名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

北川正恭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北川正恭のプロフィール

北川正恭、きたがわ・まさやす。日本の政治家、学者。三重県知事、衆議院議員。三重県鈴鹿出身。早稲田大学第一商学部卒業後、三重県議会議員選挙に出馬し当選。県議会議員を3期務めたのち、衆議院議員に立候補し4期務める。その後、三重県知事を2期務めた。そのほか、早稲田大学大学院公共経営研究科教授、富士通社外取締役、テレビのコメンテーターなどを務めた。主な著書に『中部は一つ輝ける伊勢湾時代』『改革一直線 政治生活二十年の歩み』『生活者起点の行政革命』『マニフェスト革命 自立した地方政府をつくるために』『マニフェスト進化論 地域から始まる第二の民権運動』など。

北川正恭の名言 一覧

思い込みと戦うことが、私の知事としての仕事でした。ひとつひとつの取り組みによって、「そういうものだ」と思い込んでいた県庁の精神構造を変えたんです。


時代を覆う閉塞感を打破して新時代を創造するために場面転換を図ることは、トップリーダーの重要な役割。


権力の座を去った者が復権するには、新しく権力の座を目指す時より大きなエネルギーがいる。


精神論も大切だけれども、働く環境が世の中の流れを大きく変えるということです。たとえば決まった座席、シチュエーションでオフィスが固定していたら、空気も固定されます。だからフリーアドレスが必要なんです。それによって課長や係長という肩書きのイメージではなく、今何が大切かという本物の議論に集中できます。


まずは三重県東京事務所を変えることにしました。なぜなら、県の予算を必ず使う場所であり、幹部が必ず見ています。ですから、東京事務所が変わったら本庁舎を変えやすいだろうというのが私の作戦でした。


風やチャンスというものは乗るものではない。自分でつくるもの。私は常々、そう思っています。そしてその風やチャンスを呼び込む力になるのは、日々の行動を支える大きな目標に他ならないと思うのです。


自分の経験だけでものを考えると、どうしても視野が狭くなります。本を通じて自分以上に努力している人から学んだり、身近な人たちの経験を聞かせてもらったりすることは、大きな励みになりました。


三重県の県議会議員になった当初から、「いずれは国政に出たい」と思っていました。そして、県議の活動に力を尽くす一方、井の中の蛙になってはいけないと、東京や海外で行われる勉強会にも積極的に参加しました。


三重県県議会議員のとき、「いずれは国政に出たい」という大きな目標はあっても、現実には県政さえ動かすことはできません。そのジレンマに、自分は政治家に向いていないのではと悩むこともありました。そんなとき助けになったのは、本を読むことと人に会うことです。


県会議員として二期から三期目にかけてのころ、衆議院議員に立候補したいと考えました。県議選は約1万票を獲得する戦いですが、衆院選ならその10倍の得票が必要です。規模が違えば、選挙のやり方も負担もまったく違います。当時の私はまだ準備不足で、その場では出馬を断念せざるを得ませんでした。しかし、私が衆院選に意欲を持っていることをマスコミが報じたため予期せぬPRとなり、私は候補者として有権者に認知されることになりました。


フリーアドレスにすると、まずは従来はデスクが島型に並んでいて、課長がここで係長がここにいると決まっていましたが、それがなくなります。これは3、4年かけて徐々に進めていきましたが、部長室をなくす時には議論が起きました。そこで私は納得がいくまで徹底的に、無制限で対話をしました。職員の中にはもちろん抵抗もありましたが、変えることに喜びを感じ始めていました。


私の改革ではヒトとカネに加えて、モノの改革にこだわりました。たとえば、机の下に1つずつ、ゴミ箱が置いてあります。「それが必要だろうか?」という話がありました。みんな当然「要る」といいますが、徹底的に議論をさせたら、結論が「要らない」になりました。それは働き方を変えたことでゴミが8割減り、個人はそれぞれ小さなゴミ袋で処理をして、1週間くらい溜まったものをまとめて処理をするという形にしました。撤去したゴミ箱は県庁の入口の花のプランターに変わりました。まさにパラダイムシフトが起きたわけです。「やればできる」という気づきの連鎖につながっていきました。モノからの改革を始めたのですが、これが三重県庁で変化を起こす一つのきっかけになりました。


北川正恭の経歴・略歴

北川正恭、きたがわ・まさやす。日本の政治家、学者。三重県知事、衆議院議員。三重県鈴鹿出身。早稲田大学第一商学部卒業後、三重県議会議員選挙に出馬し当選。県議会議員を3期務めたのち、衆議院議員に立候補し4期務める。その後、三重県知事を2期務めた。そのほか、早稲田大学大学院公共経営研究科教授、富士通社外取締役、テレビのコメンテーターなどを務めた。主な著書に『中部は一つ輝ける伊勢湾時代』『改革一直線 政治生活二十年の歩み』『生活者起点の行政革命』『マニフェスト革命 自立した地方政府をつくるために』『マニフェスト進化論 地域から始まる第二の民権運動』など。

他の記事も読んでみる

ティム・ブレット

地域社会の活性化なくして、企業の成長はない。


植木理恵

最近のアメリカでの研究に、「ストレスは体に悪い」と思っている人の群とストレスを前向きにとらえている人の群のどちらが長生きできるかを調べたものがあります。両群を比較したところ、「ストレスは体に悪い」と思っている群はあまり長生きができず、ストレスを前向きにとらえている群は長生きをする傾向があることがわかりました。つまり、ストレスがあるから健康が害されるというわけではなく、「ストレスをどうとらえているか」が、健康を保つために大きなウエイトを占めているということです。


ポール・ヴァレリー

理想とは、不満の意を表現する方法のことである。


東村アキコ

最近、「女の人にとっての幸せって何?」ということをいろんなところで訊かれるんです。でね、気づいたんですけど、私の周りで本当に幸せを満喫している女たちは既婚も独身も関係なく、みんなアイドルが好きなの。彼女たちは、求めるトキメキを全部アイドルに委ねていて、コンサートは疑似デートとして楽しんでいる。しかも、そこで夫や恋人をないがしろにするんじゃなくて一緒にアイドル道へ引きずり込んだりするんだよね。


榎本博明

人が「上から目線」を意識するのは、「相手が自分を見下している」と感じたときです。見下されていると感じるのは、自分に自信がないからです。だから常に、「相手と自分のどちらが上か」を比較し、「下に見られた」と思ったり、「能力を見限られた」と思ってしまう。そして、相手が上司であっても、「自分より優位に立ってものを言うのが許せない」と考えるのです。


篠原菊紀

記憶力の向上はインプットとアウトプットを繰り返すしかない。キャバクラ嬢が何人もの客の顔と名前を覚えているのは、仕事のあとに名刺を整理し、相手に応じて内容を変えたメールを打ち、お誘いの電話をするというアウトプットの努力を日夜しているからです。


治山正史

少子化、人手不足が進む中、1人あたりの生産性が、さらに重視される時代が来る。それを全社で意識していかなければ会社の発展はない。


北島素幸

料理人にとっては、自分の店を開く前までの心がけというのはシンプルに「雇ってもらっている限りは、その店が盛りあがるように一所懸命にやる」というのが一番でしょう。だから、ハングリーなほうがいいし、若い人なら親元を離れ、安い給料で一番きついところに行ったらいいんです。苦労することによって、社会の現実や自分の進路が見えてくるのでね。


本田宗一郎

誰か口の悪いのが俺のことを、亭主関白の恐妻家だって言いやがったのが、言いえて妙だねえ。俺は外じゃ誰にも迷惑をかけないが、家じゃ女房に厄介をかけてばかりいる。だから頭が上がらないわけだ。俺にとって女房は昔からセーフティ・バルブの役目だった。


村田諒太

僕は2011年の五輪予選前から、日々の練習の反省点などをノートに記録していましたが、五輪直前に手法を変えました。未来日記形式で、まず目標やテーマを「できました」と過去形で書いてしまう。それから、練習に出かけるようにしたんです。顔面に相手のパンチを受けないためには、常に頭を左右に振って的を絞らせないことが大事です。この日も前もって「頭を振れた」と書いたことで、スパーリングではパンチをもらいませんでした。


齋藤茂(経営者)

トーセを立ち上げてから、しばらくは仕事が大変でした。しかし、設立から13年間、退社した人がいなかった。そして、平和になってくると退社する人間が出てきた。仕事が山積みで眠れないのもイヤですけど、社員が辞めるのはもっと精神的に堪えます。そのとき、「なんでうちみたいなアットホームな優良企業を辞めるんだろう」「アットホームだからダメなのか」と自問自答しました。気がついたのは、人間には目標ややり甲斐が必要だということ。それを演出するのに上場は手っ取り早い。そこで上場の趣旨の文書を書いて、京都のお店の2階に幹部を集めて、上場すると宣言しました。


冨山和彦

20、30代でいい加減なことをやってきた人は、いくらスペックが高くても、どこかで悪評が立っています。社内外にかかわらず、重要なポジションに就く人を評価するときは必ず照会を取るので、そういう人はすぐにバレる。つまり40代はこれまでに蓄積してきた信頼性を改めて問われる時期と言えるでしょう。