名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

北村倫夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北村倫夫のプロフィール

北村倫夫、きたむら・みちお。「北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院」教授。北海道大学経済学部卒業後、野村総合研究所に入社。その後、「北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院」教授を務めた。

北村倫夫の名言 一覧

社員と家族の幸福を追求するのが企業のあるべき姿。社員があそこなら喜んで行きたいと思う場所で事業をする時代が来ている。


これまでの自治体による企業誘致は、工場や研究所やオフィスといった事業所・施設を誘致してきた。施設ありき、事業所ありきの誘致ではなく、これから取り組むべきはビジネスを誘致するという考え方。現時点での自治体の企業誘致活動はこうしたあるべき姿からはやや遠い。反面、だからこそ、そこを突き抜けられればそれだけで注目される。


北村倫夫の経歴・略歴

北村倫夫、きたむら・みちお。「北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院」教授。北海道大学経済学部卒業後、野村総合研究所に入社。その後、「北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院」教授を務めた。

他の記事も読んでみる

スティーブ・ジョブズ

私がアップル社の経営者なら、マッキントッシュをできるだけ利用する。そして次の実りある事業に取りかかる。パソコンを巡る戦争は終わった。済んでしまったことなのだ。米マイクロソフト社がずいぶん前に勝利を収めたのだ。


フランシスコ(ローマ法王)

猫や犬には大きな愛情を感じているのに、隣人の飢えは手助けをせずに放っておく人をしばしば目にする。


ジャック・ウェルチ

私が臆病者だって? 戦うことが目的ではない。勝つことが目的なのだ。しかし、勝ち目がなければ撤退する。ビジネスはゲームだ。そのゲームに勝つこと。これに優る快感はない。


越智直正

世間では「3足1000円」の中国製の安い靴下が主流ですが、私たちの靴下は日本製で、紳士物では1足1000円前後はします。それでも、たくさんのファンの方に支えられて、ここまで成長してきました。


小松易

片づけとは「カタをつける」ことです。カタをつけられずに、未処理の案件が多く挟まった手帳や財布を持っている人に、効率的な仕事ができるはずがない。新しい情報やモノにも気持ちが向かないだろう。


ひろゆき(西村博之)

需要と供給のバランスがわりと重視される世界なので、そこさえ押さえておけば、この先どういった方向に行くかは結構読めると思うんですよ。


江上治

その日々の行動がどのような目的を達成するために行われているのか、という最も重要な意識を欠いた行動は、毎日をバラバラな不連続の集合体としてしまう。


バート・ヴォーフラム

前職でのこと。ある日系自動車メーカーとの取引で非常に難しい状況に陥り、私は責任者としてそのメーカーとの交渉にあたりました。確かに当社にミスがありましたが、先方にもミスが会った。だから電話で「我々のミスは全力で取り返します。ただし、そちらのミスも同様に修正してください」と言いました。通常、自動車メーカーと部品メーカーは主従の関係があります。先方は私の発言に驚いた様子でした。自らのミスについて指摘されるとは思っていなかったからでしょう。私のモットーは「公平であること」。結果として状況は好転し、そのメーカーとの関係はより強固になりました。いまでも良好な関係は続いています。


本田直之

都会には街を歩けばいたる所に広告があり、CMが流れ、モノが欲しくなるように仕掛けられています。だから本当に欲しいかを考える前に、瞬間、瞬間で消費してしまい、満足できずに、もっと、もっとと消費する。モノを買うために働き、そして消耗する。こんなバカな話はありません。何かに追い立てられて生きるのはつまらないもの。自分がやりたいことを追いかけるほうがよほど面白い。都会ほどモノが多くない地方では、自分で面白さを探すことができます。つまり地方に移るという選択は、面白い生き方に変わる可能性のひとつなのです。


多部田憲彦

社会人2年目、タイの工場に赴任しました。私の任務は、現地の工場の業務改善。ところが私はタイ語がまったくしゃべれないし、社員さんは英語が話せない。経験やカンどころか、言葉にすら頼れない状態で、スタートしたのです。こうなると、図や絵に描いて仕事をするしか方法がなかった。業務のムダを図にしたところ、理解してくれて、それまで手つかずのコストの改善に、多くのタイ人が積極的に取り組んでくれ、50%もコスト削減を達成できたのです。


島田昌幸

自分たちで動いていかなくてはいけない。


柳家小三治(10代目)

「長短(ちょうたん)」はうちの師匠の得意な噺だった。師匠の前でやったとき、「おめぇの長短はつまらねえな」って言われたんだよ。でも、俺は二ツ目時代からこの噺は得意でね、高座にかけても真打ちを食うくらいウケていると思ってやっていた。ところが、師匠には見抜かれたよ。俺はそのとき、師匠の前でおもしろくやろう、うまく見せようとした。そこを見抜かれた。その気持ちを摘まれたんだ。それはいけない。まっさらな心で落語をやらないとダメだということじゃねぇかな。