名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北川登士彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北川登士彦のプロフィール

北川登士彦、きたがわ・としひこ。日本の経営者。「東急住宅リース」社長。静岡県出身。中央大学卒業後、東急不動産地域サービス(のちの東急リバブル)に入社。住宅流通部門部長、取締役、取締役副社長執行役員などを経て東急住宅リース社長に就任。そのほか東急不動産ホールディングス専務執行役員などを務めた。

北川登士彦の名言 一覧

本当に欲しい情報を得たいと思ったら、本を読むよりも直接会って話を聞いたほうがいい。手間がかかっても、必ずそれ以上のものを得ることができる。


社員の間に、自分たちの意見が反映されたという実感が積み重なっていけば、会社はみるみる変わっていく。


この人の話を聞きたいと思ったら、すぐに連絡を取って会いにいくようにしています。


与えられたことをこなすだけが仕事ではない、自分たちの手で変革していこう。


事業の枠にとらわれていては、いつまでたっても守りの意識が抜けず、新しいことを始められません。


新しいビジネスのヒントは、必ず顧客接点から生まれてきます。つまり、会社で最も価値のある情報を持っているのは、常日頃お客様と接している社員です。


当社の仕事は賃貸管理ではない。お客様や社会のニーズを探り、解決することで、価値を創造することだ。


少子高齢化で全体のパイは小さくなっても、お客様のニーズをきちんとつかんでいけば、新たなビジネスはいくらでも見つかる。


もちろん、東急HDグループのネットワークも活用しますが、さらにグループ外にまで協力を求めれば、できることは無限に広がります。


幅広い分野をカバーするには外部の力を借りればいい。金融、証券、ゼネコンなどの会社と組んだり、税理士、弁護士といった専門家の力を借りることで十分に補えます。


社員はすぐに結果に結びつかない仕事だとその価値がわからず、つい自分のことを過小評価してしまいがちです。そのときは、「君がやった仕事は、たとえフィーが小さくても、必ず将来会社に大きな利益をもたらすきっかけになる」などと、真の価値を伝える。リーダーの最も大切な役割はそこにある。


メンバー全員が「既存のやり方にとらわれず、自由にビジネスを構築しよう」との思いでしたので、事業領域は日に日に拡大していきました。取り扱う資産も、基本的になんでもありです。


業務対象を不動産に限定する必要もないと思っています。賃貸住宅のオーナーは、資産を不動産だけで運用しているとは限りません。株式や債券などにも分散投資しているのが普通ですし、海外資産に投資している方もいらっしゃいます。ですから業界の枠を超えた連携により、不動産以外の金融商品も含めたポートフォリオを一括して提案すれば、お客様も手間が省けますし、当社にとってもより大きなビジネスになります。


北川登士彦の経歴・略歴

北川登士彦、きたがわ・としひこ。日本の経営者。「東急住宅リース」社長。静岡県出身。中央大学卒業後、東急不動産地域サービス(のちの東急リバブル)に入社。住宅流通部門部長、取締役、取締役副社長執行役員などを経て東急住宅リース社長に就任。そのほか東急不動産ホールディングス専務執行役員などを務めた。

他の記事も読んでみる

ロバート・キヨサキ

ベトナムでアメリカが負けたのは、強い使命感がなかったからだ。つまり、天からの呼び声、戦う大義がなかったのだ。


西多昌規

人は誰でも誰かに認めてもらいたいという欲求を持っています。ただ、その欲求が強すぎるのは要注意。正当な評価をされていても、それに満足できずにいらだちや不安を感じるようになります。私はこれを「ホメてもらいたい症候群」と呼んでいますが、上司から認めてもらえず、つらいと感じるのも同じ心理といえます。


佐野恵一

私たちが最も気をつけているのは、言うまでもなく、事故です。事故のリスクはサービスの質で決まると考えています。たんに人が付いているかどうかという問題ではありません。大切なのは、同行しているスタッフがお客様のことをどれだけ理解しているか、どれだけ次の行動を予測できるか、といった点です。これができていればリスクはかなり下がる。そのほか、車椅子や杖で移動する際はどこを進めばよいのか、雨が降った場合はどうするのか、倒れたりつまずいたりした場合はどう対処すべきか、などということも考慮する必要があります。


高岡浩三

生産性が高い人は、「解決すべき顧客の問題は何か」をまず設定し、そこに集中して結果を出す。一方、生産性が低い人は、解決すべき課題を設定せずに仕事を進めるため、「仕事ではないこと」に無駄な時間を費やしてしまう。


安藤美冬

今、私の仕事の50%は海外出張、15%は地方出張と、移動がつきものです。となると、持ち物の絞り込みはやはり不可欠。身軽にしておかないと機動力が下がりますから。


井植歳男

よっしゃ、品物は全部引き揚げよう。いままで出したもの全部を回収して、軸を取りかえるのだ。
【覚書き|三洋電機創業期、初の商品である自転車の発電ランプの軸に不具合が発覚し即刻回収を決断した言葉】


藤沢武夫

生産企業は生産企業なんですから、為替差益なんかで金儲けしちゃいけない。だから、私は本業以外のもので金儲けをしてはいけないという原則を、本田技研でつくりました。本田技研は本業で金儲けをする。もっと金儲けをしたかったら、パチンコ屋でもやりゃあいいんだ、というのが私の経営理論なんです。


佐々木直彦(コンサルタント)

たとえば料理人でもいろんなタイプがいますよね。店舗をどんどん増やしたい人もいれば、小さな店でも自分の目が行き届くことを大事にする人もいる。後者に「事業拡大できる企画書」を出しても鼻で笑われるだけ。「仕事の質が上がる企画書」なら見てもらえる可能性があります。


村上太一

これまでVC(ベンチャーキャピタル)を受け入れてこなかったため、昨年まで外部からのプレッシャーはなかった。しかし、上場によって外からのプレッシャーを受けることになり、これは自分の経営者としてのレベルが上がる貴重な要素となっていて、よかったと感じています。


平井一夫

過去についてどうこう言っても意味がありません。現在、掲げている人員削減やポートフォリオの見直しなどには痛みが伴いますし、様々な意見が社内には存在します。要はやり抜くしかないのです。


大倉忠司

成長を続けられたのは、あれやこれやと余計なことに手を出さず「一つのこと」を突き詰めてきたからです。外食チェーンを展開する企業は、1社で複数の業態を手掛けるのが一般的です。いろいろなニーズを取り込めるし、経営としての面白みを感じる人が多いからでしょう。しかし私は、焼き鳥の「烏貴族」だけで勝負してきました。


日高憲三

経営の基本は、すべてスタンレー電気で学びました。銀行だけではなく、公認会計士などの意見をきちんと聞いて調子に乗ったことはしない、などの教訓があるからこそ、借金なし、赤字なしの会社を経営してこられたのだと思います。