名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北川一成(グラフィックデザイナー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北川一成(グラフィックデザイナー)のプロフィール

北川一成、きたがわ・いっせい。日本のグラフィックデザイナー、アートディレクター。兵庫県出身。筑波大学芸術学群卒業後、北川紙器印刷(のちのGRAPH)に入社。同社社長を務めた。

北川一成(グラフィックデザイナー)の名言 一覧

注目を浴び続けるためには、変わり続けていくことが必要。


技術というのは、やってみないとわからない。


北川一成(グラフィックデザイナー)の経歴・略歴

北川一成、きたがわ・いっせい。日本のグラフィックデザイナー、アートディレクター。兵庫県出身。筑波大学芸術学群卒業後、北川紙器印刷(のちのGRAPH)に入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

佐藤裕久

お客さまとは、僕たちが提供したいサービスや、世の中に創出したいことに共感いただき、協力してくださってるサポーターだと思っています。そのためには、当然ですが自分たちがお客さまの目の前で最高のプレーをする必要がありますよね。だから、まずは自分を輝かせるために仕事しようよと。こっちのほうが絶対にお客さまのためになりますから。


田原祐子

セールスマネジャーは、日々部下と真剣に向き合い、部下同士の、あるいは自分と部下の違いを個性と認め、一人の人間として互いに信頼や尊敬できる関係づくりをしておかなくてはなりません。


木村俊昭

私は「地方」ではなく、より広い視点での連携を重視する観点から「地域」という言葉を使いますが、地域創生の大きな流れは「情報共有」→「役割分担」→「出番創出」→「事業構想」だと考えています。まずは情報共有。行政、商工会議所や農業団体などが、これまで何をしてきて、今後どうしようとしているのかをすり合わせる必要があります。各々の組織が一生懸命頑張っているが、方向性がバラバラだったり、施策が重複していたりというのはよくあるパターン。こうした非効率を解消しなければなりません。そのうえで、それぞれの組織や世代に役割を担ってもらい、出番をつくっていく。そして、地域の活性化を事業の視点で構想し、実践していくわけです。


伊藤美恵

私が思うに、日本人がとても不得手なことが2つあって、ひとつは自分のことを上手にアピールすること。グローバル化がますます進む世界で、自己アピールする術を身につけることは、とても大切です。もうひとつは、本人の前でその人を評価して褒めること。日本人は照れてしまって、どうしてもぎこちなくなってしまう。でも、外国のビジネス―パーソンはごく自然に褒め称え、その人の気持ちを心地よくしてくれます。


柳井正

やはり相手を見ないといけない。経営者を見て、工場長を見て、本当にいいモノを一緒につくりたいという人と思ったら、2回、3回失敗しても、同じ相手と付き合っていくようでないと。当初から、上手く行くわけないですよ。


森澤篤

ふと思いついたことをまずはやってみて、「これと一緒にやると、もっと効率的にできるんじゃないか」「ここをこう変えたら使い勝手がよくなるかも」といった小ネタレベルの創造力が積み重なっていき、気付いたら巨大な山が動き出していたというのがビジネスのブレークスルーの実態である。たとえば、トヨタの有名な生産システムにしても、出発点はそんなところにあったのではないだろうか。


玉塚元一

北海道と沖縄で全然違うのだから、そこにいる人(スタッフ)が「もっとこういう商品が欲しい」などと主体的に戦えなければなりません。


津久井将信

デザイン会社に勤務していたときに、ある企業のロゴマークに3億円の制作費がかかっていると聞き、ロゴにはすごい価値があると知ったんです。だから、ロゴの仕事は安く請けないという暗黙のルールがありました。格安でデザインすれば勝負できると思ったのが起業のきっかけです。


箭内道彦

仕事がつまらないというと、「自分を変えるか仕事を変えるか、そのどっちかだ」みたいなことがよく言われます。でも僕は、自分と仕事の配線の問題だと思うのです。その配線をいじらずに、自分革命だとか転職だとかいっても意味がない。自分と仕事の間に興味という線をいかに開通させるかが、すべてだと思います。


諏訪貴子

誰もやらないことをやって、人が喜ぶのを見るのが好きです。それがやる気につながります。


徳重徹

私が心がけている習慣、それは「常に次のアクションにつなげる」ことです。たとえば、ある国の市場をリサーチしたとして、それを報告書にまとめただけでは、次の行動につながりません。大事なのはそのリサーチをもとに、「次、どうするか」です。


アンリ・ドゥ・キャストゥル

利回りを確保するためには、取りたくないリスクを取らなければいけないこともある。