名言DB

9412 人 / 110637 名言

北村倫夫の名言

twitter Facebook はてブ

北村倫夫のプロフィール

北村倫夫、きたむら・みちお。「北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院」教授。北海道大学経済学部卒業後、野村総合研究所に入社。その後、「北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院」教授を務めた。

北村倫夫の名言 一覧

社員と家族の幸福を追求するのが企業のあるべき姿。社員があそこなら喜んで行きたいと思う場所で事業をする時代が来ている。


これまでの自治体による企業誘致は、工場や研究所やオフィスといった事業所・施設を誘致してきた。施設ありき、事業所ありきの誘致ではなく、これから取り組むべきはビジネスを誘致するという考え方。現時点での自治体の企業誘致活動はこうしたあるべき姿からはやや遠い。反面、だからこそ、そこを突き抜けられればそれだけで注目される。


北村倫夫の経歴・略歴

北村倫夫、きたむら・みちお。「北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院」教授。北海道大学経済学部卒業後、野村総合研究所に入社。その後、「北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院」教授を務めた。

他の記事も読んでみる

山本真司

20代後半のビジネスマンに会うと、「負け犬にはなりたくないんです」とこぼす人が少なくありません。彼らの多くは真面目で、ビジネススキルの修得にも熱心です。とくに「これをやらなければ勝ち組になれない」といわれるようなスキルを必死にマスターしようとしています。しかし、そうしたやり方では、いつまでたっても「勝てるという実感」は得られません。みんなが学んでいるスキルをいくら身につけても、差をつけられないからです。


榊原清則

古い構造、体質にしがみついていると会社は十年で潰れる。日本の企業は本業にこだわりすぎ、赤さび企業に転落しないうちに異分野の柱を立てておけ。ライバルはどこから出現するかわからない。その中で自社が生き残り、勝ち残るためには狭い世界で本業を墨守しているだけでは駄目。思いもよらない分野に進出してこそ本業倒壊のリスクを回避できる。


弘兼憲史

情報を収集する側も、「その情報は本当に正しいのか」と、常にチェックする意識を持つ必要はある。


久水宏之

イノベーションは個人の並外れた才能や力による面もあるが、複雑化した社会や生産現場の実態からすれば、やはりどうチームワークを組むか。またそれを支える場の風土をどうつくるかも大きい。


萩本欽一

ライバルって大事ですよ。僕にもたった一人、生涯のライバルがいます。一緒にコント55号をやっていた坂上二郎さん。もうね、最初に二郎さんを見たときから「最強のライバルだ」と思いましたね。


ヘンリー・フォード

想像できることなら、誰にでもどんなことでもできる。


梅森浩一

世の中で成功している人って、みんな楽しそうに仕事しています。どんなに忙しくても、それが自分のやりたいことであれば、その状態って決して嫌じゃないはずです。楽しそうに見えないサラリーマンというのは、仕事が忙しいからという理由より、仕事を「やらされている」という感覚が強いからじゃないでしょうか。


江口ともみ

筋の通らないことが嫌いというか。私って、芸能界に向いていないのかな、と思ったりもしました。しゃべる仕事に変わってからの私は、水を得た魚のように「ああ、自分の進むべき道はこっちだったんだ」と自然に思えるようになりました。今後もメディアの大小にかかわらず、どんな形でもいいので、しゃべって伝える仕事を続けていきたいと思っています。


須田将啓

ベンチャー企業ではパッションで物事が動くケースが多いと感じています。


ゲッペルス

嘘も100回言えば本当になる。


牛島信

私はコーポレートガバナンスの中核にあるのは経営者の首の挿げ替えだと思います。それを中からやるか、外からやるかの違い、これに尽きる。


大崎洋(大﨑洋)

何の巡り合わせか、社長になってしまいましたけれど、僕は決して優秀な成績で吉本に入ったわけではありません。むしろ、会社からは戦力外と思われていたのではないでしょうか。何しろ、人と競争することが大嫌い。仕事のモチベーションといえば、「いかに競争を避けるか」ということでした。


小林哲也(帝国ホテル)

帝国ホテルの行動基準には「私たちの商品とサービスとはホテルの内外でお客様に直接・間接に携わる私たち一人一人の立ち居振る舞いそのものです」と書かれています。つまり、私たち全員が帝国ホテルの商品なんだよ、ということです。


国吉拡

自分が話すことに慣れてしまっている営業マンは、相手に話をさせるのが苦手なものです。慣れないうちは、あらかじめ質問事項を用意しておき、順番に質問していくやり方でもいいでしょう。質問が詰問にならないよう細心の注意が必要ですが、相手と積極的にやり取りすることを意識すれば、商談にも心地よいリズムが生まれてきます。


枡野俊明

信頼関係が成立していれば、たとえ叱られても、不思議と腹が立ちません。しかし、的外れな指摘を受けると、頭にカッと血がのぼることもあるでしょう。そこで何か言い返せば、相手への批判になりかねませんから、冷静に「わかりました」と答えて、3回深く呼吸するといいでしょう。おへその75ミリほど下の臍下丹田(せいかたんでん)に呼吸を落とすと心が静まります。私の知り合いは、相手が怒ったら腹の中で「ありがとさん」と3回繰り返すそうです。頭で考えるから血がのぼるのです。腹に留めることをぜひ覚えましょう。