名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北川恵海の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北川恵海のプロフィール

北川恵海、きたがわ・えみ。日本の小説家。大阪府出身。『ちょっと今から仕事やめてくる』で電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞しデビュー。

北川恵海の名言 一覧

平凡すぎるくらい平凡な、いわゆる「顔のない」人物に私は惹かれます。そういう、無色透明な人間が少しずつ変化していく過程を書くのが好きなんです。


世の中には様々な仕事があって、そのどれもが、この世界を成り立たせるために必要不可欠なものなのですよね。私が以前、別の仕事をしていたときは、自分でしたくて選んだ職業だったのにもかかわらず、働くことが好きではありませんでした。幸運にも作家となり、まったく別のしたい仕事をするようになったのですが、こちらでもやはり、ものすごく苦しいんです(笑)。最近、ようやく分かってきました。あらゆる仕事のどれもが少しずつ独特で、そして働くことに悩みや迷いは付きものなのだと。でも、だからこそ人は成長するし、強くもなっていく。


北川恵海の経歴・略歴

北川恵海、きたがわ・えみ。日本の小説家。大阪府出身。『ちょっと今から仕事やめてくる』で電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞しデビュー。

他の記事も読んでみる

宇佐美進典

常に我々自身が今に満足せず、新しいことに挑戦し続けていく。それが個人、事業、ひいては会社の成長にも繋がっていく。


午堂登紀雄

馬車馬のように働く毎日を送りながら、ふと「これは僕の望む人生なんだろうか?」と疑問を持ちました。好きなときに好きなことができる自由な身でありたい。そのために、継続的かつ自動的にお金が入ってくるシステムをつくろうと考えたんです。
【覚書き|資産運用を開始した当時を振り返っての発言】


森正文(経営者)

人間の欲望は無限大です。まったく不満のない客なんて存在しません。


田中靖浩

赤字と黒字の分かれ目である損益分岐点は、押さえておくべき数字です。しかし、分数や比率で伝えられても、仕事にどう結び付くのか、重大さを認識しにくいものです。そこで、ある会社では、損益分岐点を日付で表現しています。毎日、売上とコストを累積計算し、「今年は、本日○月×日でやっとコスト回収完了。去年より△か月も遅かった」などと公開するのです。子のように工夫すれば、一人一人がコストの重みを共有でき、改善の余地も増すに違いありません。


井阪隆一

人間は、自分のためにはそれほど頑張れなくても、他人のためには頑張れたりするもの。その方が、厳しい仕事に耐えられることもある。


観音寺一嵩

世話になった人から押し付けられた無理難題を断るときは、会社の方針とか、その場にいない上司などを理由に依頼を断るといいでしょう。たとえば「この規模の案件だと本部長に相談する必要があるので、明日まで待ってもらえますか」といったん告げて、翌日、「申し訳ありません。本部長に相談したのですが、その条件ではちょっと呑めないという結論になりました。お力になれなくて大変残念です」とやるのです。もちろん、本部長に相談はしなくていいのです。一晩くらい寝かせて、自分も努力したことをわからせる方がいいのです。


米山公啓

寝ている間は理性を司る前頭葉の働きが落ちて、脳の後ろ側の視覚領域を司る部分が活性化されます。睡眠中に、論理的につじつまの合わない、おかしな夢を見るのもこのためです。ただ、これはときに創造的なアイデアに結びつきます。難しい問題があって解決策が浮かばないときに、会議を延々と続けても答えは出にくい。難しい問題を考えるなら寝起きがいい。その問題のことを考えながら睡眠に入ると、翌朝、予想外の答えが見つかっているかもしれません。


大賀昭司

新店では、レジで「えっ、こんなに安いの!」と驚かれる方が多い。バスケットプライスが安く、お客様が望む商品を提供することが地域密着のポイントです。
【覚書き|カゴの中に入れた商品の合計額のこと。西友の造語】


栄和人

選手からの信頼を得たい、好かれたいなどという思いはない。私はただ選手を強くするのみ。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

経営者の心正しからずして、宣伝だけで企業が発展するものではない。資本、製品がよく、それに適切な宣伝が加わってはじめて企業の繁栄がもたらされる。したがって、コピーライターは経営者のモラルと営業面にまで勧告できる立場にあって、はじめて本当の仕事ができる。


水野泰三(経営者)

利益でもメーカー品の粗利益率が大体35%くらいで、PB(プライベートブランド)なら50%強くらい。中間マージンがないから、安く売ったとしてもある程度の数をこなせれば利益は取れる。ゆくゆくはPBとメーカー品の売上比率を50対50くらいにはしたいと思っています。でもそれには、PB自体のブランドマーケティングもしっかりしないとね。


小原泰(ロビイスト)

政治家と議論する際に心がけるのは、「時間(=歴史)」「社会」「地球環境」の3つです。3つのうちのどれかひとつを通じてその課題を大局的に俯瞰し、「大義」を立ててそれを唱道(アドボカシー)します。たとえば、外資系製薬会社の国内ワクチン市場参入を促す際は、時間=歴史を100年単位で遡ります。当時は野口英世や北里柴三郎らが世界の感染症の研究をリードしていた。その日本が今やワクチン後進国とまで言われるようではいけない……という具合です。外資系の参入で風通しをよくし、弱体化した国内メーカーは彼らとの提携を通して技術を吸収し直し、再度一人立ちしなければならない。そのためにも、彼らの参入に協力してくれ、というわけです。