名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北川正恭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北川正恭のプロフィール

北川正恭、きたがわ・まさやす。日本の政治家、学者。三重県知事、衆議院議員。三重県鈴鹿出身。早稲田大学第一商学部卒業後、三重県議会議員選挙に出馬し当選。県議会議員を3期務めたのち、衆議院議員に立候補し4期務める。その後、三重県知事を2期務めた。そのほか、早稲田大学大学院公共経営研究科教授、富士通社外取締役、テレビのコメンテーターなどを務めた。主な著書に『中部は一つ輝ける伊勢湾時代』『改革一直線 政治生活二十年の歩み』『生活者起点の行政革命』『マニフェスト革命 自立した地方政府をつくるために』『マニフェスト進化論 地域から始まる第二の民権運動』など。

北川正恭の名言 一覧

思い込みと戦うことが、私の知事としての仕事でした。ひとつひとつの取り組みによって、「そういうものだ」と思い込んでいた県庁の精神構造を変えたんです。


時代を覆う閉塞感を打破して新時代を創造するために場面転換を図ることは、トップリーダーの重要な役割。


権力の座を去った者が復権するには、新しく権力の座を目指す時より大きなエネルギーがいる。


精神論も大切だけれども、働く環境が世の中の流れを大きく変えるということです。たとえば決まった座席、シチュエーションでオフィスが固定していたら、空気も固定されます。だからフリーアドレスが必要なんです。それによって課長や係長という肩書きのイメージではなく、今何が大切かという本物の議論に集中できます。


まずは三重県東京事務所を変えることにしました。なぜなら、県の予算を必ず使う場所であり、幹部が必ず見ています。ですから、東京事務所が変わったら本庁舎を変えやすいだろうというのが私の作戦でした。


風やチャンスというものは乗るものではない。自分でつくるもの。私は常々、そう思っています。そしてその風やチャンスを呼び込む力になるのは、日々の行動を支える大きな目標に他ならないと思うのです。


自分の経験だけでものを考えると、どうしても視野が狭くなります。本を通じて自分以上に努力している人から学んだり、身近な人たちの経験を聞かせてもらったりすることは、大きな励みになりました。


三重県の県議会議員になった当初から、「いずれは国政に出たい」と思っていました。そして、県議の活動に力を尽くす一方、井の中の蛙になってはいけないと、東京や海外で行われる勉強会にも積極的に参加しました。


三重県県議会議員のとき、「いずれは国政に出たい」という大きな目標はあっても、現実には県政さえ動かすことはできません。そのジレンマに、自分は政治家に向いていないのではと悩むこともありました。そんなとき助けになったのは、本を読むことと人に会うことです。


県会議員として二期から三期目にかけてのころ、衆議院議員に立候補したいと考えました。県議選は約1万票を獲得する戦いですが、衆院選ならその10倍の得票が必要です。規模が違えば、選挙のやり方も負担もまったく違います。当時の私はまだ準備不足で、その場では出馬を断念せざるを得ませんでした。しかし、私が衆院選に意欲を持っていることをマスコミが報じたため予期せぬPRとなり、私は候補者として有権者に認知されることになりました。


フリーアドレスにすると、まずは従来はデスクが島型に並んでいて、課長がここで係長がここにいると決まっていましたが、それがなくなります。これは3、4年かけて徐々に進めていきましたが、部長室をなくす時には議論が起きました。そこで私は納得がいくまで徹底的に、無制限で対話をしました。職員の中にはもちろん抵抗もありましたが、変えることに喜びを感じ始めていました。


私の改革ではヒトとカネに加えて、モノの改革にこだわりました。たとえば、机の下に1つずつ、ゴミ箱が置いてあります。「それが必要だろうか?」という話がありました。みんな当然「要る」といいますが、徹底的に議論をさせたら、結論が「要らない」になりました。それは働き方を変えたことでゴミが8割減り、個人はそれぞれ小さなゴミ袋で処理をして、1週間くらい溜まったものをまとめて処理をするという形にしました。撤去したゴミ箱は県庁の入口の花のプランターに変わりました。まさにパラダイムシフトが起きたわけです。「やればできる」という気づきの連鎖につながっていきました。モノからの改革を始めたのですが、これが三重県庁で変化を起こす一つのきっかけになりました。


北川正恭の経歴・略歴

北川正恭、きたがわ・まさやす。日本の政治家、学者。三重県知事、衆議院議員。三重県鈴鹿出身。早稲田大学第一商学部卒業後、三重県議会議員選挙に出馬し当選。県議会議員を3期務めたのち、衆議院議員に立候補し4期務める。その後、三重県知事を2期務めた。そのほか、早稲田大学大学院公共経営研究科教授、富士通社外取締役、テレビのコメンテーターなどを務めた。主な著書に『中部は一つ輝ける伊勢湾時代』『改革一直線 政治生活二十年の歩み』『生活者起点の行政革命』『マニフェスト革命 自立した地方政府をつくるために』『マニフェスト進化論 地域から始まる第二の民権運動』など。

他の記事も読んでみる

戸塚隆将

上司も当然部下といい関係を築きたがっている。部下に慕われれば、かわいがろうという気持ちにもなる。


糸井重里

プロジェクトを育てるには、1つのモデルケースを作って進めることが非常に大事。新規事業はモデルがないと、本気にされにくいですが、具体例があれば、次につながる話ができる。


南場智子

講演や本の場合、すでに知っていることや知る必要のないことまで含むため時間的なロスが大きいが、専門家に直接聞く方法は、その点でロスが少ない。そして一流の専門家は1年をかけて説明できないほど、深い知見を持っている。


吉越浩一郎

欧米に比べて日本に一番足りないものは、自立した「個」である。日本では周囲に気を配らなければならない与件が多すぎる。もちろんそれは長所でもあり、日本人のフォロワーシップに表われている。人への気づかいが組織力となり、団結力を生んでいる面は確かにある。しかしその一方で、日本人にはリーダーシップを持った人材が不足しがちだ。リーダーは、自立した「個」でなければ務まらないからだ。


端木正和

中国の中間層は、いわれているほど日本に対して興味を持っていません。だからこそ日本から中国に対してもっと発信しなければいけないんです。日本人はあまりアピールしないですね。一方で13億人いる中国ではアピールしないと存在さえ認めてもらえない。これが大陸文化なんです。


理央周

もし上司から頼まれた仕事を断りたいときは、まずは「わかりました」と一度受けて「しかし、いま私はこういう仕事を持っているので、おっしゃる期日までにやるのは難しいと思います」と説明すればいいでしょう。「Yes,But」で対応しましょう。


喜多恒雄

自社にないものを他社との協力で補うことは、一般企業では広く行われています。当たり前のことを、当たり前にやるだけの話です。「日経のブランドを毀損しない」という絶対条件を守るならば、いろいろな企業と提携し、様々な分野に進出していきたい。このポリシーは私の考え方としていつも全社員に言っています。


ジェローム・シュシャン

ルーティンの仕事に陥ることなく、正しいプロセスだと思えば、これまでできなかったこと、やってこなかったことに挑戦し続けてほしい。それが人間として成長することであり、自ずと、事業や会社が成長することにもつながるはず。


小笹芳央

忠告や叱責は、自己認識と他者からの評価のギャップを修正する格好の機会です。言われたことを真摯に受け止め、学びの機会に変えてください。


永守重信

新たな危機に見舞われたおかげで、日本電産は一層の体質強化を実現できた。これは危機の効用といってよいだろう。


吉野真由美

話すスピードは、相手のペースに合わせるのが基本。ゆっくり話す人に対してはゆっくりと、早口で話す人に対してはテンポよく話します。


伊藤明(伊東屋)

書く行為が思考を塗り替えることもあります。意外に面白いのが、書きなぐってみると思ってもみなかった発見があることです。書き間違えた言葉から新しい考え方を学ぶこともあるし、自分の勘違いで書いたメモが結果的に学びになることもあります。