名言DB

9425 人 / 110833 名言

北川登士彦の名言

twitter Facebook はてブ

北川登士彦のプロフィール

北川登士彦、きたがわ・としひこ。日本の経営者。「東急住宅リース」社長。静岡県出身。中央大学卒業後、東急不動産地域サービス(のちの東急リバブル)に入社。住宅流通部門部長、取締役、取締役副社長執行役員などを経て東急住宅リース社長に就任。そのほか東急不動産ホールディングス専務執行役員などを務めた。

北川登士彦の名言 一覧

本当に欲しい情報を得たいと思ったら、本を読むよりも直接会って話を聞いたほうがいい。手間がかかっても、必ずそれ以上のものを得ることができる。


社員の間に、自分たちの意見が反映されたという実感が積み重なっていけば、会社はみるみる変わっていく。


この人の話を聞きたいと思ったら、すぐに連絡を取って会いにいくようにしています。


与えられたことをこなすだけが仕事ではない、自分たちの手で変革していこう。


事業の枠にとらわれていては、いつまでたっても守りの意識が抜けず、新しいことを始められません。


新しいビジネスのヒントは、必ず顧客接点から生まれてきます。つまり、会社で最も価値のある情報を持っているのは、常日頃お客様と接している社員です。


当社の仕事は賃貸管理ではない。お客様や社会のニーズを探り、解決することで、価値を創造することだ。


少子高齢化で全体のパイは小さくなっても、お客様のニーズをきちんとつかんでいけば、新たなビジネスはいくらでも見つかる。


もちろん、東急HDグループのネットワークも活用しますが、さらにグループ外にまで協力を求めれば、できることは無限に広がります。


幅広い分野をカバーするには外部の力を借りればいい。金融、証券、ゼネコンなどの会社と組んだり、税理士、弁護士といった専門家の力を借りることで十分に補えます。


社員はすぐに結果に結びつかない仕事だとその価値がわからず、つい自分のことを過小評価してしまいがちです。そのときは、「君がやった仕事は、たとえフィーが小さくても、必ず将来会社に大きな利益をもたらすきっかけになる」などと、真の価値を伝える。リーダーの最も大切な役割はそこにある。


メンバー全員が「既存のやり方にとらわれず、自由にビジネスを構築しよう」との思いでしたので、事業領域は日に日に拡大していきました。取り扱う資産も、基本的になんでもありです。


業務対象を不動産に限定する必要もないと思っています。賃貸住宅のオーナーは、資産を不動産だけで運用しているとは限りません。株式や債券などにも分散投資しているのが普通ですし、海外資産に投資している方もいらっしゃいます。ですから業界の枠を超えた連携により、不動産以外の金融商品も含めたポートフォリオを一括して提案すれば、お客様も手間が省けますし、当社にとってもより大きなビジネスになります。


北川登士彦の経歴・略歴

北川登士彦、きたがわ・としひこ。日本の経営者。「東急住宅リース」社長。静岡県出身。中央大学卒業後、東急不動産地域サービス(のちの東急リバブル)に入社。住宅流通部門部長、取締役、取締役副社長執行役員などを経て東急住宅リース社長に就任。そのほか東急不動産ホールディングス専務執行役員などを務めた。

他の記事も読んでみる

大八木成男

米国留学から帰国してからも、終業後に上智大学の会計講座に通ったり、英文速記を習ったり、自分にとって仕事のツールになりそうなものは片っ端から身につけました。パソコンやワープロも市場に出るや、すぐに大枚をはたいて買い求めました。多少懐は痛みましたが、新しいツールは人より少しでも早く先に学んだ方が価値だと思ったのです。


パトリツィオ・ディ・マルコ

この数年でグッチは危機を乗り越えました。それも単に危機に対処できただけでなく、我々のブランドの歴史や伝統、ストーリーを消費者に伝えることができました。そこに私は大きな満足感を覚えています。


朝田照男

部下からのレポートだけでは、正確な情報のアップデートはできません。そういうレポートからは、往々にしていい話しか上がってこないからです。


山本徳次

お菓子はあまり手を加えすぎたり余計なものを入れたりせずにシンプルに作った方が、かえって新鮮な味や食感が出ることがありますね。寒天を使ったものなんかは特にそうやね。


柏本湊

日々心がけてほしいのが「原価を知る」こと。たとえば私は最近、外食チェーン店の餃子の原価がひとつ5円程度だと知ったのですが、そう考えれば1皿200円の餃子すら高く思えて「家で作ろうか」という発想になります。その商品の原価がどのくらいかを知ると、自然と節約する気持ちが芽生えますし、贅沢をする際の本当の価値もわかるのです。


青木仁志

人が人を成功させることは、実はできないんですよ。けれども、人を成功できるように導くことはできる。それが「教育」というものだと私は思っています。人は人によって磨かれるのです。


松尾スズキ

僕にとっての仕事の動機というのは、笑わせたいというだけだと思う。ベタな笑いもわかりにくい笑いも時事ネタも、どこから来るのかわからないのが好きなんです。不幸もコメディに見えますし。不幸を嘆くだけでは退屈だから笑いとして光を当て、つらいことにリアリティを見つける。僕は自分のことをそういうコメディアンと捉えているので、仕事のひとつひとつの要素だけで判断をされたくはないんですよね。笑いは、世界の多重性の中に、いくらでも見つかるものですから。


津田秀樹

家族の人間関係は、こじらせると普通の人間関係よりも厄介な側面が大きい。「つきあいが長い」「一緒にいる時間が長い」というのもトラブルを大きくする要因となります。それだけ、不満が蓄積しやすいからです。


橘フクシマ咲江

さまざまな国の人たちと仕事をするとき、まず必要なのは、カテゴリーで人を判断しないことです。「中国人だから」「米国人だから」という決めつけは無用な偏見や誤解を招くからです。個人と接するときには、国籍はその人の個性の一つにすぎない、と捉える視点が必要です。


中村隆介

ある方から、ブランドを商標ごと売ったという話を聞き、そういう方法があることを知りました。ブランドを、経験が浅い我々が一から生み出すのは難しい。それなら出来上がったものを買うのもありだと考えたのです。いいブランドがあったら買いたいと周囲に話していたところ、すぐに話がきました。これがステーキとハンバーグの「ステーキハウス 鉄板牧場」で、3店舗まとめて買いました。