名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北川恵海の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北川恵海のプロフィール

北川恵海、きたがわ・えみ。日本の小説家。大阪府出身。『ちょっと今から仕事やめてくる』で電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞しデビュー。

北川恵海の名言 一覧

平凡すぎるくらい平凡な、いわゆる「顔のない」人物に私は惹かれます。そういう、無色透明な人間が少しずつ変化していく過程を書くのが好きなんです。


世の中には様々な仕事があって、そのどれもが、この世界を成り立たせるために必要不可欠なものなのですよね。私が以前、別の仕事をしていたときは、自分でしたくて選んだ職業だったのにもかかわらず、働くことが好きではありませんでした。幸運にも作家となり、まったく別のしたい仕事をするようになったのですが、こちらでもやはり、ものすごく苦しいんです(笑)。最近、ようやく分かってきました。あらゆる仕事のどれもが少しずつ独特で、そして働くことに悩みや迷いは付きものなのだと。でも、だからこそ人は成長するし、強くもなっていく。


北川恵海の経歴・略歴

北川恵海、きたがわ・えみ。日本の小説家。大阪府出身。『ちょっと今から仕事やめてくる』で電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞しデビュー。

他の記事も読んでみる

アレクサンダー大王

私は兵士のために大きな苦労を忍んできた。お前たちの誰が私のためにそれほど苦しんだというのか。傷跡のある者は見せてみよ。その者は私の傷跡を見よ。お前たちの栄光と富のため、私は傷を受けたのだ。そしていま、私はもう戦いにかなわぬ者たちを、故国の人々がうらやむほどの身分にして帰郷させようとしているのだ。それなのにお前たちは皆を背き去ろうとしている。行くなら行ってしまえ。
【覚書き|長期遠征に耐えきれなくなって不平を漏らした兵士たちへの言葉】


中山哲也

企業には社員が安心し、安定して働くことのできる職場を提供する義務があります。ですから、いくらITシステムだけ構築しても、働く人が面白いと思わなければ意味がない。


津田陽一

辛い「壁」の時期があったからこそ、新しい気づきと変化があった。


井上礼之

日本のモノ作りの強みは従来、設計から製造に至る工程で部門間が連携して品質改善などに取り組む「すり合わせ技術」において発揮されてきました。デジタル家電など標準タイプの部品を集めて組み立てる「組み合わせ技術」の製品が苦戦する一方で、自動車や工作機械などすり合わせ技術が生きる業種では、日本は強みを維持しています。そうした製品であれば、すり合わせ技術で圧倒的に優位に立てるビジネスモデルを構築し、技術や品質、「匠の技」などを磨き続けることも、世界で勝つ要諦のひとつだと思います。


日野原重明

いろんな人と会うこと自体が自己発見。1人でいると自己発見はない。みなさんと一緒になって、今日の日を迎えることに感謝。以前の私の感謝よりも、(病の)苦しみが強かっただけに、今の感謝は以前の感謝よりも何倍も何倍も大きな感謝。


藤原健嗣

重要なのは、何のためにM&Aを行うのかをはっきりさせるということと、その会社の成長性です。


梶原しげる

会話中は相手の言葉を聞き漏らすまいという傾聴姿勢をとりましょう。それができれば、もう次の質問や話題を探して内心慌てる心配はありません。なぜなら、次の会話のヒントは、すべて相手の発する言葉や態度に示されているからです。たとえば、相手が「私は生まれが京都でして。東京に来たときは言葉が違うので、ずいぶん戸惑いましたよ」と話したら、「ああ、京都ですか!」「戸惑われたと言うと?」と相手の言葉を繰り返すだけでも会話は広がります。


宮本勝文

チーム改革に反発する選手をそのまま放置していたわけではありません。理由を論理的に説明し、話し合いました。たとえば、学生時代に華々しい活躍を遂げた選手は、プライドが高く、長年続けてきたプレースタイルを変えようとはしません。でもそれは自己評価が甘いだけです。僕は考え方の変わらない選手は試合には使いませんでした。


加藤俊徳

脳は年と共に劣化すると思われていましたが、他の臓器と同じで、使わなければ劣化します、脳を満遍なく使って鍛えれば、100歳まで成長し続けることも可能だと思います。


高崎幸人

ニコニコキッチンのお弁当は創業当時から高価格帯に設定しています。利用者様が本当に必要とするサービスをお届けするために必要な費用だからです。安かろう悪かろうではない、真に役立つサービスを提供したい。そう考えて始めたニコニコキッチンは、創業から15年が経ち、競合他社が増えた今こそ、利用者様そしてケアマネージャーから求められ積極的に選ばれています。


澤田充(経営者)

コンセプトとは、一言で言うと「捨てること」です。あれもこれもと抱え込んだら、コンセプトになりません。いかに削ぎ落とすかが勝負です。


小宮一慶

私は、松下幸之助さんの『道をひらく』を数ページずつ読むことを20年以上「就寝前の儀式」にしています。本を読んだ回数は100回以上です。だから、何か仕事で悩んだとき、「松下さんなら、どう考えるか」と別の視点で状況を捉えられます。