名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北村和夫(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北村和夫(経営者)のプロフィール

北村和夫、きたむら・かずお。日本の経営者。東京ディズニーランドの運営会社オリエンタルランド常務。

北村和夫(経営者)の名言 一覧

ディズニーランドにお客様をお呼びするということは、自分の家に親しい大切なお客様をお呼びするのと同じです。そのコミュニケーションから、楽しさが始まります。


北村和夫(経営者)の経歴・略歴

北村和夫、きたむら・かずお。日本の経営者。東京ディズニーランドの運営会社オリエンタルランド常務。

他の記事も読んでみる

田崎真也(田崎眞也)

レストランでは女性が座ろうとしたとき、さりげなく椅子を引くことができる男性は確かにスマートですが、何のためにそうするのかがなければ、それは単なる作業にすぎません。相手を大切にしたいという気持ちがあって初めて、マナーが意味を持つのです。その気持ちを、周囲男お客様やお店のスタッフにまで持つことができるというのが、一流の人たちです。


尾堂真一

恐れずリスクに挑む、つまりリスクテークする人でないと、少なくとも当社のリーダーにはなれません。


パブロ・ピカソ

良い芸術家は真似をする。
偉大な芸術家は盗む。


伊佐山元

ネットでいくら人とつながっても意味がありません。恥をかいたり嫌な思いをしながらも、人とつき合っていくことが、最終的には自分を活かすことにつながります。これはどこでビジネスするうえでも大切です。


山元賢治

成功する企業は誰かのせいで負けたというのではなく、自ら変化を促し、リーダーになろうとしている。被害者意識ではなく当事者意識を持って新たな地平を開かないと、日本の退潮には歯止めがかからない。


伊藤美恵

最初の反響が大きいほど、飽きられるスピードは早いというのが常です。飽きさせないためには、露出を絶やさないよう新しい話題を提供し続けなければなりません。


浦沢直樹

『MONSTER』のときに医学生が使うような資料写真とかいっぱい使ったんですが、最初は「うわ、きついな」と思っていたけど、不思議なことにじーっと見ちゃうと平気になる。「ちらっ」と見えたものってすごい恐怖として残る。恐怖を克服するには一回じっと見ることなんだよね。恐怖というものは「ちらっ」と見えたもんだ。


菊間千乃

深刻な事故でしたが、これがなければ目標や計画だけが先行し、反省する機会は得られなかったかもしれません。早い段階でのキャリアの中断は、結果的に幸運だったと思います。
【覚え書き|生放送中の事故で3ヶ月間入院したことを振り返っての発言】


林厚見

マッキンゼーに就職したのは、経済にも興味を持ったからです。「なぜつまらない建築物が多いのか。社会構造に問題があるはずだ」と。建築家ではなく「別の道から街を変えよう」というスタンスで、入社しました。


安渕聖司

考えてみれば、アスリートは少しでも良い記録を出そうとするのが普通です。「前回と同じタイムで走ろう」などと考えている選手はいないと思います。ビジネスの世界でも同じことだと思うのです。


染谷光男

私が海外市場を担当していた頃、レシピ開発で失敗したことがあるのです。当時、キッコーマンはインド市場を開拓したいと考えていました。そこで、東京在住のインド人たちとシンガポール在住のインド人たちに話を聞いて、インド市場向けのレシピブックを作ったのです。1冊の中に60種類ほどのレシピを盛り込んだ力作でした。それを持って営業マンが意気揚々とインドに向かったのですが、いざ現地の人にレシピ本を見せたところ、こう言われたのです。「よくできているが、自分たちが使えるレシピは全体の10分の1もない」と。インドでは、使う材料も調理の仕方も地域ごとに違うそうです。せっかく努力して作ったレシピでしたが、実践されないままに終わりました。その時改めて思ったのは、やはりその土地の人に参画してもらって、その人が普段作る料理の中でキッコーマンしょうゆをどう使ったらおいしくなるかを試行錯誤しながらレシピを作ることが重要だということです。


小田禎彦

客室に設置しているアンケートはがきが重要です。私どもでは年間30万人のお客様がお越しくださいます。そのうち7~8%の方から2万5千枚のアンケートはがきの回答を心強いご支援としていただけるのです。これを注意深く見ていくわけですね。一番怖いのは「これが悪かった。直しなさい」という内容です。しかし、書いてくださる方はまた来てくださる可能性があるわけですよ。「加賀屋なんか、もう来るか」と思う人は書かないわけですから。これを経営者、社員が心の目で読めるかどうか、お帰りになるお客様の表情を読み切れるかどうか。「お客様が無茶を言っている」ととらえるとどんどん垢がたまっていく。採算のとれないものはできませんが、お客様の声は神の声であるという気持ちで、できるものはすべて改善していき、お客様の判定を待つべきです。