名言DB

9419 人 / 110788 名言

北川一成(グラフィックデザイナー)の名言

twitter Facebook はてブ

北川一成(グラフィックデザイナー)のプロフィール

北川一成、きたがわ・いっせい。日本のグラフィックデザイナー、アートディレクター。兵庫県出身。筑波大学芸術学群卒業後、北川紙器印刷(のちのGRAPH)に入社。同社社長を務めた。

北川一成(グラフィックデザイナー)の名言 一覧

注目を浴び続けるためには、変わり続けていくことが必要。


技術というのは、やってみないとわからない。


北川一成(グラフィックデザイナー)の経歴・略歴

北川一成、きたがわ・いっせい。日本のグラフィックデザイナー、アートディレクター。兵庫県出身。筑波大学芸術学群卒業後、北川紙器印刷(のちのGRAPH)に入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

後藤卓也(花王)

私は凡々たる人間で、リーダーをカッコよく見せ、仕事がやりやすいようにしてあげるのが本当は合っているタイプです。好きな言葉に「凡を極めて、非凡に至る」というものがありますが、それが私の理想です。


梅森浩一

他人のマネばかりしていると、二番煎じばかりで自分らしさを失うのではないか。マネというと、そうしたネガティブなイメージを抱く人もいるかもしれません。しかし、どんなに振る舞いや働き方を真似したところで、自分の性格やアイデンティティーまで変わることはありません。大切なのは、そうした根本的な「自分らしさ」と、周囲から評価される仕事ぶりを組み合わせて、仕事の成果へとつなげていくかです。


佐藤優

政治的に敵であると認識することと、相手を憎み断罪するということは、まったく別の話だ。外交の世界では、国家間の利害が敵対しているときにこそ、外交交渉に従事する外交官の人間的信頼関係が重要になる。


井上英明

同じ物差しを共有すれば、従業員一人ひとりが自発的に考え出したアイデアも、私の想いと大きくズレることはなくなるでしょう。ブランドを強くするには、従業員が同じ物差しを共有した上で、自由に創意工夫に取り組める環境が重要です。


古森重隆

当社では従来の仕事のやり方にとらわれることなく、新しい発想で仕事を進めることを各職場、各人に求めている。


岡内欣也

入行2年目になると、預金の流れに目が向くようになりました。日々の資金繰りが見えてくると、会社の実態がよくわかる。


岩下節生

アルバックは真空技術を使った製造装置を様々な業界に納めていますが、世界は日本の3倍くらいの速さで動いているのではないでしょうか。顧客が作る製品のライフサイクルは短くなり、以前は20年、30年と使っていただいた我々の装置はほんの数年で買い替えられます。


堀場雅夫

旧来の日本企業は、社内の「和」に重心をかけすぎ、社員に「自分を捨てて全体のために生きるべきだ」という道徳を押し付けてきた。だが、今後は、いい意味で利己主義の人材が必要になる。もちろん「和を乱せ」というのではない。みんなで仲良くする前に、個々がしっかりとしたスキルと情熱、行動力を持たなくてはいけないということだ。


ヤマシタトモコ

ネームがなかなかできない時は「自分は世の中に必要のない人間だ! 消えよう!!」って落ち込むんですけど、いざ原稿が上がると「マンガを描いて仕事にできるなんて、最高に幸せだ!」って全能感で満たされる(笑)。十何年ずっと変わらず、マンガに対して日々違う感情で落ち込んだり楽しかったりするのは、たぶん良いことなんでしょうね。


大串亜由美

本来の議論は相手の情報を引き出して、掛け算の成果にしていくもの。