北川祐治の名言

北川祐治のプロフィール

北川祐治、きたがわ・ゆうじ。日本の経営者。「北川鉄工所」社長。東京理科大学工学部卒業後、北川鉄工所に入社。取締役、常務取締役、タイ法人社長、本社専務などを経て社長に就任。

北川祐治の名言 一覧

北川鉄工所には、現在展開している3つの事業それぞれで蓄積した技術があり、その相乗効果によって独自性を高めています。


その時々で、私たちの持っている技術力やノウハウを活用して、地域や業界、そして社会全体に貢献できる事業を手がけてきた結果が現状につながっている。


当社はもともと、滑車など船舶用補助機器の製造・販売を目的として設立されたのですが、時々の世の中のニーズに合わせて事業を広げてきました。過去には、分譲住宅事業や学校・病院の運営に携わっていたこともあります。現在の事業も含めて、いずれも「社会へ貢献したい」「地域を発展させたい」という思いが根底にあります。


北川祐治の経歴・略歴

北川祐治、きたがわ・ゆうじ。日本の経営者。「北川鉄工所」社長。東京理科大学工学部卒業後、北川鉄工所に入社。取締役、常務取締役、タイ法人社長、本社専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

瀧本哲史

今後、プロフェッショナルとして生き残れる日本人のタイプは4つに分類されるでしょう。

  1. 商品に付加価値をつけて、市場に合わせて売ることができるマーケッター。
  2. まったく新しい商品や仕組みをつくりだすことができるイノベーター。
  3. 起業家として事業を起こし部下を束ねるリーダー。
  4. 投資家として市場に参加するインベスター。

戦略コンサルタントや経営者あるいは投資家として、多くのビジネスリーダーを間近に見てきた私の経験からも、ビジネスで成功している人は、いずれもこの四分類やその組み合わせに当てはまります。


横田英毅

会社は社員の幸せを一番に考えなくてはなりません。人に感謝でき、利他を一所懸命考えられる人が集まれば、コミュニケーションやチームワークがよくなります。最終的に業績を上げられるのは、幸せな人の集団です。


早河洋

成功と失敗は紙一重。ギリギリの状況で、上司や部下、様々な人に支えられたことが成功につながり、今の自分があるのだと実感する。


木暮太一

わかりやすい文章を書くためには、その文章で「最終的に何を言いたいのか」を、最初に決めておくことです。実際の文章の書き方としては、最初に最後の一文を書くのが良いでしょう。結論を最初に書いてしまうのです。それから逆算して考えていく。すると全体の構成が決まります。ここまでやってから書き出せば、必然的に論理的な文章になるわけです。


武藤潤(経営者)

電力、ガス、そして石油も含め、エネルギー事業全体でビジネスとしての国境は意味をなさなくなっている。我々は新会社を規模だけでなく、効率や競争力の観点からもアジア有数の企業に育てたい。


木下和彦

この世界に入ったのは30歳のときでしたから、自分には残された時間は人より少ない。「店を持つ」という具体的な目標もあったので、ダラダラする暇はないと思っていました。ですから、自分の仕事をなるべく早く済ませて、味見をさせてもらったり、「これやってみてもいいですか」と人の仕事をもらったりして、知識と技術を一日でも早く吸収しようと心がけていました。


本田宗一郎

昔の話になるけど、ホンダが埼玉工場を建設した直後に松下幸之助さんが「見せてください」と言うのでご案内したことがある。この時は一般の人のように機械のこと、クルマ製造の技術などを説明してあげたんだ。この時、松下さんは「私は技術者じゃないから、よく分かりませんな」と言っていましたよ。ところが、じっくり見て回った後、たった一言、「本田さん、この商売は儲かりますね」とハッキリ言ったんですよ。これはね、松下さんは確かに車のことは分からないだろうけど、機械の配列、人員、作業工程の流れなんかを素早く読み取った言葉だったんだね。この態度は、僕たちも見習うべきだと思う。


藤田晋

IT業界で勝ち残るための条件は、サービスやアプリなどでトップになること。1位とそれ以下では雲泥の差がある。圧倒的なナンバーワンを目指すことが重要。


チェ・ゲバラ

落ち着け、そしてよく狙え。お前はこれから一人の人間を殺すのだ。
【覚書き|最期の言葉】


熊谷正寿

人は、大人になってからも、幼い頃の幸せな記憶に救われることがある。その意味でも、長野は生まれ故郷という以上に、今でも、私の心の拠り所であり、心のふるさとになっています。


大野直竹

家を売りに来た営業マンが、人間的にもっと勉強したほうがいい、とお客さまが基準以下の評価をされる人ではモノは売れません。お客さまに、この人は若いけど、やる気があって、人間的にもレベル以上だよね、と思われたとき、初めて買っていただける。


立石剛

ただでさえ多忙な40代は、「限られた時間の中で、お互いの強みを活かし合える人脈」を作る必要があります。「選択と集中」を考慮した人脈作りを意識すべき。


野地秩嘉

ビジネスチャンスを目的とするのもいいけれど、人の役に立ちたいという自分の中から湧き上がってくる力によって自ら動いて、目的を果たすということも、とても大事。


木下弘貴(経営者)

情報を収集するときには常にアウトプットを考えないと意味がありません。何が書いてあるかではなく、この情報で何ができるのかを頭の中で変換してからメモを取り、整理をします。


佐藤優

深刻な問題を解決するためには何が必要なのは、仲間たちと問題を共有すること。普遍的な問題は、自分ひとりが直面しているわけではなく、みな同様に心に抱えているんです。だからこそ深刻な問題をわかち合える仲間がいるかどうかが、ひいては、その人の問題解決力となっていく。


ページの先頭へ