名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

北川恵海の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北川恵海のプロフィール

北川恵海、きたがわ・えみ。日本の小説家。大阪府出身。『ちょっと今から仕事やめてくる』で電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞しデビュー。

北川恵海の名言 一覧

平凡すぎるくらい平凡な、いわゆる「顔のない」人物に私は惹かれます。そういう、無色透明な人間が少しずつ変化していく過程を書くのが好きなんです。


世の中には様々な仕事があって、そのどれもが、この世界を成り立たせるために必要不可欠なものなのですよね。私が以前、別の仕事をしていたときは、自分でしたくて選んだ職業だったのにもかかわらず、働くことが好きではありませんでした。幸運にも作家となり、まったく別のしたい仕事をするようになったのですが、こちらでもやはり、ものすごく苦しいんです(笑)。最近、ようやく分かってきました。あらゆる仕事のどれもが少しずつ独特で、そして働くことに悩みや迷いは付きものなのだと。でも、だからこそ人は成長するし、強くもなっていく。


北川恵海の経歴・略歴

北川恵海、きたがわ・えみ。日本の小説家。大阪府出身。『ちょっと今から仕事やめてくる』で電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞しデビュー。

他の記事も読んでみる

森下篤史

大事なのは仕事の「本当の目的」を理解したうえで、行動に移すことができるか。それさえ理解できれば、すべきことが見えてくる。


落合寛司

野球少年はお金がもらえるわけでもないのに、毎日真っ黒になって練習する。それは自分の好きなことだから、夢があるから、苦にならない。仕事でも、将来の夢があれば自ら努力します。


リンダ・グラットン

起業家を育成するのは教育の問題だけでなく、社会風潮の問題もあります。たとえばシンガポールの優秀な若者の多くは政府に就職します。一方、インドでは優秀な若者ほど起業家になる傾向が強い。インド発の優良企業が増えているのも、そういう土壌があるからだと思います。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

せっかくの休憩時間に、「身体は休んでいても頭や心が休んでいない」状態になってはいないでしょうか。そんなときは、休みなのだから頭を無にしようなどと思うのではなく、「たわいない楽しいこと」を考えるのが早道。「今日の夕飯はなんだろう」「週末は何をして遊ぼうか」など、呑気かつポジティブなことを考えましょう。これは「リプレイスメント」と呼ばれるやり方で、頭の中にあるイメージを別のイメージに置き換えることにより、疲労感を頭の外に「押し出す」方法です。単純ですが、手っ取り早く休息モードに入るのに有効です。


石橋善一郎

本質的には企業価値を中長期的に本当に高められるかどうかが最も重要なチャレンジにほかなりません。その中で企業価値を高めるにはどこを守り、どこを捨てないといけないかを見極めなければなりません。


宗道臣

人間の値打ちは失敗するかしないかでなく、失敗から起き上れるかどうかによってきまる。一度してしまった失敗は、もう帰ってこないけれども、同じ失敗を繰り返さないよう努力し、新たにやり直すことはできる。自分は駄目な人間だと思い込んだとき、人間は本当に駄目になるものである。


加賀見俊夫

成熟社会の中では、企業が需要を掘り起こしていくことが欠かせません。


大野直竹

これからの時代をどう考えるかということを探求しておけば、そんなに大きな失敗にはつながらない。


元谷芙美子

新入社員の中には、内定段階では髪の毛が茶色い子もいます。でも入社までに、黒くするように指導します。そこから始まって、箸の持ち方にいたるまで、気づいたら注意します。親から叱られたことのない子は驚きますが、諦めずに愛情を持って教えてあげたいですね。


小林義雄(経営者)

私が福島営業所長になったのが29歳のとき。東京でずっと営業一本でやってきて所長として福島営業所に赴任したわけですが、当時、福島営業所での部下は5人。小世帯ですからもうファミリーの経営でした。私の家に呼んで食事をご馳走したり、お酒を飲ませたり。その後、32歳で支店長になると、今度は家族的な経営では難しくなります。1課、2課、3課といった具合に組織になるからです。ですから、経営のスタイルも変えなければなりませんでした。そこで私が心掛けたことは自分で全部をやらないということでした。部下に任せるところは任すということです。もちろん、靴の上から足を掻いたような感じがしました。自分でやった方が早かったりしますからね。そこは我慢です。そうやって人の使い方を学んでいきました。ただ、任せっ放しではありません。しっかり報告させます。任せられた人は私に対して報告の義務があるのです。


入山章栄

中途半端な競争戦略を打ち出しているうちは、勝機は見えてこない。


大山健太郎

親や教師、さらにはAIが我々に教えてくれることは全部、過去に基づいた話なんです。それよりも、子供には今を知るためのニュースを読み、自分で考えることを促すべきです。子供の進学や就職の際に、親が自分たちの世代の価値観を押し付けて、結果的に失敗したという事例はたくさんあるでしょう。親の価値観というのは、往々にして時代錯誤なものです。親は自分の価値観に基づいて、学校や企業の良しあしを判断しがちですが、古い判断基準でこれから生まれてくる新しい価値を正しく評価できるはずはありません。特に、見栄やメンツを優先し、知名度やブランドで学校や企業を判断するようなことはあってはならないでしょう。