北川一成(グラフィックデザイナー)の名言

北川一成(グラフィックデザイナー)のプロフィール

北川一成、きたがわ・いっせい。日本のグラフィックデザイナー、アートディレクター。兵庫県出身。筑波大学芸術学群卒業後、北川紙器印刷(のちのGRAPH)に入社。同社社長を務めた。

北川一成(グラフィックデザイナー)の名言 一覧

注目を浴び続けるためには、変わり続けていくことが必要。


技術というのは、やってみないとわからない。


北川一成(グラフィックデザイナー)の経歴・略歴

北川一成、きたがわ・いっせい。日本のグラフィックデザイナー、アートディレクター。兵庫県出身。筑波大学芸術学群卒業後、北川紙器印刷(のちのGRAPH)に入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

小山昇

新入社員の親御さんに「息子さんは頑張っています」とハガキを書くこともあります。親御さんは中小企業に勤めることに基本的に反対ですが、社長から期待をかけられていることを知ると、応援する側に回ってくれます。


荒川静香

圧倒的な強みを持つことは大事です。しかしルールが変わり、その技が加点対象にならない可能性もあります。だからこそ、できる技はたくさん持っておいた方がいい。多くの技を普段からバランスよく磨けば、「どんな状態でも勝てる戦略」が立てやすくなります。


曽山哲人

「この人に教えた方が得だ」と相手に思わせることに成功すれば、頼んでもいないのに情報を与えられる場合もあります。「得」というと具体的な見返りを想起するかもしれませんが、ここでは心理的な得も含みます。情報提供者は、相手から感謝の気持ちを表してもらうと気分がよくなります。一方、情報をもらう側は、感謝の気持ちを表すことで自分の信頼残高を増やすことができます。


藤原健嗣

山登りと同じように、目的を達成するルートはいろいろある。たとえば開発において、必ずしも自社で開発しなくても、他社から導入してしまった方がずっと早いこともあります。こだわらなくてはならないのは、目的であって手段ではないのです。


魚谷雅彦

企業のリーダーが海外展開をするに際しても、必要なのは「グローバルなビジネスをやるんだ」という情熱を社員に伝えることです。10から20年後に我が社はこうなる、自分はこうコミット(確約)する、という夢や思いを発信し続けなければ人はついてきません。


赤塚保

商品開発で大事なのは、職人に任せっきりにしないことです。つくるプロであっても、外で売れている商品まで勉強していないことがあります。当社ではおはぎを始めるにあたって、百貨店の担当者にお願いして全国の美味いおはぎを相当数集めてもらい、製造日の同じものを賞味しました。


野田一夫

ちょっと失敗したぐらいでクビを切っていたら誰も育ちませんし、一度も失敗したことのない人間を幹部にできるはずがない。


加藤修一(経営者)

会社というものは無駄な仕事が多い。必要のないことをして頑張った気になっている。生産性は仕組みで上げて、空いた時間を本当に大事なことに振り向ければいい。


加納裕三

仮想通貨のビットコインに出合ったのは2010年でした。社内で話題になっていて、自分でも調べてみたところ、これは面白そうだなと。具体的には、社会システムとしての面白さ。非中央集権的な意思決定によって動く通貨というのは、これまでなかったですから。管理者がいないのです。それにもかかわらず、全体の意思決定や運用のプロセスが自動的に決まっていくのが斬新だなと。


北川正恭

三重県県議会議員のとき、「いずれは国政に出たい」という大きな目標はあっても、現実には県政さえ動かすことはできません。そのジレンマに、自分は政治家に向いていないのではと悩むこともありました。そんなとき助けになったのは、本を読むことと人に会うことです。


本田宗一郎

人生は「見たり」「聞いたり」「試したり」の3つの知恵でまとまっているが、多くの人は「見たり」「聞いたり」ばかりで一番重要な「試したり」をほとんどしない。ありふれたことだが失敗と成功は裏腹になっている。みんな失敗を恐れるから成功のチャンスも少ない。


勝海舟

教師の名前はカッテンデーケ(ヴィレム・カッテンディーケ、オランダ海軍軍人)といったが、笑いながら「それは良い修行をした。いくら理屈は知っていても、実地に危ない目に遭ってみなければ船のことはわからない。危ない目と言っても10回が10回ながら格別なので、それに遭遇するほど航海の術はわかってくる」と教えてくれた。このとき、理屈と実際とは別だということを悟ったよ【覚書き|長崎海軍伝習所時代の航海実習時に教官からあまり沖に出すぎるなと言われていたが、遠出してしまい、かつ嵐に会って沈没しそうになった時を振り返っての発言】


関根純

お客様の店舗の利用の仕方は、時代とともに変化しており、店舗に求められる役割も変わってきた。


佐藤達郎

会社員なら会社員だけ、と働き方をひとつに決める必要はない。自分の人生を自由にコントロールできる働き方もあるのです。


鈴木喬(経営者)

中堅でも老舗でも、常に新しいことにチャレンジしなければ、会社は錆びついてしまう。同じことをやっていると、腐ってしまう。


ページの先頭へ