名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北川景子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北川景子のプロフィール

北川景子、きたがわ・けいこ。日本の女優。兵庫県出身。明治大学商学部卒業。17歳でモデルデビュー。その後、女優として映画やドラマで活躍。

北川景子の名言 一覧

いまもモデル時代のイメージで見ている人がいるかもしれないけど、役を演じることで、そのイメージを少しずつ変えていきたい。


仕事はもちろん、それ以外の何事に対しても努力を惜しまないところが自分の長所だと思います。一方で短所といえば、人見知りなところと、悩みやすいところかな。


もともと、すごく内向的だったんですよ。人前で話すことも苦手だし、授業中もずっと下を向いているような状態で。芸能界に入ったのも、内気な性格を直して社会に適応できる人間になりたいと思ったからでした。


「どの役を演じても同じ」とは言われたくなくて。過去の作品と違う役を演じたことで、「北川景子のイメージとは違う」と言われたとしてもかまわない。それでも作品を見てくれて、演技を評価、してくれる人がいればいいと思っています。どんな役でもこなせる女優になることが、いまの私にとって最大の目標です。


北川景子の経歴・略歴

北川景子、きたがわ・けいこ。日本の女優。兵庫県出身。明治大学商学部卒業。17歳でモデルデビュー。その後、女優として映画やドラマで活躍。

他の記事も読んでみる

糸井重里

生き残るブランドを作るためには、この商品ならではという要素が欠かせない。


柴田ヨクサル

マンガを描くのって、何もないところにポンと何かを生み出すということなので、きついなぁとは思います。でもマンガだけじゃないですよね。現実って、きついじゃないですか。だからみんな、エネルギー源になるものを見つけないといけない。


角野卓造

舞台は一区切りを付けましたが、「役者を極めた」などとは思っていません。ですからこれからいい作品に出合えれば演じたい、と考えています。


金丸恭文

当社は外部からヘッドハントしたい企業のトップランクにいます。新しいことを求めて外に出る人も多い。そうした人材を活かすため、グループ内に、みんなが望むビジネスができるベンチャーを生み出そうと。それを明確にするために、持ち株会社の形にしたのです。


江見朗

アメリカでの7年にわたる生活のなかで、「飲食店を経営する」という目標が見つかりました。日本人が経営する寿司屋で働き、刺激を受けたからです。が、実はあっさりと挫折し、ボロ雑巾のような状態で帰国しました。30歳になっていた私の全財産は、財布に入っていた1万円だけでした。それでも、店を持つ夢は捨てず、心の片隅にありました。帰国後、母の勧めで、懐石料理屋さんで働きましたが、仕事後に通っていたショットバーでお客さんやオーナーと話をするうちに心が前向きになり、夢が再燃しました。


土田晃之

もちろん知識がゼロではできませんが、特定の限られた知識だけでも、専門家と思わせることはできます。だから普段ちょっと面白いこぼれ話や小ネタに接したら、人に話せるように覚えておくといいですよ。


松重豊

ついこの間まで、ドラマ『バイプレイヤーズ』という作品に出演させていただいていたのですが、10~15年くらい前からバイプレイヤー(脇役)として活躍してきた同世代の俳優が集結する、とても楽しい仕事でした。10~15年前はちょうどみな40代くらい。今もみな最前線で頑張っていますが、それはやはり、40代の頃の頑張りがあったからだと思います。


吉野彰

ほとんどの情報をインターネット上の論文などで取れるようになった時代には、勝負を決める要素はモチベーションになってくると思います。「生活のためにやらなければ」と必死で追いこんでくる世界中の研究者たちと同じ土俵にいる、ということについては、今後の日本人の産業研究者はかなり意識をするべきなのではないでしょうか。


梅澤高明

多くの仕事をこなしながら、高い成果を出しているハイパフォーマーは、みんな「リセット」をする場を持っている。瞑想に限らず、運動でも、風呂でも、やり方は人それぞれでいい。


平野拓也

従業員に意識と行動を変えてもらうために、私は3つのことを言っています。

  1. 行動規範として「お客様に喜んでもらうこと」を何よりも重視する。
  2. クラウドとモビリティの分野でリーダーを目指す。
  3. この2つを達成するための最短距離を探す。

原田曜平

企業が若者を見る努力をしなくなった一方、今もトレンドを生み出すのは若者。それをメディアや広告会社が後追いする「主従の逆転」がこの5年くらいで起きている。だからこそ、若者の研究は未来を占う意味で、かつてないほど重要になっている。


村田昭治

市場は水物だし、一歩先がわからないのがマーケット。しかし、ひるまずにイノベーションにトライすることは大切。