北川恵海の名言

北川恵海のプロフィール

北川恵海、きたがわ・えみ。日本の小説家。大阪府出身。『ちょっと今から仕事やめてくる』で電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞しデビュー。

北川恵海の名言 一覧

平凡すぎるくらい平凡な、いわゆる「顔のない」人物に私は惹かれます。そういう、無色透明な人間が少しずつ変化していく過程を書くのが好きなんです。

北川恵海の名言|無色透明な人間が少しずつ変化していく過程を書くのが好き

世の中には様々な仕事があって、そのどれもが、この世界を成り立たせるために必要不可欠なものなのですよね。私が以前、別の仕事をしていたときは、自分でしたくて選んだ職業だったのにもかかわらず、働くことが好きではありませんでした。幸運にも作家となり、まったく別のしたい仕事をするようになったのですが、こちらでもやはり、ものすごく苦しいんです(笑)。最近、ようやく分かってきました。あらゆる仕事のどれもが少しずつ独特で、そして働くことに悩みや迷いは付きものなのだと。でも、だからこそ人は成長するし、強くもなっていく。

北川恵海の名言|悩みや迷いがあるから人は成長するし、強くもなっていく

北川恵海の経歴・略歴

北川恵海、きたがわ・えみ。日本の小説家。大阪府出身。『ちょっと今から仕事やめてくる』で電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞しデビュー。

ページの先頭へ