名言DB

9425 人 / 110833 名言

北川祐治の名言

twitter Facebook はてブ

北川祐治のプロフィール

北川祐治、きたがわ・ゆうじ。日本の経営者。「北川鉄工所」社長。東京理科大学工学部卒業後、北川鉄工所に入社。取締役、常務取締役、タイ法人社長、本社専務などを経て社長に就任。

北川祐治の名言 一覧

北川鉄工所には、現在展開している3つの事業それぞれで蓄積した技術があり、その相乗効果によって独自性を高めています。


その時々で、私たちの持っている技術力やノウハウを活用して、地域や業界、そして社会全体に貢献できる事業を手がけてきた結果が現状につながっている。


当社はもともと、滑車など船舶用補助機器の製造・販売を目的として設立されたのですが、時々の世の中のニーズに合わせて事業を広げてきました。過去には、分譲住宅事業や学校・病院の運営に携わっていたこともあります。現在の事業も含めて、いずれも「社会へ貢献したい」「地域を発展させたい」という思いが根底にあります。


北川祐治の経歴・略歴

北川祐治、きたがわ・ゆうじ。日本の経営者。「北川鉄工所」社長。東京理科大学工学部卒業後、北川鉄工所に入社。取締役、常務取締役、タイ法人社長、本社専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

森正文(経営者)

高級分野に絞り込んでみて分かったのは、クレームが少ないということです。仮にトラブルがあっても、ホテルはブランドの名にかけて解決をしようと努めるからです。結果、我々の満足度も高くなる。


杉村太郎

僕自身、自分の中から自然と映像が浮かんでくるまでは勝負しません。本気で努力し続けられる対象が見つかるまで、動かないんです。


赤羽雄二

会社では落ち着いて情報収集することができませんし、目先の情報しか追えません。ほかの人が起きていない時間などに自分のスキルアップやキャリア形成に関わる記事などを、範囲を広げて読むことをお勧めしています。


齋藤匡司

突然現れた日本人に対し、当初は反発の声もありましたが、根気強くスタッフ達と向き合い続けました。また、優秀な部下をワールドワイドのトップと面接させて彼の夢である海外勤務を実現させるために、私のビジネスクラスチケットをエコノミークラス二枚に変えてパリ出張に同行させるなど、部下が将来を切り拓くきっかけづくりも積極的にしました。こうして3年間の任期を終えてシンガポールを離れる時には、スタッフ全員が早朝の空港まで内緒で見送りに来てくれ「World Best Boss賞」と刻まれた金メダルを贈ってくれました。私の人生で忘れられないサプライズでした。
【覚書き|「ロレアル」のシンガポール法人でゼネラルマネージャーをしていた当時を振り返っての発言】


田村潤

「会議を見れば、会社がわかる」。キリンビールを辞め、多くの経営相談を受ける立場になった私が今、確信していることです。たとえば、上の人間が指示を出すだけで議論など皆無、部下はそれを聞くだけの会議をする会社。間違いなくワンマン企業です。あるいは議論がダラダラと続くだけで、結論に至らない会議ばかりの会社は実務能力が低い。必ず業績が下がるといった具合です。そして、会議を見れば会社がわかるように、「会議が変われば、会社も変わる」んです。


八城政基

会社のためではなく、自分のために働かなければいけません。日本の社員はロイヤリティ(忠誠心)が高いと言われていますが、その社員を路頭に迷わせるような経営を企業はしているわけです。ですから、これまで日本型経営の優れた点とされてきたことを根本的に見直していく必要があると思います。


阿部俊則

「攻め」にも「守り」にも隙があってはいけない。


梅原勝彦

苦労知らずの社員にこのままあとを任せたら、間違いなく会社はジリ貧、下手をしたらつぶしてしまう。そこで、創業のころのように、ユーザーを一軒ずつ開拓して利益を出す意識を植えつけてから辞めようと考えたのです。


松井道夫

人生もそうだと思いますが、ねちっこくないといけない。これを簡単な言葉で言ったら「あきらめるな」ということになるのでしょう。あきらめというのは「逃げ」ですから、あきらめちゃいけないんです。とはいうものの、私自身、いつでも逃げ出したい衝動には駆られます。でも、人間の行為で一番後悔するのは、逃げることでしょ。逃げると自分自身が許せなくなってきます。あとで悔やむのは自分。そんなことで苦しみたくないから、逃げない。その一念でやっています。


内田和成

市場性が高いからといって、安易に参入すると、予想だにしなかった異業種企業をも交えた果てしなき消耗戦へと巻き込まれるっことになります。