名言DB

9429 人 / 110879 名言

北川景子の名言

twitter Facebook はてブ

北川景子のプロフィール

北川景子、きたがわ・けいこ。日本の女優。兵庫県出身。明治大学商学部卒業。17歳でモデルデビュー。その後、女優として映画やドラマで活躍。

北川景子の名言 一覧

いまもモデル時代のイメージで見ている人がいるかもしれないけど、役を演じることで、そのイメージを少しずつ変えていきたい。


仕事はもちろん、それ以外の何事に対しても努力を惜しまないところが自分の長所だと思います。一方で短所といえば、人見知りなところと、悩みやすいところかな。


もともと、すごく内向的だったんですよ。人前で話すことも苦手だし、授業中もずっと下を向いているような状態で。芸能界に入ったのも、内気な性格を直して社会に適応できる人間になりたいと思ったからでした。


「どの役を演じても同じ」とは言われたくなくて。過去の作品と違う役を演じたことで、「北川景子のイメージとは違う」と言われたとしてもかまわない。それでも作品を見てくれて、演技を評価、してくれる人がいればいいと思っています。どんな役でもこなせる女優になることが、いまの私にとって最大の目標です。


北川景子の経歴・略歴

北川景子、きたがわ・けいこ。日本の女優。兵庫県出身。明治大学商学部卒業。17歳でモデルデビュー。その後、女優として映画やドラマで活躍。

他の記事も読んでみる

コリン・パウエル

組織が成功するとき、その仕事にくだらないものなどない。ただ、これほどわかりやすく、簡単に実行できる原理を理解できない、くだらないリーダーが多すぎるだけだ。


塚越寛

長野県の片田舎に本社を置いていることで、経営効率の悪さを指摘されることもあります。しかし私の考えでは、そもそも効率至上主義の経営を行うべきではありません。現在の日本の首都圏への極端な「一極集中」は、自社の経営効率だけを優先させた会社が集まりすぎた結果の、過密状態だと言えます。また、ひとつの国の中で、過密した地域と過疎の地域ができてしまうのは、国全体のあり方として健全ではありません。中央ばかりが栄え、地方が疲弊し、双方の格差が拡大していくからです。効率至上主義から脱却し、地方に本社を移す会社が増えれば、日本の国土全体が豊かになっていくことでしょう。今は交通網もインターネットも発達しているのですから、無理に首都圏にこだわらなくても、十分にいい仕事をしていくことは可能なはずです。


長嶋由紀子

組織人は上から与えられたことを真面目にこなすことも大事だし、それによってビジネスパーソンとしての基礎力を養われるのは確かですが、それで身につく筋力だけでは人より速く走ることはできません。さらに上の記録を目指したいと思うなら、ときには人と違う走り方を考える必要があるはずです。


シェイクスピア

時というものは、それぞれの人間によって、それぞれの速さで走るものだ。


川原礫

デビュー前、『月の揺りかご』というWeb小説をホームページで連載していたんです。約10年間も中断していましたが、アリシゼーション編がひと区切りついたため、続きを書くことにしました。興味の対象も、当時から変化しています。僕はドライな書き手で、登場人物に対してもゲームキャラクターを見るような感覚でした。でも、今では生々しい人間ととらえていますし、心情を掘り下げる描写も増えました。人付き合いが増え、読者の方々と接する機会が多くなり、改めて「人間って面白い」と気づいたのかもしれません。


安藤忠雄

私は企業とは、リーダーと強いチームあってこそだと思う。


加藤壹康

大切なのは長期的なビジョンに向かい、常にわずかでも前進し続けること。単純な言葉ですが、そこに秘められた深い意味を、後々もきっと理解し、受け継いでくれる人がいることでしょう。


山本隆章(経営者)

セイコーの創業者である服部金太郎が「世間より一歩先に進む必要がある。ただし、ただ-歩だけでよい。何歩も先に進み過ぎると、世間とあまり離れて予言者に近くなってしまう」という言葉を残しており、これがセイコーのDNAとなっています。新生セイコーソリューションズでも、先に行き過ぎず、信頼性が担保されたソリューションを提供していく方針です。


山崎種二

私は「ケチ種」といわれるほどの男であるが、その私にも若いころからひとつの夢があった。徴兵検査で帰京するとき、鏑川の川止めにあった。そこで成功のあかつきには、川に橋をかけたいという念願を抱いた。たまたま、昭和5、6年の金解禁相場で、私は利益を得たので、多年の夢を実現した。私は先輩から「目立つ寄付より目立たぬ寄付、とくに人に踏まれる寄付がいい」と教えられたが、この橋と県道は、後年思わぬときに私の役に立った。太平洋戦争の最中に荷物を疎開するとき、トラックが通れたからである。もし橋がなかったらトラックは通れず、疎開も思うようにできなかったであろう。


北条重時

考えてみると、世の中の出来事はすべて儚いものであって、夢の中でさらに夢みているようなものだ。昨日見た人も今日はあの世へ旅立ってしまったり、今日ある人も明日の命がおぼつかなく思われ、息するたびに人の寿命は縮まって行く。朝でた太陽も夕べには山の彼方へと沈んで行き、夕暮れより浮かぶ月の影(月の光)も明方よりは薄れて消え、咲き誇って見える花もやがて吹く風を待っては散って行く。そんなことから考えてみて、姿あるものが滅び行くのは、人間のみならず、万物に共通したところだろう。