名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北嶋實の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北嶋實のプロフィール

北嶋實、きたじま・みのる。日本の職人、経営者。「北嶋絞製作所」社長。中学卒業後、職人の道に。日用品から医療、半導体や液晶関係の部品、航空機・ロケット・人工衛星の部品などを製作した。

北嶋實の名言 一覧

大事なのは、時代の新しい要求にどう応えるか。難しければ難しいほど燃える職人をつくっていきたい。


ウチにはどんなに難しい依頼でも断らない伝統があります。ヨソでできないから、ウチにくる。ただ、職人集団としての技術の蓄積があるからだけではなくてね。困難な依頼があればあるほど、「自分たちの技術を発展させる好機なんだ」と思うんです。


50年のキャリアがあっても、いままで経験したことのない新しいものをつくるときは1年生です。


職人になって50年経ちますけど、いまでも勉強することがいっぱいありますね。


いくら機械化が進んでいっても、最後の急所というか、人間の手によって作り上げなきゃいけないところがあるんですよ。一口に金属といっても、最初の溶鉱炉でつくったものと、次に溶かしてできたものでは、厳密には違うんです。


一人前になるには、やっぱり10年ぐらいはかかるでしょうね。いくら教わるといっても、数字や言葉では表せない力のかけ具合を自分の身体と五感で覚えていくしかないですから。実際、泣きたくなるような厳しい仕事も沢山ありましたよ。ただ、そこで「できない」って言ってしまうと、職場での発言力がなくなってしまうことですから、そんなことは死んでも言えない。


北嶋實の経歴・略歴

北嶋實、きたじま・みのる。日本の職人、経営者。「北嶋絞製作所」社長。中学卒業後、職人の道に。日用品から医療、半導体や液晶関係の部品、航空機・ロケット・人工衛星の部品などを製作した。

他の記事も読んでみる

宮迫博之

ガンの手術も人生の岐路の一つなんでしょうけど、売れてなかったころのほうが、よっぽど地獄でしたね。死にはしなかったけど、頭のどっかに「死」という文字がよぎったこともありましたから。高いビルを下から眺めたりした時なんかは、ふと……。


大谷博国

食生活は時とともに変わる。だから我々も変わらなければおいしいお菓子を提供し続けることはできない。


黒田如水(黒田官兵衛)

これはそちのためにしているのだ。乱心ではない。わしが諸臣に嫌がられて、一日も早く長政の代になるとよいと思わせるためだ。
【覚書き|家臣に名君と慕われていた如水が病気で死ぬ直前に豹変し、部下をののしり始めた。上記は息子の黒田長政が如水に理由を聞いたときの返答】


寺田和正

サマンサタバサを最初に立ち上げるときも、「日本発の日本ブランドなんて不可能だ」と言われ続けました。だからこそ、そこにビジネスチャンスがあると思ったんです。ビヨンセをモデルに起用することも、「素晴らしいアイデアだけど、難しそう」なんていわれると、「絶対実現したいな」って思いました。


澤田秀雄

これまで取り組んできた事業を改めて見てみると、どれも他の人が当たり前だと思っていることを疑うところから始まっています。


山本真司

仕事の集中力を高めるために有効なのは、「早く帰ることをルール化してしまう」ことです。私もかつて、尊敬するある上司から、「忙しくても定時で帰れ」と言われ、試しにやってみると確かに仕事の疲れが取れ、翌日の集中力がぐっと高まりました。身体の疲れがどれほど集中力を妨げているのかを実感しましたね。以後、休暇明けや仕事の山を越えて余裕のある日などは、なるべく定時に退社するようにしました。このように「ルール化」することで弛緩する時間を作るのは、集中力を高めるのに非常に重要です。


五月女圭一

20代の頃、過労で身体が動かなくなったことがあり、それ以降、健康や食事に気をつけるようになりました。倒れてからは「生きているだけでありがたい」と感じ、自分ができることで世の中に貢献したいと、飲食やリラクゼーションなど、店舗を中心としたビジネスプロデュースを手がけています。


ニッキー・オッペンハイマー

アフリカにとってダイヤモンド産業は成長の原動力です。ボツワナ共和国はそのもっとも成功した例で、この成功をアンゴラやコンゴなどほかのダイヤモンド産出国でも推進すれば、潜在力を秘めたアフリカは飛躍的に成長します。ダイヤモンドを通じて、アフリカの将来に貢献することが、私のできる恩返しであり、ダイヤモンドの一族に連なる者としての私の人生の価値なのです。


山本利行

情熱と好奇心と体力をもって努力していけば、どんなことでも自ずと道は開ける。


桐山一憲

もし旧来型のリベート営業や地域担当制を続けていたら、2ケタ成長どころか、新製品を投入してもせいぜい売上高を前年並みに維持していくのが精いっぱいだったでしょう。


設楽洋

私が採用の最終選考でする質問はただひとつ、「今までの人生をふり返って、自分は強運だったと思う人は手を挙げてください」だけです。同じ点数の人が二人いたら、手を挙げたほうを採ります。本当に強運だったら一緒に働きたいし、その運をもらいたい。強運ではないのにそう思っているとしたら、かなりのプラス思考なので、絶対にそっちのほうがいいですから。


嶋津良智

部下の言葉や態度をそのまま受け止めてはダメ。上司に気を遣っていたり、言いたくても言えない雰囲気があって、当たり障りのないことを言っているだけのことも多いからです。表面的な言葉だけをすり合わせても社員は動きません。部下を適切にマネジメントするには、まず相手の本音を引き出すことが大切です。