名言DB

9413 人 / 110706 名言

北川邦弘の名言

twitter Facebook はてブ

北川邦弘のプロフィール

北川邦弘、きたがわ・くにひろ。日本のファイナンシャルプランナー。北海道出身。早稲田大学政経学部卒業後、兼松江商を経て、東菱産業に入社。住宅営業、住宅設計、現場監督、ホテル支配人などを経験。東菱産業総務部長、社長などを務めたのち退社。保険やファイナンシャル関係の資格を取得。ファイナンシャルドクターとして個人の資産運用の手助けをしている。そのほか、社会福祉法人府中市社会福祉協議会会計幹事、むさし府中青年会議所理事長、オールアバウト「資産運用のノウハウ」ガイド、おやじ日本監事などを務めた。著書に『なぜ貯金好きはお金持ちになれないのか?』『定年までに資産1億円をつくる! ロスジェネ世代家族持ちへの新マネー戦略』ほか。

北川邦弘の名言 一覧

金に愛される人は、お金そのものを目的にしていない。お金は生き方を実現する手段であると、しっかり理解している人が多い。


成功する人は、投資や資産運用がいつも右肩上がりにはいかないことを理解していて、何かあっても我慢ができる。リスクを事前にイメージして、その対応を常に考えている。


目標やビジョンがあるかどうかがポイント。目指すべき目標があれば、我慢もできるし、対策も取れる。その意味でも、資産運用はまず、自らの将来像をできるだけ具体的に想像することから始めてほしい。


お金持ちの生活は意外に質素ですね。収入に見合ったシンプルな生活をしています。物欲にとらわれていないのだと思います。


お金持ちは周囲からの祝福や感謝を素直に受け入れられる人が多い。自己を肯定している人というのは、やはり前向きで行動力があります。


成功する人は、お金は残すものではなく、「残るもの」だと考えています。自分の価値を高め、社会に貢献した分だけ、後から遅れてやってくるのがお金なのです。


「雇われ脳」の特徴のひとつが、目先のお金に執着しすぎることです。「ガチョウと黄金の卵」というイソップ寓話と同じです。近視眼に陥り、ガチョウの腹を開けてしまった結果、すべてを失ってしまうのです。歴史をもっと学んで、長期的なものの考え方を身につけるといいと思います。


成功した起業家の多くは、未来に向けて投資をしています。自らの価値を高め、社会に大きく貢献できれば、お金は後からついてくるはずだと考え、当座の赤字には目をつぶるのです。また、多少ずぼらでも、未来を見通して戦略を打ち出せることも、「稼げる脳」の持ち主に共通する点です。


ある意味で、脳天気な人は起業家向きと言えるでしょう。3年間は売上ゼロでも耐え、まずは人のために役立とう、人を喜ばせようと考える起業家は、一時はつらい状況を経験しても、最後は成功していますね。


企業に属している場合、目の前の仕事に全力を尽くせばいいでしょう。会社の将来は、経営陣が考えてくれるからです。でも起業家なら、数手先を読み、自力で戦略を立てる必要があります。ですから、会社員として優秀だった人が独立に失敗することもありますし、逆に、ズボラと評価されていた人が、起業家として大成功するケースもあります。


資産運用を進めるに当たっては、自らの感情をコントロールすることが実はとても大事。失敗するパターンとしては、自分を抑えられずに過大な投資をしてしまう、逆に臆病になり過ぎてお金が減ることを極度に怖がってしまう。こうしたケースがとても多い。


1億円の資産がある人も、10億円の資産がある人も、それぞれの不安を持ってる。それは、結局目標がはっきりしていないから、どれだけ資産があっても安心できないのです。自分の人生において、「これだけお金があればいい」ということを明確にするためにも、キャッシュフローシートの作成などは重要。


リスクが怖くて投資に踏み出せない人の多くは、お金の置き場所が一つしかないケースが多い。そこで私は、「守る」「貯める」「増やす」という3つの財布を用意することを勧めています。「守る財布」は5年以内に使う予定のお金を置いておく場所。このお金は減らすわけにはいきませんので、定期預金や個人向け国債など元本が確保されているもので運用するのがいいでしょう。


たとえばスポーツシューズを買いに行ったとして、100メートル走なのか、マラソンなのかが決まっていなければ、商品を決めることはできないでしょう。店員の側も、具体的に商品を勧めることができません。「漠然と不安があるから、お金を貯めたい」というのはそれと同じこと。まず、自身の生涯の収支を見積もりながら、キャッシュフローシートをつくること。その上で、自分が望む生活をするにはどれだけの資産が必要なのかを考える。そうすれば、期待収益率も見えてきますし、金融商品なのか、不動産なのか、運用の対象も検討することができるでしょう。


北川邦弘の経歴・略歴

北川邦弘、きたがわ・くにひろ。日本のファイナンシャルプランナー。北海道出身。早稲田大学政経学部卒業後、兼松江商を経て、東菱産業に入社。住宅営業、住宅設計、現場監督、ホテル支配人などを経験。東菱産業総務部長、社長などを務めたのち退社。保険やファイナンシャル関係の資格を取得。ファイナンシャルドクターとして個人の資産運用の手助けをしている。そのほか、社会福祉法人府中市社会福祉協議会会計幹事、むさし府中青年会議所理事長、オールアバウト「資産運用のノウハウ」ガイド、おやじ日本監事などを務めた。著書に『なぜ貯金好きはお金持ちになれないのか?』『定年までに資産1億円をつくる! ロスジェネ世代家族持ちへの新マネー戦略』ほか。

他の記事も読んでみる

ノーラン・ブッシュネル

私は自分を行動派だと思っている。私と同じようなアイデアを持っていた人はたくさんいるだろう。私はそのアイデアを実行に移し、彼らはそれをしなかった。ただそれだけのことだ。


田中仁(経営者)

大変な道を選んでおいてよかった、という経験は他にも数えきれないほどあります。苦しいことに正面から向かっていくからこそ、壁を乗り越えられるのです。


立石一真

自分の受け持つ仕事に打ち込みなさい。功利的な思惑がなくても、将来必ず何か役に立つときがある。


ジム・ロジャーズ

成功する投資家は独立独歩で行動し、大衆に逆らう。それは難しいことだが、大衆が見過ごすような割安な投資対象を見つけられるようになれば、投資は上手くいくはずだ。勇気はいるけどね。


浜脇洋二

ドイツのBMW本社からは「もっと優秀な社員はいないのか」と言われ、「トヨタ自動車やホンダが成功しているのは、優秀な人材がいるからだろう?」と質問されたりもしました。しかし、大きな集団の中のひとつの歯車としてはよくできても、日本人ビジネスマンは独り立ちした経営幹部としてはいまひとつなんです。


舞田竜宣

もちろん報酬も大事なのですが、本当に人が辞めない会社をつくろうと思ったら、それ以上のところに着目しないといけません。長期的なキャリア機会だとか、全人格的なワーク・ライフ・バランスとか、さらには家族のケアとか、そういう諸々のことを気遣ってあげることが大事です。要は、会社が社員を大切に思っているかどうかです。


進藤孝生

自分は管理部門中心にキャリアを歩んできており、営業や技術の経験は少ない。だが、社内には優秀な社員・役員がいる。彼らの叡智を結集して経営に当たりたい。


大藪崇

どんな人も社員という立場でいる限り、幸せに働くことはできない。リスクはないが夢もない。周囲に対する不満や愚痴だけが増えていく。それならば、一人ひとりが自らリスクを背負い、自分の裁量で仕事ができる組織の方が、よほど健全で、良い組織と言えると思う。


岩沙弘道

日本橋に青空を。1964年の東京オリンピックの時に日本橋の上に架けられた首都高速の高架道路を、街づくりに合わせて地下に移設するなど工夫し、日本橋に青空を取り戻したい。社長だった10年以上前に言い始めた当初、世間は「何をバカなこと言っているのか」という反応でしたが、言い続けるうち最近では、夢ではなくどう実現するかという具体的な話になってきました。


藤井隆太

実は韓国でのシェアの方が日本より高いんです。ですから、日本はもっと頑張らなくてはならないと社員に言っています。もちろん、医療制度の違いもありますが、あまり日本のマーケティングを押しつけないようにしています。これは私たちのポリシーでもあります。なぜなら日本と韓国は違う国です。文化も習慣も違います。それなのに、いい製品があるから使ってくださいと無理に言っても売れるわけがありませんからね。韓国は日本とは全く違うマーケティングの歴史を辿っているように見えますね。


和田裕美

心に残るお礼のひと言にするなら、相手に向けた言葉をプラスさせるのがコツです。「丁寧なお礼の言葉」+「相手に向けた感動を表す言葉」=「心に残る最高のお礼」。


増井俊介

今後100年は日本は景気が回復しないだろうと言われています。そんな日本でも、そういう情勢に負けずに、頑張っている、ビジネスで成功している、先輩たちは、くさるほどいる。


寺田直行

社員の価値観をガラッと変えなければイノベーションは起きない。そのためには長期的に向かうべきビジョンを共有することが大事。


賀来龍三郎

歴史や業種が違う優等生企業のシステムを、劣等生が真似しても効果は期待できない。よそのアイデアを借り、そこに自社の独創を加えて新しいシステムを作り上げねばならない。 【覚書き|経理担当常務の時、上場以来初の赤字決算に転落。当時の前田社長とともに再建を目指すべく、社員に改革の志を伝えた言葉。】


荒川詔四

入社2年目、タイの工場に日本人幹部として赴任しました。意気込んであれこれ指示しましたが、現地スタッフは動いてくれませんでした。私が自分の考えばかり押し付けていたからです。現地スタッフにしてみれば、自分の声を尊重してくれない上司には従えないということでしょう。その苦い経験を機に、「人を動かしたいなら、まず相手の話を聞くことから」と考えるようになりました。