名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北村守(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北村守(経営者)のプロフィール

北村守、きたむら・まもる。日本の経営者。「クリックテック・ジャパン」日本代表。北海道出身。山梨大学工学部応用化学科卒業。日本パラメトリックテクノロジー リージョナルディレクター、エリアバイスプレジデント、マイクロストラテジー・ジャパン セールスディレクター、デマンドウェア社長、クリックテック・ジャパン カントリーマネージャーなどを務めた。

北村守(経営者)の名言 一覧

人やモノに依存せずに生きていることが、ストレスを溜めない最大の秘訣なのかもしれない。


学生時代はラグビーをやっていた体育会系ですが、社会人になってからは学生の頃のように運動の時間を作れなくなりました。そのため、運動できなくなってからは「ストレスを溜めないことが健康に良いだろう」と考え、極力ストレスを感じない生活を心掛けています。もともと性格が楽観的ということもありますが、食べたいものを食べ、趣味の読書では好きな本を読むなど、我慢せず、やりたいことをやっています。この生活のおかげか、年の割に白髪も少なく、肩こりもなく、二日酔いもしなければ、出張で海外に出掛けても時差ボケにもなりません。


両親共に健康で、父はいつも通り床に就き、翌朝布団の中で亡くなっていました。正にピンピンコロリの最期。私が健康診断の異常もなく、心身共に健康に暮らせているのも両親のおかげと感謝しています。


北村守(経営者)の経歴・略歴

北村守、きたむら・まもる。日本の経営者。「クリックテック・ジャパン」日本代表。北海道出身。山梨大学工学部応用化学科卒業。日本パラメトリックテクノロジー リージョナルディレクター、エリアバイスプレジデント、マイクロストラテジー・ジャパン セールスディレクター、デマンドウェア社長、クリックテック・ジャパン カントリーマネージャーなどを務めた。

他の記事も読んでみる

押井守

人生とは常に何かを選択し続けることであり、そうすることで初めて豊かさを増していくものであって、選択から逃げているうちは、何も始まらないのだ。選択する、つまり外部のモノを自分の内部に取り込むことを拒絶しては駄目だということだ。自分の殻の中だけに閉じこもっていては、本当の自由を得られない。


マウリキウス

将軍は決して「まさか」と言ってはならない。
【覚書き|上に立つ者はすべてのことを想定し、最悪のケースすらも事前に対処法を検討しておけという意味の発言。また、まさかのケースが発生しても、部下の士気を下げないために悪態をつかず、冷静に対処せよという発言】


東英弥

伸びている人は、「心の器」を上に向けている人。喉が渇いた時にコップを反対にする必要はない。成長したい、有名になりたい、お金が欲しい……何でも良いのです。そうなりたければ人の考えを聞いて、自分に落とし込むことが必要。


分林保弘

日本でも、会社を売るということをネガティブにとらえるのではなく、成功して売れる会社に育てたというように経営者の意識が変わってきた。


川邊健太郎

インターネットの技術や世の中のトレンドは、目まぐるしく変化する。失敗してもいいから、スピード感を持って新しいチャレンジをしていかないといけない。


大八木成男

医薬グループの課長時代、中国進出の現地調査の決裁を上司に仰ぎに行きました。上司は「現地に行って一体何を質問したいのか、質問項目を100個書いて持って来い」と命じました。ところが、どうしても80項目を超えることができませんでした。すると上司は、コツがあるのだと教えてくれました。まず大きな質問項目を10個考える。それができたら、そのひとつひとつについて10個の質問項目を考えればいい。ステップを踏めば、質問を100や200考えることなど容易なことだと。


石川潔(三菱石油)

企業経営に一発ホームランはまずない。経営に特効薬は望めない。結局はコツコツやるしかない。経営意思の決定にしても十年後の変化に対し九年後に手を打てばいいものもあるし、一年目からやらなければ間に合わないものもある。経営は劇的でも派手なものでもない。


ロバート・ルービン

意思決定においては、小手先の細工を用いてはならない。真剣な分析と配慮にまさるものはない。


織畠潤一

コミュニケーションというのは、一度伝えたから、すぐに通じるものではないんです。どの国のどんな組織のリーダーたちも、みんな手を変え品を変え、必死で取り組んでいるんです。


実藤裕史

目の前の壁もよーく見れば意外と穴が開いている。突破法を考えると楽しくなってくる。


三國清三

どんな仕事であっても、みんながやりたくない、嫌がる仕事には、突破口となるチャンスが隠れている。


小山昇

私の場合は、飲み会を通じて感情面でのコミュニケーションをしっかりととり、ミーティングで現場の状況を把握する。だから、話すときに、相手の心に届く言葉を発することができるのです。