名言DB

9419 人 / 110788 名言

北川正恭の名言

twitter Facebook はてブ

北川正恭のプロフィール

北川正恭、きたがわ・まさやす。日本の政治家、学者。三重県知事、衆議院議員。三重県鈴鹿出身。早稲田大学第一商学部卒業後、三重県議会議員選挙に出馬し当選。県議会議員を3期務めたのち、衆議院議員に立候補し4期務める。その後、三重県知事を2期務めた。そのほか、早稲田大学大学院公共経営研究科教授、富士通社外取締役、テレビのコメンテーターなどを務めた。主な著書に『中部は一つ輝ける伊勢湾時代』『改革一直線 政治生活二十年の歩み』『生活者起点の行政革命』『マニフェスト革命 自立した地方政府をつくるために』『マニフェスト進化論 地域から始まる第二の民権運動』など。

北川正恭の名言 一覧

思い込みと戦うことが、私の知事としての仕事でした。ひとつひとつの取り組みによって、「そういうものだ」と思い込んでいた県庁の精神構造を変えたんです。


時代を覆う閉塞感を打破して新時代を創造するために場面転換を図ることは、トップリーダーの重要な役割。


権力の座を去った者が復権するには、新しく権力の座を目指す時より大きなエネルギーがいる。


精神論も大切だけれども、働く環境が世の中の流れを大きく変えるということです。たとえば決まった座席、シチュエーションでオフィスが固定していたら、空気も固定されます。だからフリーアドレスが必要なんです。それによって課長や係長という肩書きのイメージではなく、今何が大切かという本物の議論に集中できます。


まずは三重県東京事務所を変えることにしました。なぜなら、県の予算を必ず使う場所であり、幹部が必ず見ています。ですから、東京事務所が変わったら本庁舎を変えやすいだろうというのが私の作戦でした。


風やチャンスというものは乗るものではない。自分でつくるもの。私は常々、そう思っています。そしてその風やチャンスを呼び込む力になるのは、日々の行動を支える大きな目標に他ならないと思うのです。


自分の経験だけでものを考えると、どうしても視野が狭くなります。本を通じて自分以上に努力している人から学んだり、身近な人たちの経験を聞かせてもらったりすることは、大きな励みになりました。


三重県の県議会議員になった当初から、「いずれは国政に出たい」と思っていました。そして、県議の活動に力を尽くす一方、井の中の蛙になってはいけないと、東京や海外で行われる勉強会にも積極的に参加しました。


三重県県議会議員のとき、「いずれは国政に出たい」という大きな目標はあっても、現実には県政さえ動かすことはできません。そのジレンマに、自分は政治家に向いていないのではと悩むこともありました。そんなとき助けになったのは、本を読むことと人に会うことです。


県会議員として二期から三期目にかけてのころ、衆議院議員に立候補したいと考えました。県議選は約1万票を獲得する戦いですが、衆院選ならその10倍の得票が必要です。規模が違えば、選挙のやり方も負担もまったく違います。当時の私はまだ準備不足で、その場では出馬を断念せざるを得ませんでした。しかし、私が衆院選に意欲を持っていることをマスコミが報じたため予期せぬPRとなり、私は候補者として有権者に認知されることになりました。


フリーアドレスにすると、まずは従来はデスクが島型に並んでいて、課長がここで係長がここにいると決まっていましたが、それがなくなります。これは3、4年かけて徐々に進めていきましたが、部長室をなくす時には議論が起きました。そこで私は納得がいくまで徹底的に、無制限で対話をしました。職員の中にはもちろん抵抗もありましたが、変えることに喜びを感じ始めていました。


私の改革ではヒトとカネに加えて、モノの改革にこだわりました。たとえば、机の下に1つずつ、ゴミ箱が置いてあります。「それが必要だろうか?」という話がありました。みんな当然「要る」といいますが、徹底的に議論をさせたら、結論が「要らない」になりました。それは働き方を変えたことでゴミが8割減り、個人はそれぞれ小さなゴミ袋で処理をして、1週間くらい溜まったものをまとめて処理をするという形にしました。撤去したゴミ箱は県庁の入口の花のプランターに変わりました。まさにパラダイムシフトが起きたわけです。「やればできる」という気づきの連鎖につながっていきました。モノからの改革を始めたのですが、これが三重県庁で変化を起こす一つのきっかけになりました。


北川正恭の経歴・略歴

北川正恭、きたがわ・まさやす。日本の政治家、学者。三重県知事、衆議院議員。三重県鈴鹿出身。早稲田大学第一商学部卒業後、三重県議会議員選挙に出馬し当選。県議会議員を3期務めたのち、衆議院議員に立候補し4期務める。その後、三重県知事を2期務めた。そのほか、早稲田大学大学院公共経営研究科教授、富士通社外取締役、テレビのコメンテーターなどを務めた。主な著書に『中部は一つ輝ける伊勢湾時代』『改革一直線 政治生活二十年の歩み』『生活者起点の行政革命』『マニフェスト革命 自立した地方政府をつくるために』『マニフェスト進化論 地域から始まる第二の民権運動』など。

他の記事も読んでみる

折木良一

事が起きたら現場に任せる。あらゆる事態はすべて現場で起きている。現場でないと判断できないことがたくさんある。現場できちんと動ける部隊をつくるのが、平時における指揮官の仕事。


マイケル・ゲルブ

1980年代の米国マネジメント協会の出版物によれば、最も成功する管理者とは、「不確かなことに耐える力が大きく、直感的な判断力を持っている人」だった。今では時代の変化の速度はもっと早くなっているから、不確かさに対する「耐性」だけでは十分ではない。不確かさを喜んで受け入れられなければならない。


立花宗茂

世間並みの一万の兵と、宗茂配下の三千、五千の兵と何の差もありません。軍の備え方がよいというだけでなく、常に兵士に対してえこひいきせず、ひどい働きをさせず、慈悲を与え、少々の過失は見逃し、国法に外れた者は、その法によって対処するのみです。


川野幸夫

立派な跡継ぎがいるのに、「息子はまだまだ子供だ」と言って、なかなか譲れない社長も多い。これからの時代、世の中の変化は速い。残念ながら年をとるにしたがって変化に対応するのは難しくなる。だから思い切って早めに社長を譲るべきだ。そして任せたら自由にやらせる。俺のやり方と違うなどと細かいことをいわないことだ。会社の理念から外れるようなことを後継者がやりそうなときだけチェックすれば良い。忘れてはいけないのは、企業にはたくさんの社員がいるということだ。社員にとって一番迷惑なのは創業家内の問題で、会社が混乱すること。それは絶対に避けなくてはいけない。意見の相違があっても折り合いをつける度量と知恵が求められる。


滝一夫

仕入れ先さんがいて、初めて我々が成り立つという感謝の気持ちを持って、相手の立場も考えて物事を変えていかないといけない。


山中勧

経営理念の中の「すばらしく美味しいものを造り」という文言が、その後の当社の経営姿勢にとくに大きな影響を与え続けています。文字どおり、ただ美味しいだけでは伍魚福の製品にふさわしくありません。だれもが食べて感動するくらい、すばらしく美味しいものでなければ、市場に送り出してはならないということです。


トマス・エジソン

すべての進歩、そしてすべての成功は、考えることから始まる。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

資格手当の対象となるような資格は、仕事(本業)に、直結する資格がほとんどでしょう。でも、余裕があるようでしたら、それ以外の、本業とはまったく関係なさそうな資格や検定を取得してみるのも手です。意外なところで本業に役立ったり、社内での評価UPに結びついたりすることがあるからです。不況期にこそ、そういった観点で資格やスキルについて考えてみてほしいですね。


佐藤誠(SFPダイニング)

当時は業態よりも価格、料理よりも価格でした。しかし、均一価格の居酒屋は、コストを下げるためにもメニューも均一的となり、いつかは飽きられてしまいます。均一のお店が一巡すれば、お客様は必ず「おいしさ」を求めてくると考え、魚介専門の居酒屋として「磯丸水産」をオープンしました。ヒントになったのが、各地の漁港にある番屋の浜焼きです。採れたての魚や貝を、その場で焼いて食べる、浜焼きのライブ感、そのライブ感を店舗で実現したのが「磯丸水産」です。


高山善司(髙山善司)

従来の地図データだけでは足りない。新たな切り口で地図を捉えると全く別の情報を取り込む必要がある。