北川智子(歴史学者)の名言

北川智子(歴史学者)のプロフィール

北川智子、きたがわ・ともこ。日本の歴史学者。福岡県出身。加ブリティッシュコロンビア大学卒業、同大学院修士課程修了、米プリンストン大学博士課程修了。ハーバード大学東アジア学部で日本史を教えた。

北川智子(歴史学者)の名言 一覧

絵本の英語は易しいですが、文法的に正しく、分かりやすく、学習に適しています。同じ作品でも、絵がメーンの易しいものから、文字の多い難しいものまで揃っているのも魅力です。易しい本で物語を把握しておけば、同じ作品の難しいものにも挑めます。それに何より楽しい。非日常の世界観に浸り、子供と遊びながら英語を学べるのですから。


自分が使いこなせる英語をしっかり使い、自分にしか伝えられないメッセージを伝えればいい。


英語は、できる・できないではなく、使うか・使わないか。「三単現のSを忘れた」なんて、全く問題ではありません。「今日は英語を使っただけでハナマル!」と笑顔でいた方が、次の日も英語を楽しく使えて、上達スピードが加速する。


北川智子(歴史学者)の経歴・略歴

北川智子、きたがわ・ともこ。日本の歴史学者。福岡県出身。加ブリティッシュコロンビア大学卒業、同大学院修士課程修了、米プリンストン大学博士課程修了。ハーバード大学東アジア学部で日本史を教えた。

他の記事も読んでみる

矢野博丈

人間、誰だって悩みを抱えている。でも悩んでいるからといって、暗い顔をしていたら悩みはますます大きくなるだけ。つらいときほど笑い飛ばして、元気を出したほうがいい。


森下一喜

二番煎じも必勝法の一つですから否定はしませんが、それをしている限り、絶対に一番手にはなれません。


坂本龍馬

養子となる者へも伝えてほしいのですが、土佐で流行している長い剣は、すでに伝えているように一対一の喧嘩や、昔話の宮本武蔵の試合などには非常に向いているのですが、現代の戦場では無用です。銃を主要兵器とする場合、刀がなくともよいと考えるべきです。


塩﨑均(塩崎均)

国際学部なんてもうどこの大学にでもあるし、珍しくもないですよね。だから「三番煎じになるならやめよう。どこにも存在しない国際学部を作ろう」と意気込んできました。語学学校大手のベルリッツと提携し、授業を担当してもらっているのはそういう背景からです。専門的な英会話教育のノウハウを取り込むため、外部と組むという判断をしました。


竹中平蔵

私は田舎の商店街の生まれ育ちだから、もとより失うものもありません。


田中良和(GREE)

インターネットはゲーム化してきています。つまり、誰にでも楽しめて、分かりやすいものが支持されている。


永瀬昭幸

日本再生のためには、強いリーダー、すなわち世界で活躍できる人材を次々輩出することが必要です。大学に合格することをゴールとするような教育からは、そうしたリーダーは生まれません。


大山健太郎

「大山さんは未来が見えるのですか」とよく聞かれます。当然、未来は見えません。だからこそ、切るカード、選択肢は常に多く持っていたい。最近では家電やヘルスケアの事業も注力し、事業領域は多岐にわたっています。


小林昇太郎(コンサルタント)

私はいま、ビリオネアな人達とその人達をお客様にしたビジネスを展開して成功している人達を研究しているのですが、ビリオネアは欲しい物はすでに何でも持っているわけですね。では、その市場で物を売るにはどうしたらいいか。彼らは豊かさや幸せを感じるものにお金を出すわけです。


坂本光司

真のリーダーには、「徳」が不可欠です。正確に言えば「才」と「徳」が必要なのですが、より大事なのは徳です。優しさや利他心を持っていれば、自然と「世の中に役立ちたい」という気持ちが生まれ、その目的に向かって勉強をします。結果、才は後から育まれていくでしょう。


松本晃(経営者)

お客様は複雑に考えてはいない。シンプルな感覚が、本質を見抜いているともいえます。


國光宏尚(国光宏尚)

スマホのゲームも結局、家庭用のゲームを移植したものはあまり流行らなくて、スマホならではのゲームを一からつくった会社がヒットしました。当然VRのゲームでも、スマホや家庭用のゲームを直接移植しては駄目です。VRでしかできない体験をどうやってつくるかが1つ大きなところかなと思います。


澤田秀雄

自慢じゃありませんが、私は30年間、病気で会社を休んだことは一度もありません。いつも「元気だ」と自分に繰り返し言い聞かせているからです。


鍜治真起

どんな人にも、仕事を楽しめる自分と、楽しめない自分との両面が存在すると思います。そのどちらかが表面に出てきているわけで、何かのきっかけで、仕事の楽しさは突然、逆転するものだと思います。


森川亮

頑張って成果を出している人が評価される仕組みを作るには、会社のトップが決断しなければ、なかなか実現しません。政治家が自分の給料を下げるような法案を取り上げないのと同じで、今は頑張っていない古い人たちが自分の首を絞めるような仕組みは取り入れないでしょう。だから評価制度の仕組みは、トップの決断にかかっています。


ページの先頭へ