名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北川景子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北川景子のプロフィール

北川景子、きたがわ・けいこ。日本の女優。兵庫県出身。明治大学商学部卒業。17歳でモデルデビュー。その後、女優として映画やドラマで活躍。

北川景子の名言 一覧

いまもモデル時代のイメージで見ている人がいるかもしれないけど、役を演じることで、そのイメージを少しずつ変えていきたい。


仕事はもちろん、それ以外の何事に対しても努力を惜しまないところが自分の長所だと思います。一方で短所といえば、人見知りなところと、悩みやすいところかな。


もともと、すごく内向的だったんですよ。人前で話すことも苦手だし、授業中もずっと下を向いているような状態で。芸能界に入ったのも、内気な性格を直して社会に適応できる人間になりたいと思ったからでした。


「どの役を演じても同じ」とは言われたくなくて。過去の作品と違う役を演じたことで、「北川景子のイメージとは違う」と言われたとしてもかまわない。それでも作品を見てくれて、演技を評価、してくれる人がいればいいと思っています。どんな役でもこなせる女優になることが、いまの私にとって最大の目標です。


北川景子の経歴・略歴

北川景子、きたがわ・けいこ。日本の女優。兵庫県出身。明治大学商学部卒業。17歳でモデルデビュー。その後、女優として映画やドラマで活躍。

他の記事も読んでみる

西川世一

人も会社も「自分はこういう者です」と宣言することが大事。


黒田尚子

すべてを予測することはできませんが、やはりある程度シミュレーションしておくことが大事。「いつ」「何のために」「いくら」のお金が必要かを検討する。その上で、何年後に、何%の利回りを目指すか。これに答えられるようにすることが資産運用の第一歩。


安野モヨコ

21歳の頃に連載がはじまったのですけど、それでよく同業者から「ファンです」と言われて喜んでいたら、編集さんには「同業者なんかに受けても仕方がないだろう」「同業者に受けるなんて、自分よりも売れるわけがない漫画だと思われているからだ」とクギを刺されもしました。


寺田和正

これまでは「物」の消費でした。しかしこれからはゴルフや旅行という「事」に「物」が結びついていく「事物(こともの)消費」に移っていきます。そこで大事なのは「楽しさ」で、その演出をどうしていくのかという時代が来ました。


江口祥一郎

当社の歴代社長に聞いてみたところ、口をそろえて言っていたのが、事業をやめることの難しさでした。始めるのは簡単です。反対する人はいません。でもやめるとなると強硬に反対する人が出てきてやめられないんだ、と。


樹なつみ

20代後半から30代は、とにかく描きたかったんです。この頃は本当にすごい熱量でした。話を考えること自体が楽しくて、連載が全然終わっていないのに早く描きたくてイライラしちゃう。置いておくと腐っちゃう、みたいな(笑)。休むのも怖かったんじゃないかと思います。休んでいる間に抜かされたらどうしようと心配で。文字どおり、1か月たりとも休みませんでした。


大宮久

今までなかったビジネスや市場を創造していくことが大事。既にある分野に参入していけば取り合いになるだけですから。


田村恵子

いまの教育は褒めて育てるのが主流ですけど、そればかりでは人間は育たないでしょう。


山口周

ビジネスの現場で使われる最先端のキーワードも、あっという間に使い古され、痛い言葉と化す。一方、たとえばビジネスの会食の場で「マキャヴェッリは『君主論』の中でこんなことを言っていますね」「カエサルは『内乱記』の中でこんな決断をしていました」という話なら、10年後でも20年後でもずっと使えるネタだ。


横田雅俊

差別化に必要な競合の情報は、どこから収集すればよいのか。最も確実な情報源は顧客である。法人営業は、そもそも顧客以外に情報を入手するルートが少ない。コンシューマー向けの場合は、競合商品を自分で購入したり、インターネット上のレビューを参考にすることも可能だが、競合情報を豊富に持っているのは、やはり問屋や小売店などの直接の取引先である。B2B(企業間取引)でもB2C(企業・個人間取引)でも、やはり頼りになるのは顧客からの競合情報だ。


秋元康

僕は20代、30代の頃、「オールナイトフジの視聴者はこんなタイプだから」「これは女性ファンが多いから」と考えながら、大衆に向けて企画を立てていた。マスメディアであるテレビはそれが自然だと。ところが、よく考えてみると、テレビを観ていない自分がいた。「大衆」と言いながら、そこに「自分」が入ってない。大衆向けに作っています、と言って自分が観ないようなものを作ったら、つまらないものになるのは当然ですよ。僕は40過ぎて自分が面白いと思うものだけを作ろうと思った。特にいまは、作り手の思いが伝わる時代だと思うんです。「こいつらガチじゃないな」と思われたら見向きもされないですね。これはコンテンツ産業はもちろんですけど、多くの業種や職種の人もあてはまると思います。


高山善司(髙山善司)

ゼンリンが地図を電子化し始めた当時、社内の反発は相当なものだったと聞いています。地図帳の販売はかなりの高収益で安定していましたから「なぜ、あえて電子化をするのか」と社員の多くは目的が理解できなかったのです。苦労はしましたが、電子化によって地図製作は格段に効率化しました。