思います。


塚本幸一

諦めと我慢の意思決定は、人生を左右する。


正野勝也

わが身の生地で部下と接しなければ本当の指導はできません。部下に取り繕っても駄目です。つまり人を治めるには、まずわが身を正さなければ誰もついてこない。第一そうでなきゃ説得力もない。


三島和夫

不眠の治療においては薬を使ってでも、とにかく眠るという経験をするのが大事。睡眠薬は必要なときに適切に使って、治ったら減薬・休薬するのが基本。実際、睡眠薬を服用した8割以上の人が1年以内に、7割が3カ月以内に治療が終わっています。特に新しいタイプの睡眠薬は依存リスクも少なく過剰に心配する必要はありません。


ページの先頭へ